有給休暇を取るときに「理由」を言う必要はあるの?

有給休暇を取るときに「理由」を言う必要はあるの?の画像

【このページのまとめ】

  • ・「年次有給休暇」は労働基準法第39条にて、取得の義務が定められている
    ・有休は、勤務開始から6ヶ月経過+8割以上の出勤日数がある労働者に与えられるもの
    ・有給休暇を申請するときに過度に理由を聞くことは法に触れる可能性がある
    ・長期休暇の申請や代替要員が確保できない場合は、企業側は「時季指定権」を施行できる
    ・取得率が高め、または取得しやすい職場が理想的◎転職も視野に入れて考えよう
「有休を使いたいけど申請しづらい」という悩みを抱えている人も多いことでしょう。
企業によって対応が異なる有給休暇の取得方法。

法律を交えながら詳しく解説していきましょう。


有給休暇は法律で定められている!?

労働基準法の第39条に定められている有給休暇。正式名称は「年次有給休暇」と言います。
「有休」「年休」といった略した呼び方をされるのが一般的です。

第39条の5項には、『労働者の請求する時季に与えなければならない』と記載されており、有休申請を行った労働者に対して、希望する日に休暇を与えなければいけない、と定められています。

※参照元URL:労働基準法 第4章 「労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇」第39条5項より

年次有給休暇は、以下の条件下によって与えられるものです。
・働きはじめてから6ヶ月間が経過していること
・6ヶ月間の全労働日内で8割以上の出勤日数があること

条件をクリアすると、働きはじめてから6ヶ月後に年次有給休暇が与えられます。まず初めは、半年勤務で10日間の有給を取得。有休が付いた日から8割以上の出勤により、1年後には11日間の有給休暇を得ることができます。2年目まではさらにプラス1日、3年目から6年目移行は1年毎に2日間の有休がプラスされていきます。

正社員ではなく、パートやアルバイトで働く人も有給休暇をもらうことが可能です。しかし、正規労働者とは異なり、1週間の労働日数と年間の出勤日数、さらに雇用年数によって与えられる有休の日数が決まっています。

※参照元URL:厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署 発行資料より/ 

正規、非正規雇用に関係なく、有給休暇の有効期限は、取得日から2年間と定められています。
働きすぎないように、法に従って適度に休息を取りつつ心身共に休めることも大切です。

有給休暇を申請する時は必ず理由が必要?

希望の日に有休を申請した場合、「理由」は必ず伝えなければならないのでしょうか?

その答えは、『NO』です。

必ずしも理由を伝える必要はありません。
労働者が自己判断で答える、申請用紙に「取得理由」といった項目がある、という場合もありますが、基本的には必須ではなく任意項目になります。

企業側が無理に有給休暇の理由を求めることは、違法行為に。
理由を述べる際に、「私用のため」「私事都合」「家事都合」という内容を伝えるだけで問題ないのですが、さらに一歩踏み込んで詳しく理由を求める行為は違法に値します。

しかし、休む理由を”質問する”という行為事態は違法にはなりません。また長期休暇の申請では、代替要員が確保できない、業務に支障が出るなどの判断を下された場合のみ、「時季指定権」によって会社側が申請のあった有給休暇日を変更させることができます。

※参照元URL:労働基準法 第4章 第39条5項より

実際は、有休申請時に理由を求められることが多い?

実際は、長期休暇の申請以外で、有休の申請をするときには特別な理由を言う必要はありません。しかし、違法にはあたらない程度に回答を求めている企業が多いのが現状です。

企業によっては半強制的に理由を求める場合があります。
任意で理由を聞くのは法には触れませんが、強制的に聞き出す、理由を述べないと申請を承認しない、といった対応は十分な違法行為になります。

有休申請が通らないときもある!?

会社によっては、詳しい理由を述べても有休の申請が下りない…という場合もあるようです。
では、なぜ違法だとわかっていても企業側は無理に理由を求めたり、却下したりするのでしょうか…。
それは、個人による取得率の差が大きいことや、有休を取らずに仕事に励んでいる姿勢を見られる、仕事が忙しい、冠婚葬祭の理由以外では取りづらいなど、さまざまな要因が考えられます。

有休取得を推進しているホワイト企業もある

有休取得率が高い、取得しやすい職場環境が整っているといった、労働者が働きやすい企業も実在しています。

労働環境の良いホワイト企業では、労働者をしっかり休ませることで仕事への効率がアップしている会社もあります。また、働きすぎないように間に休暇をとってバランスを取ることも必要だ、という理由から取得を推進している日本企業も多くなってきているようです。

今の職場で有給休暇を取りやすくするには?

「有休は取れるけど使っていない」「有休を取りにくい職場だけど、気にせずに使っている」「有休有給取得率が高く、使いやすい環境」など、勤め先によって有休の使い方は異なるでしょう。

有休消化率が高めの会社や気にせずに取得できる人は問題なく有休を使うことができていますが、取りにくい、理由がなくては取得できないといった会社で働いている人に取って有休取得は難題かもしれません。

では、どうしたら有休を取りやすくなるのでしょうか。
あなたの職場で”一番実行しやすい”と思われる方法を以下の中から探してみてください。

・早めに申請する(最低1週間前から1ヶ月前までが理想的)
・業務に支障が出ないように前もって処理をしておく
・繁忙期や忙しい日程を外した日を希望する
・申請を出す前に、上司や業務に関わるメンバーに周知しておく
・理由を詳しく話してみる
など

有休の申請をする前に、早め早めに行動に移して、休みやすい環境を作っておくとよりスムーズに取得することができるかもしれません。

きちんと有休を取得したい人は就職を考えてみるのも一つの方法

就職後に「有休を取りづらい会社だった…」と気づいてからでは手遅れになりかねません…。
就活時に、しっかりと企業研究や就業規則の確認などを行い、働きやすい会社を選択することが最善の策だと言えます。

「有休を取りにくい」「理由を求められる」「取らない風潮がある」など、取得しにくい職場に勤めている人は、今以上にストレスを蓄積させないことが何よりも大切ではないでしょうか。
心と身体をしっかりと休めることで、仕事の成果へと繋がる場合もあります。有休を取ると仕事が滞ってしまう、取得できないほど忙しい…という問題を抱えている人は、転職を考えてみるのも一つの解決策かもしれません。

当ハタラクティブでは、有休消化率が高めの会社や残業が少ない職種など、さまざなま企業の紹介サービスを行っています。
企業紹介以外にも、就活に関することならどんなこともサポートOK◎企業研究や採用を意識した面接対策、履歴書の正しい書き方、悩み相談など、一人ひとりに最適な就活サービスをご提案いたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION