フルフレックスとは?メリット・デメリットや求人数について解説

フルフレックスとは?メリット・デメリットや求人数について解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・フルフレックスとは、コアタイムのないフレックスタイム制のこと
  • ・フルフレックスのメリットは、仕事とプライベートの両立が叶いやすいこと
  • ・フルフレックスのデメリットは、仕事仲間とコミュニケーションを取りづらくなること
  • ・企業規模の大きい会社のほうが、フレックスタイム制を導入する傾向にある
  • ・フルリモートはオフィスに出社せずに自宅などで仕事をする働き方

「勤務時間を自分で決める働き方をしたい」「仕事とプライベートを両立させたい」と考える方は、多いのではないでしょうか。勤務時間を自由に決められる働き方の一つに、フルフレックスがあります。
このコラムではフルフレックスの働き方やメリット・デメリットを紹介。また、スーパーフレックスや裁量労働制との違いも解説します。フルリモートについてもまとめているので、自由度の高い働き方を希望する方はぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

フルフレックスとは

フルフレックスとは、「コアタイム」のないフレックスタイムを指す言葉です。コアタイムとは、フレックスタイム制において、1日のうち必ず勤務しなければならない時間帯のこと。フルフレックスにはコアタイムがないので、社員が自分の裁量で出勤や退勤、働く時間を自由に設定できるのです。

そもそも、フレックス(英:flex)とは物事を柔軟に扱う様子を意味する言葉で、フレックスタイム制は従業員が始業時間と終業時間を自由に決められる変形労働時間制のことを指します。
最近広まりつつある新しい働き方の一つで、ベンチャー企業や大企業などが導入している場合が多いようです。

フルフレックスとフレックスの違い

前述のとおり、フルフレックスとフレックスの違いは「コアタイム」の有無です。
フルフレックスは、完全フレックスタイム制とも呼ばれ、コアタイムがないため完全に自由な時間帯で出勤・退勤できます。一方、フレックス制はコアタイムに必ず勤務しなければなりません。コアタイムを廃止し、フレックスからフルフレックスへ移行する企業もありますが、まだ導入している企業は限定的であるようです。

フルフレックスとスーパーフレックスの違い

フレックスタイムとスーパーフレックスは呼び方が異なるだけで、どちらもコアタイムがないフレックスであることに変わりはありません。

フルフレックスと裁量労働制の違い

裁量労働制とは労働時間を個人の裁量で決める働き方のことで、フレックスやフルフレックスとは以下のような違いがあります。

・働く時間のすべてを労働者の意思で決められる
・みなし労働時間分を働いたとみなされる
・適用される業務が限定的

裁量労働制には、コアタイムのように必ず出勤しなくてはならない時間はなく、週40時間以上働くといった総労働時間の規定もありません。
裁量労働制では、実際に何時間働いたかに関係なく「みなし労働時間」分を労働したものとみなすのがルールです。一方フレックスやフルフレックスには、みなし労働時間の設定はありません。
また、フレックス・フルフレックスに職種の制限はありませんが、裁量労働制は適用される業務が決まっています。裁量労働制が認められる業務の種類は、厚生労働省の「裁量労働制の概要」でご確認ください。

参照元
厚生労働省
裁量労働制の概要

フレックスタイム以外に自由度の高い働き方を知りたい方は、「週3日勤務の正社員は存在する?多様な働き方の可能性」をご覧ください。

フルフレックスで働く5つのメリット

フルフレックスは通勤時間を自由に決められたり、仕事とプライペートの両立が叶いやすかったりと、労働者が自由に働けるメリットがあります。

1.通勤ラッシュが避けられる

始業・終業時間が自由に決められるフルフレックスには、通勤ラッシュを避けて電車に乗れるメリットがあります。朝はもちろん、帰りに交通機関が混む時間を避けることもできるでしょう。

2.体調に合わせて働ける

「前日に残業をして寝不足だから午後から働く」というように、自身の体調にあわせて働けるのもフルフレックスのメリットです。無理せず働けるので、体調管理もしやすいでしょう。

3.銀行や役所に行ける

フルフレックスであれば、平日に銀行や役所に行ったり病院に行ったりできます。始業・終業時間が決まっていると有給休暇を取得する必要がありますが、フルフレックスなら思い立った日に用事を済ませるのも比較的簡単です。

4.仕事とプライベートのメリハリがつく

フルフレックスを導入している職場では、夜に予定がある日の終業時間を早めることができます。保育園のお迎えのために終業時間を早めるなど、仕事と子育ての両立にも役立つでしょう。

5.残業を意識するようになる

フルフレックスでは働く時間を自分で管理しなければならないため、効率良く働く意識が芽生えます。その結果、残業時間削減の効果もあるようです。

フルフレックスはプライベートを充実させやすい

フルフレックスで働く5つのデメリット

フルフレックスには時間管理が難しくなったり、コミュニケーションが取りづらくなったりするデメリットがあります。

1.自己管理が必要になる

フルフレックスは働く時間の自由度が高い分、自己管理が必要になります。人によっては勤務時間をダラダラと過ごしてしまう場合も。残業時間が多くなったり勤務時間が不足したりしないよう、自分自身で気をつける必要があります。

2.同僚とコミュニケーションを取りづらくなる

同僚と働く時間がずれることで、コミュニケーションが取りづらくなる恐れも。フルフレックスは全員が揃うコアタイムがないので、人によっては1日も顔合わさなかったという場合もあるでしょう。

3.チームでの仕事がしづらくなる

チームで進める業務の場合、ミーティングや相談がしづらくなり、仕事が捗らなくなる可能性があります。イレギュラーが起こった際にすぐに相談できる相手がおらず、対応が後手に回ってしまう場合も。打合わせの時間を細かく決めておくなど、こまめに情報共有する必要があります。

4.取引先や顧客との連絡時間が合わなくなる

フルフレックスで働いていると、取引先からの連絡に対応できずに信頼を落とす恐れがあります。一般的な勤務時間と異なる時間に働く場合、取引先にあらかじめ勤務時間を伝えたり、ほかの人に対応をお願いしたりといった対策が必要です。

5.生活リズムが変わって体調を崩す場合がある

「お昼出社にして仕事の効率が落ちた」「夜更しが続いて寝不足になった」など、生活リズムが変わることで集中力が下がったり体調を崩したりする場合があります。自由に働ける分、フルフレックスでは自身の体調管理をしっかりと行わなければなりません。

フルフレックスはコミュニケーションを取るのが大切

フルフレックスで働くときのポイント

フルフレックスで働く場合に心掛けるポイントを、仕事面と生活面でそれぞれまとめました。フルフレックス勤務の方、または今後フルフレックス勤務をしたい方はぜひ参考にしてください。

仕事面

フルフレックスで働くときに、仕事面で注意するポイントは以下のとおりです。

・同僚やチームメンバーのスケジュールを把握する
・自身が早く帰るときは、チームメンバーや同僚に分かるようにしておく
・メールやチャットツールを活用してこまめに情報共有を行う
・情報共有時は丁寧に説明をしてコミュニケーションを取る
・クライアントに出勤時間や退勤時間を連携しておく
・その日に行うことをタスク単位で管理する
・ダラダラと過ごさないように勤務時間と残業を意識して働く

同僚やチームのメンバーとすれ違いが起きないように、お互いのスケジュールを把握したり、メールやチャットツールを活用して情報共有をこまめに行ったりするのが大切です。また、情報共有をする際は丁寧に説明してコミュニケーションをしっかり取るようにします。なお、9時から18時といった一般的な勤務時間はクライアントや顧客への対応を優先して、時間外は自身の業務に専念するなど、効率良く仕事を行えるようなタスク管理も重要。ダラダラと過ごしてしまわないような工夫が必要です。

生活面

フルフレックスで働くときに、生活面で注意するポイントは以下のとおりです。

・睡眠不足にならないようにする
・食生活に気を配る
・体調管理を行う
・仕事とプライベートにメリハリをつける

フルフレックスはライフスタイルに合わせて働けるのがメリットですが、勤務時間が自由な分、自身で時間を管理しなければなりません。「お昼に出勤して夜遅くまで働いた結果、睡眠不足になった」「仕事に没頭してしまい残業時間が増えた」ということもあり得るので、日々の時間の管理はしっかりと行いましょう。仕事とプライベートにメリハリをつけ、プライベートの時間はしっかりと休むことが大切です。また、「1日3食同じ時間に食事を取る」「日々の勤務時間は変わっても起床時間と就寝時間は変えない」など、生活リズムを整える工夫も行うと良いでしょう。

フルフレックスでは自己管理の徹底が大切

フルフレックスの企業や求人は見つかる?

フレックスタイムやフルフレックスタイムは、導入する企業がまだ少ないのが現状です。厚生労働省が発表している「令和2年就労条件総合調査の概況(8p)」を参考に、導入率を確認していきましょう。

フルフレックスの企業や求人は見つかる?の画像

 

引用元:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査の概況(8p)

上の表によると、令和2年の調査でフレックスタイム制を導入している企業は全体の6.1%でした。平成31年の調査結果では5.0%のため1年で約1%上昇していますが、まだまだ導入している企業は少ないのが現状です。
なお、企業規模が30~99人は3.7%、100~299人は9.0%、300~999人は13.8%、1000人以上は28.7%と、規模が大きくなるにつれてフレックスタイム制を取り入れている企業が増加していることがデータから読み取れます。

フルフレックスを取り入れているのは、企業規模が大きい会社が多い

参照元
厚生労働省
令和2年就労条件総合調査 結果の概況 労働賃金制度

フルフレックスの求人を見つける難易度は高め

上記の結果からフルフレックス制を導入している企業の求人を見つけるのは、難易度が高いといえるでしょう。
今後は少子化による人手不足の解消などを目的に、柔軟な働き方を導入する企業が増えると予想されます。ただ、現時点でフルフレックス制を絶対の条件として求人を探すと、自分に合った仕事を見落とす可能性が出てくるので注意してください。
フルフレックス制以外にも、朝のラッシュを避けるために時差出勤制度を取り入れている企業や、育児・介護などの事情がある社員を時短勤務制度でサポートしている企業はあります。仕事を探す際は、フルフレックス以外の制度や仕事内容、社風なども総合的に考慮したうえで応募先を決めましょう。

フルフレックス以外にも柔軟な働き方ができる求人はある

仕事探しで迷わない、求人選びの注意点」では、求人を探す際にチェックしたいポイントをまとめているので、これから仕事を探す方はぜひご覧ください。

フルフレックスを導入している職種の特徴

フルフレックスは会社全体ではなく、職種ごとに導入されている場合もあります。たとえば、一人でできる業務が多い職種はほかの社員と時間を合わせなくても良いので、フルフレックスが適用されることがあるようです。
反対に、チームで作業を進める職種や接客販売・医療福祉系の仕事など、対面でサービスを提供する職種はフルフレックスの導入が少ない傾向にあります。

フルフレックスは、チームではなく一人で業務を進める職種で導入されることが多い

フルリモートという働き方もある

最近注目を集めている新しい働き方には、フルフレックスのほかにフルリモートという働き方があります。

フルリモートとは

フルリモートとは、会社に出社せずに自宅やカフェなど、オフィス以外の場所で仕事をする働き方です。「リモート」だと、自宅などで仕事をする日と出社する日の両方がありますが、「フルリモート」は完全にオフィスに出向かないのが特徴。たとえば、「週5日フルリモート」という表現は、週5日間オフィスに出社しない働き方を指しています。

フルリモートのメリット

フルリモートは毎日の通勤時間がなくなり、プライベートの時間を有効に使えるのがメリットです。昼休みに家事をしたり昼寝をしたり、休憩時間の自由度も上がるでしょう。また、家で一人で仕事を進めるので、人に話しかけられることなく業務に集中しやすくなります。

フルリモートのデリット

フルリモートでは仕事仲間と対面で会う機会がなくなるので、コミュニケーションがとりづらくなるのがデメリットです。意思疎通を十分に行うために、オンライン会議ツールやチャットツールなどを使いこなす必要があるでしょう。
また、人によっては、家で仕事をするため仕事とプライベートの切り替えがしにくく、残業時間が長くなるデメリットがあります。退勤時間を過ぎたら意識してパソコンの電源を落としたり、休日にはパソコンを触らないようにしたりする工夫が必要です。

リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!」では、リモートで働きやすい職種をご紹介しています。

働きやすい職場をお探しの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?ハタラクティブでは求職者一人ひとりに丁寧なヒアリングを行い、経験やご希望に合った求人をご提案しています。
自由度が高い働き方をしたい、自分のやり方で仕事を進められる職場で働きたい、といったご相談にも対応。働き方にこだわって求人を探したい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!

フルフレックスの疑問を解消するQ&A

フルフレックスに関する疑問にQ&A形式でお答えします。

フルフレックスとはどんな働き方?

フルフレックスとは、従業員が自由に始業・終業時間を決められる働き方です。フレックス制には必ず出勤しなければならない「コアタイム」と呼ばれる時間がありますが、フルフレックスはコアタイムがありません。フルフレックスの詳細は、「フルフレックスとは」をご確認ください。

どんな仕事だとフルフレックスで働ける?

フルフレックスは、チームではなく一人で業務を進める職種で導入されることが多いです。また、厚生労働省の「令和2年就労条件総合調査の概況(8p)」によると、企業規模が大きい企業ほどフレックス制の導入率が高いことが分かります。

参照元
厚生労働省
令和2年就労条件総合調査 結果の概況 労働賃金制度

フルフレックス以外に自由度の高い働き方はある?

自宅などで働けるリモートワークや、オフィスで自由に席を選べるフリーアドレスなどの働き方があります。また、介護・育児など社員の事情に合わせた短時間勤務制度がある企業や、有給休暇の取得を推奨する社風がある企業では、仕事とプライベートとのバランスがとりやすいでしょう。「自分にとって「働きやすい会社」を選ぼう!」では、働きやすい企業の特徴を探しています。

フルフレックスの職場で残業するとどうなる?

フルフレックスであっても残業代は支給されます。フルフレックスを導入する際、企業は毎月の総労働時間を定めており、超過した分は残業代が発生する仕組みです。なお、反対に総労働時間に対して労働時間が少ないと、その分の賃金がカットされることもあります。

フルフレックスにはデメリットもある?

フルフレックスは自分で時間管理をする必要があるため、人によっては時間にルーズになってしまう可能性があります。また、社員同士で出勤・退勤時間にばらつきが出るので、チームでコミュニケーションをとりづらくなるのもデメリットです。フルフレックスを含めて自分に合った働き方をお探しの方は、ハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION