1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 欠勤とは?休業と休職との違いについて解説

欠勤とは?休業と休職との違いについて解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

欠勤とは?休業と休職との違いについて解説の画像

 

会社に勤めていると、さまざまな理由から休みを取得せざるを得ない状況に陥ってしまうこともあります。しかし、一口に「休み」といっても、その種類にはさまざまなものがあることをご存じでしょうか。今回は、欠勤とは何か、休業、休職の違いと欠勤することによって起こり得るリスクを併せてご紹介していきます。

欠勤と休業と休職…それぞれの違いは何?

欠勤とは、雇用する側からの業務免除が受けられない休暇のことを指します。
主に、労働者側の事情によって適用される休みのことで、欠勤をした日の給料が支払われることは基本的にありません。
しかし、体調不良などのやむを得ない事情がある場合は、後に有給休暇に切り替えることができる場合もあります。
これは、給料が支払われるか否かの違いがあるだけではありません。欠勤をすることはボーナス査定の審査などに影響を与えるともいわれており、有給休暇に切り替えることによって、それらのリスクを回避しやすいとされています。

 

一方、休業とは会社側もしくは労働者側の事情により、業務免除を命じられた上で取得できる休暇のことを指します。
会社側の事情で休業を命じられる際の理由として多いのが、会社の業績悪化などです。
労働者側の事情で休業が適用される理由として多いのが、家族の看病や介護などといえます。

 

欠勤や休業については決まった規定があるため、会社によって明確な違いはありません。
しかし、休職の規定については、法律で定められていないため、どのような場合に休職が適用されるのかは会社によって違いがあるといえます。
労働者側の勤務態度に問題があり、改善されない場合などには、雇用者側から休職を命じられることもあるようです。

報告をしていても無断欠勤になることも!

欠勤をする場合は、欠勤理由と合わせてあらかじめ会社側に報告をしておくことが大切といえます。なぜなら、欠勤理由を伝えずに会社を休んでしまった場合は「無断欠勤」が適用されるためです。
無断欠勤は会社から見た労働者への評価にも大きな影響を与えます。
また、無断欠勤が続くことによって、懲戒解雇が適用される場合などもあるようです。懲戒解雇が適用されてしまうと、退職金を受け取れないだけではなく、再就職の障害になってしまうこともあります。
無断欠勤の措置と懲戒解雇については、それぞれの会社の就労規定に明記されていることが多いため、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。
会社を欠勤する場合は正当な理由が必要になります。就業規則によっては、欠勤することを報告していても、会社側から見て理由が不十分である場合は、無断欠勤の扱いになってしまうこともあるようです。

休みが取りづらい…転職を考えるのも方法かも

会社に所属していると、「休みを取ることが申し訳ない」と感じる瞬間もあるのではないでしょうか。
しかし、正当な理由から休暇を取得することは働く者の権利として認められています。
どうしても休みを取得することが難しい場合は、転職を考えてみることも1つの方法といえます。

 

転職に対して不安がある方は、転職エージェントを利用するのも良いでしょう。
ハタラクティブは既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に向けた就職活動支援サービスを行っています。経験豊富な就活アドバイザーがあなたの能力や特性に合った仕事を紹介し、応募書類の作成から面談対策まで転職のステップに合わせたサポートを行います。
「自分の能力や資格が何に活かせるのか」、「自分に向いている仕事は何なのか」など転職に不安がある方はハタラクティブにご相談下さい。経験豊富な就活アドバイザーが、あなたの悩みに向き合いながら、転職活動をサポートいたします。ぜひご利用をお待ちしています。
 

欠勤に関するお悩みQ&A

ここでは、欠勤に関するお悩みについて、想定される質問と回答をまとめました。
 

欠勤と休業はどう違うのでしょうか?

違いは「勤務先に業務免除を受けられるかどうか」という点。
休業は主に会社の事情で業務免除を受けられる休暇です。欠勤は労働者の都合による休みで業務免除を受けられません。欠勤日の給料は差し引かれ勤務評定にも影響し、ボーナス額減少などの不利益を被る可能性が。
特に無断で欠勤した場合には影響が大きいようです。無断欠勤のリスク、対処法については「無断欠勤をしてしまった時の対処法」をご参照ください。
 

欠勤と休職はどう違うのでしょうか?

どちらも労働者側の事情による休暇ですが「内容が法律によって定められているかどうか」が異なる点。
また、欠勤は「労働義務を果たしていない状態」、休職は「労働を免除されている状態」ともいえます。義務を果たしていないので、場合によっては懲戒の可能性も。懲戒については「譴責って何?意外と知らない懲戒処分の種類とルール」をご参照ください。
 

欠勤し続けるとどうなりますか?

欠勤が続くと、A1で述べたように労働者の勤務評定に大きく影響します。
また、A2で述べたように本来の労働義務を果たしていないので、就業規則により制裁を受ける可能性も。企業によっては、休職扱いにしたのち退職の手続きを取るところもあります。詳しくは「会社に欠勤連絡できない理由と無断欠勤をしてしまった場合の対処法」のコラム、「会社を無断欠勤すると起こること」部分をご参照ください。
 

欠勤した分の給与はどうなりますか?

欠勤日の給与は、「欠勤控除」としてその月の分から減額されます。
たとえば、月給制の場合、給与額を月間の平均所定労働日数で割り、1日あたりの給与額を求めたうえで欠勤日数分の金額が差し引かれるでしょう。
給与についての詳細は「日給月給制ってなに?社会人なら知っておきたい給与形態一覧」をご参照ください。
 

欠勤による罰則はありますか?

罰則は就業規則等で定められており、その有無や内容は企業によります。
主なものには減給(給与からの天引き)があるでしょう。減給はその上限が労働基準法で定められており、超えると翌月へ繰り越しとなるようです。欠勤するかどうか判断に迷う方は「風邪で仕事は休むべき?欠勤の判断ラインと伝え方」をご参照ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    欠勤する際の理由はどうしたら良い?

  • image

    会社に欠勤連絡できない理由と無断欠勤をしてしまった場合の対処法

  • image

    仕事を休む理由は何が適切?欠勤時のマナーについて学ぼう

  • image

    無断欠勤は言い訳を言っても済まされない?

  • image

    風邪で仕事は休むべき?欠勤の判断ラインと伝え方

  • image

    今日の出勤は無理そう…当日仕事を休む理由まとめ

  • image

    無断欠勤をしてしまった時の対処法

  • image

    会社を休む時こそ礼儀正しく!電話連絡の基本マナーとは?

  • image

    体調不良で仕事を休む基準とは?知っておくべきマナーと連絡方法

  • image

    風邪が辛い…会社を休むときに気をつけること

  • image

    会社を休む理由はどう伝えるのが正解?

  • image

    休み理由はどのようなものなら認められる?

  • image

    バックレるとどうなる?転職活動に与える影響とは

  • image

    連絡方法、伝える相手、仕事を休む時の連絡マナーとは?

  • image

    風邪で仕事を休む?休まない?みんなの欠勤ラインはどこ

  • image

    会社を早退したい!急用や体調不良の対応は?理由の正しい伝え方と連絡方法

  • image

    風邪で仕事を休むか休まないかのボーダーラインとは?

  • image

    仕事休みたい…ズル休みは会社にバレる?

  • image

    休職ってどんな扱い?仕事を長期間休むときの申請方法

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる