正しく理解してる?完全週休2日制とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正しく理解してる?完全週休2日制とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・完全週休2日制とは、毎週2日間の休日があること。曜日は固定されない、連休とは限らないのが特徴

    ・週休2日制は、1ヶ月に1回以上2日休みの週があること。完全週休2日制と混同しやすいので注意

    ・「休日となる曜日、祝日・連休が含まれるか」などを求人選びの際や入社前に確認する

”完全週休2日制”について正しく理解していますか?「土日休みってことでしょ?」「週休2日制と同じ意味じゃないの?」という認識をお持ちの方も多いですが、半分不正解。休日は求人選びの条件でも大事な項目の一つですから、正しく理解しておきたいものです。 

そこで今回は完全週休2日制について、正しい意味と求人を見る際の注意点を詳しくまとめました。

◆完全週休2日制とは?

完全週休2日制とは毎週2日間の休日があること。

例えば、毎週土日休みの企業は完全週休2日制にあたります。

土日休みの企業の中には、曜日表記なしで完全週休2日制とだけ求人に記載しているところも多いため、「完全週休2日制=土日休み」と理解している方もいるようですが、曜日が土日に固定されているとは限りません。加えて、連休になるとは限らないのも特徴です。

イメージしやすいように、求人募集の休日欄を想定していくつか例を挙げました。気になる求人と照らし合わせて確認してみてはいかがでしょうか。

  • ・休日:完全週休2日制(土日)、祝日

完全週休2日制+祝日休み

  • ・休日:完全週休2日制(土日祝)

完全週休2日制(祝日がある場合、土日のどちらかは出社する)

  • ・休日:月木

完全週休2日制(土日・連休ではなくても毎週2日休みが保障されている)

  • ・休日:金曜日のほか週1日休み

完全週休2日制(曜日指定なくても毎週2日休みが保障されている)

  • ・休日:日祝

週休制(毎週保障される休日が1日のため)


求人によっては「完全週休2日制(シフト制)」のような表記をしてあることも。そのような場合は、毎週休日の曜日が異なるということなので注意しましょう。


このほか、「4週8休制」を完全週休2日制と同じ意味で捉えてしまいがちですが、こちらは28日間の中で8日間の休みが保障されているということ。極端な話、36協定を企業側と労働者側で締結すれば、20連勤+8日休日ということも可能な休日制度です。

しかし、4週8休制であったとしても大抵は週1日以上の休日が設定されていることがほとんど。入社前に詳細について企業側に確認することをおすすめします。

◆週休2日制と完全週休2日制は別物

完全週休2日制と週休2日制を混同している方も少なくないですが、両者は全く意味が異なります。

週休2日制とは、1ヶ月に1回以上2日休みの週があることで、他の週は1日のみの休みとなることもある制度です(労働基準法では最低週1日の休日を設けることが定められている)。


完全週休2日制は業種問わず一般的な企業の多くで導入されている休日制度ですが、週休2日制は飲食、アパレル、旅行代理店などの各種サービス業で多く見られます。

その理由は、繁忙期に業務量が左右されるというサービス業ならではの特徴にあるといえるでしょう。
例としてアパレル販売職を取り巻く環境をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

アパレルの販売職はファッションビルやブランドの方針に合わせてセールを行うことが多く、完全週休2日制にしてしまうと「肝心のセール期間中に人が足りない」ということになりかねません。

つまり、店舗運営に支障が出る事態を避ける、一番利益が出やすい時期に適切な人員投入ができるようにする、という理由で週休2日制を採用しているということです。

また、顧客対応のあるサービス業は土日祝日が繁忙日ということも多いため、平日休みが多いのも特徴です。


求人選びの前に、自分が志望する業種や職種が導入している休日制度について調べ、自分の理想とする働き方にフィットするものかどうか確認することをおすすめします。

◆求人チェックではここに注意しよう

前の項目でも触れましたが、特に完全週休2日制と週休2日制の違いについて知らないままでいると、入社後ギャップに悩むことになりかねません。

勘違いしやすいポイントなので、それぞれの正しい意味を理解してから求人を探すのがベストです。


加えて、完全週休2日制の企業は土日休みのところが多いですが、必ずしもカレンダー通りの休日となるわけではないことも頭に入れておきましょう。

特に、1つ目の項目で例として挙げた中でも誤った認識を持ちやすいのが「完全週休2日制(土日祝)」。こちらは土日祝日全てが休みだと思いがちですが、祝日がある週は土日のどちらかが出勤という意味合いになります。

紹介した通り、完全週休2日制と一口にいっても、"土日休み、シフト制、連休でない"など各種パターンがあるので、休日を重視して仕事探しをしている人は注意しましょう。


また、応募者が混同しがちな一方で、企業側が分かりづらい表記や誤った認識で求人を出すことがあるのも事実。

1年のうちほとんどが土日休みであっても、週1日休みが1日でもあれば「週休2日制」になりますし、求人には週休2日制と記載していても実質は完全週休2日制ということもあります。


上記で紹介した以外にも「週休2日制(土日)」「4週9休制」「隔週休2日制」など、企業によって表記にバラつきが見られることも。

何日の休みが保障されているのか分かりづらい場合は入社前に確認しましょう。

◆完全週休2日制の企業はどれくらいある?

厚生労働省の調べによると、平成28年度に休みの形態として週休2日制を取り入れている企業は全体の88.6%。

その中でも、月3回や隔週などで週休2日制を取り入れている企業は39.6%、完全週休2日制を採用している企業は全体の49%となっており、企業の約半数が完全週休2日制を用いていることがわかります。

参照元:厚生労働省「平成28年就労条件総合調査」

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/16/dl/gaiyou01.pdf

今回は完全週休2日制について詳しくご紹介しました。誤った意味で使われがちですが、上記を参考に正しく理解して求人探しにお役立てください。

とはいえ、「これは結局休日が何日なんだろう」「この言葉がよく分からない」「本当に自分の認識が企業の意図と合っているかな」など、1人で求人探しをすると様々な疑問や不安が湧いてくることも。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの利用です。転職エージェントでは求人の紹介だけでなく、不明点についても気軽に聞くことができます。

20代に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは実際に企業への取材を行い、休日を始めとする各種労働条件や福利厚生、仕事内容、職場の雰囲気についてしっかり把握した上で、正社員求人を紹介しています。就活や転職活動が初めてという、既卒フリーターや第二新卒の方を始め、若年層の方に特化した丁寧なサポートが強みです。

「高卒で応募できる正社員求人はあるかな」「未経験だけど挑戦したい仕事がある」など、学歴や経験に不安がある方も大歓迎。求職者一人ひとりにアドバイザーが付きますので、就職や転職についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ