体調不良で仕事を休む判断基準は?会社への連絡方法や注意点もご紹介

体調不良で仕事を休む判断基準は?会社への連絡方法や注意点もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・体調不良で仕事をしても集中力を欠くため、罪悪感を覚えずに休んで良い
  • ・体調不良で仕事を休むときの判断基準は、高熱や立ち上がれないほどの目まいなど
  • ・仕事を休むときの連絡は、上司に直接電話をするのがマナー
  • ・体調不良でも仕事を休めない場合は、マスクなどで感染しないように配慮する
  • ・体調不良や精神的なストレスで仕事を休みがちになるなら、転職を検討するのも手

体調不良で仕事を休みたいと思っても、「頑張れば行けるかも…」「連絡の仕方が分からない…」と悩む方も多いのではないでしょうか。体調が優れないときは無理をせず仕事を休んでOK。仕事に集中できなかったり、ほかの人にうつしたりするよりかは、休んだほうが良いと考えるのが一般的です。このコラムでは、体調不良で仕事を休む判断基準や連絡マナー、注意点などを解説。ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

体調不良のときは仕事を休もう

体調不良を感じたら、無理せず仕事を休んでください。
会社員として働いていると、体調不良になっても「この程度で休んではいけないのでは」と悩んでしまうこともあるでしょう。「今日中にやるべき仕事がある」「取引先と約束がある」などの大事な予定があれば、休むのを躊躇するのも当然といえます。
しかし、身体の状態は自分にしか分からないもの。体調不良で仕事を休むのに罪悪感を覚える必要はありません。また、体調不良のまま出社すると、かえって周囲に迷惑を掛ける可能性もあります。体調不良の際は、とにかく無理をしないことが大切です。

体調不良で仕事を休むべき理由

この項では、体調不良のときに仕事を休んだほうが良い理由を解説します。

仕事に集中できないため

体調不良だと仕事に集中できず、効率が悪くなります。たとえば、発熱や腹痛などで何度も席を立っていると、業務の生産性が落ちてしまうでしょう。
また、このような状態で仕事をすると、ミスをする可能性が高くなる恐れも。しっかり休んで体調の回復を優先したほうが、結果的に効率良く仕事ができると考えられます。

ほかの人が感染するリスクがあるため

体調不良で無理をして出社し、ほかの人に感染させてしまうと多大な迷惑を掛けることになります。
特に、インフルエンザなどの感染症は発症までに数日掛かるため、慎重な判断が必要です。体調不良の際は、必要に応じて医師の診断を受けるようにしましょう。

体調不良が長引いてしまう可能性があるため

体調不良ではあるものの、「このくらいなら大丈夫」と出社した結果、症状が悪化して休みが長引くのも良くありません。
仕事に早く復帰するためには、症状が軽いうちに休んで治すのが重要です。「これほど長引くなら休んでおけばよかった」と後悔しないように、初期の段階でしっかり休むようにしましょう。
風邪で仕事を休むためには?会社への連絡方法や注意点などを詳しくご紹介!」では、風邪を引いたときの対応について解説していますので、あわせてご覧ください。

体調不良で仕事を休むときの判断基準

体調不良で仕事を休むときの判断基準は、発熱や吐き気などさまざまです。会社によって違うこともありますが、この項では一般的な基準について解説します。

37.5〜38度以上の高熱がある

平熱にもよりますが、37.5~38度以上の高熱があるときは休んだほうが良いといえます。高熱があるとインフルエンザなどの感染症も疑われるため、病院を受診しましょう。仕事を休むのに会社へ体調不良の連絡をする際には、平熱を一緒に伝えると症状の重さを理解されやすいようです。

咳や鼻水がひどい

咳や鼻水がひどいと仕事に集中できないため、休んだほうが良いでしょう。特に咳がひどいと、ほかの人にうつす可能性が高くなります。また、人と話すのも難しくなるため、会議や商談に差し障ることも。このような体調不良のときは仕事を休んで自宅療養にしたり、病院で薬をもらったりするなどの対処をおすすめします。

吐き気がする

吐き気があるときは通勤も困難なため、休んでも良いと考えられます。仕事中に何度も吐き気をもよおすと仕事に集中できません。また、オフィスで嘔吐してしまうと感染リスクも高くなります。周りの人にも心配を掛けるので、吐き気のある体調不良の場合は出社しないほうが無難です。
何度も嘔吐を繰り返すときは感染症の疑いがあるため、病院を受診したほうが良いでしょう。

立ち上がれないほどの目まいがする

目まいは周りの人からは分かりにくい症状ですが、仕事ができないほど辛いことも。放っておくと危険な場合もあるので注意が必要です。1日に何度も目まいがしたり、立ち上がれないほどひどかったりするときは、すぐに病院へ行きましょう。
目まいを覚えながら仕事をしても集中できず、外出自体も難しいので、休んでも良い症状です。

精神的な疲労やストレスを感じている

風邪や感染症以外に、ストレスが原因の体調不良もあります。「会社に行くのが辛い」「ストレスが溜まっている」と感じているなら、仕事を休んでリフレッシュするのも良い方法です。
「体調が悪いわけではないのに、休むのは申し訳ない」と罪悪感を覚える人も多いでしょう。しかし、仕事に集中できないことには変わりありません。無理をして出社すると悪化する恐れもあるため、仕事を休んで回復させたほうが良いでしょう。

妊娠している

妊娠していると、体調不良が起こりやすくなります。主な症状はつわりや眠気、腰痛、動悸などさまざまです。また、妊娠初期・中期・後期のそれぞれに出やすい症状も異なるのが特徴。少しでも体調が辛いと感じたら、無理をせず仕事を休んでください。会社の就業規則に妊娠中の時短勤務や休暇制度が設けられている場合は、積極的に利用してみましょう。

仕事を休むときの連絡方法

体調不良で仕事を休むときは電話連絡がマナーです。会社によってルールは異なりますが、この項では一般的な連絡方法について解説します。

電話で連絡をする場合

体調不良で仕事を休むときは、メールではなく電話で連絡をしましょう。急な休みの場合、謝罪の気持ちや連絡事項を確実に伝えるためにも電話が良いといわれています。
メールだと相手が読んでいるか確認できないうえ、連絡事項についてすぐにやり取りできないことから、電話のほうが望ましいでしょう。
ただし、電話するのが困難なほど体調が悪い場合はメールでもOK。「喉が痛くて話せないため」など、理由を記載しておけば理解してもらえます。

電話で伝える内容

電話をする際は、ただ単に「体調不良で休みます」と伝えるのではなく、「発熱をしているので、お休みをいただいてもよろしいでしょうか?」と具体的な理由を述べ、休んでも良いか伺う伝え方で承諾を得ましょう。連絡の際に伝える事項は以下のとおりです。

・現在の病状
・現在の仕事の業務状態
・必要な引き継ぎ
・出社の目安

上司に直接伝える

休みの連絡は上司に直接伝えます。言いにくいからと、人事・総務部や同僚に体調不良の旨を伝えて終わらせるのはマナー違反です。出社したときにスムーズに仕事を再開するためにも、仕事の状況やチームの状態を把握している直属の上司に伝えるのが良いでしょう。

始業時間の10~15分前には連絡を入れる

休みの連絡は始業時間の10~15分前に入れましょう。始業時間を過ぎても出社しないと、体調不良だけでなく「何かあったのでは」と心配を掛けてしまいます。また、始業直後は忙しいため、迷惑にならない始業前が望ましい時間帯。仕事の連絡事項を伝えるためにも、始業前が良いでしょう。
ただし、あまり早く連絡しても上司が出社していない可能性があるため、10~15分前くらいがちょうど良い時間です。

メールで連絡をする場合

体調不良による急な休みの連絡は、電話ではなくメールのほうが良い場合もあります。会社によっては「休みの連絡方法はメール」とルール化していることも。また、上司がメールを指定している場合もあります。そのほか、上司が外出や会議などで電話に出られないのが分かっているなら、メールが望ましいでしょう。
会社を休む際のマナーについては、「会社を休む時こそ礼儀正しく!電話連絡の基本マナーとは?」でも詳しく解説しています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

子どもの体調不良で仕事を休むときは?
子どもが体調不良の際には、迷わず早めに休む連絡を入れましょう。前述のとおり電話で上司に事情を伝えます。必要な場合は、仕事の引き継ぎについてもあわせて伝えておくとスムーズです。
「自分のこと以外で休むのは申し訳ない…」と罪悪感を覚える方もいるでしょう。しかし、子育て世代にはよくあること。自分の家族のためにも、家庭事情によるお休みは躊躇なくすることが大切です。

体調不良で仕事を休むときの注意点

体調不良で仕事を休むときには、仕事の引き継ぎや休み明けの対応などで注意したい点があります。また、休んでいる間はなるべく早く復帰するための努力も重要です。

無断欠勤をしない

社会人として無断欠勤は避けましょう。無断欠勤は無責任な印象を与え、周囲からの信頼を失ってしまう行動です。また、会社では今後の評価が下がったり、ペナルティを受けたりする恐れも。どんなに体調不良でも、仕事を休む連絡は行いましょう。

ほかの人に仕事の引き継ぎをする

休みの間に仕事をフォローしてもらう必要がある場合は、引き継ぎをしましょう。引き継ぎは担当者に電話で直接伝えたあと、詳細や資料をメールで送ります。相手への負担が少しでも軽くなるように、内容は丁寧に伝えるのが重要です。

社外の人との約束があれば自分で連絡する

社外の人との仕事の約束をキャンセルする場合は、自分で連絡を入れましょう。連絡は電話でするのが一般的なマナーです。キャンセルすると相手のスケジュールに影響するため、なるべく早く伝えるためにも電話が良いでしょう。また、再度約束をしてもらうために、直接謝罪するのも重要です。

必要に応じて医療機関を受診する

37.5〜38度以上の高熱がある」でも解説したように、高熱がある場合は感染症の疑いがあるため、医療機関を受診しましょう。高熱以外の症状でも、会社を休んだ場合はなるべく早く復帰できるような行動を取るのが重要です。また、「会社に行くのが辛い」といったような精神的な不調の場合、仕事を休んでも改善しないなら医師の診断を仰ぐのも一つの手。
いずれにしても、個人で判断せずに医療機関を受診するのがおすすめです。

休み明けにお礼を伝えるのを忘れずに

休み明けに出社したら、周りの人にお礼を伝えましょう。特に、上司や引き継ぎ担当者には、直接声を掛けるのがマナー。お礼を言うことで体調回復を伝えることにもなります。周りの人の心配を払拭し、通常どおり仕事ができると伝えることにもなるので「休ませていただいたおかげで回復しました」と挨拶するのが良いでしょう。
会社を休みたい時はどうする?シチュエーションごとの対処法」の記事では、さまざまな場面による対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

社内の人との人間関係を良好にしておこう
体調不良で仕事を休むことは誰にでもあること。日ごろから人間関係を良好にし、休んでも仕事を頼みやすい状況にしておくのも大切です。周りの人と良い関係を築いておくと、お互いの業務を把握しやすくなります。

体調不良でも仕事を休めないときの3つの対処法

体調不良でも仕事を休めないときは、体調悪化や感染リスクに気をつけましょう。体調不良の場合は仕事を休むのが望ましいですが、業務上の関係でどうしても休めないときがあるのも事実。この項では、そのような仕事を休めないときの対処法を解説します。

1.これ以上悪化しないように体調管理をする

これ以上体調不良が悪化するのを防ぐために、体調を管理しながら仕事をしましょう。たとえば、身体を冷やさないように身体を暖める下着を着たり、ひざ掛けで防寒したりするなどが考えられます。また、水分補給を兼ねて温かい飲み物を積極的に飲むのも良いでしょう。

2.ほかの人に感染しないようにマスクをする

風邪のときは、ほかの人に感染しないようにマスクをしましょう。マスクをしていても、咳やくしゃみをするときは、話している相手から顔をそむけてするようにします。また、こまめに手洗いをするのも良い方法です。
話すとき以外はなるべくほかの人と距離を取り、接触の機会を減らすようにしましょう。

3.社外の人との約束は別の日にする

社外の人との約束で、別の日に変更できそうなものは日程を再調整するのがおすすめです。大事な取引先の人に感染させてしまうと、会社として印象が悪くなる場合があります。また、商談中に咳き込んだり、鼻水がひどかったりすると、話がしにくいというデメリットも。取引先の人に気を遣わせてしまう可能性もあるため、別の日に変更するのが良いでしょう。

体調不良が多く仕事を休みがちになったら?

体調不良や精神的なストレスなどの影響で仕事を休みがちになるときは、「本当にこの会社で働き続けて良いのか」を改めて検討するのも一つの方法です。
仕事の忙しさや居心地の悪さなどが原因で体調不良が続く場合、職場環境に問題があると考えられます。上司や人事部に相談しても解決する見込みがなければ、転職を検討するのも良いでしょう。
また、精神的なストレスにより仕事を休みがちになる場合は、原因を明確にするのが重要です。たとえば、「上司とコミュニケーションが取れない」「現在の業務内容が合っていない」といった内容なら、異動や配置換えで解決する可能性があります。しかし、タイミングを待つよりも転職したほうが早く解決する可能性が高いでしょう。
いずれにせよ、仕事を休みがちになる場合は現状を変える必要があると考えられます。医療機関で治療に専念したり、環境を変えたりするなどして健康を取り戻すことが大切です。

体調不良で仕事を休みがちになり、転職も視野に入れようかと悩んでいる人は、就職エージェントに相談するのも良い方法です。
ハタラクティブは20代のフリーターや第二新卒の人に特化した就職エージェント。「本当に自分に合った職場が分からない」といったお悩みも、あなただけの専任アドバイザーにご相談いただけます。仕事内容だけでなく、職場の雰囲気も分かったうえで求人をご紹介しますので、ミスマッチを防ぎやすいのも特徴です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

体調不良で仕事を休むときのお悩みQ&A

体調不良で仕事を休むときの判断基準や連絡方法で悩んでいませんか?普段どおりに仕事ができないと感じるなら休んでも構いませんが、休むときにはマナーがあります。ここでは、体調不良で仕事を休むときのお悩みをQ&A方式で解説します。

家族の体調不良で休むときの判断基準は?

上記コラムの「体調不良で仕事を休むときの判断基準」と同様に、家族の体調で判断して良いでしょう。子どもの場合は、保育園が基準を設けていることも。また、高齢の家族がいる場合、病院の検査に付きそうという理由で休んでもOKです。 仕事を休む理由について「仕事を休む理由を事前・前日・当日ごとに解説!精神的に辛いときの対処法も」のコラムでも解説しています。

有給休暇の理由は「体調不良」で良い?

有給休暇は取得理由を伝えなくても良いというルールですが、具体的に説明するのが一般的。「熱が38度ある」「吐き気がある」と伝えたほうが、上司が状況を把握でき、引き継ぎがしやすくなります。また、急な連絡を入れても良いのかの判断基準にもなるでしょう。理由について、詳しくは「有給休暇を取るときに「理由」を言う必要はあるの?」をご覧ください。

有給休暇がない場合は休めないですか?

有給休暇がなくても休めます。その場合は欠勤扱いとなり、賃金は発生しません。有給休暇は入社してから6ヶ月間、8割以上勤務した場合に付与されます。入社後6ヶ月以内に体調不良になることもあるので、欠勤扱いでも休んでOK。「欠勤とはどういう意味?休業・休職との違いや欠勤控除について詳しく解説!」の記事で欠勤について解説しているので、ご一読ください。

仕事を休むと評価が下がりそうで怖いです

普段から真面目に仕事をしていれば、1日休んでも評価が下がることはないでしょう。体調不良では誰にでもあること。連絡方法や引き継ぎなどのマナーを守れば、休んでも構いません。ただし、1度でも無断欠勤をすると信頼を失う恐れがあります。無断欠勤については、「無断欠勤をしない」をご覧ください。「評価が下がりそうで休めない」という雰囲気があるなら転職もおすすめ。一人で悩まずハタラクティブへご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION