自由に生きるにはどうすればいい?自分らしく働ける仕事選びの方法を解説!

自由に生きるにはどうすればいい?自分らしく働ける仕事選びの方法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 自由に生きる人の特徴には、「時間に縛られない」「お金に困っていない」などがある
  • 自由に生きたいと思う人の特徴には、「周りに合わせてしまう」「完璧主義」などがある
  • 自由に生きるためには自分らしさを知り、やりたいことをやってみるのが重要
  • 自由に生きるための仕事選びは、価値観や働き方が自分に合うかどうかがポイント

現代を生きる社会人のなかには、「自由に生きることに憧れる」「現状を窮屈に感じる」という方もいるでしょう。自由に生きたいと思う方は、自分の意見が言えなかったり、完璧を求めてしまったりなど、真面目な人である傾向があるようです。このコラムでは、自由に生きるための考え方や仕事の選び方を解説します。自由に生きるために大切なことや、「自由」を勘違いしてしまった末路についてもご紹介するので、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

人生を自由に生きている人の特徴

人生を自由に生きている人の特徴の画像

1.時間に縛られない

時間に縛られず、起床や食事、娯楽などを自分の好きなようにできる人は、自由に生きているといえるでしょう。仕事をしていると「○時に出勤しなければならない」「締め切りは○日の○時」など、時間に追われることが多くなります。遊びに行きたいと思っても、仕事の都合に合わせなければならないため、自分が行きたいタイミングでは行けないことも。このような生活を送っていると、「好きなことを好きな時間にできる=自由に生きる」と考えるのは自然な流れといえるでしょう。

フルフレックス制を利用するのも効果的

働きながら自由に生きるには、フルフレックス制を利用するのも効果的です。フルフレックス制とは、社員が自分の裁量で出勤・退勤時間や勤務時間を設定できる制度のこと。通勤ラッシュを避けられたり、自分の体調に合わせて働けたりするので、自由に生きることを求めている人におすすめの制度です。フルフレックス制については、「フルフレックスとは?メリット・デメリットとフルリモートとの違い」のコラムでも詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

2.お金に困らない

お金に困らずに生活していることも、自由に生きている人に多い特徴です。生計を立てることや、欲しい物を買ったり、美味しいものを食べたりするためには、お金は欠かせません。しかし、高収入の仕事に就いている一部の方を除き、人は欲しいものがあっても我慢したり節約をしたりしているもの。時間や心にゆとりがあるうえでお金に困らないのが、自由に生きることだと考える方は多いでしょう。

3.場所の選択ができる

働く場所や暮らす場所を制限なく選択できるのも、自由に生きる人の特徴です。IT技術の進化にともない、サテライトオフィスやテレワークを導入する企業が増える現代では、場所に縛られない働き方に自由を感じ、出社せずに働ける企業を選ぶ人もいるようです。働く場所が自由になると、オフィスから遠い場所でも仕事ができるため、暮らす場所も自由に選択できるようになります。育児や介護によって選択肢が少なかった場合も、自由を感じられるでしょう。

4.好きな職業に就ける

好きなことを仕事にできることが「自由に生きる」ことだと考える人は多いです。しかし、仕事は自由に選択できるものとはいえ、希望の会社に就職できなかったり、収入を得るために好きなことではない仕事をしなければならなかったりする現実があるでしょう。一方、好きなことを仕事にできると、仕事そのものが「やりたいことをやる時間」となり、自由を感じやすくなります。

未経験OK多数!求人を見てみる

「自由に生きたい」と思う人の特徴

ここでは、自由に生きることを求める人の特徴を解説します。自由を求めるようになった背景やその原因もご紹介しますので、ぜひご一読ください。

自分の意見を言えない

自由に生きることに憧れる人は、普段から自分の意見をあまり言えない人が多い傾向にあるでしょう。自分の意見を言えないのは、周りの人に合わせて我慢している状態です。周りの人に合わせてばかりいると、自分の本意が分からなくなり、優柔不断になりがち。そのため、いつの間にか自分の意のままに行動することが難しくなっている可能性があります。常に我慢しているためストレスが溜まってしまい、自由に生きることを求めるようになるようです。

やらなければならないことが多い

自由に生きたいと思っている人には、「仕事をしなければならない」「家事をしなければならない」など、やるべきことがたくさんある場合が多いでしょう。仕事や家事に追われていると、時間的・精神的・肉体的な束縛を感じやすくなります。ほかにやりたいことがあれば、なおさらストレスになってしまうでしょう。やるべきことから解放されて「自由に生きる」状態になることを求めるのも、当然といえます。

完璧を求めてしまう

完璧主義の人は「こうでなければならない」と自ら作ったルールに縛られてしまい、不自由を感じやすくなります。「ほどほどで良いと思えたら楽なのに」と、自由に生きることに憧れる傾向があるようです。自分でハードルを上げてしまうため、やらなければならないことも増えてしまうでしょう。

自由に生きることを求める人の特徴には、「周囲への気遣い」「何事にも一生懸命な真面目さ」などの背景があると分かります。そのため、我慢やストレスから解放されたい気持ちが募り、自由を求めると考えられるでしょう。

自由に生きるために大切なこと

自由に生きるためには、自分にとっての自由とは何かを知ることが必要です。冒頭で述べたとおり、自由に生きる人の特徴には「時間に縛られない」「お金に困らない」などがあります。しかし、人によって何を自由と捉えるかは異なるため、まずは自分がどのような自由を求めているかを分析することから始めましょう。

自分らしさを知る

自由に生きるためには、まず自分らしさを知って自分にとっての自由を理解することから始めましょう。ここでの自分らしさとは、自分の価値観や優先順位のことです。価値観や優先順位は、何かを選択する際や行動する際の判断基準になります。そのため、自分らしさが分かっていれば、無理や背伸びをすることが減るでしょう。人と違っていても、自分が自由だと感じられることが大事なので、自分の判断基準を持つのが自由に生きる第一歩といえます。

今の仕事や生活で手に入れられる自由を考える

自由に生きるためには環境を変えることも必要ですが、その前に今の仕事や生活で手に入れられる自由も考えてみましょう。新しい自由を手に入れるには、現在の状況で得られている自由を手放すことになる可能性もあります。「自由に生きたい!」と行動を起こす前に、今の環境を変えてまで自分がもっていない自由を手に入れたいのか、今一度検討してみてください。

人の意見を気にし過ぎない

自由に生きるための選択をするときは、人の意見を気にし過ぎないようにしましょう。人の意見を気にし過ぎると、自分らしくない生き方を選んでしまうことがあるからです。特に、情報社会で多種多様な選択肢がある現代においては、自分に合った選択をするのが難しいでしょう。多数派の意見に流されたり、インターネット上の意見に惑わされたりして、あとになって「自分の意志とは違った」と気づくことも。周囲の意見や情報を取り入れるのは悪いことではありませんが、あくまでも参考として捉え、自分の価値観に基づいて決断するのが重要です。

理想を求め過ぎない

理想を求めるのは良いことですが、完璧を求め過ぎると自由に生きるのとはほど遠くなってしまいます。完璧主義の方は、理想の自分に近づくために「もっとこうしなければ」と無理をしたり、理想と現実の差がストレスになったりする可能性があるでしょう。自由に生きるための夢や目標があるのは良いことですが、頑張り過ぎず、仕事に影響しないやり方で目指すのがおすすめです。努力している過程を認め、一つでもできたことに目を向けるなど、自由に生きるためには自分を大事することも大切にしましょう。

やりたいと思ったことはやる

やりたいと思ったことは我慢せずにやることも、自由に生きるための方法の一つです。良識の範囲内で人に迷惑をかけないことは前提ですが、人からどう思われるかを気にしたり、リスクばかりを考えてしまったりすると、思うように行動できません。自分の気持ちを優先して、やりたいと思ったことはやってみるのも自由に生きるためには必要でしょう。

自由に生きたい人が注意すべきこと

自由に生きたい人が注意すべきことの画像

ここでは、自由に生きたいと考える人が注意すべきことを解説します。自由に生きるためにはリスクもありますし、努力も必要です。現状に不満があって、自由に生きることに憧れがある人は、以下の点を認識しておきましょう。

自由には責任とリスクが伴う

自分の意のままに行動して自由に生きることは、責任をすべて自分で負うことでもあります。会社に所属している場合、仕事で失敗しても給与は支払われ、失職することもめったにありません。一方、自由な働き方を希望してフリーランスになると、自由に働ける反面、仕事で失敗しても自分で責任を取らなければならず収入がなくなる恐れも。自由に生きることは、責任やリスクを自分で引き受けなければならない厳しさもあることを覚えておきましょう。

「会社で働く=不自由」ではない

「会社で働く=不自由」と考えている方もいますが、必ずしもそうであるとは限りません。会社で働くと就業時間や配属先を自分で決められないため、不自由だと感じることがあるでしょう。しかし、会社勤めをしていても自由に生きることは不可能ではありません。
このコラムの「1.時間に縛られない」でも述べましたが、フレックスタイム制を導入している会社では出退勤や勤務時間が自由ですし、テレワークの制度がある会社では自宅で仕事ができます。副業が認められている会社であれば、本業で生活費を得ながら、好きなことを副業で実現する方法もあるでしょう。また、スタートアップ企業やベンチャー企業は、個人の裁量が大きいため、やりたいことを実現できる可能性が高いといわれています。「会社で働く=不自由」と決めつけずに、自分が求める自由の実現が可能な会社を探すのもおすすめです。

自由に生きるには努力も必要

理想の生活を実現するためには、それを手に入れるための努力が必要です。たとえば、会社で自分の提案を聞いてもらうためには、熱意や実力を認めてもらえるような努力が必要といえます。また、好きなことを仕事にしたくて起業するなら、専門スキルや人脈を得る努力もしなければならないでしょう。自分の意のままに行動できるのは、それが認められるだけのスキルや努力があってこそです。

自由に生きることには責任やリスクがともない、努力しなければ手に入らないという厳しさもあります。また、時間や場所の拘束から解放されたくて会社を辞めても、就職先がすぐに見つかるとは限りません。自由に生きるには、実現までの厳しさを理解したうえで、自分が何を求めるのかを見極めるのが重要です。生活の安定性と自由に生きることのどちらを優先するのが良いかお悩みの場合は、「フリーターの何が悪い?就職しない人が良く思われない理由と対処法を解説」のコラムもチェックしてみてください。

自由に生きることを勘違いした末路とは

自由に生きたいからといって、プランや目標もなく何もしない生き方になってしまうと、悲惨な末路を辿る可能性があります。生きるためにはお金が必要であるため、時間や場所の自由が欲しければ努力して手に入れなければならないでしょう。自由に生きることは、楽をして生きるということではありません。「長時間働いたり責任を負ったりぜずに済むから」といってフリーターやニートの期間を長引かせてしまうと、年齢を重ねてから経済的に苦労することになる可能性があります。

自由に生きるための仕事を選ぶには?

ここでは、自由に生きたい人向けに仕事選びのポイントを解説します。仕事は時間的にも経済的にも生活の基盤となるため、自由に生きるためには切り離せない重要な要素です。「今の仕事では自由に生きられない」「今の生活を変えたい」とお悩みの方は、参考にしてみてください。

1.自分の価値観に合う仕事を探す

自由に生きることを望む人は、自分が働くうえで大切にしたい価値観を明確にして、それに合う仕事を探しましょう。価値観に合う仕事を選び、モチベーションを持って働くことが、自由に生きることへの第一歩です。
たとえば、自分の実力を試したい人には、個人の裁量が大きいベンチャー企業や、成績次第で評価される営業職などがおすすめ。また、社会貢献がしたい人には、インフラ事業やCSR活動に力を入れている企業が良いでしょう。

2.好きなこと・得意なことから仕事を探す

好きなことや得意なことをしているときは、モチベーションが上がりやすく人からも評価されやすいもの。「収入を得なければならない」というように、やらなければならないことから考えるのではなく、やりたいことから考えるのも自由に生きるうえで有効な手段です。仕事でつらいことがあっても、「好きなことであれば乗り越えられる」と考えられれば就労意欲も高まり、スキルアップもしやすいでしょう。

3.自分に合った働き方ができるかを考える

時間の拘束から解放されることで自由を感じる場合は「『会社で働く=不自由』ではない」でも触れたように、フレックスタイムやテレワークなどを採用している企業を選ぶのがおすすめです。場所の拘束を最も窮屈に感じる場合、英語をはじめとした語学の勉強を始めて選択肢を広げるのも手。また、副業が認められる会社であれば、やりたいことが複数あってもあきらめずに済むでしょう。
一口に「フレックスタイム」といっても、企業によって細かい基準は異なります。家庭や個人の事情に合わせて、自分が自由に生きられる企業を選びましょう。

年齢や性別に捉われ過ぎないことも大切

自由に生きるために新しいことに挑戦するときは、年齢や性別に捉われ過ぎないことも大切です。何かを始めるにあたって、「自分は男性(女性)だから…」「今の年齢じゃ難しそう…」と思うこともあるでしょう。しかし、本当にやりたいことがあるのなら、しっかりと準備をしたうえで挑戦するのがおすすめです。たとえうまくいかないことがあっても、「やるだけやった」と後悔しない選択ができるでしょう。

自由に生きるための仕事以外の選択肢は?

一般的に、働かないで自由に生きることは難しいとされています。なぜなら、人が生きていくためには最低限の資金が必要だからです。しかし、仕事をせずに自由に生きるための選択肢がないというわけではありません。具体的には、「投資で稼ぐ」「インフルエンサーになる」などの方法が挙げられます。仕事に縛られず自由に生きる方法が気になる方は、以下を参考にしてみてください。

投資で稼ぐ

投資で安定した生活費を稼げれば、働かずに自由に生きることが可能です。投資とは、利益を見込んで投資先に資金を投じ、自己資産を増やすことです。主に、「株式投資」「投資信託」「FX」などの種類があるでしょう。銀行預金も投資の一種ですが、低金利の傾向にあるので、資金が大きく増えることは基本的にありません。
投資は大きなリターンが得られる可能性を秘めていますが、元本保証がない場合は大きな損害が出る場合もあるので注意してください。投資の一種であるFXについては「ネオニートの意味とは?収入源やメリットなどをなりたい方向けにご紹介」のコラムで触れているので、あわせてチェックしてみましょう。

インフルエンサーになる

仕事をせずに自由に生きるためには、インフルエンサーになる手段もあります。インフルエンサーとは、世間に大きな影響を与える人のことです。インフルエンサーの主な収入源は、アドセンスやアフィリエイトなどです。アドセンスは広告がクリックされることによって報酬が入り、アフィリエイトは広告のクリックに加え、商品が購入されることで報酬が入る仕組みです。「フリーターでも起業は簡単?成功の秘訣を考えよう」のコラムでもインフルエンサーについて触れているので、ご覧ください。

今よりも自由に生きるために転職を検討している人は、就職エージェントに相談してみるのも有効な手段です。「自分にとって自由な生き方って何だろう」「自由に生きるための仕事って何だろう」といった悩みは、一人で考えるのが難しい場合もあります。プロの就活アドバイザーに相談することで、自分では気づかなかった価値観や強みに出会えることも。若年層を対象とした就職・転職支援サービスのハタラクティブなら、これからキャリアを形成したい人にとって心強いパートナーになるでしょう。サービスはすべて無料ですので、ぜひご登録ください。

自分らしく生きるためのQ&A

自分らしく自由に生きるためには、自分に合った仕事や働き方と出会うことが鍵となります。ここでは、自由を求める人が仕事を探すときのコツをまとめました。

自分に合った仕事ってどんな仕事?

「自分に合った仕事」は多くの解釈がありますが、スキルや性格を活かせる仕事は、その人に合った仕事だと捉えられます。ただ、能力が活かせる職種であっても、職場の雰囲気と合わなければ、働きやすいと感じられません。自分の性質を活かせる仕事で、なおかつ職場環境との相性が良ければ、活き活きと働けるでしょう。

求人があり過ぎて選べないときは?

求人を探す前に、仕事に求める条件を明確にしましょう。働くには、給与や勤務地、業務内容、残業時間、社風などさまざまな要素が絡んできます。すべての希望を満たす職場を見つけるのは難しいので、自分の中で「妥協できない条件」と「妥協できる条件」を決め、前者を満たす求人に応募しましょう。「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」のコラムでは仕事探しの具体的な方法をお伝えしているので、ぜひご一読ください。

自由度が高い働き方や仕事はありますか?

フリーランスは、基本的に働く時間や場所に制限がないので、自由度が高い働き方といえます。ただし、フリーランスとして収入を得るには、仕事をする分野における、ある程度のスキルが必要です。「個人プレーできる」という意味で自由度が高い仕事には、トラック運転手やタクシードライバー、営業職などがあります。詳しくは、「マイペースな人に向いている仕事は?おすすめの職種12選と働き方のコツ」のコラムをご覧ください。

今の職場が合わないときはどうすれば良い?

まずは、自分の仕事のやり方や周囲の人との接し方を見直したり、上司に悩みを相談したりして、今の職場で問題を改善できないか試しましょう。問題が改善されないときや、仕事が原因で心身が疲れ切っているときは、転職で環境を変えるのがおすすめです。次に就きたい仕事の条件を明確にしたうえで、求人を探しましょう。ハタラクティブでは、アドバイザーがカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人をご提案いたします。

この記事に関連するタグ