仕事を休む理由を考える!欠勤する際のマナーって?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を休む理由を考える!欠勤する際のマナーって?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を休む理由で多いのは「体調不良」と「冠婚葬祭」
    ・休まないことは大切。しかし、ストレスや疲れのたまり過ぎには注意が必要
    ・休むときは、「連絡はメールより電話」「業務の引き継ぎと挨拶をしっかり行う」などのマナーを守る

仕事を休む理由を考える!欠勤する際のマナーって?の画像

仕事の疲れがたまっていたり、職場でのストレスが限界に達したりしたときには、仕事を休みたいと思ってしまうもの。1日休めば、マインドも切り替わり、明るく働くことができる場合もあります。
今回は仕事を休む理由で多いものや、休む際のマナーについてまとめてみました。

 

◆仕事を休む理由で多いのは?

社会人が仕事を休む際、理由として多いのはどんなものでしょうか?

代表的な2つを紹介します。

 

【体調不良】

仕事を休む理由として最も多いのが「体調不良」。
体調が悪いまま職場に出勤しても、仕事の能率は低下してしまい、ほかの社員にも迷惑が掛かってしまう場合もあります。

しかし、会社を休むために「風邪」を口実にしてしまうと、仮病を疑われてしまうケースがあるようです。
体調不良を原因に会社を休む場合は、熱がある、頭痛がする、咳が止まらない……など、具体的な症状を添えて伝えるようにしましょう。

【冠婚葬祭】

続いて、会社を休む理由として使用されることが多いのが「冠婚葬祭」。
特に、通夜や葬式、法事などの理由が多いようです。

結婚式や法事などの場合、一般的には事前に日付が決まっていることがほとんど。
その場合は、直前の連絡にならないよう気をつけましょう。ギリギリに申告すると、休むための口実だと思われることもあります。

また、親や祖父母の葬儀の場合、会社から香典や弔電のような規定があることも。
忌引き休暇などを取得する場合は、会社によって規定が異なる場合があるので確認するようにしましょう。

◆明確な理由はないけれど…仕事を休みたいときの対処法

具体的な理由はないけど休みたいときの画像

会社での疲れやストレスが溜まったり、倦怠感を感じたり…。
このような理由からどうしても休みたいという日はどうしたらよいのでしょうか。
そんなときには、思い切って休んでしまうというのもひとつです。

無理をして働くよりも、1日ゆっくり休むことで、次の出勤日からは気持ちを切り替えて働けるということもあるのではないでしょうか。

【休みたいときの理由の伝え方】

可能であれば事前にリフレッシュ休暇や有給休暇を申請し、その1日で気分を入れ替えるのがおすすめ。とはいえ、会社によっては休みが取りづらい環境であったり、直前になってどうしても休みたくなってしまったりするということもあるのではないでしょうか。

 

そんなときには、口実を作って休んでしまうのも一つの手。それで気分をリフレッシュして次の日から仕事に集中できるのであれば、言い訳を用意して休むというのも迷惑をかけない範囲であれば良いでしょう。

その際に理由として用いられやすいのは、主に自身の体調不良や家族の看病。これらは仮病だと疑われる可能性がある、体調管理ができていないと思われてしまう…というデメリットがあるので、しょっちゅう使うのはやめておきましょう。


避けたほうがいい理由は、冠婚葬祭があるという嘘や感染症などの重い症状であると偽ること。それが事実で無いとわかれば、会社から信用をなくしてしまいかねません。 

◆その「仕事休みたい」は疲れやストレスが原因?

ストレスが原因で体調を崩すこともあります。
会社を休まず仕事を頑張ることは大切ですが、仕事上のストレスを抱え込んでしまうと、頭痛や腹痛など身体面に悪影響を及ぼすこともあります。

疲れやストレスは少しずつ蓄積していくもの。無理に頑張りすぎず、限界になる前に休むことも必要です。

ときにはゆっくり休むことが大切です。
疲れやストレスが原因で腹痛や頭痛などの症状が出た場合、1日などの短期間で回復するのは難しいこともあります。
そんなときには医療機関に相談に行き、医師などの専門家に指示を仰ぎましょう。
必要に応じて長期休業を行う際の手続きも取りやすくなります。
心身のケアを行って再び仕事に打ち込めるよう、自己管理を行うことも大切です。 

◆仕事を休むときはマナーを守ろう

仕事を休むときのマナーを守ろうの画像

【社会人としての「休み」のマナー】

社会人である以上、仕事を休む際のマナーを守りましょう。

・原則、欠勤の連絡はメールではなく電話で行う
会社の規定にもよりますが、休む際の連絡は電話で行うのが一般的。
会社の動きが慌ただしい朝の時間帯にメール連絡をしてしまうと、チェック漏れが発生してしまうこともあり、無断欠勤の扱いを受けてしまう可能性もあります。

しかし、電話で連絡をしたくても、風邪で声がかれてしまったときなどに、やむを得ずメール連絡をしなければならないケースも考えられます。その際には、電話で連絡できなかった理由について触れ、後日伝えるようにしましょう。

・業務の引き継ぎを行う
欠勤の連絡をする際には、業務の引き継ぎをすることが大切です。
その場合は欠勤の電話をした際に口頭で伝えるか、要点をまとめたメールを送信するのが一般的。
上司だけではなく、引き継いで仕事を行ってくれる同僚や部下にも一言挨拶をしたほうが良いとされています。

・休んだ翌日は迷惑をかけたお詫びとお礼を忘れずに

さまざまな理由があって休んでしまうことは仕方のないことですが、その間にフォローしてくれた周囲の人へ一言挨拶をするのは社会人としてのマナー。

「ご迷惑をおかけしてすみませんでした」「引き継ぎしていただいてありがとうございます」などの言葉で、人間関係が円滑になるのではないでしょうか。

 

【「休みたい」が続くなら】

「仕事を休みたい」という気持ちが続くときは、転職について考えるタイミングかも知れません。
転職について不明点や疑問点がある場合は、転職エージェントを活用することも1つの方法です。

ハタラクティブは、第二新卒、既卒の方の就職・転職を支援する転職エージェント。ハタラクティブの転職・就職支援サービスは全て無料で利用して頂くことができるので、仕事に対するお悩みがある方もお気軽にご利用いただけます。

転職したいと思ったら、ぜひ1度ご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ