会社を仮病で休むときの連絡は?診断書は必要?電話のかけ方も解説

会社を仮病で休むときの連絡は?診断書は必要?電話のかけ方も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・会社を仮病で休む原因には「疲れて息抜きを欲している」「やる気が出ない」などがある
  • ・会社を仮病で休むときには周囲への配慮や原因の特定、リスクの考慮などが必要
  • ・会社を仮病で休むときに使える理由には頭痛や腹痛、風邪などがある
  • ・会社に欠勤の連絡をするときは、仮病がバレないように注意を払う
  • ・会社が辛く仮病を繰り返してしまうときには、転職も視野に入れよう

「今日は会社を休みたい…」と出社時に憂鬱な気持ちになるのは、誰しもあることです。
ほとんどの場合は我慢して会社に行くものですが、どうしても行きたくないとやむを得ず仮病を使う人も。一時的なものであれば、リフレッシュの日としても良いでしょう。しかし、頻繁に起こるようなら対策を取る必要があります。
このコラムで仮病で休むときの理由や連絡方法にくわえ、休むときに考慮することや休み癖の対処法も押さえましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

会社を仮病で休みたくなる4つの原因

会社を仮病で休みたくなる主な理由には、以下のようなものがあります。

1.やる気がどうしても起きない

自分の業務がつまらないと感じていたり、職場の人間関係がうまくいってなかったりする場合には、会社に行きたくないと強く感じるようになるようです。
なかには、出社しようとすると体が動かない、涙が止まらないなど異変を感じる人も。そのようなときには、精神的ストレスで心身に大きなダメージを受けている可能性があります。病院に行ったり、周囲に相談したりと早めに対処しましょう。

2.疲れていて息抜きをしたい

仕事がいつも忙しく体が疲れていたり、休日も出勤してプライベートな時間が取りにくかったりする場合にも、会社に行きたくないと感じるようです。仕事のストレスがたまっているので、一時的に休みたいと感じているのが原因でしょう。

3.寝坊などで出社しづらくなっている

寝坊すると出社したあとに上司から叱責を受けたり、恥ずかしさから周囲の目が辛くなったりするもの。少しの遅れであれば急いで行こうという気になりますが、大幅な遅刻だったり、寝坊が頻繁だったりすると出社が憂鬱でたまらなくなるでしょう。憂鬱さから逃れるために、仮病を使って休もうという気持ちになるようです。

4.会社が嫌で退職したくなっている

今の会社の業務内容や人間関係に限界を感じ、退職したくてたまらないのにできないという状況から、頻繁に会社を休むようになることも。本当の理由をいえないので、疑われても病気を理由にするほかなく、仮病での欠勤を続けてしまうようです。

仕事を休みたいと思う理由に関しては「仕事を休みたいのはこんな時!休むときのマナーとは」のコラムでも詳しく解説していますので、併せて参考にしてください。

会社を仮病で休むときに考えるべき3つのこと

会社を仮病で休むときには、職場に迷惑をかけてしまうことを考慮する必要があります。
以下、仮病で休もうとするときに考えるべきことを3つ挙げました。

1.自分がいなくても業務が回るか

まず、自分の業務を誰かに代わってもらえそうか、当日どうしても自分でする必要があることはないかを確認しましょう。当人でなければできないことなのに、急に休んでしまうと周囲の仕事が滞ったり、業務上のトラブルが起こったりと周囲に大きな迷惑をかけてしまいます。
自分が休んだ場合、周囲にあまりにも迷惑をかけるのであれば、再考する必要があるでしょう。

2.職場で嘘がバレたり迷惑がられたりするリスク

仮病を使った場合、嘘がなにかの拍子にばれてしまったり、急に休んだことで周囲に疎まれてしまったりする可能性があります。そうすると、その後職場で肩身の狭い思いをすることになるでしょう。
一度嘘がバレると、本当の体調不良で休みたいときにも仮病を疑われてしまうことがあります。仮病で休む場合は、慎重に判断しましょう。

3.なぜ休みたいか冷静に振り返る

なぜ自分は仮病を使ってまで会社を休みたくなったのか、冷静に考えるのも大切。原因を明らかにしなければ、また同じことを繰り返してしまう可能性が高いからです。嘘をついて会社を休むというリスクをできるだけ冒さないためにも、自分は何が嫌なのかを客観的に見つめてみましょう

会社をどうしても休みたいときの対処法を知りたい方は「どうしても仕事に行きたくない時はどうする?休みたい理由や対処法を解説」のコラムも参考にしてみてください。

会社を仮病で休むときに使える5つの理由

会社を仮病で休むときには、以下のような理由が一般的です。

1. 頭痛

頭痛は、一番使いやすいポピュラーな理由でしょう。目に見えない症状と回復の早い病気なので、仮病の理由に使いやすい傾向があります。実際、気温・気圧の変化や疲労・肩こりなど、頭痛の原因はさまざま。
また、頭痛持ちの人は意外と多く、周囲の共感を得られることがあるようです。

2. 腹痛

腹痛も、比較的すぐにおさまりやすい症状なので、仮病に使いやすいでしょう。腹痛の場合は、主に胃や腸など消化器系のトラブルを連想させます。
腹痛で会社を休んで出社した後にたくさん食べたり、冷たいものを一気に飲んだりと平気そうな様子を見せると、いぶかしがられるので注意してください。

3. 風邪

風邪も、一般的には数日でおさまるものなので使いやすい理由です。しかし、風邪の症状は1日でおさまるとは考えにくいもの。1日の仮病で使った場合には、次の出社時に少し調子の悪い様子を装ったほうが無難でしょう。

4. 吐き気

吐き気も、一般的には原因不明かつすぐにおさまりやすい症状です。そのため、仮病の理由としては使いやすいでしょう。
しかし、腹痛と同様、消化器などのトラブルを連想させるので、会社に出勤したときにあまり元気そうにふるまうと、周囲が違和感を感じる可能性があります。

5. 貧血

貧血は突然起こって動けなくなるうえ、比較的おさまりやすい症状です。そのため、会社を仮病で休む理由に貧血を選択する人もいるでしょう。また、貧血については出社時に再発防止のための一言を添えると丁寧です。

会社を仮病で休むときに避けたほうが良い理由は?

仮病のときには、理由として使うのを避けたほうが良い理由もあります。風邪以外の感染症やぎっくり腰、重い病気やケガといったものです。
風邪以外の感染症では職場での感染リスクがあるため、会社側で対策をとらねばなりません。そのため、他の人を巻き込んだ大ごとになる危険性があります。
また、ぎっくり腰などはすぐに治らず、動くのに大きく支障が出る症状の場合は、出社時に体が元気だと違和感があります。そのため、使いにくい理由といえるでしょう。
重い病気やケガを理由にした場合には、職場に大きな心配をかけるだけでなく、診断書や傷病手当などの案内を受ける可能性も。仮病がバレてしまうリスクが非常に高いので、避けたほうが無難です。

会社を仮病で休むときの連絡方法

会社を仮病で休むときには、電話やメールで早めに連絡しましょう。
以下、連絡方法のマナーを解説します。

連絡は電話が基本

基本的に電話は直属の上司にかけます。同僚に伝えてもらうのはマナー違反なので気をつけてください。
当日欠勤は本来避けるべきで、上司の許可を得て初めて認めてもらえるもの。よって、「欠勤します」と言い切る形でなく「欠勤させていただけないでしょうか」という伺いの形をとるのが基本です。
また、普通の口ぶりで話すと本当に具合が悪いのか疑われてしまうので、仮病で休むときは少し調子が悪そうな話し方をすると良いでしょう。

メールで連絡をする場合

会社によっては、メールで連絡をするよう指定されているところも。また、電話連絡が基本というところでも、あまりにも体調が悪いときには例外的にメール連絡でも問題ないとされています。
以下、メールで連絡をするときの例文をご紹介しますので、参考にしてみてください。

例文

おはようございます。△△課の◯◯です。
今朝起きたときからひどい腹痛があり、出社が難しい状態です。
大変ご迷惑をおかけし恐縮ですが、本日欠勤をさせていただきたくお願い申し上げます。
本日の業務での引継ぎ事項は、特にございません。
メールを頻繁に確認いたしますので、なにかございましたらご連絡いただけましたら幸いです。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

仕事を休むときのマナーについては「連絡方法、伝える相手、仕事を休む時の連絡マナーとは?」のコラムも参考になりますので、併せてご参照ください。

会社を仮病で休んだあとの出社における3つの注意点

仮病で会社を休んだあとの出社では、以下のような点を押さえておくと良いでしょう。

1.周囲に迷惑をかけたことを謝る

まずは、急な欠勤で周囲に迷惑をかけたことを謝罪しましょう。
謝罪の一言があるかないかで、周りの印象は違ってくるものです。
特に、自分の業務を穴埋めしてくれた人には、謝罪にくわえて感謝の言葉を伝えましょう。

2.自分を責めすぎない

仮病を使って会社を休むのは、本来許されることではありません。しかし、あまり気に病みすぎるとせっかく休んだのにストレスが減らず、また会社に行きたくなくなってしまう可能性があります。
一度休むと決めたなら、開き直ってゆっくりリフレッシュするという意識も大事です。

3.仮病を人に話さない

仲の良い同僚であれば、うっかり口を滑らせて仮病のことを話してしまう可能性があるでしょう。
しかし、職場では誰が聞いているか分からないうえ、同僚から他の人に伝わってしまうこともあります。そのため、どんなに仲が良かったとしても、仮病のことは会社の誰にも話さないほうが無難です。

会社を仮病で頻繁に休む人の4つの特徴

仮病で頻繁に会社を休んでしまう人には、以下のような特徴があります。

1.責任感に欠ける

仕事をしなくてはという責任感がある人は、頻繁に会社を休まないものです。
頻繁に仮病で仕事を休んでしまう人は、どこかで「このくらい良いのでは」「自分がいなくても大丈夫だろう」といった甘えがある可能性があります。仕事に対する責任感が弱いので、普段から業務も今一つ真剣に取り組めずにいるでしょう。

2.物事を先延ばしにする癖がある

頻繁に会社を休む人には、辛いことを先延ばしにしがちな傾向があるようです。
面倒なことを先延ばしにした結果、やるべき業務がどんどん溜まっていき、抱えきれなくなって思わず会社を仮病で休んでしまうという行動に出てしまいます。責任感とも共通しますが、仕事に対する考えが甘いのが原因でしょう。

3.ナイーブで傷つきやすい

繊細で傷つきやすい人は、人間関係で悩みがちです。そのため、なかには頻繁に欠勤してしまう人も。仕事での叱責や人間関係のトラブルに耐えられず、辛い状況を回避するためについ仮病で会社を休んでしまいます。

4.業務へのやる気がない

仕事にやりがいを見出していない人も、欠勤が多い傾向があります。なぜなら、自分の業務に価値を見出していないため、放り出してしまってもあまり罪悪感を感じないからです。会社や仕事を重要なものと思っていないので、評価も特に気にすることなく、仮病で休みがちになってしまいます。

会社を仮病で頻繁に休む「休み癖」の3つの対処法

もし、自分に「休み癖」がついてしまっていると感じたら、以下のような方法を試してみてください。

1.どうしても出勤の必要がある予定を入れる

責任感が足りずに会社を仮病で休んでしまう人にとって、特に有効です。
自分が行かないと周囲に多大な迷惑をかけたり、大きな叱責をうけたりする可能性があれば、よっぽどのことがない限り行かざるを得ないと考える人が多いでしょう。どうしても逃げられない状況に自分を追い込むことで、気持ちを出勤する方向に持っていく方法です。

2.生活リズムを整える

会社を仮病で頻繁に休む人は、生活リズムが乱れている場合が多いです。生活リズムが乱れると、朝起きるのがおっくうになったり、やる気が出にくかったりします。生活が不規則になりがちな人は、まずリズムを整えることから始めてみましょう。

3.何が原因なのかを冷静に振り返る

自分がなぜ頻繁に会社を休んでしまうのか、原因を探るのも必要です。
休みたくなる原因は会社でのストレスがほとんど。自分は仕事のなににストレスを感じているのかを振り返り、改善策を探しましょう。
今の会社にいながら解決できるのか、それとも退職を検討に入れるべきなのかなどストレス対策を講じたほうが、仮病で休み続けるよりも建設的です。

頻繁に仮病を使うほど今の会社が辛い…どうする?

今の会社がどうしても辛く頻繁に仮病を使ってしまうという人は、以下のような対策をしてみてください。

周囲に相談する

まずは、周囲の人に相談してみましょう。上司や同僚に相談できれば良いですが、できない場合は家族や友人でも構いません。自分がなぜ会社に行くのを辛いと感じるのかを聞いてもらうだけでも楽になることも。
また、多くの人の意見を聞いて、自分の考えが変わってくることもあるでしょう。そうすると、会社を仮病で休まないようにするための対策方法が見えてくる可能性があります。

転職を検討する

どうしても会社が辛くて仮病で休みたくなってしまうのであれば、転職を検討するのも手。職場環境や業務内容が自分に合っていない可能性があるからです。
その場合には、企業選びの軸をしっかり持つことが大事。自分が仕事に対して望むものはなにか、どんな環境である必要があるのかを改めて考えてみてください。
「自分の嫌なこと」を避ける方法で絞り込んでいくと、続けやすい仕事が見つかるでしょう。

「もう会社を退職したいけど、自分に合う仕事が分からない」「仮病を使わずに済むような職場と出会いたい」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは
20代・30代の若年層を対象に、ポテンシャルと人柄を重視する優良企業の求人をご紹介。今度こそ自分に合った仕事を見つけたいという思いに、専属の就活アドバイザーが全力でお応えします。
丁寧なカウンセリングであなたに合った企業を一緒に探しますので、ぜひご利用ください。

仮病を使って会社を休みたくなったときのQ&A

ここでは仮病を使って会社を休むことに関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

仮病を使って会社を休んでも良い?

安易に仕事を休むのは周りの人に迷惑がかかるので、基本的には避けましょう。 しかし、休みたいと感じるのであれば疲れが溜まっている可能性があります。 「適度に仕事をサボると生産性が上がるって本当?」のコラムで、適度な休息により生産性が上がることについて紹介していますので、ご参照ください。

仮病を使って会社をサボったらバレる?

仮病を使って休むと、会社に嘘がバレてしまうリスクもあります。 場合によっては診断書や領収書の提出を求められることも。もし嘘がバレてしまった場合、心象の悪化は避けられないでしょう。 しかし、仮病を使ってでも休みたいと感じるのは心身の疲れが出ている可能性も。ときにはしっかり休むことも必要です。その場合は「体調不良」と言えるため、正直に伝えましょう。 「『仕事をサボりたい…』原因や対処法を紹介!」では、サボりたいと感じたときの対処法を紹介していますので、参考にしてみてください。

仮病を使って会社を休むとどうなる?

「嘘をついて仕事を休んでしまった」という後ろめたさから、精神的な負担になって結局あまり休まらない人も多いようです。 また、本当の体調不良時に休みづらくなってしまったり、嘘がバレて信用を失ってしまったりとリスクもあるので、注意しましょう。

どうしても会社を休みたいときはどうしたら良い?

何かが原因で会社を休みたいのならば、その原因から対処しましょう。 何度か続くようなら、休みたいと感じる原因を取り除く必要があります。何かストレスになっていることなどあれば、上司に相談してみましょう。 仕事に精神的・身体的な疲労やストレスを感じているようであれば、休職や転職を検討するのも1つの手です。 就職・転職サポートサービスのハタラクティブでは、豊富な知識と経験を持つ就活アドバイザーが在籍。あなたの悩みや希望に耳を傾けます。 企業選びや面接対策など、ご利用者1人ひとりに合わせたオーダーメイドの就職・転職支援サービスを提供しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION