新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が苦痛なのはなぜ?「つまらない」「暇」と感じる理由とは

仕事が苦痛なのはなぜ?「つまらない」「暇」と感じる理由とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が苦痛になる原因は「つまらない」「暇」「能力に合わない」「人間関係」など
    ・仕事が苦痛なときの対処法は「プライベートを充実させる」「誰かに相談する」など
    ・仕事が苦痛なときに自分を責めすぎたり、勢いで退職したりするのは避けるべき
    ・仕事が嫌で転職するなら、事前にキャリアビジョンや求める条件を決めておくこと
    ・メリットとデメリットを見極めた上で転職を検討しよう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「仕事が苦痛…もう辞めたい」と感じるのは、珍しいことではありません。社会人の多くは、一度や二度、そんな気持ちを抱えたことがあるでしょう。
このコラムでは仕事が辛くなる原因と、辞めたいときの対処法を詳しく解説。「つまらないから」「暇だから」など、悩む理由は人それぞれです。仕事が苦痛に感じる原因を知って、上手に対処しましょう。



ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事を苦痛に感じる8つの原因

仕事に苦痛を感じる代表的な原因として、以下の8つが挙げられます。それぞれ見ていきましょう。


1.つまらない

「単調な作業の繰り返し」「内容が簡単すぎる」「業務に興味が持てない」など、仕事がつまらないことで、苦痛に感じる場合があります。適性や能力が業務内容とマッチしていないと、こういった状況に陥りがちです。


2.暇すぎる

「暇すぎてやることがない」「時間を持て余す」といった場合も、仕事を苦痛に感じる原因の1つ。「やりがいを感じられない」「スキルアップが見込めない」といった状況は、モチベーションの低下を引き起こします。
中には「暇なのに給料がもらえてラッキー」と捉える人もいるようですが、暇を苦痛に感じる人の場合は、今の職場は求めるキャリアに合っていない可能性が高いでしょう。


3.業務へのプレッシャー

「◯ヶ月で売上げを伸ばさなくてはいけない」「仕事内容にスキルが追いつかない」といった業務へのプレッシャーは、多くの人が苦痛に感じるところでしょう。能力以上の成果を求められている場合、精神的に追い詰められるのも無理はありません。


4.適性に合わない仕事を任せられる

「事務作業が得意なのに営業に回されている」「コミュニケーション能力に自信があるのに、雑務ばかり」など、適性に合わない仕事を任せられても、意欲は上がらないもの。自分の能力やスキルを活かせない環境では、不満は溜まりやすくなるでしょう。


5.人間関係

「苦手な同僚や上司がいる」「社風になじめない」といった人間関係によるストレスで、「仕事を辞めたい」と思う人は多いでしょう。業務自体に問題はなくとも、職場環境が合っていないと長く居続けるのは難しいといえます。
特に、「パワハラ・セクハラに悩まされている」「いじめられている」といった場合は深刻です。心を病んでしまう前に、抜け出す手段を考えましょう。


6.肉体的な疲労

「1ヶ月の残業が100時間を超えている」「休日出勤が続いて疲れが溜まったまま」など、労働時間の長さやハードな業務内容が原因で苦痛になることも。身体が疲れていると、前向きな気持ちを保ち続けられないものです。


7.給与や評価に不満がある

給与や評価への不満から、仕事を苦痛に感じることもあります。現在の収入が働き方・仕事内容・成果などに見合っていない場合、「この会社で自分は評価されていない」と考えてしまいがち。やる気や頑張る意味が失われるのも、仕方のないことといえるでしょう。


8.周囲とのレベルに格差がある

「周りのレベルが高すぎてついていけない」「上司や同僚の能力が低すぎる」など、周囲とのレベルに格差があると、苦痛の原因になります。
自分よりも周りのレベルが高い場合は劣等感とプレッシャーにさいなまれ、低い場合はイライラや不満がたまるでしょう。こういった居心地の悪さが、仕事への意欲を失わせてしまいます。


仕事が苦痛で辞めたいときの対処法5つ

この項目では、仕事が苦痛なときの対処法を5つご紹介します。参考にしながら、自分に合った方法を実践してみてください。


1.休日にリフレッシュする習慣をつける

休日も仕事のことを考えていると、憂鬱な気分になりストレス状態が続いてしまいます。友人に会ったりイベントに参加したりするなどして、気分転換を図りましょう。


2.仕事の目標をつくる

高いモチベーションで仕事に臨むためには、明確な目標を立てることが大切。活躍している先輩のやり方などを参考にし、自分なりの目標を設定して働くようにしましょう。


3.誰かに話を聞いてもらう

今抱えている仕事のストレスを、家族や友人、同僚や上司など、信頼できる人に話してみましょう。
聞いてもらうことで苦痛がやわらいだり、話しながら状況や考えが整理できたりすることもあります。客観的な意見や具体的なアドバイスをもらえる可能性もあるので、ぜひ試してみてください。


4.仕事以外を充実させる

「趣味を作る」「ペットを飼う」など、プライベートを充実させるのもおすすめです。仕事以外に自分を支える要素があると、嫌なことも割り切れるようになるもの。結果的に、仕事へのストレスを緩和できるでしょう。


5.会社の労務や人事に相談する

部署異動をしてもらえないか、社内の労務や人事に相談するという手もあります。このときのポイントは、「配置換えをすると会社にとってもメリットがある」と、相手に伝えること。
自分の得意・不得意を冷静に分析したうえで、今の業務や人間関係の何が問題なのか明確にし、どんな仕事・環境なら活躍できるのかを伝えましょう。
一方的に不満やストレスの原因だけを話すのは、印象が下がってしまう恐れがあるので、避けた方が無難です。



仕事が苦痛なときにやってはいけないこと

ここでは、仕事が苦痛なときにやってはいけない3つのことについてお伝えします。以下をチェックしていきましょう。


1.自分を責めすぎる

「自分はダメな人間だ」「苦痛に感じるのは自分が悪い」と、自身を責めすぎるのはやめましょう。人格や性質に問題があると捉えてしまうと、ますます気が滅入り、いっそう仕事が苦痛になる…という負のループに入ってしまいます。
自分を否定するだけでは、有効な解決策が見えてきません。大切なのは、「自分にとっての苦痛の原因」を把握し、向き合うこと。そうすることで、辛い状況から抜け出す方法を考えられるようになるでしょう。


2.批判的な意見にばかり耳を傾ける

批判的な意見にばかり耳を傾けていると、仕事への嫌悪感が加速する可能性があります。「こんな仕事、誰がやってもつまらない」「この会社は暇すぎて嫌になる」など、働く中で周囲から自社や業務に対する批判を耳にすることもあるでしょう。
しかし、そういった意見に同調したところで、仕事が苦痛な現実は変わりません。それどころか、「みんな同じように感じている」と考えることで、さらなるモチベーションの低下を招く恐れがあります。周りの意見はどうあれ、あなた自身がどう思っているのか、今後どうしたいのかを明確にすることが大切です。


3.一時的な感情で退職する

「仕事を辞めたい」と思っても、一時的な感情で退職するのは避けましょう。今後のキャリアビジョンが不明瞭なうちに、勢いだけで辞めてしまうのは危険です。
どうしても今の仕事を辞めたいなら、まずは転職を検討してみましょう。次項では、転職前にやってておきたいことについて解説します。


仕事が苦痛で転職するときにやっておきたいこと4つ

転職前には、以下を参考に事前準備を進めておきましょう。


1.同業種・異業種のどちらを目指すか決める

これまでの経験を活かしてキャリアアップを望むのか、まったく別の仕事にチャレンジするのかでは、心構えが変わります。仕事が苦痛になる原因と照らし合わせながら、同業種・異業種のどちらを目指すのか考えてみましょう。


2.仕事に求める条件を明確にする

働き方や給与、勤務地、業務内容など、仕事に関するさまざまな要素において、自分が求める条件を明確にしておくことも大切です。その中で優先順位を付け、最も譲れないことを軸に応募する企業を選びましょう。


3.実績を作る・スキルを身につける

今の職場である程度の実績を作っておくと、転職で有利になります。業務的に売上や成果を出すのが難しい場合は、資格を取得したり、スキルを身につけたりするのも良いでしょう。
「英語力」「パソコン技能」といったように、今の業務とは関係のない専門外の分野でもかまいません。何かしら武器になる要素があると、転職先を選ぶ際にも選択肢が広がります。


4.在職中と退職後、どちらに転職活動を行うか決める

転職活動をするタイミングは、メリット・デメリットを把握して決めることが大切です。在職中に転職活動する場合は、収入を得ながら求人を探せるのがメリット。一方で、時間に融通が利かないことから、面接や入社の日程調整などが上手くいかないこともあります。
退職後であれば、スケジュール調整には不自由しないでしょう。しかし、十分な貯蓄がないと経済面や精神面に負荷がかかる恐れがあります。
どちらが良いのか、冷静に考えてから転職活動を始めましょう。


転職エージェントも利用してみよう

「転職先では同じ失敗をしたくない」「転職活動をスムーズに進めたい」と考えているなら、転職エージェントの利用がおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、利用者さま一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、あなたの要望を丁寧にカンセリングいたします。


また、扱っているのは訪問調査を行った企業の求人のみ。応募前に実際の仕事内容や職場環境に関する情報が手に入るので、入社後に食い違いが生じるのを防げます。自分の適性や能力を把握した上で、マッチする企業を見つけられるでしょう。
企業との連絡・日程調整はアドバイザーが担当するので、在職中の方でもスムーズに活動を進められます。サービスはすべて無料でご利用可能です。ぜひお気軽にご連絡ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ