常識が試される会社休む電話の仕方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・社会に出てから仕事を休む理由にはどのようなものがあるか
    ・会社を休む時にはどのような連絡方法がベストか
    ・仕事を休むとどんな影響がある?
    ・リフレッシュのための休暇は必要?
    ・どうしても仕事が自分に合わないときはどうすればよい?

世の中には、まともに休みを取っていないんじゃないかと思うほど仕事熱心な方が大勢います。一方で、特に若い方だと仕事ばかりの人生ではなく、学生時代の友人と遊びに行ったり、自分の趣味のために時間を使ったりしたいと考えるでしょう。

社会で働き始めるとなかなかまとまった休暇は取れなくなってしまいますが、そんななか仕事を休む理由として認められるのはどのような事柄でしょうか?仕事休む電話連絡をするときのマナーについても考えていきます。

◆仕事を休む理由とは?

・体調不良

まず仕事を休む理由で一番多いのは体調不良でしょう。突然体調を崩してしまった場合や、インフルエンザなどにかかった場合などは緊急に連絡が必要となってきます。
インフルエンザであれば外出して周りに感染させてはいけないということが周知の事実になっているため、会社側も一報が入った時点で「しっかり休養して治して」と答えるでしょう。

・家族の用事、病気など

自分自身の健康状態ではなく、家族の病気などが原因で休みを取ることもあると考えられます。
また家族の用事で自分が時間と労力を提供しなければいけないときなども、休暇を取る必要があるでしょう。
こうした場合、会社の仕事の都合をよく考えてあまり迷惑がかからないように気をつけてみてください。

・冠婚葬祭

冠婚葬祭も比較的休みを取りやすい理由として挙げられます。
ただし結婚式などは一時期に集中することもあるため、あまり頻繁に出席し休みを取る場合は会社への配慮が必要でしょう。

・有給などの休暇を利用してリフレッシュしたいとき

単純に自分が旅行や趣味などでリフレッシュしたい場合にも、休暇を取得して出かけることがあるはずです。
これは各人に認められた権利であり、必要なことでもあります。しかしこの場合も、会社側のスケジュールや休みの取り方の点できちんと配慮を示すように気をつける必要が出てきます。





◆会社を休むときの連絡方法とは?

・前もって休むことがわかっている場合

会社を休む旨を連絡する際には、常識的な範囲で前もって申し出るのがマナーと言えます。
メールなどで申し出るよりもなるべく直接話すか、電話で連絡するのが好ましいでしょう。

・当日休む場合

急な事情で当日休む場合には、極力会社を休む電話を直接上司にするようにしましょう。
メールなどを送って終わりでは、相手がそのメールを見ていないという状況になることも有り得ます。SNSなどで休む旨を一方的に送るなどのやり方は、常識がないとみなされることが多いため気をつけましょう。



◆急に仕事を休むとどうなる?

ときに仕事を休むのはしょうがないことですし、有給休暇などは自分の権利です。ただし、急に仕事を休む場合には少なからず会社に迷惑をかけることがあります。

特に自分が担当している事案がある場合や取引先とのアポがあるのであれば、ダイレクトに迷惑をかけてしまうことになりかねません。
急な休みを取るときでも、しっかりと仕事の引き継ぎや最低限必要な対応はするようにしましょう。



◆特別な理由なく仕事を休みたいとき

人は日々、さまざまなストレスを抱えて生きているのが普通です。ときにそのストレスが大きくなり、精神的な疲れや身体の疲れとして表面化することがあります。

特別病気などになったわけではないものの、休暇の必要を強く感じることがあるかもしれません。そうした場合には適度なリフレッシュが必要ですから、よく計画して休みを取り心身を休めることも必要です。また、そこまでストレスが溜まる前に定期的にリフレッシュを計画することも大切でしょう。

なかには仕事そのものが大きなストレスとなっていたり、職場の人間関係などが原因で強いストレスを感じていたりする可能性があります。そのような場合には、多少リフレッシュをしても、職場に戻ればまた強いストレスにさらされることになるでしょう。
職場環境や仕事内容が合っていないと考えられる場合、根本的にストレスを取り除くためには、その職場を離れるという選択が必要かもしれません。

とかく責任感がある人ほど、そのように自分の都合で仕事を辞めたり転職したりすることをいけないことと感じるものですが、やはり人には適性というものがあります。
本当に自分に合った仕事を求めて転職をするということは、とても前向きなチョイスと言えます。
「仕事を辞めるのは逃げ」とか「負け」などと考えることはやめて、ポジティブな人生選択として転職を視野に入れてみるのはいかがでしょうか。

給与面はもちろん、自分にとっての適性や職場環境なども考えて、前回就職活動をしたときよりも細かな点に注意しながら仕事選びができるチャンスでもあります。

もちろん自分一人で仕事探しをするとどうしても偏った見方になりがちですから、熟練のアドバイザーがいれば心強く感じるはずです。
ハタラクティブには十分な経験や情報、知識を持つ就職アドバイザーもいるため、あなたの転職を上手にサポートすることができます。
真剣に転職を考えている方はぜひハタラクティブで人生の転機に向けて準備をしてみてください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ