「もう働きたくない」と感じる理由や仕事に疲れたときの対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「もう働きたくない」と感じる理由や仕事に疲れたときの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・もう働きたくないと思うきっかけには辛い人間関係、仕事内容や働き方への疑問などがある
    ・仕事が続かないことで自信を失っているのも、働きたくない1つの原因
    ・働きたくないと思ったら「自分を責めず休む」「正社員へのこだわりを捨てる」のも有効
    ・楽な仕事の要素には「精神的に楽」「身体的に楽」「雇用期間に縛られない」などがある
    ・自分にとって「楽な仕事」とは何かを明確にしておく

「もう働きたくない」と感じる理由や仕事に疲れたときの対処法の画像

もう働きたくないと感じる理由は人それぞれですが、「仕事で自信を失ってしまった」「職場環境が辛い」「人間関係に疲れた」など、精神的に辛く追いつめられている状況が多いのではないでしょうか。まずは、心と体を休めて自分の気持ちに向き合い、何に辛いと感じているのかを明らかにしてみてください。そして、一旦冷静になったら今後のことをじっくり考えてみましょう。


「もう働きたくない」と思う7つの主なきっかけと理由

忙しい毎日を送るなかで「もう働きたくない!」と考えてしまうこともあるでしょう。
そんな辛い気持ちを解消するために、まずは「もう働きたくない」と感じるのはなぜなのかを考えてみましょう。


1.同じ場所で長く働いているから

同じ環境や人、仕事内容で働き続けていると、徐々に飽きてきてしまいます。「特に大きな不安はないけれど、このままでいいのだろうか」という気持ちになるのが原因です。
もし職場での部署異動ができるならば異動届を出したり、先のキャリアを見据えて転職を考えたりしても良いでしょう。


2.人間関係に悩んでいるから

人間関係は職場の居心地や仕事のパフォーマンスに大きく影響します。辛い気持ちで毎日仕事をするのに耐えられないという方も多いでしょう。
周囲の信頼できる人や上司に相談できると良いですが、人間関係はすぐに解決するのが難しいもの。思い切って職場を変えるのも良いですし、一人でできる仕事を探したり、フリーランスで固定した人間関係にとらわれない働き方を模索したりするのも良いでしょう。


3.自分の思っていた仕事と違ったから

希望を持って入社したのに、仕事内容が自分の思っていたものと違い、悩んでいる方もいるでしょう。入社して間もない若い人材に多い傾向があります。
若いうちなら転職の難易度も比較的低いので、自分のやりたいことに合った仕事を見つけてみるのも良いでしょう。自分で事業を立ち上げるという意欲がある方は、会社を創立するという選択肢もあります。


4.働くこと自体に疲れたから

毎日朝早くから夜遅くまで働き、仕事がメインの毎日にうんざりすることもあるでしょう。
また、ハードワークや人間関係から、心身的に疲弊してしまうことも。自分の心や体は自分にしか守れません。どうしても働き続けるのは難しいと感じたら、休職を願い出る・退職するといった選択肢も視野に入れましょう。


5.働くうえでの目標がないから

毎日の業務に追われていると、自分はどうして今の仕事をしているのか、どうして今の職場を選んだのか分からなくなることがあるでしょう。自分が今の仕事を続けるうえで、今後どうなっていきたいのかという目標がなければ、仕事に意味を見出せなくなることも。
そんなときには、今やりたいことは何か具体的に考えてみると良いでしょう。最初に仕事を始めたときの気持ちや、どうして今の職場が良かったのか考えてみるのも有効です。


6.職場で怒られ、失敗への不安があるから

仕事で怒られて自分の仕事に自信がなくなったり、取り返しのつかないミスで落ち込んだりしたときなど、「もう失敗したくない」と後ろ向きな気持ちになることもあるでしょう。そうすると、「また失敗するのでは」という恐怖心から、働くのが嫌になってしまいます。
そんな状況を変えるには、まず認識を改めること。仕事の失敗への叱責は、あなたの人格を否定するものではありません。その行動を改善すれば怒られなくなるので、自分のどこが悪かったのかを考え、失敗から学ぶという気持ちで業務に当たれば大丈夫。分析と対策をしたら、失敗したときの気持ちは忘れてしまいましょう。


7.働き方に疑問を持ったから

毎日同じ場所に出勤し、朝から夜まで働く生活を続けるうちに、自分の働き方にふと疑問を抱くときのあるのではないでしょうか。また、連休でしばらく出社の必要がなかったり、感染症で出社の自粛要請で在宅仕事が続いたりしてしばらく会社から離れているうち、さらに自由な働き方があるのではないかと思うようになる人もいます。


他にはこんな働きたくない理由がある

日々の仕事のなかで働きたくないと感じる以外にも、仕事がなかなか続かないために働くこと自体が怖くなってしまう場合もあります。
ここでは、どうして仕事が続かないのか、どうしたら働きたくないという感情を克服できるのかについて解説します。


勤続年数が少ない…仕事が続かない理由

短期間でいくつもの仕事を経験する方の中には、「いろいろな仕事を体験したい」という前向きな理由によるものもありますが、ずっと続けられる仕事を探しているのに見つからず、職歴を重ねてしまう方もいます。その理由は「どの仕事もうまくいかない…」と自分に自信がなくなってしまい、労働意欲自体が低下してしまうこと。
以下、仕事が続かない主な原因を解説していきます。


飽きやすい

ずっと同じ仕事内容が続くと、飽きてしまうのが原因です。毎日同じ作業の繰り返しや、職場の環境に変化がないと、仕事をするのに苦痛を感じてしまいがち。もし心当たりがあれば、いろいろな所に移動して行う業務や、業務内容がその都度変わるような仕事を選ぶと良いでしょう。


我慢が苦手

仕事をしていると、辛いことがあったり、出勤したくないという気持ちになったりすることもあるでしょう。そんなときでも、仕事を続けていくにはある程度の我慢が必要です。何か嫌なことがあると逃げたくなったり、全てが嫌になってしまったりすると、仕事が続かない傾向があります。


コミュニケーションが苦手

仕事をしていくうえで、人とのコミュニケーションは必要不可欠です。しかし、コミュニケーションが苦手な人は、業務上必要なコミュニケーションを取ることにも大きな苦痛を感じます。そのため、ずっと1つの仕事を続けるのが難しく、仕事を転々とすることになります。


傷つきやすく落ち込みやすい

日々の仕事で、上司からの叱責や同僚に言われたことを気にしてしまう方は、一度言われたらなかなか立ち直ることができません。「自分はこの職場でうまくやっていけないかもしれない…」と思い、退職に踏み切ってしまうことが多い傾向があります。


生活に困っていない

仕事で嫌なことがあっても、生活のため、辞めるわけにはいかないという意識が、仕事を続けるモチベーションにつながることは多いです。しかし、家族の扶養に入っていたり、生活する手段があったりしてすぐに生活に困窮する心配がない場合は、踏ん張りがきかず辞めてしまいやすいと言えるでしょう。


働きたくないと思ったらまずやるべきこと

「働きたくない」という気持ちは誰にでも起こるもの。そんなときには、自分の気持ちを無視せずに認め、落ち着いて対処法を考えてみましょう。


無理をしない

まず、自分の働き方を客観的に振り返ってみましょう。業務時間が長い・仕事内容にストレスを感じている・人間関係に悩んでいるなど、自分にとって何が辛いのかをきちんと特定するのが大事です。そのうえで、自分の負担を減らせないか、どうやったら負担を減らせるのか、具体的な対策を考えてみましょう。


自分を責めない

「社会人として働くのは当たり前」「みんな辛いのだから我慢するべき」といった思考で、自分を責めている方も多いです。辛い気持ちを押し込めず、まずそのまま認めてみてください。必要以上に自分を責めないことが、早く解決する近道になります。


少しでも休む

仕事が忙しく、なかなか休めないという方も多いでしょう。あるいは、仕事を休むことに罪悪感を覚えていませんか?
しかし、「もう働きたくない」と思うのは、それだけ頑張りすぎて心が追い詰められているからといえるのではないでしょうか。そんなときには、自分の心と身体を優先して、少しでも休むことを検討してみてください。


「もう働きたくない」と思う気持ちを変える方法

後ろ向きな気持ちで毎日を過ごすのは大変つらいこと。少しでも早く楽になるために、行動を起こしてみましょう。ここでは、辛い気持ちを変える方法についてご紹介します。まず、どうして働きたくない気持ちが起こるのかを考えてみましょう。


なぜ働きたくないのかを内省する時間を作る

忙しい毎日のなかでも、自分の気持ちと向き合う時間を意識してみてください。衝動的に辞めてしまいたい気持ちになったり、辛い気持ちから逃げたくなったりすることもあるでしょう。焦ってしまうときこそ落ち着いて、他人から言われたことや評価で自分を責めずに、じっくり考えてみます。
そうすると、自分はどうして仕事が辛いと考えているのかが分かるでしょう。


慣れるまで辛抱する

まだ仕事を始めて間もない場合、仕事内容や職場の雰囲気に慣れていないのが原因の場合があります。その際は、しばらく様子を見てみましょう。次第に仕事や職場に慣れてきて、辛い気持ちが収まってくることもあります。


仕事の目標を作る

毎日同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが上がらないという方もいるでしょう。そんなときには、目標を持って仕事に当たるのが効果的。
「作業効率を上げるためには」「さらに上手に作業できるようになるには」など、まずは大きな目標でなく日常業務に関することで構いません。小さな目標でも、達成できると自分への自信につながります。また、それによって辛い気持ちが和らいだり、「また仕事を頑張ろう」という気持ちになったりするものです。


やりたいこと・好きなことを考える

今の仕事を見つける際に、自分のやりたいことや好きなことをあまり考慮しなかったという方は、この機会に自分の興味について振り返ってみると良いでしょう。やりたいこと・好きなことが仕事で見いだせれば、やりがいとなります。
また、今の仕事を通じて得られることを考えてみましょう。それが仕事の目標にもつながります。


少しでも楽な仕事はないか検討してみる

仕事内容がハードで辛い、人間関係が複雑で辛いなど、どうしても今の仕事を続けられないと感じる場合は、今の状況が少しでも楽になるような仕事がないか探してみると良いでしょう。
どんな仕事を楽と感じるかは人によって違うため、ここでは要素別に楽な仕事についてまとめました。


精神的に楽な3つの仕事

「人と関わらない」「責任が軽くノルマがない」「難易度が高くない」などが主な要素として挙げられます。


1.人と関わらない仕事
基本的に1人の空間でできる仕事や、黙々と1人で作業できる仕事が該当します。
警備員や作業員、ドライバーといった仕事や、工場勤務、倉庫の仕分け業務などが挙げられるでしょう。
また、今はネット環境とパソコンがあれば始められる仕事も増えています。データ入力、ライティングといった、在宅でもできる仕事もおすすめです。


2.比較的責任が軽くノルマがない仕事
業務においてプレッシャーを感じない仕事が該当します。具体的には、会社の売上に直接関係しない仕事と言えます。
一般事務や受付業務、オペレーターなどがこの要素に当たるでしょう。また、ルート営業も既存の取引先が相手なのでノルマがなく、比較的取り組みやすいと言えるでしょう。


3.難易度が高くないとされている仕事
マニュアルに沿った単純作業や、初心者にも挑戦でき、特に専門知識や資格を必要としない仕事が該当します。
例を挙げるなら、データ入力や一般事務といったものが挙げられるでしょう。


肉体的に楽な3つの仕事

「座ってできる」「労働時間が長くない」「内勤の仕事」といった要素が挙げられます。


1.座ってできる仕事
机でパソコンに向かってする仕事や電話対応など、座ってできる仕事は体力的な負担が少ない傾向があります。常に動いている営業職や立ち仕事の接客業などに比べ、体は疲れにくいと言えるでしょう。


2.労働時間が長くない仕事
残業が少ない、仕事内容として長時間労働にならないといった要素が挙げられます。基本的には残業がさほど発生しない、元々の労働時間が短めといった仕事を選ぶと良いでしょう。業務量に応じて勤務時間が増えるものではなく、時間制の仕事は比較的労働時間が短い傾向があります。


3.内勤の仕事
オフィスの中で完結する仕事は気候による影響を受けず、体力的にも負担が少ないと言えるでしょう。主に顧客と直接やり取りをしない「バックオフィス業務」がこれに当たります。一般事務や経理、総務などの事務職や、社内SE、プログラマーなどが挙げられますが、業務量が多い場合には精神的に疲れることも。


派遣など雇用期間に限りのある仕事

「ずっと同じ仕事だと飽きてしまう」「固定された人間関係が苦痛」といった方は、雇用期間に限りのある仕事を選ぶのも手です。飽きてしまう前に仕事が変わるので、精神的に負担が少なく働けるのがメリット。また、いろいろな経験ができるので、自分のやりたいこと・興味があることを探しているという方にもおすすめです。
しかし、「仕事を短期間で変わっている」「いつも違う仕事ばかりしている」という要素は、生活の安定・ゆくゆくは正社員としての雇用を考えているならばマイナスにもなります。期間を決めて働・自分のやりたい仕事を見つけるといった目的意識を持って働くなど、自分の人生を長期的に見たうえで判断しましょう。


仕事を辞めても転職できる?世代別の転職事情

今の仕事が辛くて辞めたくても、そのあとどうするかが気になって辞められないという方も多いのはないでしょうか。転職する際の事情は、世代によって違います。ここでは、世代別の転職事情についてまとめました。


20代

20代はまだ若く、最も転職しやすいといわれています。採用側も経験よりポテンシャルを見るので、業務経験を問われる可能性は低いでしょう。


20代の転職を成功させるポイント

20代の転職動機は「世の中に貢献する仕事をしたい」「仕事で直接人と接したい」といったような曖昧なものが多いのが特徴。そのため、まずは転職で希望する条件を明確にするのが大事です。
「どんな業界・職種にするのか」「誰を相手にするのか」「どんな職場で働きたいのか」「将来どうなっていたいのか」という、自分のキャリアプランをできるだけ細かく設定しましょう。
20代では未経験の業界、職種でも転職が叶いやすいと言えます。思い切って転職に踏み切っても良いでしょう。しかし、「今の職場から逃げたい」「仕事内容がかっこよさそうだから」といった漠然とした理由で転職先を決めるのではなく、あくまで慎重に行動しましょう。


また、経験が少ない分、自分にできることをしっかりアピールするのが大事です。新卒と違って社会人経験があるので、そこでどのように業務に向き合ってきたのか、仕事でどう工夫してきたのかといった、具体的に仕事している様子を想像できるようなアピールを心がけましょう。


30代

30代では即戦力としての立場が求められるのに加え、マネジメント能力が問われる傾向があります。「資格を取っていれば転職に有利なのでは…」と感じる方も多いですが、採用担当者はあくまで資格よりも求職者のこれまでの経験を重視するので、資格必須の業務でなければ、資格のことはさほど気にしなくても良いと言えるでしょう。


30代の転職を成功させるポイント

30代は社会人経験があるぶん、「どんなスキルがあるのか」が注目されます。仕事を進めるうえで必要なコミュニケーション能力や交渉能力、統率能力などがこれにあたるでしょう。
職務経歴書で、どのような仕事に取り組み、どう能力を発揮してきたのかを詳しく書いてください。マネジメント能力というと、部下を持ち指導してきた経験が想起されますが、そのような経験がない場合には、セルフマネジメントとしてどのように仕事に当たってきたのかを書いても良いでしょう。


40代

40代では、一般的に給与や組織の年齢構成の観点から、20代・30代に比べて転職しにくい傾向があるのは否定できません。しかし、必ずしもそうとは言えず、数は少ないながらも社歴の若い企業や経験豊富な人材を強く求めている企業は、40代への採用に意欲的なことがあります。


40代の転職を成功させるポイント

「40代の転職は難しい」という認識は持ちつつも、「経験豊富な即戦力としてアピールする」ことを強く意識すると良いでしょう。豊富な経験や専門性の高さを重点的にアピールしてください。
職歴が長いぶん、これまでの自分のキャリアややり方に固執してしまったり、年収の面が気になってしまったりと、なかなか新しい職場に飛び込むのが難しいと感じることもあるでしょう。しかし、採用担当者が能力以外に重視するのは「職場に馴染めるか」ということ。これまでの自分のキャリアに固執せず、新しい職場に受け入れてもらおうとする姿勢を見せることが大切です。


働きたくないという価値観を認めない風潮がある?

時代の変化で少しずつ変わってきていますが、未だに「社会人として働くのは当たり前」「働きたくないと思うのは甘え」など、労働に関して否定的な考えを持つことを許さない風潮があるといえるでしょう。仕事に対して自信をなくしてしまったり、なかなか就労の機会を得られなかったりする方は、周囲の心無い声に傷ついてしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、「働きたくない」という気持ちは心からのSOS。周囲の言葉に惑わされず、自分はどう感じるのか、どうしたら辛い気持ちが和らぐのかを一度立ち止まって考えてみてください。


仕事が辛かったら辞めるのも1つの選択

「今の仕事がハードすぎて続けられない」「職場に行くのが本当に辛い…」と、精神的に追いつめられてしまっているようなら、思い切って仕事を辞めてしまうことも選択肢の1つ。
では、仕事を辞めたあとにはどうしたら良いでしょうか。仕事を辞めたあとに考えること、やることをまとめました。


休むこと・楽しむことが大切

仕事を辞めたら、まずはゆっくり心と体を休めてください。仕事を辞めたあとには、これからの収入が気になったり、次に仕事が無事に見つかるかどうか心配になったりする方もいます。
しかし、そのことは一旦脇に置いておき、自分のしたいことをして過ごしましょう。体を休め、楽しいことをして心を回復させるのが先決です。


働かずに暮らすには?

しばらく休んでも、どうしても働きたくないと感じるなら、働かずに暮らす方法を真剣に考えてみましょう。自分にできる方法は何か、考えられるものをどんどん挙げてみてください。


主婦、主夫

ゆくゆくはパートナーとなる方に働いてもらい、自身はそのサポートをするやり方です。どのように生計を立てるのかは家庭によって自由です。家事が得意だったり、自分はサポートの方が向いていると思っていたりするのであれば、具体的に考えてみるのも良いでしょう。


自給自足

食材を自分で育てたり、自家発電に取り組んだりしながら、生活を成り立たせていく方法で、一度憧れたことがあるという方もいるのではないでしょうか。しかし、全てを自給自足で賄うのは難しく、ある程度生活費を稼がなくてはならないため、半分自給自足で仕事をしながら生活することになります。シェアハウスなど、誰かと一緒に住み、助け合いながら生活する方法も。


自分に合った仕事を選ぶ

仕事をしなくても生活する方法が考えつかなければ、気持ちを新たに、自分に合った仕事を検討してみてください。
自分の性格や好み、ライフスタイルに合った仕事が本当に見つかれば、辞めたい気持ちが起こらなくなるでしょう。人間関係での悩みも、自身を振り返ったあとで職場の雰囲気などを考慮し、注意深く探せば、それだけミスマッチの可能性が低くなります。新しい仕事・職場を探す際には、第三者の意見も取り入れながら慎重に進めると良いでしょう。


今度こそ自分に合った仕事・職場とめぐりあいたいという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層向けの就職エージェントです。就活のプロである専任の就活アドバイザーが、ご希望やキャリアに合わせて、200社以上の優良企業からあなたに合った求人を厳選してご紹介。個人カウンセリングでは、転職や就職に関する悩みをお聞かせください。就活アドバイザーがあなたのお悩みに寄り添い、アドバイスをしながら、今後の方向性や合っている仕事などを一緒に考えていきます。
全て無料のサービスですので、お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ