休みが少ない仕事の目安は?きつい場合の対処法や転職先の探し方を解説!

休みが少ない仕事の目安は?きつい場合の対処法や転職先の探し方を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 休みが少ない会社の年間休日数は、法律上の最低ラインである105日
  • 平均よりも休みが少ない仕事には、飲食サービス業や運輸業がある
  • 休みが少ないのは転職理由の上位なので、仕事を続けにくい会社といえる
  • 休みが少なくても仕事内容に満足しているなら、すぐに辞めないほうが良いこともある
  • 休みが多い仕事に転職したいなら、エージェントに相談するのもおすすめ

休みが少ない会社を続けるか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。このコラムでは、「休みが少なくてきつい」と感じたときの対処法や、業界によって異なる休日数などを解説します。休みが少ない会社にもメリットはあり、辞めないほうが良いことも。一方、ストレスが溜まり健康面に支障がある場合には転職を検討しても良いでしょう。転職活動のポイントも紹介していますので、休みが少なくてお悩みの方はご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

休みが少ないのは何日以下?年間休日の最低ライン

「休みが少ない」と感じる日数は人によって異なる可能性があります。この項では、法律上の最低ラインをもとに、休みが少ないとは具体的に何日以下のことを指すのかを解説します。

105日は法律上の最低ライン

労働基準法の「使用者は労働者に最低でも1週間に1日の休みを付与する」「1週間について40時間を超えて労働させてはならない」という定めに従うと、年間休日の最低ラインは105日となります。

105日は平均的な休日数に比べると少ない

一方、厚生労働省の「令和3年度就労条件総合調査(5p)」によると、平均年間休日総数は116.1日という結果でした。労働者に与えられるべき最低限の休日数と平均年間休日総数の差は、およそ11日です。また、年間休日総数が105日ということは、年末年始や夏季休暇、大型連休といった休みはないことになります。お正月やお盆にはまとまった休みが取れる会社が多いなか、年間休日数が105日の会社は「休みが少ない」といえるでしょう。

大企業ほど休日数が多い傾向がある
同調査によると従業員数が1000人以上の大企業は平均年間休日総数が116.8日、300~999人の会社では115.2日、100~299人の会社は112.9日となっています。企業規模が大きいほど休日数も多い傾向があるようです。

参照元
e-GOV法令検索
労働基準法
厚生労働省
「令和3年度就労条件総合調査」

休みが少ない仕事は何?業界や職種ごとの年間休日数

休みが少ない仕事は何?業界や職種ごとの年間休日数の画像

年間の休日数が何日かは業界や会社、職種によって異なり、どのような職場でも同じ日数というわけではありません。ここでは休みが多い仕事と休みが少ない仕事をそれぞれ紹介します。

平均よりも休みが多い仕事

厚生労働省の「令和3年度就労条件総合調査(6p)」によると、平均の年間休日数に比べて休みが多いのは以下の業界・業種です。以下、休みが多い理由と併せて解説します。

業界・業種 労働者1人平均年間休日総数
電気・ガス・熱供給・水道業 120.9日
情報通信業 119.8日
金融業、保険業 119.1日
学術研究、専門・技術サービス業 119.6日

引用:厚生労働省「令和3年度就労条件総合調査(6p)

インフラ業(電気、ガス、熱供給、水道業)

インフラ業を事業とする会社には大企業が多いのが要因の一つです。また、労働組合のある会社が多いため、社員側が働きやすい環境を作れる風土もあります。取引先も大企業であることが多く、相手側に合わせて休みを取りやすいといった事情も。トラブル発生時には休日出勤になる場合もありますが、代休として平日にまとまった休みを取れる会社が多いようです。

情報通信業

情報通信業にはBtoB企業が多いといわれています。BtoBとは、企業を相手にした取引をする会社のことです。休みが少ないといわれるBtoC(個人を相手にした取引)の仕事に比べて、取引先に合わせて休みを取りやすい傾向にあります。また、行政や公共事業に関わる大企業が多いのも年間休日数が多い理由の一つです。BtoBの仕事について知りたい方は「BtoBとは?今さら聞けないワードについて解説!」をご覧ください。

金融業、保険業

金融業、保険業はカレンダーどおりに休むのが一般的です。土日祝日や年末年始は、よほどのことがない限り休めることから年間休日数が多くなっています。

学術研究、専門技術サービス業

学術研究、専門技術サービス業には企業や大学の研究職、弁護士のほか、経営コンサルタントやデザイナーなどが含まれています。研究職はカレンダーどおりに休みが取れるのが一般的。そのほかの職種は顧客に合わせて休めることから、年間休日数が多くなっているようです。

平均よりも休みが少ない仕事

ここでは、同調査をもとに年間休日数が少ない仕事について解説します。

業界・業種 労働者1人平均年間休日総数
宿泊業、飲食サービス業 102.9日
生活関連サービス業、娯楽業 105.6日
運輸業、郵便業 106.6日
鉱業、採石業、砂利採取業 109.9日

引用:厚生労働省「令和3年度就労条件総合調査(6p)

宿泊業、飲食サービス業

ホテルや飲食店は土日祝日や大型連休が繁忙期となるため、カレンダーどおりに休める職場は少ないでしょう。そのため、業界全体として年間休日数が少なくなっています。また、自身のシフトが休みでも、職場に急な欠員が出たときに出勤をお願いされることも。本来休みの日に出勤をすることがあれば、必然的に休みが少なくなるでしょう。

生活関連サービス業、娯楽業

生活関連サービス業とは、クリーニングや家事代行などのこと。娯楽業は映画館や遊園地、理美容院などを指します。宿泊業と同様に、カレンダーどおりには休めないため年間の休みが少ないようです。

運輸業、郵便業

運輸業は人手不足の影響で年間の労働時間が多くなっており、休日出勤も多いといわれています。また、年間を通して繁忙期が多いのも特徴です。特にトラックドライバーは、母の日やクリスマス、年末商戦といったインターネット通販の注文が増える機会が頻繁にあるため、まとまった休みが少ない傾向にあります。郵便業も年末年始は繁忙期でカレンダーどおりには休めないため、年間休日数が少ないようです。

鉱業、採石業、砂利採取業

この業界での主な職種は、現場作業員や重機オペレーター、営業や現場管理などです。人手不足のうえ工期が短い現場が多いことから休みが少ない仕事といわれています。また、非正規雇用者においては日給制の場合が多く、出勤日数が多いほど収入アップになるため、休みを取らずに仕事をしたがる傾向もあるようです。

平均よりも休みが少ない仕事には、土日祝日に休めない業種・職種が多いでしょう。平日休みの仕事について「平日休みの仕事について解説!主な職種例やメリット・デメリットを知ろう」のコラムで詳しく解説していますので、参考にしてください。

参照元
厚生労働省
「令和3年度就労条件総合調査」

休みが少なくても有給休暇を取得しやすい仕事もある

年間休日数は平均程度でも、有給休暇をきちんと取得させてくれるという業界もあります。厚生労働省の「令和3年就労条件総合調査(4p)」によると、有給休暇の取得率が高かったのは電気・ガス・熱供給・水道業73.3%、鉱業・採石業・砂利採取業63.9%、情報通信業65.1%でした。一方で、有給休暇の取得率が低かったのは複合サービス業(信用事業、保険事業、郵便局、農業協同組合など)47.7%、卸売業・小売業48.6%、教育・学習支援業48.6%でした。飲食業界は、年間休日のみならず有給休暇の取得率も低いために休みが少ないことが分かります。

参照元
厚生労働省
「令和3年就労条件総合調査 結果の概況」

休みが少ない会社で働くデメリット

休みが少ない会社で働くと、有給休暇も取得しにくく、会社を続けるのが難しくなる場合があります。

会社を続けるのが難しくなる

厚生労働省の「平成30年雇用動向調査結果の概況(15p)」によると、休みが少ないのは転職理由の上位になっています。転職者が挙げている「前の会社を辞めた理由」のなかで「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」は男性では2位、女性では1位(定年・契約期間の満了を除く)です。この結果から、休みが少ない会社で働き続けるのは難しいことが分かるでしょう。

有給休暇を取得しにくい場合がある

会社で定められた休みが少ない場合、有給休暇も取得しにくい傾向があるようです。3~4日程度の長期休暇を取りたい場合、土日祝日が休みの会社では1~2日ほどの有給休暇で済みますが、休みが少ない会社では3~4日ほど有給休暇を取得しなければなりません。前述のとおり、人手不足が原因で年間休日数が少なくなっている業界・業種もあります。そのような職場では、やむを得ない理由がない限り、連休を取りたいとは言い出しにくいでしょう。余暇を楽しむ時間が少なくリフレッシュできないことが、会社を続けにくくしている側面もあります。

参照元
厚生労働省
「平成30年雇用動向調査結果の概況」

休みが少ない仕事にはメリットもある

休みが少ない=デメリットと考えがちですが、休みが少ない仕事にもメリットはあります。以下のメリットが今の仕事に当てはまるかどうか、考えてみましょう。

収入アップにつながる可能性がある

休みが少ない仕事は、時給制や日給制で働く人にとっては収入アップにつながる可能性があります。自身が休日でも会社は営業しているため、希望すれば出勤できることもあるでしょう。また、歩合やインセンティブがある仕事なら、働く時間を増やすことで成績アップを実現できる可能性もあります。「休むよりも稼ぎたい」という人にとっては、休みが少ないのはメリットとなるようです。

計画的に仕事ができる

休みが少ない仕事は計画が立てやすいため、残業が発生しにくい側面があります。宿泊業や運輸業のように繁忙期があらかじめ分かっている仕事は、忙しくなるのを見越して計画的に仕事を進められるでしょう。休みは多いものの残業が発生しやすい仕事に比べて、ストレスが少ない可能性があります。

休みが少ない会社があるのはなぜ?

休みが少なくなってしまうのには原因があります。この項では、休みが少ない会社になってしまう主な理由を解説します。

人手不足が常態化しているため

人手不足の影響で休みが少ない会社では、人を増やそうと求人を出しても休日数の少なさから応募が少なく、休みが少ない状態から抜け出せなくなることがあります。また、少ない人員で仕事を回さなければならず、交代で休みを取るのも難しい場合があるようです。そのような状態が続くと離職率が上がってしまい、人手不足が常態化してしまうでしょう。

昔ながらの風習を守っているため

「休暇を取るなんて怠けている」「休まないのは頑張っている証拠」といった古風な考え方の会社では、休みを取りにくい傾向があります。会社に制度があっても実際には活用されていないことも。上司や先輩もそのような風習に合わせて働いてきたことから、新入社員にも考え方が受け継がれ、休みが少ない会社になっているようです。

社員よりもアルバイトが多いため

社員よりもアルバイトが多い会社では、アルバイトの穴埋めで社員の休みが少なくなることがあります。飲食業や娯楽業のように、現場で働く従業員の多くがアルバイトの場合、急な欠員やトラブル対応で社員が呼び出されることもあるでしょう。カレンダーどおりの休みではないため基本的な休日数が少ないうえ、休日出勤もあるのは休みが少ない会社といえます。

休みが少ない人にみられる5つの特徴

休みが少ない人にみられる5つの特徴の画像

年間休日の最低ラインである105日ギリギリの休みが少ない会社で働いているという方には、以下の特徴が見られることが多いようです。「疲れた」「きつい」と感じるようになったら、休暇を取ってゆっくり体を休める、転職を視野に入れるなどの対策が必要になるでしょう。

1.いつまでも疲れがとれない

休みが少ない状態が続くと、いつまでも体から疲れがとれません。疲れた体のままで仕事をしていては集中力も持続せず、仕事の効率が落ちてしまうでしょう。

2.健康面に支障が出る

休みが少ないために疲労が蓄積すると、健康面にも支障をきたすことが考えられます。年齢を重ねるごとに体力ももたなくなり、やがて過労となってしまうこともあるでしょう。

3.仕事に対するストレスが溜まる

休みが少ないと、ストレスが発散しづらくイライラしてしまうことも。小さなストレスでも、積み重なれば心身に不調を来します。

4.プライベートの時間が持てない

休みが少ないと友人に会ったり、趣味を楽しんだりする時間が持てなくなるでしょう。休日は人と会ったり出かけたりするよりも、体力回復のために寝ていたいと思うことも。翌日のことを考えて休息するのが優先になってしまい、貴重な休みも仕事のために費やすことが増えてしまうようです。

5.家族や友人と休みが合わない

カレンダーどおりに休めない仕事の方は、家族や友人と休みが合わないことが多いでしょう。飲食業や運輸業のように、休みが少ないうえに土日祝日や年末年始が繁忙期になる場合、家族や友人と疎遠になってしまう場合があります。

休みが少ない会社できついと感じたときの対処法

最低限の休みだけでは体がもたない、仕事がきついと感じ始めたら、早めの対策が必要です。

勤務時間を変更してもらう

休みが少ないことで心身に不調を来している場合は、上司に相談しましょう。体に負担がかからないよう勤務時間を変更してもらえる可能性があります。残業が多い場合は、業務量を見直して残業を減らせないか検討をお願いしましょう。上司に言いにくい場合は、人事部に相談するのも一つの方法です。

閑散期に休暇を取得する

有給休暇を使ってリフレッシュするのもおすすめです。休みが少ない会社でも、繁忙期を避け、周りに迷惑がかからないよう配慮すれば有給休暇を取得しても問題ありません。有給休暇を取得する理由は「私用のため」として、旅行や趣味に使っても良いとされています。「仕事がきつい」という状態のまま働き続けるより、有給休暇を取得して気持ちを切り替えたほうが仕事を続けやすくなるでしょう。

ストレスが溜まり過ぎないように対処しよう

ストレスが溜まり過ぎると疲れていることに無自覚になることも。「休みが少ないのは当たり前」と思うようになり、さらにストレスを溜めてしまう場合もあります。ストレスが溜まっていると感じたら、適切に休むことが必要です。ストレスの解消法を知りたい方は「ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!」をご覧ください。

年間休日120日以上の会社に転職する

休みが多いといわれる会社は年間休日数が120日以上あります。休みが120日あると土日祝日のほか、夏季休暇や年末年始の休みもあり、ゆとりを持って働けるでしょう。さらに有給休暇も加えると、旅行や趣味にも時間が使えることになります。休みが少ないために「きつい」と感じているなら、このような優良企業へ転職するのも対処法の一つです。優良企業のについては「優良企業とはどんな会社のこと?」のコラムで概要を紹介していますので、参考にしてください。

休みが少なくても今すぐ辞めないほうが良いケース

休みが少ない会社でも、やりたい仕事をやれる環境だったり、待遇が良かったりする場合は、今すぐ辞めないほうが良い可能性があります。休みが少ないのを理由に転職活動を始める前に、本当に今の会社を辞めたほうが良いのか検討しましょう。

仕事内容には満足している

「子どもの頃からの夢が叶った」「キャリアプランに合った仕事ができている」と仕事内容に満足している人は、休みが少ない会社でもすぐに辞めないほうが良いでしょう。転職してやりたい仕事ができなくなった場合に、不満が募る恐れがあるからです。休みが少ないことがどうしてもストレスに感じるなら、「あと3年は続ける」「資格が取れたら辞める」など、転職のタイミングを決めておくと良いでしょう。

給料や福利厚生が充実している

休みが少ない会社でも、給料が良く、福利厚生も充実している場合は今すぐ辞めないほうが良いでしょう。転職によって年収ダウンとなる可能性があるからです。住宅手当や扶養手当で生活費をまかなっている人は、引っ越しせざるを得なくなったり、食費を節約しなければならなかったりすることも考えられるでしょう。特に、結婚や住宅購入を考えている場合は、条件の良い転職先が見つかるまで今の会社を辞めないのがおすすめです。

人間関係が良好

厚生労働省の「平成30年雇用動向調査結果の概況(15p)」によると、転職理由として「職場の人間関係が好ましくなかった」を挙げた人は7.7%です。「定年・契約期間の満了」を除くと、転職理由の3位となっています。人間関係が良好なのは仕事を続けるうえで重要なポイントといえるでしょう。転職先の人間関係が自分に合わなかった場合、早期離職となる恐れもあります。休みが少ない会社でも、仲間と仕事をするのが楽しいと思えるなら、辞めないほうが良い可能性もあることを念頭に置きましょう。

参照元
厚生労働省
「平成30年雇用動向調査結果の概況」

休みが多い仕事に就こう!転職活動の5つのポイント

休みが多い仕事に就こう!転職活動の5つのポイントの画像

休みが少ない会社を辞めて転職する場合、転職理由の明確化や業界の選び方など、いくつかのポイントがあります。この項では主な5つのポイントを紹介するので、転職活動の参考にしてみてください。

1.「週休2日制」と「完全週休2日制」に注意する

求人情報サイトで企業の休日数を確認するとき、注意すべきポイントがあります。それは「週休2日制」と「完全週休2日制」の違いについてです。一見すると、どちらも週に2回の休みがあるように思えますが、意味は全く異なります。完全週休2日制は毎週必ず2日以上の休みがあるのに対し、週休2日制は「1ヵ月間に週2日の休みが最低1回はある」という意味です。そのため、週休2日制と記載されている求人は休みが少ない会社である可能性があります。

年間休日数を条件に入れて検索しよう
求人サイトで休みが多い会社を探す場合は、職種や勤務地だけでなく「年間休日数」を条件に入れましょう。休みが多い会社を選ぶ場合は「年間休日120日以上」「完全週休2日制」と書かれている会社を選ぶのがおすすめです。

2.休みを増やしたい理由を明確にする

休みが少ない会社を辞めて転職する際には「なぜ休みを増やしたいのか」を明確にする必要があります。なんとなく転職活動を始めても、面接で転職理由を聞かれたときに答えられない恐れも。「自己研鑽の時間が欲しい」「仕事もプライベートも大事にしたい」と理由を明確にして目的意識を持つことで、自分に合った転職先を見つけやすくなります。

3.休みが多い業界や職種を選ぶ

前述のとおり、休みが多い業界にはインフラ業や情報通信業、金融業などがあります。休みが少ない会社から転職するなら、これらの業界を選ぶのが良いでしょう。ただし、転職成功のためには今までの職歴やスキルを活かすのも大事です。休みが少ない業界で働いている場合、休みが多い業界に必要なスキルが身についていない可能性もあるでしょう。そのような場合は、経験のある職種を選んで異業界への転職を試みるのがおすすめです。たとえば、営業や経理といった職種はどのような業界でも存在するため、異業界でも転職しやすいといえます。

4.今の仕事を辞める前に転職活動を始める

「休みが少ないから今すぐ辞めたい」と思っても、勢いで辞めるのは避けたほうが無難です。休みが多い転職先がすぐに見つかるとは限らないので、今の仕事を辞める前に転職活動を始めるのが良いでしょう。先に会社を辞めてしまうと、転職活動が長引いたときに焦ってしまい、結局休みが少ない会社に就職してしまう恐れもあります。後悔しない転職をするためには、今の仕事と転職活動を両立させるのがおすすめです。

5.転職エージェントを活用する

今の仕事と転職活動を両立させるのが難しい人もいるでしょう。休みが少ない会社で働いているなら、より一層難しいと考えられます。「効率的に転職活動を進めたい」という人には転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは求人探しや面接の日程調整などを代行してくれるため、今の仕事を続けながら転職活動も進められます。また、「年間休日数は譲れない条件」「仕事内容も大事」といった希望を聞いてくれるので、自分に合った会社に出会える可能性を高められるでしょう。転職エージェントのメリットや活用方法については「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」のコラムをご覧ください。

休みの多い企業をどのように探せば良いか分からないとお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。あなたの希望に合わせて年間休日数が多めの会社や、休みが多いといわれる業界の求人をお探します。さらに、転職理由の答え方や志望動機の書き方などを、専任のアドバイザーがマンツーマンでサポート。プロのサポートを受けることで、今の仕事が忙しくても効率的に転職活動を進められます。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

休みが少ない仕事のお悩みを解消するQ&A

「休みが少ない仕事を辞めたい」といったお悩みをQ&A方式で解消します。

休日数が法律の基準を満たしていない場合は?

法律に違反したブラック企業の可能性があります。制度上は法律で定められた休日数があっても、実際には休日出勤が多く年間休日数が105日に満たないことが続くなら、労働基準監督署に相談するのも方法の一つです。「仕事で休みがない…ブラック企業かも?」で労働基準法について解説していますので、参考にしてください。

求人情報の休日数には有給休暇も含まれる?

有給休暇は含まれません。求人情報に記載の年間休日数は、最低限保証されている休日数を指します。有給休暇や特別休暇は含まれていないので、制度を利用してさらに年間の休日を増やせる可能性があります。ただし、有給休暇は転職してすぐに付与されるものではないので、取得要件を確認しましょう。「有給休暇の期限とは?消化しないとなくなるの?制度の基本を押さえよう」で詳しく解説していますので、ご覧ください。

公務員は年間休日数が多い?

公務員はカレンダーどおりに休めるうえ、有給休暇が多いといわれています。総務省の「令和元年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果(5p)」によると、指定都市の平均取得日数は14日です。民間企業で取得できる有給休暇は10日前後といわれているため、公務員は休みが多い仕事といえるでしょう。公務員と民間企業の有給休暇について「休みが多い仕事とは?休日が多めの業界や公務員との違いも解説」で比較していますので、ご一読ください。

休みを増やすなら大企業を狙うべき?

休みが多いのは大企業ばかりではありません。休みが多い会社に大企業が多いのは事実ですが、中小企業のなかにも休みが多い会社はあります。「休みが少ない仕事は何?業界や職種ごとの年間休日数」で紹介したとおり、インフラ業や情報通信業といった業界を選べば、会社の規模が小さくても休みが多い可能性があるでしょう。「休みが多い会社へ転職したい」とお考えなら、転職エージェントのハタラクティブへご相談ください。