会社をずる休みする理由はどうする?バレたときのリスクや注意点も紹介!

会社をずる休みする理由はどうする?バレたときのリスクや注意点も紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 会社をずる休みする人は、仕事に対する悩みや不安を抱えていることが多い
  • 会社をずる休みするときの無難な理由には、体調不良や家族の看護などがある
  • ずる休みの頻度が高いと、本当に休みたいときに休めなくなるリスクがある
  • 会社をずる休みしたい気持ちが続くなら、転職を検討するのも方法の一つ

会社をずる休みしたいときに、どのような理由が良いのか、バレたらどうなるのかといったことを悩む人もいるでしょう。ずる休みは悪いことではありますが、疲労やストレスで辛いときに無理をするのも良くありません。適切に連絡して周りに配慮すれば、リフレッシュのために休むのも方法の一つです。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

会社をずる休みするリスク

会社をずる休みするのには、リスクもあります。ずる休みの頻度が高まるとクセになってしまい、リフレッシュ効果が得られなくなる恐れも。この項で紹介するリスクを知ったうえで、ずる休みのタイミングや頻度を考えてみましょう。

クセになってしまう

1度ずる休みに成功すると、何度も繰り返してしまう恐れがあります。仕事で少し嫌なことがあるだけで会社を休むなど、逃げるクセがついてしまう場合もあるようです。ずる休みがクセになると仕事への意欲が下がってしまい、評価も下がりやすくなるでしょう。評価されなくなるとさらに意欲がなくなり、悪循環に陥るリスクがあります。

本当に休みたいときに休めなくなる

ずる休みのために有給休暇を使ってしまい、本当に休みたいときに休めなくなるリスクもあります。また、ずる休みのために使った嘘が現実となってしまい、「また?」と思われる恐れも。たとえば、ずる休みの理由に体調不良を使い過ぎてしまうと、本当に体調が悪いときに「また風邪?」と思われてしまうなどが考えられます。

会社にバレたら信頼を損ねる

ずる休みが会社にバレたら、職場での信頼は一気に下がってしまうでしょう。休んだことはもちろん、噓をついたことで評判が悪くなります。結果的に職場での居心地が悪くなり、自分から辞めてしまうことになる場合もあるでしょう。安易な気持ちでずる休みをし、それがバレた場合、後々にまで影響が出る可能性もあるので注意が必要です。

処罰される恐れもある

仕事をずる休みしたことが会社にバレた場合、減給や解雇などの処分を受ける可能性があります。何度もずる休みをしていたことがバレた際は、降格や出勤停止もあり得るでしょう。何度も注意したのにずる休みを繰り返すと、さらに重い処分になる恐れもあります。「降格とは?不当な処分をされたら不服申し立てはできる?」のコラムで、降格処分の内容を詳しく説明していますので、ご一読ください。

会社をずる休みしたくなるのはなぜ?

特に理由もなく「会社を休みたい」「今日は行きたくない」と思った経験は、誰にでもあるでしょう。その背景には、会社に対する悩みや不安を抱えていることが考えられます。会社をずる休みしたくなったら、以下のような理由が自分に当てはまるか考えてみましょう。

モチベーションが上がらない

その日の気分によって、モチベーションが上がらないときもあります。特に、連休明けや年度の変わり目は気持ちが不安定になりやすい時期。また、友人とケンカをしたり、SNSで心無いコメントを受けたりすると、仕事をする気にならないときもあるでしょう。
頑張って会社に行こうとしても、どうしても気持ちが付いてこない日はずる休みをしたくなります。

職場の人間関係が良くない

日ごろから職場の人間関係に悩んでいる場合、会社をずる休みしたい気持ちになりやすいです。毎日我慢していると、ストレスが蓄積されてしまう恐れもあります。また、「今日は苦手なあの人と一緒に仕事をしなければならない」という日は、ずる休みをしたくなるのも自然なことといえます。

仕事でミスをしてしまった

仕事でミスをしてしまったとき、「明日は仕事を休みたい」「会社に行くのが気まずい」という気持ちになる人も多いでしょう。上司から怒られたり、周りの人に迷惑をかけてしまったりすると、現実から逃避したくなり、ずる休みを考えてしまうのも仕方ないことです。

成果を挙げられない日が続いている

自分だけが仕事で成果を挙げられない日が続くと、「会社に貢献できていない」「自分だけ役に立っていない」とネガティブ思考に陥り、会社をずる休みをしたくなってしまいます。また、「今日も成果を出せなかったらどうしよう」と自分を追いつめてしまう人もいるでしょう。誰も責めていないのに、疑心暗鬼になって会社に行くのが辛くなることもあります。

疲れがたまっている

仕事が多忙で疲れがたまってしまい、会社をずる休みしたくなることもあるでしょう。多忙なときは体調の変化に気づきにくいので、ある日突然「ずる休みしたい」という衝動に駆られる場合もあります。疲れがたまり過ぎると、身体だけでなく心も病んでしまう恐れがあるため、適切に休むのが大事です。

会社をずる休みするときの無難な理由

この項では、ずる休みをするときに使う人が多い、無難な理由を紹介します。

体調不良

ずる休みの理由として使いやすいのが、体調不良です。急な頭痛や発熱は誰にでも経験があることなので、納得されやすい理由といえます。

当日休むとき

当日の朝、会社に休みの理由を伝える際は「急な発症だから仕方ない」と思ってもらえるような説明が良いでしょう。以下に理由の例をまとめました。

・今朝、熱を測ったら38度だったため休ませてください。
・朝から目まいが酷く、病院へ行きたいため本日は休みをいただきます。
・腹痛のため、休みをいただきます。胃腸薬を試したものの改善されないため、病院へ行きたいと思います。
・通勤電車内で気分が悪くなってしまい、吐き気がするため病院へ行きます。

発熱はよくある理由ですが、新型コロナウイルス感染症の疑いがあるとして、会社によってはPCR検査を受けるように指示される場合もあるようです。また、インフルエンザも確実に休める理由ではあるものの、診断書の提出を求められる可能性があります。ずる休みをするために使う場合は、注意が必要です。

前日から休むと分かっているとき

休みは早めに伝えたほうが良いので、「明日は休みたい」と思ったらその日のうちに伝えても問題ありません。

・午後から頭痛がしていたのですが、痛みが酷くなってきたので明日は病院へ行かせてください。
・ここのところ腰痛があったのですが、我慢しているうちに悪化してきたようです。明日は1日休みをいただき、病院を受診したいと思います。
・花粉症による頭痛、鼻づまりがあり、仕事に集中しづらくなってきました。かかりつけの病院が本日休みのため、明日行ってもよろしいでしょうか。

前日に休みを申請する場合、「今日は病院が閉まっている」「以前から我慢していた」といった状況を説明することで会社側に納得してもらいやすくなります。

家族の看護

子どもや両親の看護は、前もって伝えても、当日の朝伝えても違和感のない理由です。

・子どもが発熱し保育園に預けられないため、本日は休みます。
・母が階段で転んでしまい、1人では病院に行けないため、明日は付き添います。
・親が倒れたので救急車を呼びました。今から病院へ行くため、今日は休みとさせてください。

家族の体調不良は診断書の提出が必要ないため、ずる休みがバレにくい理由といえます。ただし、風邪や発熱などは、本人も感染していないか心配される場合もあるので、自分は元気であることも伝えると良いでしょう。

突発的な事故

突発的な事故には急いで対処しなければならないため、急な休みでも不自然になりません。

・自宅のガス管が破損してしまったため、今から業者に来てもらいます。本日は午前半休とさせてください。
・通勤の途中、車の事故に巻き込まれてしまいました。警察への対応と、念のため病院も受診したいので会社を休ませていただけますでしょうか。

上記のような理由で休んだ場合、出社の際に詳細を聞かれる場合があります。うまく答えられないと、ずる休みがバレてしまうので気をつけましょう。また、突発的な事故で何度も休むと「ずる休みなのでは?」と疑われる恐れもあるので多用は禁物です。

結婚式や法事

結婚式や法事で休むことは、多くの会社で認められています。このような理由で休む際は、事前に休みを申請するのが一般的です。慶弔休暇制度がある会社では、申請書の提出が求められます。
結婚式や法事が地方で行われる場合は、数日間の休みを取得することも可能です。ただし、結婚式の感想を聞かれたり、地方の手土産を用意しなければならなかったりといったデメリットがあることを念頭に置きましょう。また、結婚式や法事を何度も使うと、ずる休みを疑われるので注意が必要です。

平日でなければできない手続きがある

公的機関や銀行の窓口など、平日の日中しか開いていない場所もあります。そのような窓口に、どうしても行かなければならない用事がある場合、休みが認められることが多いです。

・引っ越しの住所変更の手続きで、市役所と警察署へ行きたいので明日は休みを取らせてください。
・住宅ローンの手続きで銀行の窓口へ行きたいため、明日の午後は半休をいただきます。

このような理由で会社を休む場合は、引っ越しや住宅購入をしているのが前提となるため、誰でも使える理由ではありません。具体的な説明をせずに「銀行の窓口に行きたい」といっても良いですが、上司から詳細を聞かれた際に答えられるようにしておく必要があるでしょう。
仕事を休むのに使える33個の理由をご紹介!伝え方の注意点やマナーも解説」のコラムでも、仕事を休む理由を詳しく紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

会社にずる休みがバレないための6つの注意点

会社にずる休みをしたことがバレないように、当日は以下の行動を避けてください。

1.SNSへの投稿はしない

会社をずる休みして遊びに行ったとき、うっかりSNSに写真を投稿したことでバレるケースがあります。会社の人と繋がっていなくても、共通の友人から伝わってしまうことも。SNSは誰が見ているか分からないため、ずる休みをした日は使わないのが得策です。

2.詳細に説明し過ぎない

休む理由をあまりにも詳しく説明し過ぎると、不自然な印象を与えてしまいます。休む理由を具体的に説明するのは大事ですが、「昨日の○時に頭痛がして、今朝の○時に薬を飲みましたが治らず、○時に病院を予約したので…」などと事細かに述べる必要はありません。
また、事故などを理由にする場合、時間や場所を詳しく説明すると、事実確認をされてずる休みがバレてしまうので注意しましょう。

3.賑やかな場所で電話をしない

会社に休みの連絡を入れる際は、賑やかな場所での電話は控えたほうが良いです。体調不良だといっているのに、ショッピングモールの音楽が流れていると「ずる休みなのでは?」と疑われてしまいます。静かな場所で電話をかければ不要な疑いをかけられる心配がないので、なるべく自宅から連絡するのがおすすめです。

メールやSNSで済ませるのはやめよう

メールやSNSで連絡を済ませれば、電話をかける場所を気にしなくて良いのでは…と思う人もいるようですが、休みの連絡は電話が基本です。仕事の引継ぎのほか、上司側も確認したいことがあるかもしれないので、直接連絡するようにしましょう。ただし、会社によってはメールを推奨している場合もあるので、その場合は指示に従ってください。

4.同じ理由を繰り返し使わない

「親戚の法事」「家族が病気」といった理由を何度も使ってしまうと、ずる休みを疑われやすくなります。また、自分の体調不良を理由に何度も休むと、「大きな病院で診てもらうように」「休職して治療に専念したほうが良いのでは」といわれる可能性もあるでしょう。
同じ理由を繰り返し使わないのはもちろん、会社をずる休みする頻度にも気をつけてください。

5.元気な声で電話をしない

体調不良が理由でずる休みをするなら、元気な声で電話をしないようにしましょう。「喉に痛みがある」といいながら、良く通る声で話すのは不自然です。過度に咳き込んだり、鼻声にしたりする必要はないですが、嘘を疑われない程度に装うのが無難といえます。

6.会社の近くには行かない

ずる休みをした当日は、会社の近くに行かないのが必須です。また、外回りの営業職が行きそうなオフィス街なども避けたほうが良いでしょう。病気のはずなのに元気そうだったり、法事のはずなのにTシャツ姿だったりすると、ずる休みがバレてしまいます。

会社をずる休みするときは周りに配慮しよう

会社をずる休みする際は、なるべく周りに迷惑がかからないように配慮するのが必須です。急な休みは多少なりとも迷惑をかけてしまうので、仕事の引き継ぎはもちろん、謝罪やお礼もきちんとしましょう。

休みの連絡をする時間帯に気をつけよう

休みの連絡をする際は、始業の10〜15分前に電話を入れるのが一般的です。連絡が遅いと「何かあったのでは」と周りに心配させるだけでなく、取引先から連絡があった場合に対処しにくくなります。また、始業直後は会社が忙しい時間帯なので避けましょう。上司が電話に出られない場合は、改めて電話します。同僚に伝えて済ませるのはマナー違反です。

無断欠勤はしない

休みの連絡をしないと無断欠勤となり、ペナルティの対象となります。欠勤は有給休暇とは異なり、その日の給料が支払われないだけでなく、賞与が減額される恐れも。また、人事評価が下がる場合もあるためリスクが高い行為です。休みの連絡は必ず入れましょう。

同僚や取引先にも連絡しよう

仕事で関わりがある同僚や、アポイントがある取引先にも休みの連絡を入れましょう。自分で休む理由やお詫びを伝え、予定の変更などをお願いします。フォローしてほしい業務があれば同僚にお願いして、仕事に支障を来さないように配慮するのが大事です。

出社したら謝罪しよう

仕事を休んでしまった翌日は、会社の人に謝罪やお礼の言葉を述べることが大切です。ずる休みしたことで、同僚に負担が掛かっていたり、アポイントの延期などで複数の人に迷惑を掛けていたりする場合もあります。「急に休んでしまってすみません。業務を代わっていただき、ありがとうございました」のように、一言だけでも伝えるようにしましょう。

会社をずる休みしてリフレッシュするための過ごし方

会社をずる休みした日は、リフレッシュのために時間を使うのがおすすめです。この項では、せっかくの休みを無駄にしないための過ごし方を紹介します。翌日から元気に会社へ行くための参考にしてみてください。

1.非日常を味わう

遠出をしたり、映画を見たりして、日常から離れるとリフレッシュします。会社をずる休みをしたい理由がストレスの場合、非日常を味わうことで気持ちの切り替えができることもあるでしょう。リフレッシュすると、仕事へのモチベーションが戻る可能性もあります

2.自宅でゆっくり過ごす

「忙しくてテレビを見る時間がない」「疲れていて本を読むと寝てしまう」という人は、自宅でゆっくり過ごすのもおすすめです。身体が休まるうえ、やりたいと思っていたことをやれると心も満たされます。

3.運動をする

運動はストレス解消法の一つです。運動すると自律神経の動きが活発になり、前向きになりやすいといわれています。また、運動不足の解消は健康にも良く、寝つきが良くなって身体的な疲れが取れる効果もあるようです。運動によって「明日からまた頑張ろう」と思えるなら、会社をずる休みするのも意味があるといえるでしょう。

4.趣味に没頭する

会社をずる休みして好きなことに没頭するのも、ストレス解消につながります。料理や読書、DIYなどに1日没頭すると、仕事の悩みや不安を忘れられるでしょう。もちろん、悩みや不安そのものを解消できるわけではないですが、一度頭の中を切り替えることで客観視しやすくなる場合も。「そんなに悩むことではなかった」「簡単な解決法が見つかった」といった効果が期待できます。

5.マッサージに行く

マッサージで癒されるのも、会社をずる休みしたときの良い過ごし方です。特に、身体的な疲労が溜まっている場合は、疲れを取ることを徹底しましょう。マッサージは自宅で寝ているよりも癒しの効果が高く、気持ちもすっきりします。
仕事に疲れたときの対処法とは?原因と心身の症状についても紹介」のコラムでは、疲れのメカニズムを紹介していますので、参考にしてみてください。

会社をずる休みしたくなったときは

会社をずる休みしたくなったとしても、できれば有給休暇を取得して正式に休みましょう。また、ずる休みを繰り返してしまう場合は、今の会社が合っていない可能性もあります。転職を視野に入れて、休みたい理由の背景について考えてみるのも大事です。

有給休暇を取る

これまで述べてきたとおり、仕事をずる休みするリスクは高いため、有給休暇を取得して休むのがおすすめです。有給休暇は理由に関係なく休みを取得でき、会社は理由によって有給を拒否することはできません。有給休暇を使用すれば、ずる休みがバレる心配をすることなくリラックスして休めるでしょう。
有給休暇の日数は、勤続年数によって異なります。自分が付与されている有給休暇の日数が知りたい方は、「有給休暇とは?消化は義務?付与日数とタイミングを解説」を参考に計算してみてください。また、同コラムでは有給休暇の繰越しについても解説しています。タイミングが合わず、なかなか有給休暇を消化できなかった方は参考にしてみてください。

転職を検討する

会社をずる休みしたい気持ちが続くなら、転職を検討するのも方法の一つです。1日休んでも気持ちが晴れない場合、なぜ会社に行きたくないのかを深く考える必要があります。「やりたい仕事ではなかった」「会社の方針が合っていない」といった理由がある場合は、転職することでずる休みをしたい気持ちが解消される可能性があるでしょう。異動や配置転換など、今の会社で努力してみても心境が変わらなければ、早めに転職するのもおすすめです。

転職を検討してみたい方は、若年層向け就職・転職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、第二新卒・既卒・フリーターの方向けに、希望条件に合った正社員求人の紹介を行っています。就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行うので、「なぜ今の仕事を休みたくなってしまうのか」「どのような会社ならモチベーションが上がりそうか」といったことも相談可能です。自己分析や面接対策をサポートし、求人探しも代行しますので、転職経験がない方でも安心して挑戦できるでしょう。
今の仕事に不満や悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

会社をずる休みしたい方の悩みに答えるQ&A

ここでは、仕事に不満やストレスを抱えている方の疑問に、Q&A方式で回答します。

ずる休みがバレたときはどうしたら良い?

誠心誠意謝罪するほかありません。上司や同僚から説教や小言を受けても、反省と謝罪を繰り返しましょう。ずる休みした背景には会社への不満が原因となっていることもありますが、ここで反論したり不適切な態度を取ったりしてしまえば、評価は下がるばかりです。「仕事でミスをしたら謝罪メールを送ろう!状況に合わせた書き方のポイント」のコラムで謝罪メールの書き方を紹介していますので、参考にしてみてください。

ずる休みがバレたらクビになる?

1度のずる休みで解雇されることはありません。ただし、何度も嘘をついたり、注意されてもずる休みを繰り返したりして、あまりにも態度が悪い場合は懲戒解雇もあり得るでしょう。懲戒解雇は履歴書に記載しなければならないため、転職に影響します。「懲戒解雇が転職に与える影響とは?再就職を成功させる方法を解説!」のコラムで詳しく解説していますので、ご覧ください。将来への影響もあり得ることを考え、ずる休みはなるべくしないようにしましょう。

休みの連絡をするときのマナーはある?

連絡方法やタイミングについてのマナーがあります。会社を休むときは、直属の上司に電話で連絡するのが原則です。前日までに休むことが決まっている場合は、対面で伝えます。休む理由や復帰の時期についても説明し、申し訳ないという態度を示しましょう。「会社を休むときの電話連絡のマナーとは?シチュエーション別の例文も紹介」のコラムでは、電話で伝える際の例文も紹介していますので、ご一読ください。

転職を検討したほうが良い?

努力してもずる休みをしたい気持ちが解消されない場合は、転職を検討しましょう。「上司と合わない」「仕事がつまらない」といった理由で、すぐに転職するのはおすすめできません。配置転換や、仕事のやり方の工夫など、できる限り努力しても辞めたい場合に転職を検討するのがおすすめです。「転職に迷うときにやるべきことを解説!やめたほうがいい人の特徴も紹介」のコラムを参考にして、自分が転職すべきかどうか判断してみましょう。
働きながら転職活動をする際は、ハタラクティブへご相談ください。就活アドバイザーのサポートによって、効率的な転職活動が可能です。

この記事に関連するタグ