会社を休む理由とは?休む際の注意点も合わせてご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社を休む理由とは?休む際の注意点も合わせてご紹介

公開日:

最終更新日:

会社で働いていると、急に体調不良に陥ってしまったり、家族に看病が必要になったりと、やむをえず会社を休まなければならない場合もあります。しかし、会社を休む際には注意すべき点がいくつかあります。今回は、会社を休む理由と会社を休む際の注意点についてまとめてみました。

会社を休む理由にはどのようなものがある?

会社を休む理由は人や状況によって異なりますが、代表的なものとして「体調不良」や「家族の看病や介護」、「冠婚葬祭」などが挙げられます。
体調不良は、事前に予測することが難しく、急に休みを取らざるを得なくなる場合が多いようです。会社によっては病院の診断書を後日持ってくるように指定される場合もあるでしょう。
家族が病気になり看病が必要になったり、介護が必要になったりした場合にも、休みを取得することは可能と考えられます。
結婚式や、法事なども、会社を休む正当な理由として認められると傾向です。身内に不幸があった場合などは、本人との続柄によって会社を休んで良い日にちは異なる場合が多いです。
取得できる休みの日数は就業規定に記載されていることが多いため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。


休むときにはここに気を付けよう

会社を休むときには、「会社の人への配慮」を忘れないことが大切といえるでしょう。
どのような理由であっても、会社を休むことは周りの人に迷惑をかけてしまうことにつながります。それを踏まえた上で、自分ができる最大の心遣いを行うことが大切といえます。
結婚式や法事など、日にちがあらかじめ決まっている用事である場合は、早めに上司に申し出るようにしましょう。
また、仕事の引継ぎなどが必要な場合は、あわせて行っておくと安心でしょう。
体調不良や、家族の看病などで急に休む場合は、できるだけ早く会社に連絡をし、理由を簡潔に説明することが大切です。
急に会社を休む場合は、電話で連絡をするのが望ましいといえるでしょう。メールで連絡をした場合は、チェックされないことも考えらえるため、欠勤の報告が遅れてしまうこともあるようです。


どんな理由でも休めない…転職を考えてみるのも方法かも

どんな会社であっても、周囲の人間と協力し合いながら仕事を行っているといえ、休みの取得を申し出にくいこともあります。
しかし、休暇を取得することは正当な権利でもあります。休みを取得することが許されない場合などは、転職を考えることも1つの方法といえるでしょう。
きちんと休みを取得できる会社に転職したいなら、企業や職種についての情報収集をしっかりと行うことが大切です。
しかし、インターネットや求人に記載されている情報だけでは、仕事や企業の実情を知ることができない場合もあります。そんなときは、ハタラクティブに相談してみるのも良いでしょう。
ハタラクティブは、既卒、第二新卒、フリーターに向けた就職活動支援サービスを行っています。登録されている企業は、ハタラクティブの就活アドバイザーによってヒアリングが行われています。
就活アドバイザーが企業カラーや職種の特徴についてなども把握しているため、インターネットや求人情報からでは知ることができない、仕事のリアルに触れることも可能です。
ハタラクティブは応募者の能力や特性に合った仕事を紹介するだけではなく、書類作成や面接対策など転職のあらゆるステップでサポートを行っていますので、ぜひ1度ご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ