仕事で評価されない…制度の詳細と低評価の理由とは

仕事で評価されない…制度の詳細と低評価の理由とはの画像

この記事のまとめ

  • 頑張って仕事をしているのに評価につながらないと悩む人は多い
  • 評価されない理由として、自己評価が高い、報連相を怠っている、受け身で指示待ちなどが挙げられる
  • 正当な評価を受けるためには、評価されない理由を上司に直接質問したりアドバイスを実行したりすることが大切
  • 「評価されない…」と悩んだら、自社で実施している評価制度の内容を把握してみるのもおすすめ

真面目に働いているのに、正当な評価を受けていない…と感じる人もいると思います。
仕事を正しく評価してもらうには、どうしたら良いのでしょうか。
当コラムでは、正当な評価を受けるために必要なことを紹介。
評価制度などもまとめているので、どのような点が評価につながるのか知りたい方は参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が正しく評価されない理由

「自分なりに仕事を頑張っているのに、なかなか評価につながらない…」と悩む方もいると思います。
仕事が正しく評価されない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。
考えられる理由は以下のとおりです。

自分を過大評価している

自分ではできていると思っていても、周囲から見るとそうでもない…ということが考えられます。
仕事に対する評価は自己評価ではないため、評価されていないと感じたら客観的な視点から自分を見つめ直す必要があるでしょう。

協調性がない

仕事の評価は、業務の成果だけでなく人間性も関係しています。
周囲と協力して業務を進めることができているか、業務外の仕事にも取り組んでいるかなどの協調性を重視することも多いため、協調性がない人は評価されにくい傾向があるようです。

コミュニケーション不足

同僚に限らず、上司や部下とのコミュニケーションも評価のポイント。
職場から孤立しがちだったり、最低限のコミュニケーションしか取っていなかったりする人は注意しましょう。

受け身

上司からの指示には忠実でも、指示以上の業務をしない「受け身の人」は評価されにくいと言われています。
会社は、「主体性を持って業務に取り組む積極的な人材」を求めることが多いため、指示待ちで受け身になりがちな人は評価対象から外れてしまうかもしれません。

指示を正しく理解していない

「指示通りに仕事を進めているのに評価されない」という人は、上司の指示を正しく理解していない可能性があります。
上司と自分で考えにずれがある、説明が不十分などの理由が考えられるため、上司に指示の内容を改めて確認する必要があるでしょう。

報連相を怠っている

仕事の進捗状況の把握やミスの有無、発生した問題に対する相談などの報連相を怠っていることも、評価されない原因の1つ。
部下の業務状況を把握できなければ評価をすることは難しく、結果として評価につながらないこともあるようです。

どうすれば正当に評価される?

前項では評価されない代表的な理由を挙げましたが、「思い当たる節はないけど評価されていない…」という人もいるかもしれません。
どうすれば正当な評価を受けることができるのでしょうか。

評価制度について直接質問する

上司に、なぜ自分は評価されないのか、評価基準や制度について直接聞いてみる方法。
自分では気づかなかった弱点や、評価制度を間違って把握していたことに気づけるかもしれません。

自分はどう動けば良いかアドバイスをもらい、実行する

自分の評価について質問して有効な回答を得たら、業務を進める上でのアドバイスを求めるのも有効。
また、アドバイスをもらうだけでなく、自分でも改善に向けて努力することが必要です。

チームプレーを意識する

個人の実績も大切ですが、上司としてはチームの成績を上げることも大切。
チームプレーを意識して全体の成績を上げることができれば、個人的な評価のアップも期待できるでしょう。

基本的な評価制度を把握しておこう

最後に、基本的な評価制度を紹介します。
企業によって評価の方針は違いますが、制度の内容を正しく理解することが正当な評価につながることもあるようです。

年功序列

個人の能力や業績に関わらず、年齢や勤続年数をもとに評価する制度。
日本の多くの企業で採用されてきましたが、近年では仕事に対する積極性の減少を稀有するという理由から減少しているようです。

能力評価

労働者の能力を評価するもので、判断力や指導力、理解力、専門知識、チームワークといった項目が代表的。
能力評価を行うには各能力の定義や規定を定める必要があるため、採用する企業は評価要素の確認と理解が求められます。

業績評価

業務の達成度を評価する制度。
企業や業種によって詳細は異なるものの、評価基準や項目が明確化しているのが一般的です。
営業職で用いられることが多く、個人またはチームでの売上、契約数によって評価が変動します。

情意評価

勤怠や仕事に対する積極性を評価したもので、規律性や責任性、自己管理なども含まれます。
社会人として当たり前の要素と考えられることが多いため、新入社員などの若年労働者に向けて実施される傾向が強いようです。

コンピテンシー評価

業務遂行能力の高い社員を手本として、その社員を基準とする評価制度。
業績アップや社員の成長促進、能力開発に効果があるとされています。

上記以外にも評価制度はあり、どの評価を重視するかは企業によって異なります。
正しく評価を受けるには、会社がどのような制度を取り入れていて、重視するのはどの制度かを把握することが大切になるでしょう。

努力してもなかなか評価につながらない場合は、企業の社風や評価制度が合っていない可能性があります。
評価に満足していない方は、自分に合う企業を探してみてはいかがですか?
転職先をお探しなら、専門エージェントのハタラクティブにお任せください。
専任アドバイザーがカウンセリングを行い、経験や適性に合わせた求人を紹介。
実際に企業を訪問して情報を得ているため、評価制度や求める人材などの詳細までしっかりとお伝えすることが可能です。
成果に対して正当に評価されていない…と感じている方は、お気軽にお問い合わせください。

関連タグ