隔週休2日制って何?休日制度を比較解説

隔週休2日制って何?休日制度を比較解説の画像

この記事のまとめ

  • 隔週休2日制とは、交互に2日と1日の休みが設定される勤務制度のこと
  • 週休制や週休2日制、完全週休2日制など、休日にはさまざまな形態がある
  • 週休2日制より隔週休2日制のほうが休日日数が多い場合もある
  • 月にどれくらい休日があるのかは、年間休日数から逆算することができる

「隔週休2日制」と書かれている求人を見たことはありませんか?隔週休2日制とは、2日休みの週と1日休みの週が交互にある状態です。休日にはそのほかにも、「週休2日制」「週休2日制」「完全週休2日制」「週休制」などがあります。休日の形態について知らずにいると、入社後に「イメージと違った」と感じる可能性も。このコラムを参考にして、休日に関する知識を身につけましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 自分に合った仕事を見つけたい
  • ホワイト企業の見分け方は?
  • 受かりそうな求人は?
不安な仕事探し、私たちが0からサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

隔週休2日制とは

隔週休2日制とは、2日休みの週と1日休みの週が交互にある状態を指します。
1・3・5週目は土日休み、4・5週目は日曜のみ休みになるなど、規則性が見られる場合に該当する制度です。

隔週休2日制では、1日の労働時間を調整したり、変形労働時間制を導入したりしても違法ではありません。変形労働時間制では、労働時間を月単位で調整し、週に40時間を超えないように月間または年間で平均化することができます。

隔週休2日制のほかにも、さまざまな休日の制度が存在し、以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

週休2日制

週休2日制とは、1ヶ月に少なくとも1回は2日休みが取れることを意味します。毎週必ず2日の休みをもらえるわけではないため、注意が必要です。

完全週休2日制

完全週休2日制とは、「毎週必ず2日の休みがある」という制度です
しかし、完全週休2日制だからといって、土日休みとイコールになる訳ではありません。たとえば、毎週火曜日と土曜日が休みの場合でも、毎週2日の休みが確定していれば完全週休2日制に該当します。
土日休みの場合は、「完全週休2日制(土日)」といった表記をしています。

完全週休2日制については「完全週休2日制って?休暇制度について知ろう」のコラムでもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

週休制

週休制とは、「毎週1日以上の休日があること」を指します
週に2日以上の休日があれば「週休2日制」と記載されるため、「週休制」と記載されている場合は休日が毎週1日のみである可能性が高いと考えられるでしょう。

週休制度1つとっても、完全週休2日制と週休制では月の休日数が大きく異なることが分かります。
休日の日数は仕事を探す上で大切な要素となるので、違いをはっきりと理解しておきましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

「隔週休2日制はやめとけ」ってほんと?週休2日制との違いは?

隔週休2日制と週休2日制は似ているところがありますが、一概にどちらが良いとは言えません。
週休2日制のほうが休みが多いと思い、「隔週休2日制はやめたほうが良い」と思われる場合もありますが、場合によっては隔週休2日制のほうが年間休日数が多いこともあります。

前述のとおり、週休2日制は「週2日の休みが月に1回あれば良い」という制度であるため、4週のうち1週のみが2日休みの場合も。隔週休2日制は4週のうち2週が2日休みとなるので、この場合は隔週休2日制のほうが休日数が多いといえます。

反対に、週休2日制で4週のうち3週が2日休みの場合は、隔週休2日制の休日が下回ると考えられるでしょう。隔週休2日制と週休2日制で休みが同じ日数の場合もありますが、曜日を固定して休日を設定している場合は隔週休2日制といえます。

就職・転職を考える際は、月に何日間休みがあるのかなどを具体的に確認しましょう。

週休2日制については、「週休2日制とは?完全週休2日制との違いや労働基準法の休日について解説」のコラムも、ぜひ参考にしてみてください。

隔週休2日制はきつい?

隔週休2日制は、仕事や生活のリズムが乱れたり、疲労がたまりやすかったりすることから、「きつい」という意見もあります。また、仕事とプライベートのバランスを取ることが難しくなる場合もあるでしょう。

週休だけでなく年間休日日数にも注目

休日制度だけチェックしても、具体的な休日数を把握することはできません。
年間休日日数が分かる場合は、逆算すれば月にどれくらい休日があるかを算出できます。

たとえば、1年はおよそ52週であるため、完全週休2日制の場合、52×2=104日の休日が与えられると考えられます。
さらに、1年間に約15日ある祝日を加えると、104+15=119日という結果になります。
したがって、年間休日が119日程度の場合は、週に2日と祝日が休みとなると推測されるでしょう。
120日以上の場合はゴールデンウィークや年末年始に特別休暇がある可能性があります。

年間休日については「年間休日120日の魅力って?」のコラムでも解説していますので、ぜひご一読ください。

就職や転職を考えるなら、休みだけでなく業務内容や職場環境、教育制度なども考慮するのが大切です。
条件や適性に合った仕事を探すなら、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブは、20代の若手層を中心に就職・転職のサポートをしている転職エージェントです。求人紹介のほか、面接対策や自己分析のアドバイスも実施しています。また、面接日の調整や企業との交渉も代行しますので、在職中の方も安心です。所要時間1分程度でできる、性格から分かる適職診断もおすすめ。サービスはすべて無料なので、ぜひこれを機にご相談ください。

この記事に関連するタグ