コミュニケーションが苦手…不得意に感じる原因や仕事での対処方法も解説!

コミュニケーションが苦手…不得意に感じる原因や仕事での対処方法も解説!の画像

この記事のまとめ

  • コミュニケーションが苦手な人は、過去の失敗が原因で苦手意識を持っている
  • コミュニケーションが苦手だと、仕事上のミスやトラブルに繋がる恐れがある
  • コミュニケーションが苦手な人には、工場やパソコンを使った業務が向いている
  • コミュニケーション嫌いを克服するためには、相手の話をよく聞くことから始まる
  • コミュニケーションの失敗は、過去として割り切り会話を楽しもう

コミュニケーションが苦手に感じる人の中には、できるだけ仕事中も人と話したくないと考えている方もいるでしょう。しかし、周囲と適切なやり取りをしないと、思わぬトラブルやミスに発展する可能性があります。このコラムでは、コミュニケーションを苦手と感じる原因や仕事での会話の注意点や対処法を紹介。参考にして、仕事での困りごとを減らしましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

コミュニケーションが苦手と感じる原因

コミュニケーションを苦手と感じる理由の多くは、人との関わりへの苦手意識からくるようです。ここでは、コミュニケーションが苦手だと感じる人にはどのような原因があるのか、代表的な理由を挙げていきます。

コミュニケーションによって傷つくのが怖い

コミュニケーションが苦手と感じる人は、人と関わって傷つくのが怖い人が多いようです。それぞれ異なった思考を持った人間同士が意見を交わしていると、ときにはぶつかり、傷つくこともあるでしょう。コミュニケーションが苦手と感じる人は、そのような経験から、もう傷つきたくないと考え、人と関わることを避けてしまうようになります。

空気を読むのが苦手

コミュニケーションが苦手と感じる人の中には、空気を読むのが苦手で、周りと上手く馴染めない方もいます。場違いな発言をしてしまったり、失礼な態度をとってしまったりするのが特徴です。空気を読むのが苦手な人は、自覚症状がないことが多い傾向にあります。そのため、周囲から指摘されても改善方法が分からず、次第にコミュニケーションをとること自体が嫌いになってしまうようです。

自分の話ばかりしてしまう

自分の話ばかりをする人も要注意。会話は双方の言葉のキャッチボールで成り立ちます。一方的に自分の話ばかりしていては、相手の人はただ聞き役になってしまうでしょう。それでは、良質なコミュニケーションとはいえません。その結果、周囲の人と上手くいかなくなり、会話に苦手意識を持つようになってしまいます。

「コミュニケーション」とは?

コミュニケーション(英:communication)とは、人間同士が意思を伝え合う「情報伝達」を指す言葉。言葉や文字で情報を交換することを「言語コミュニケーション」、表情や声のトーン、身振り手振りで意思を表すことを「非言語コミュニケーション」といいます。
より良いコミュニケーションをとることで、周囲の人たちと良好な関係を築き、相手との関係を深めていくことができます。
未経験OK多数!求人を見てみる

コミュニケーションが苦手だと仕事にどのような影響がある?

コミュニケーションが苦手なことにより、周囲との連携が取れないなど仕事にも悪影響を及ぼす恐れがあります。この項では、コミュニケーションが苦手だと仕事にどのような影響があるのか解説します。

仕事がストップする可能性が出る

仕事はチームで行うことが多いようです。コミュニケーションを通じて周囲の人と関係性が築けていることや、報連相などのコミュニケーションが円滑に行えることが、共同で業務を行う上で重要になります。
関係性が築けていることで気軽に相談ができたり、情報共有が円滑に行えるのです。そのため、コミュニケーションが苦手だと、持っている情報に偏りがでたり、困ったときに相談相手がいなかったりと仕事に支障がでるでしょう。

ミスをしても気付きにくい

コミュニケーションが苦手だと、報連相の機会が減り、情報共有に漏れが生じます。特に、重要な事項や緊急連絡が滞ると上司・部下間、部署・拠点間などでの多くの業務に支障をきたすため、ミスやトラブルに気づきにくくなります。

正当な評価を受けづらくなる

他者とのコミュニケーションが少ない内向的な業務や、自分だけでできる難易度・業務量には限界があるため、スキルアップが見込めない傾向にあります。そのため、頑張りが見えづらく、上司から正当な評価を受けづらくなるようです。仕事で評価される人の特徴を「仕事で評価されない理由と対応策は?人事評価基準を知ろう!」でも解説しています。

コミュニケーションが苦手な人が避けるべき行動4つ

コミュニケーションが苦手と感じる方は、まず自分の言動に問題がないか振り返ってみましょう。
この項目では、コミュニケーションが苦手な方が避けるべき行動を解説します。意識して以下のような言動を減らしていきましょう。

1.人の話を遮らない

人の話を遮らず、ゆっくり最後まで聞くことを意識しましょう。会話相手からすると、話している途中で自分の話にすり替えられるのは、とても嫌な気分になります。自分が話したいことがあっても相手が話し終わるのを待って、相手の話のリアクションをしっかりとった後に話すようにすると良いでしょう。

2.一方的に自分の話ばかりしない

コミュニケーションが上手くいかない人は、一方的に自分の話ばかりする傾向があります。講演会やスピーチならともかく、会話は人の話を一方的に聞くだけのものではありません。コミュニケーションが苦手な人は相手の話をよく聞き、質問を投げかけ、聞き役になることを意識してみましょう。

3.上の空で話を聞かない

人と会話するときは、真摯に向き合うことが大切です。コミュニケーションが苦手だからといって、適当に相槌を打ったり、よそ見をしたりするのは避けましょう。そのような態度をとっていると、さらにコミュニケーションを上手くとれなくなることも。饒舌に話せなくても、人の話を真摯に聞くだけで、コミュニケーションは成り立ちます。

4.終わった話は蒸し返さない

終わった話を蒸し返すのは避けるべきです。会話にはリズムがあります。次の話題に移っているのにも関わらず、前の話題について一人で話し続けると、会話のリズムが崩れ、しらけてしまう恐れも。話の流れを掴み、違和感なく会話に加わることを心がけましょう。

仕事で役に立つ!コミュニケーションが苦手な人が取り組みたい対処法

この項では、コミュニケーションが苦手な人に向けて、仕事で役立つ対処法をまとめています。参考にして、仕事上で必要なコミュニケーションを上手くとれるようにしましょう。

過去の失敗は割り切るようにする

コミュニケーションが苦手な人は、過去の失敗や経験がトラウマとなっている方が多いようです。過去にコミュニケーション上で上手くいかなかったことを気にするあまり、自然に振る舞えなくなってしまうのでしょう。
しかし、次に同じシチュエーションになったときに、同じ失敗を繰り返すとは限りません。過去の失敗は過去として割り切ることで、コミュニケーションの苦手意識が無くなることもあります。力を抜いて、新たな気持ちで人と関わってみましょう。

話すのが苦手なら聞き手になる

話すのが苦手な人は、積極的に聞き手に回るのも良いでしょう。実は、コミュニケーションが得意な人は聞き役に回ることが多いようです。たとえば、仕事で大きな成果を出す販売員は、自分がたくさん話すのではなく、お客様に話をしてもらうのが鉄則とのこと。割合的には自分の会話は3割程度にし、7割は相手の話に耳をかたむけると、うまく会話が弾むといわれています。コミュニケーションが苦手な人は、聞き役に徹するのも一つの対処方法です。

相手の話に共感する

聞き上手になるための第一歩は、共感することです。自分が賛成できない場合も、「それは違うと思う」と否定せず、まずは相手の気持ちを受け止めてあげることが大切です。
たとえば、「ひどいよね」と同意を求められたものの、賛成できないときがあるとします。その場合「そうかな?」と答えると、相手は気持ちの行き場が無くなってしまいます。同意するでも否定するでもなく、「ひどい目に遭ったね」と相手の気持ちを受け止めて返すことが共感するコツです。

ボディーランゲージを取り入れる

コミュニケーションが苦手な人は、ボディーランゲージを活用すると、会話の不得意さをカバーできます。海外のビジネスシーンでは、ボディーランゲージはコミュニケーションのスキルとして広く取り入れられているようです。相手に共感の気持ちを示したり、警戒心を解いたりするのに有効といわれています。ただし、仕事の場面や状況によっては、相応しくない場合もありますので、適切な場面で上手く取り入れるのが大切です。

伝える内容は結論から伝える

人に何かを伝えるときは、結論を言葉の最初に持ってきましょう。仕事で何かを報告や相談するときに、結論を最後に持ってきてしまうと、要件がスムーズに伝わらず、時間のロスにもなります。
また、話し始める前に、伝えたい内容を整理しておくのも大切です。突発的に話し始めると、話している途中に論点がずれてきたり、何を伝えたいのか分からなくなったりすることも。コミュニケーションに苦手意識がある人は、まず頭の中やメモで整理してから相手に話しかけるようにしましょう。

5W1Hを意識する

5W1Hを意識して話すと、会話内容が伝わりやすくなります。5W1Hとは、情報を伝えるために、明らかにしておくと良い6個の項目の、英語の頭文字を取ったものです。それぞれ「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「なぜ」「どのように」を指します。5W1Hがしっかり含まれている会話を意識すると、スムーズにコミュニケーションをとりやすくなるでしょう。
さらにコミュニケーション能力を高める方法を「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」でも解説しています。

コミュニケーションが苦手な人に向いている仕事

コミュニケーションが苦手な人は、なるべくコミュニケーションをとる機会が少ない仕事を選ぶと良いでしょう。よく挙げられるのは、工場や倉庫での仕事です。チームでの仕事があまりなく、必要最低限の会話で業務が成り立ちます。また、Webライターや、データ入力など、主にパソコンを使ってする仕事もおすすめ。なぜなら、やり取りのほとんどはチャットやメールで行うため、直接コミュニケーションをとる機会が少ないからです。そのほかには、ドライバーや清掃員など、個人で動く仕事が一般的にコミュニケーションが少ない仕事として挙げられます。

工場勤務の軽作業

主な仕事内容は、工場や倉庫で商品に不備がないか検査をしたり、箱詰めや包装、商品を配送先別で分けたりです。黙々と同じ作業を繰り返す場合が多いので、人とのコミュニケーションは最低限と考えられます。そのため、特定の作業を集中して行うのが得意な人に向いているでしょう。

プログラマー

さまざまなシステムやソフトウェアを作るために、コンピューターのプログラムを組むのがプログラマーの仕事。プログラムを組むには、プログラミング言語を習得する必要があります。組んだプログラミングに間違いがないか確認するのも大切な業務の一つなので、プログラミングスキルと高い集中力が必要な仕事です。業務はチームで進めることが多いですが、作業は1人で行うため、会話をする機会は比較的少なめです。

Webデザイナー

主な仕事内容は、Webサイトやサイト内の素材などのデザイン、サイトの動作をデザインすることです。クライアントとの打ち合わせや進捗報告といったコミュニケーションは必要ですが、基本的には作業については1人でできるでしょう。

ドライバー

荷物や商品を指定された場所に、トラックやバイクで届ける仕事です。運転中は一人になるので人と関わることは少ないでしょう。荷物の配送や搬入時は多少のコミュニケーションは必要ですが、業務時間の多くは1人で集中できる環境です。
また、昨今ネットショッピングの需要が高まっているため、宅配サービスの流通量が増えてきています。

清掃員

清掃員は、マンションや宿泊施設、道路などを清掃する仕事です。自分の担当エリアを進めるので、自分のペースで作業を進めやすいといえるでしょう。きれいになるという形で成果が目に見えることはやりがいにも繋がります。詳しくは「清掃業の仕事内容とは?メリット・デメリットと向いている人もご紹介」のコラムをご覧ください。

警備員

警備員の仕事は、商業施設などの警備をする「施設警備」、工場現場近くの通行をスムーズにするための「交通誘導警備」、現金輸送車などの警備を担当する「輸送警備」、いわゆるボディーガードを指す「身辺警備」の4つです。夜間勤務の仕事もあり、働き方を柔軟に選ぶことができます。

コミュニケーションが苦手な人の仕事探しは「ハタラクティブ」をおすすめします。
若年層の就活に特化したハタラクティブでは「コミュニケーションが苦手と感じる人でもできる仕事をしたい」「コミュニケーションスキルに自信がない」という方のご相談にも対応しています。プロの就活アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを行い、あなたに合う求人をご提案。
履歴書の書き方や、面接練習など、すべて無料でアドバイスを行っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ