新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事をずる休みしたことがバレたらどうなる?会社に知られる原因も解説!

仕事をずる休みしたことがバレたらどうなる?会社に知られる原因も解説!

公開日:

最終更新日:

仕事をずる休みしたことがバレたらどうなる?会社に知られる原因も解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事をずる休みする人は、会社に対する悩みや不安を抱えていることが多い
  • ・仕事をずる休みしたことがバレたら、解雇や減給などの処分を受ける場合もある
  • ・仕事をずる休みしたことがバレたらリスクが高いので、有給休暇を取ったほうが良い
  • ・ずる休みがバレたらどうしよう…と気に病まずに済むよう、休みの多い仕事に転職しよう
  • ・休みが多い仕事に就くコツは、年間休日と休暇制度をチェックすること

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「仕事をずる休みしたいけど、バレたらどうなるんだろう?」と考えたことのある人は多いのではないでしょうか。
このコラムでは、仕事をずる休みしたことがバレた場合の処遇や、バレるきっかけとなる出来事を紹介します。また、仕事をずる休みをしないための対処法も解説。実際にずる休みをしてしまう前に、このコラムでリスクや対処法を知っておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事をずる休みする人の特徴

仕事をずる休みする人のよくある特徴として、下記のようなものが挙げられます。

・仕事でミスをしがち(ミスをしたことで落ち込んでいる、上司に怒られるのが嫌だ、など)
・人間関係が上手くいっていない(会いたくない同僚や上司がいる、など)
・やりたくない仕事がある(憂鬱な会議やクライアントに対するクレーム対応、など)
・仕事をサボって行きたい場所、やりたいことがある(遊びやイベントなど)
・無気力、やる気が出ない(慢性的なストレスや疲れが溜まっている、など)

このように、仕事をずる休みする方の特徴は数多くあります。理由はさまざまですが、「バレたらどうしよう…」という不安よりも、休みたいという気持ちが大きくなった場合についずる休みをしてしまうようです。
バレたときのリスクを顧みず、とっさにずる休みをしてしまう人は「夜ふかししたから」「お酒を飲み過ぎたから」など、プライベートな理由よりも、会社に対する悩みや不安を抱えていることのほうが多い傾向にあります。

仕事に行きたくない人は必見!休む理由と行きたくなくなる原因を紹介」では、仕事をずる休みしたいと考える頻度が高い方に向けて、対処法を解説しています。「会社に行きたくないけど、ずる休みはバレたときが怖い…」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事をずる休みしたことがバレた5つのきっかけ

仕事をずる休みしたことが会社にバレたきっかけとして、下記のようなものが挙げられます。「今までバレたことがないから大丈夫」と思っていても、いつバレるかは分からないもの。ずる休みをしたいと考えている人はもちろん、ずる休みの経験がある人もいつバレてもおかしくない状況であることを再認識しておきましょう。

1.休むタイミングや期間が特徴的

決まった曜日や時期に仕事の休みを取るといった行動は、周りからは不自然に感じられます。そのような場合、上司や同僚に問いただされ、嘘が露呈してしまう場合もあるでしょう。

2.SNSやオンラインゲームの記録を見られた

ずる休みしている間に、SNSやオンラインゲームをしてしまうと、履歴から会社にバレることも。「アカウントを知られていないから大丈夫」と思っている方も要注意です。いつ誰の目に留まるかは分からないため、休んだ日はログインしないほうが賢明でしょう。

3.仮病で休んだのに診断書を求められた

仮病で休んだのに、診断書の提出が求められ、「ずる休みがバレた…」となることもあるでしょう。特に、インフルエンザのような出勤停止の期間がある病気では、提出を求められることが多いようです。

4.会社の近くで同僚とばったり会ってしまった

休みの日に会社の近くを歩いてしまい、同僚と鉢合わせしたことからバレてしまう場合も。また、会社の近くに行かなくとも、繁華街や観光地などで社外の方と会ってしまう可能性もあります。ずる休みしてしまったなら、家から出ないのが無難です。

5.仲の良い同僚にずる休みしたことを話した

信頼できる同僚だからといって、正直に話してしまったことから、ずる休みが上司に伝わってしまうことも。また、同僚が黙っていてくれていたとしても、その会話を別の誰かが聞いている可能性もあります。バレたくない話は、たとえ信頼できる人でも話さず、心にしまっておいたほうが安全です。

6.冠婚葬祭をずる休みの理由にした

親戚の不幸や結婚式などを理由にずる休みをした場合、会社から「電報を送りたい」と言われて嘘がバレることもあるようです。また、そのときは切り抜けられても、のちに出社したときに「ご親戚はどういったご病気だったの?」「結婚したお相手の方はどんな方なの?」などの質問をされて、つじつまが合わなくなる恐れも。
そのほか、本当にその状況になったときにバレてしまうこともあるでしょう。休みの理由として冠婚葬祭を使ってしまうと、後々まで影響が出るので注意してください。

仕事をずる休みしたことがバレたら処罰される恐れも

仕事をずる休みしたことが会社にバレた場合、減給や解雇などの処分を受ける可能性があります。
また、仮に処分を受けなかったとしても、職場での信頼は一気に下がってしまうでしょう。結果的に職場での居心地が悪くなり、自分から辞めてしまうことになる場合も。
安易な気持ちでずる休みをし、それがバレた場合、後々にまで影響が出る可能性もあるので注意が必要です。

会社をサボったことがバレたら謝罪をするのみ

仕事をずる休みしたことがバレてしまったら、とにかく謝罪する以外にありません。
上司や同僚から説教や小言を受けても、反省と謝罪を繰り返しましょう。ずる休みした背景には会社への不満が原因となっていることもありますが、ここで反論したり不適切な態度を取ったりしてしまえば、評価は下がるばかりです。誠心誠意謝罪するほかないでしょう。

また、たとえバレなかったとしても、仕事を休んでしまった翌日は、会社の人に謝罪やお礼の言葉を述べることが大切です。休んだ人の担当する業務が緊急を要する場合、職場の人間でカバーする必要があるため、同僚に負担が掛かっていたり、アポイントの延期などで社外の方に迷惑を掛けていたりする場合もあります。「急に休んでしまってすみません。業務を代わっていただき、ありがとうございました」のように、一言だけでも伝えるようにしましょう。
そのほかの休んでしまった場合の対処法については「ずる休みしたい社会人必見!注意点まとめ」でも解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

仕事はずる休みせず有給休暇を取ろう

これまで述べてきたとおり、仕事をずる休みするリスクは高いため、有給休暇を取得して休むのがおすすめです。有給休暇は、理由に関係なく休みを取得でき、会社は理由によって有給を拒否することはできません。有給休暇を使用すれば、ずる休みがバレる心配をすることなくリラックスして休めるでしょう。
ただし、会社には「時季変更権」があるため、人手が足りない時期やその人にしかできない仕事がある時期は有給が取得できない場合もあります。しかし、業務に支障が出ない限り、基本的には働く人が希望する時期に取得できるので、利用できる場合は積極的に利用すると良いでしょう。

嘘の理由で有給休暇をとった場合は処罰の対象になる

有給休暇は理由に関係なく休みを取得できますが、嘘の理由を書いた場合、処罰の対象になることがあります。ずる休みがバレた場合と同じく、減給や解雇などの処分を受けることになるので、有給を取る場合は正直な理由を伝えたほうが良いでしょう。

有給休暇の日数は、勤続年数によって異なります。自分が付与されている有給休暇の日数が知りたい方は、「使ったことある?有給休暇の基本教えます」を参考に計算してみてください。また、同コラムでは有給休暇の繰越しについても解説しています。タイミングが合わず、なかなか有給休暇を消化できなかった方は、こちらも参考にしてみてください。

休みが取りやすい仕事に就くための3つのコツ

この項目では、休みが取りやすい仕事に転職するための3つのコツを紹介します。
そもそも休みが取りやすい会社であれば、ずる休みをして「バレた…」と気まずい思いをすることはありません。突発的なずる休みをして「バレたらどうしよう」と気に病まず済むよう、休みの取りやすい会社に転職するのも一つの方法です。
下記の3つの方法を参考に転職活動を開始しましょう。

1.年間休日120日以上の企業を選ぶ

カレンダーどおりに仕事を休みたい方は、年間休日が120日の会社に注目して探すと良いでしょう。完全週休二日制で、盆や正月、祝日も休みの企業は、年間休日がおよそ120日程度となります。
企業によって年間休日は大きく異なり、110日だったり、105日だったりする企業もあるでしょう。その場合は、カレンダーどおりの休みではない可能性が高く、土曜の休みが隔週だったり、祝日がある日は土曜が出勤になったりすることがあります。仕事を選ぶ際は、年間休日の日数を意識してみてください。

2.求人情報の休暇制度をチェックする

求人情報を見るときは、休暇制度の欄にも目を向けてみましょう。リフレッシュ休暇や誕生日休暇など、休暇制度が豊富に用意されている場合は、それだけ休暇が取りやすい会社だと判断できます。
年間休日だけでなく、休暇制度もぜひチェックしてみてください。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用して、転職活動を進めるのも一つの手です。
就活アドバイザーは、企業と応募者が的確にマッチするよう、企業の表面的な情報だけでなく、その会社の風土や職場環境の実態も熟知しています。「ずる休みしなくて済むよう、休日が多くて有給が取りやすい会社に転職したいのですが…」と相談してみるのも良いでしょう。

転職について詳しく知りたい方は、若年層向け就職・転職支援サービスのハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、第二新卒・既卒・フリーターの方向けに、希望条件に合った正社員求人紹介を行っています。また、応募書類の添削や面接対策など、就職・転職にまつわるサポートも充実。
ずる休みをして「バレたらどうしよう…」といった気持ちで過ごすより、休みの多い会社に転職したほうが、日々を気分良く過ごせます。今の仕事に不満や悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

仕事にストレスを抱えている方の悩みに答えるQ&A

ここでは、仕事に不満やストレスを抱えている方の疑問にお答えしていきます。
仕事を「ずる休み」したいと思うくらいストレスが溜まったら、有給を取得したり、転職したりするのも一つの手です。ぜひ下記の回答を参考にしてみてください。

仕事のずる休みがバレたらクビになる?

仕事をずる休みしたことが会社にバレた場合、解雇になることもあり得ます。また、たとえ解雇を免れたとしても、周囲からの信頼は下がってしまうでしょう。このコラムの「仕事をずる休みしたことがバレたら処罰される恐れも」でも解説しているとおり、ずる休みはリスクが高いため、有給休暇を取得して正式に休むことをおすすめします。

仕事を当日休む場合はいつまでに連絡すべき?

やむを得ず当日欠勤する場合、遅くとも始業時刻の15分前までには連絡を入れてください。「連絡方法、伝える相手、仕事を休む時の連絡マナーとは?」にもあるとおり、伝え先は同僚ではなく、直属の上司です。了承を得ないまま欠勤すると、無断欠勤と捉えられてしまうこともあるので注意しましょう。基本の連絡手段は電話ですが、近年ではメールでやりとりする会社も多いようです。自社のルールを1度確認しておくと良いでしょう。

フリーターでも有給は取れる?

フリーターの方も一定の条件を満たしていれば、有給休暇が付与されます。ただし、労働日数や時間によって付与される日数は異なるので、注意しましょう。詳しくは「フリーターは正社員になれない?雇用形態ごとの違いやおすすめの職種を解説」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

仕事がうまくいかず、出社したくありません

仕事がうまくいかないと感じたら、上司や同僚などの信頼できる人に相談してみましょう。タスクが多過ぎる場合は配慮してもらえる可能性もあります。また、仕事がうまくいかないときに試すべき対処法は「仕事ができないから辞めたい…そんなときの考え方や対処法を紹介」でも解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

働きながらでも転職活動できる?

働きながらでも転職活動は可能です。「働きながら転職活動するときのポイントとは?メリットとデメリットを解説!」でも解説しているとおり、金銭面での不安がないため、気持ちに余裕を持って活動できるでしょう。ただし、日中は仕事があり、転職活動に避ける時間は限られているため、効率的に対策する必要があります。そんなときはぜひ、ハタラクティブにご相談ください。就活アドバイザーが書類選考や面接対策をサポートします。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ