もう働きたくないという20代~40代の方へ!疲れた人に適した働き方とは

もう働きたくないという20代~40代の方へ!疲れた人に適した働き方とはの画像

【このページのまとめ】

  • ・もう働きたくないと思う理由には辛い人間関係、仕事内容や働き方への疑問などがある
  • ・もう働きたくないと感じがちな人は、「我慢が苦手」で「傷つきやすい」傾向にある
  • ・もう働きたくないときはひとまず休みを取り、解決しなければ転職するのがおすすめ
  • ・20代より40代の方が転職しづらいが、経験をアピールすれば正社員として転職も可能

もう働きたくない、人間関係に疲れたとお悩みの方は多いようです。このコラムでは、理由別の対処方法や世代別の転職事情について詳しく解説します。心身ともに限界になるほど働くと、後で無理がたたるものです。フリーターや主婦・主夫など、ほかに適した働き方があることも。1人で悩みを抱え込まず、このコラムを読んで自分に合った職場を見つけましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

もう働きたくないと思ってしまう7つの理由

もう働きたくない、と感じる理由は、「人間関係に悩んでいる」「働くことに疲れてしまった」「職場で怒られ、失敗への不安がある」などさまざまです。それぞれどのような原因があるのか、以下で詳しく見てみましょう。

1.人間関係に悩んでいるから

もう働きたくない、と感じる理由で最も大きい要因は人間関係の悩みです。人間関係は職場の居心地や仕事のパフォーマンスに大きく影響します。辛い気持ちで毎日仕事をするのに耐えられないという方も多いでしょう。

2.働くこと自体に疲れてしまったから

パワハラや残業の多い職場であれば、働くこと自体に「疲れた、もう働きたくない」と感じるのも無理はありません。
無理解な上司の下で、毎日朝早くから夜遅くまで働いていれば、仕事がメインの毎日にうんざりし、心身が疲弊してしまうでしょう。

3.職場で怒られ、失敗への不安があるから

仕事で取り返しのつかないミスをしてしまい、怒られたことで「また失敗するのでは、もう働きたくない」と働くことへの自信をなくしてしまう人も。失敗への恐怖心を克服する必要があります。

4.自分の思っていた仕事と違っていたから

もう働きたくないと感じる人の中には、希望を持って入社したのに、仕事内容が自分の思っていたものと違い、悩んでいる方もいるでしょう。入社して間もない若い人材に多い傾向があります。

5.働く上での目標がないから

現在の仕事を続けるうえで、今後どうなっていきたいのかという目標がないため、「もう働きたくない」と感じる人もいます。毎日の業務に追われていると、自分はどうして今の仕事をしているのか、どうして今の職場を選んだのか分からなくなり、仕事に意味を見出せなくなることも。就活で自己分析や企業分析が足りなかった人が陥りがちです。

6.同じ場所で長く働いているから

同じ環境や人、仕事内容で働き続けていると、徐々に飽きてきてしまい、もう働きたくないと感じてしまいがちです。「特に大きな不安はないものの、このままで良いのだろうか」と、仕事へのモチベーションも低下してしまいます。特に30代や40代の中堅社員の中には、新しい知識や経験が得られずキャリアアップできないことへの不安を感じる人もいるようです。

7.働き方に疑問を持ったから

毎日同じ場所に出勤し、朝から夜まで働く生活を続けるうちに、自分の働き方にふと疑問を抱いてしまい、「もう働きたくない」と感じる瞬間が訪れる人も。また、連休などで出社の必要がない日が続き、しばらく会社から離れているうち、さらに自由な働き方があるのではないかと思うようになる人もいます。

不労所得で生活することは可能?
もう働きたくない、という人の中には、マンション経営などの不労所得で生活している人がうらやましく感じる人も多いでしょう。実際には、全く働かずに生きていくことはかなり難しいといえます。
『働かずに生きる』は可能?貯金はいくら必要?実現方法を解説」でも、生きていくために必要な固定費用と不労所得を得る方法について詳しく述べているため、あわせて参照してみてください。

「もう働きたくない」と思ってしまいがちな人の特徴

もう働きたくない、と思う人にありがちな特徴には、「飽きやすい」「我慢やコミュニケーションが苦手」「傷つきやすく落ち込みやすい」などが挙げられます。以下で詳しく見てみましょう。

飽きやすい

もう働きたくないと感じる原因の一つに、同じ仕事内容が続くことに飽きてしまうことが挙げられます。毎日同じ作業の繰り返しや、職場の環境に変化がないと、仕事をするのに苦痛を感じてしまいがち。もし心当たりがあれば、いろいろな所に移動して行う業務や、業務内容がその都度変わるような仕事を選ぶと良いでしょう。

我慢が苦手

人間関係など仕事で辛いことがあったときには、もう働きたくないと感じることもよくあるものです。しかし、苦しいことがあったとしても、仕事を続けていくにはある程度の我慢が必要。何か嫌なことがあると逃げてしまう人には、仕事が続かない傾向があります。

コミュニケーションが苦手

もう働きたくない、と思ってしまいがちな人には、元々コミュニケーションが苦手で、業務上必要なやり取りが苦痛に感じることも。そのため、ずっと1つの仕事を続けるのが難しく、仕事を転々とすることになります。

傷つきやすく落ち込みやすい

もう働きたくない、と悩む人に多いのが、人間関係で傷つきやすく落ち込みやすい、という傾向です。日々の仕事で、上司からの叱責や同僚に言われたことを気にしてしまう方は、なかなか立ち直れません。「自分はこの職場でうまくやっていけないかもしれない…」と思い、退職に踏み切ってしまうこともあります。

もう働きたくないときの対処法とは?

もう働きたくないときは、自分を責めずに休養を取り、改めて職場での目標を設定する、などの対処方法が挙げられます。どうしても改善しないときは転職を検討するのも効果的。以下で詳しく見てみましょう。

自分を責めない

大きな失敗で怒られてしまい、もう働きたくないと感じている人は、難しいですが自分を責め過ぎないようにしましょう。注意をしてくれるということは、自分にまだ修正できる余地があると期待してくれているのだと認識を変えるのも効果的。自分を責めるばかりではなく、どうして間違ったのか分析し、失敗を繰り返さない工夫をしましょう

少しでも休む

嫌がらせを受けるなど、人間関係で悩みが大きくなったり、ハードワークで体が壊れてしまいそうであったりするときは、無理をせずにいったん少しでも休みましょう。有休だけでは足りなそうなら休職を検討するのも一つの手段です。厚生労働省の「休養・こころの健康」では、ストレスの多い現代社会においては単にごろ寝をするのではなく、リラックスして趣味の活動に励むなど充実した休息時間を取る必要があると述べています。もう働きたくないと悩んだときは、1度自分の将来について考え直すのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
休養・こころの健康

目標を設定する

今後のキャリアについて目標がないために「もう働きたくない」と感じる人は、改めて自己分析を深め、目標を設定することをおすすめします。最初に仕事を始めたときの気持ちや、どうして今の職場が良かったのか考えてみるのも有効です。「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは 」でも、目標を立てる意味やポイントについて詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

転職を検討する

もう働きたくないと感じても、なかなか職場の環境を変えることは難しい、という人は思い切って転職を検討することをおすすめします。異動願いを出してもすぐに叶うとは限らず、人間関係の悩みも自分の力だけでは解決するのが難しいもの。職場を変えることはもちろん、1人でできる仕事を探したり、フリーランスで固定した人間関係にとらわれない働き方を模索したりするのも良いでしょう。

もう働きたくないときはどうする?世代別転職事情

もう働きたくない、という場合は転職がおすすめですが、世代によって転職事情は異なります。20代~40代の転職事情について詳しく説明したので、参照してみてください。

20代の場合

20代はまだ若く、未経験の業界、職種でも転職しやすいといわれています。それまでの職場ではもう働きたくないからといって転職に踏み切っても、採用側も経験よりポテンシャルを見るので、業務経験を問われる可能性は低いでしょう。
20代の転職動機は「世の中に貢献する仕事をしたい」「仕事で直接人と接したい」といったような曖昧なものが多いのが特徴。そのため、まずは転職で希望する条件を明確にするのが大事です。
「どんな業界・職種にするのか」「誰を相手にするのか」「どんな職場で働きたいのか」「将来どうなっていたいのか」という、自分のキャリアプランをできるだけ細かく設定しましょう

20代の転職を成功させるポイント

「今の職場ではもう働きたくない」「仕事内容が良さそうだから」といった漠然とした理由で転職先を決めるのではなく、十分な下調べや準備をしてから慎重に行動することが、成功のポイントです。
また、経験が少ない分、自分にできることをしっかりアピールするのも大切。新卒と違って社会人経験があるので、そこでどのように業務に向き合ってきたのか、仕事でどう工夫してきたのかといった、具体的に仕事している様子について想像できるようなアピールを心がけましょう。

30代の場合

30代では即戦力としての立場が求められるのに加え、マネジメント能力を問われる傾向があります。「資格を取っていれば転職に有利なのでは…」と感じる方も多くいるようですが、採用担当者はあくまで資格よりも求職者のこれまでの経験を重視するので、資格必須の業務でなければ、資格のことはさほど気にしなくても良いといえるでしょう。もう働きたくないと限界に感じている人には、転職活動を優先するようおすすめします。

30代の転職を成功させるポイント

30代は社会人経験があるぶん、「どんなスキルがあるのか」が注目されます。仕事を進めるうえで必要なコミュニケーション能力や交渉能力、統率能力などがこれにあたるでしょう。
職務経歴書で、どのような仕事に取り組み、どう能力を発揮してきたのかを詳しく書いてください。マネジメント能力というと、部下を持ち指導してきた経験が想起されますが、そのような経験がない場合には、セルフマネジメントとしてどのように仕事にあたってきたのかを書いても良いでしょう。

40代の場合

40代では、一般的に給与や組織の年齢構成の観点から、20代・30代に比べて転職しにくい傾向があるのは否定できません。しかし、必ずしもそうとは言えず、数は少ないながらも社歴の若い企業や経験豊富な人材を強く求めている企業は、40代への採用に意欲的なことがあります。現在の会社でもう働きたくないと強く感じるほど疲れたときは、まだ転職を考える余地があるでしょう。

40代の転職を成功させるポイント

「40代の転職は難しい」という認識は持ちつつも、「経験豊富な即戦力としてアピールする」ことを強く意識すると良いでしょう。豊富な経験や専門性の高さを重点的にアピールしてください。
職歴が長いぶん、これまでの自分のキャリアややり方に固執してしまったり、年収の面が気になってしまったりと、なかなか新しい職場に飛び込むのが難しいと感じることもあるでしょう。しかし、採用担当者が能力以外に重視するのは「職場に馴染めるか」ということ。これまでの自分のキャリアに固執せず、新しい職場に受け入れてもらおうとする姿勢を見せることが大切です。

転職の○歳限界説は本当?年齢は関係あるの? 」でも、もう働きたくないと感じた20代~40代の人に向けて、それぞれの世代別に転職で成功するためのポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

もう働きたくないときは、自分に合った仕事を探す

もう働きたくないと現在の職場で悩み続けるならば、気持ちを新たにして、自分に合った仕事を検討してみましょう。フリーターや主婦・主夫など、さまざまな方法があります。自分の性格や好み、ライフスタイルに合った仕事が本当に見つかれば、辞めたい気持ちが起こらなくなるでしょう。

ひとまずはフリーターでも大丈夫

もう働きたくない、という人には無理をして正社員にこだわらず、ひとまずはフリーターでも大丈夫です。雇用のハードルが高く、働き方もハードになりがちな正社員よりも、いったんは就職しやすいフリーターという働き方を選ぶのも良いでしょう。

フリーターは日本の人口の約1%近くいる
総務省統計局の「労働力調査(詳細集計)2020年(令和2年)(p14) 」によると、フリーターの数は2020年平均で約136万人と、日本の人口の約1%近くいます。正社員ではもう働きたくない、という人がフリーターを選ぶことはよくあるようです。

参照元
総務省統計局
労働力調査(詳細集計)2020年(令和2年)

主婦・主夫の道も

ゆくゆくはパートナーとなる方に働いてもらい、自身はそのサポートをするやり方もあります。どのように生計を立てるのかは家庭によって自由です。もう働きたくないと感じる人で、家事が得意であったり、パートナーのサポートの方が向いていると思っていたりするのであれば、具体的に考えてみるのも良いでしょう。

自分に合った仕事がなかなか見つからない…という人は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層向けの就職エージェントです。就活のプロである専任の就活アドバイザーが、ご希望やキャリアに合わせて、200社以上の優良企業からあなたに合った求人を厳選してご紹介。個人カウンセリングでは、なぜ前の職場でもう働きたくないと思ったのか、転職や就職に関する悩みをお聞かせください。就活アドバイザーがあなたのお悩みに寄り添い、アドバイスをしながら、今後の方向性や合っている仕事などを一緒に考えていきます。
すべて無料のサービスですので、お気軽にお問い合わせください。

もう働きたくない、疲れた…という人のためのQ&A

ここではもう働きたくない、疲れた…という人がよく抱く疑問について、Q&A方式でお答えします。人間関係や転職でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

もう働きたくない、助けて…

心身ともにハードワーク過ぎてもう働きたくない、と感じる人には、負担の少ない職場へと転職するのがおすすめです。就業時間が長過ぎて、休暇を取っても疲れが回復しない、という人はワークライフバランスを考えて職業を選ぶ必要があるでしょう。「働きたくない心理の原因は?改善する方法はあるの?」でも、仕事に疲れた人におすすめの職種について紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

もう働きたくない20代、どうすれば良い?

現在の仕事が面白いと感じられず、もう働きたくないと感じている20代の方には、会社をおこすという手もあります。ネットの普及により、現代ではフリーターでも起業は以前より容易に。
フリーターでも起業は簡単?成功の秘訣を考えよう」では、SNSを使った起業方法や役立つ資格について解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

もう働きたくない、人間関係が苦痛…

職場の派閥関係やパワハラ、セクハラなどの人間関係に悩み、もう働きたくないと悩んでいる人は、まず同僚や上司など周囲に相談してみましょう。「職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう」では、そのほかの対処方法やどうしても解決しなかったときの手段についても詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

転職先が決まらなくても辞めて良い?

もう働きたくないというときも、できれば在職中に転職先が決まってから辞表を出すのが理想ですが、無理ならまず辞めても構いません。心身ともに健康を整え、しっかりと自己分析や企業研究を深めてから転職活動を行いましょう。ハタラクティブでは、転職のプロが前職のお悩み相談や面接の練習など、あなたの転職をサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION