会社をずる休み!その後はどうなる?

公開日:

最終更新日:

仕事をずる休みしたくなる時ってありませんか?ここでは、社会人がどんな時に会社をずる休みをしたくなるのか、ずる休みがバレたら会社や自分にどんな影響があるのかをまとめました。さらに、急な休みを取りたい場合どうすれば良いのかを考えていきましょう。

◆会社をずる休みしたくなるのはどんな時?

社会人が会社を「ずる休み」したくなる理由には、一体どんなものがあるのでしょうか。
よくある理由を5つ挙げてみました。

・仕事でミスをしてしまった(ミスをしたことで落ち込んでいる、上司に怒られるのが嫌だ、など)
・人間関係が上手くいっていない(会いたくない同僚や上司がいる、など)
・やりたくない仕事がある(憂鬱な会議やクライアントに対するクレーム対応、など)
・仕事をサボって行きたい場所、やりたい事がある(遊びやイベントなど)
・無気力、やる気が出ない(慢性的なストレスや疲れが溜まっている、など)

このように、仕事をずる休みしたいと思う理由は様々です。

特に注意したいのは、「無気力、やる気が出ない」場合。
慢性的なストレスや疲れが溜まっていることが原因の「心の病気」であるケースも考えられるため、身体の不調がなくても休養を取るなどの対策をとる必要があるかもしれません。

◆会社をずる休みすると…

会社をずる休みしてしまうとどういった影響がでてくるのでしょうか。

「会社」

・休んだ人が担当する業務が緊急を要する場合、職場の人間でカバーする必要がある(同僚に負担がかかる、アポイントメントの延期など)
・ずる休みが重なり業務に支障をきたす場合、本人に事情を聞き、何らかの対処をする必要がある(注意など)

「自分」

・嘘がバレた場合、一気に職場での信用をなくすほか、職務規定違反として問題になる
・社会人としての資質を疑われる
・病欠、親戚の不幸、結婚式などの嘘をついてしまうと、本当にその状況になった時に困る
・一度ずる休みをしてしまうと、常習化する恐れがある

◆会社をずる休みする前に考えよう!

仕事をしていると、嫌なことや面倒なことがあったり、ほかにやりたいことがあった時に「ずる休みしたい」と考えてしまうこともあるでしょう。
しかしながら、正社員として会社に勤める以上、しっかりと業務を遂行する必要があります。

もし自分都合の理由で「休みたい」と考えるのなら、急なずる休みをするのではなく、職場に迷惑を掛けないように事前に有給休暇などを申請しておくことが大切です。

また、「今日一日だけ休みたい」ではなく、「ずっと会社に行きたくない」と感じている場合は注意が必要。
連日のずる休みや無断欠勤は、最悪解雇に繋がってしまう可能性もあります。

人間関係や無気力などの精神的な理由で「会社に行きたくない」と感じている時は、業務内容そのものや社風、職場環境などが自分に合っていないということも考えられます。

「ずる休み」で済まないようなひどい状態の場合は、そのままの状態で仕事を続けるよりも、「転職」という根本的な問題解決を考えてみることをおすすめします。


転職について詳しく知りたい方は、若年層向け就職・転職支援サービスのハタラクティブへ。

第二新卒・既卒・フリーターの方向けに、希望条件に合った正社員求人紹介をはじめ、応募書類の添削、面接対策など、就職・転職にまつわるサポートが充実しています。是非、お気軽にご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ