欠勤とは?休業と休職との違いについて解説

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 欠勤とは?休業と休職との違いについて解説

公開日:

最終更新日:

会社に勤めていると、さまざまな理由から休みを取得せざるを得ない状況に陥ってしまうこともあります。しかし、一口に「休み」といっても、その種類にはさまざまなものがあることをご存じでしょうか。今回は、欠勤とは何か、休業、休職の違いと欠勤することによって起こり得るリスクを併せてご紹介していきます。

欠勤と休業と休職…それぞれの違いは何?

欠勤とは、雇用する側からの業務免除が受けられない休暇のことを指します。
主に、労働者側の事情によって適用される休みのことで、欠勤をした日の給料が支払われることは基本的にありません。
しかし、体調不良などのやむを得ない事情がある場合は、後に有給休暇に切り替えることができる場合もあります。
これは、給料が支払われるか否かの違いがあるだけではありません。欠勤をすることはボーナス査定の審査などに影響を与えるともいわれており、有給休暇に切り替えることによって、それらのリスクを回避しやすいとされています。

一方、休業とは会社側もしくは労働者側の事情により、業務免除を命じられた上で取得できる休暇のことを指します。
会社側の事情で休業を命じられる際の理由として多いのが、会社の業績悪化などです。
労働者側の事情で休業が適用される理由として多いのが、家族の看病や介護などといえます。

欠勤や休業については決まった規定があるため、会社によって明確な違いはありません。
しかし、休職の規定については、法律で定められていないため、どのような場合に休職が適用されるのかは会社によって違いがあるといえます。
労働者側の勤務態度に問題があり、改善されない場合などには、雇用者側から休職を命じられることもあるようです。

報告をしていても無断欠勤になることも!

欠勤をする場合は、欠勤理由と合わせてあらかじめ会社側に報告をしておくことが大切といえます。なぜなら、欠勤理由を伝えずに会社を休んでしまった場合は「無断欠勤」が適用されるためです。
無断欠勤は会社から見た労働者への評価にも大きな影響を与えます。
また、無断欠勤が続くことによって、懲戒解雇が適用される場合などもあるようです。懲戒解雇が適用されてしまうと、退職金を受け取れないだけではなく、再就職の障害になってしまうこともあります。
無断欠勤の措置と懲戒解雇については、それぞれの会社の就労規定に明記されていることが多いため、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。
会社を欠勤する場合は正当な理由が必要になります。就業規則によっては、欠勤することを報告していても、会社側から見て理由が不十分である場合は、無断欠勤の扱いになってしまうこともあるようです。

休みが取りづらい…転職を考えるのも方法かも

会社に所属していると、「休みを取ることが申し訳ない」と感じる瞬間もあるのではないでしょうか。
しかし、正当な理由から休暇を取得することは働く者の権利として認められています。
どうしても休みを取得することが難しい場合は、転職を考えてみることも1つの方法といえます。

転職に対して不安がある方は、転職エージェントを利用するのも良いでしょう。
ハタラクティブは既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に向けた就職活動支援サービスを行っています。経験豊富な就活アドバイザーがあなたの能力や特性に合った仕事を紹介し、応募書類の作成から面談対策まで転職のステップに合わせたサポートを行います。
「自分の能力や資格が何に活かせるのか」、「自分に向いている仕事は何なのか」など転職に不安がある方はハタラクティブにご相談下さい。経験豊富な就活アドバイザーが、あなたの悩みに向き合いながら、転職活動をサポートいたします。ぜひご利用をお待ちしています。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ