仕事の失敗で落ち込むときの対処法!ミスを防ぐ方法とは

仕事の失敗で落ち込むときの対処法!ミスを防ぐ方法とはの画像
 

【このページのまとめ】

  • ・仕事の失敗に落ち込むときは、失敗と人格を結び付けないように意識する
  • ・仕事の失敗に落ち込むときは、家族や友人に話を聞いてもらう
  • ・仕事の失敗に落ち込むときは、違う仕事をする道もあると考えよう
  • ・仕事の失敗を減らすには、スケジュール管理を徹底しよう
  • ・疑問点や違和感は上司や先輩に確認すると、未然に失敗を防げる

仕事の失敗に落ち込む方に向けて、気持ちを立て直す考え方を紹介します。落ち込みから立ち直る鍵は、自分なりのリフレッシュ方法を確立したり、原因を冷静に分析したりすることです。上司に怒られたとしても、それを人格否定と捉えない冷静さを持ちましょう。
コラムでは、仕事の失敗を防ぐ対処法や、失敗しやすい人の特徴もまとめています。今までの仕事のやり方を考え直すヒントにしてください。

仕事で失敗して落ち込むときの対処法

仕事で失敗して落ち込むのは誰にでもあることです。落ち込んだときに大切なのは、なるべく早く気持ちを切り替え、失敗を引きずらないことです。
ここでは、仕事で失敗したときに落ち込むのを防ぐヒントをご紹介します。

失敗と人格を結び付けない

仕事で落ち込みやすい人は、失敗と人格を結びつけて考えてしまう傾向にあります。そのため、「自分が駄目だから…」と必要以上に自分を責めたり、上司の叱責を自分への人格否定と捉えたりしがち。
仕事の失敗は誰にでもあることで、経験が浅い仕事や不得意な分野ではどうしても起こってしまうものです。上司もミスをしたという事実を注意しているだけで、個人の人格を否定したいわけではありません。仕事に失敗して怒られたときも、人格を否定されたとは受け取らないようにしましょう。

失敗の原因は技術や仕組みに問題があると考える

仕事で失敗する原因は、その人の人格に問題があるのではなく、技術や仕組みに問題があることがほとんどです。たとえば、指示されたことを忘れてしまう失敗は、メモに残す習慣をつけていなかったことが要因でしょう。ケアレスミスが多発する原因は、寝不足にあるかもしれません。
失敗した後は自分を責めて落ち込むのではなく、冷静になって何に原因があったかを考え、対策を立てましょう。

自分なりのリフレッシュ方法を確立する

仕事の失敗が頭から離れず落ち込むときは、家族や友達に話を聞いてもらうのが良いでしょう。誰かに話を聞いてもらうときは、ダメ出しをするのではなく、気持ちに共感して励ましてくれるような相手を選ぶのがポイントです。
ほかにも、好きな場所に出かけたり、趣味に打ち込んだり、「落ち込むときはこれをやる」というリフレッシュ方法を持つことが大事。過去の失敗は終わったこと、悩んでも仕方がないことと考え、辛い状況から意識的に離れることが大切です。

違う仕事をしても良いと考える

仕事が不得意で何度も失敗して落ち込む場合、仕事が向いていない可能性があります。新人のうちはミスが多くて当たり前ですが、しばらく経っても慣れないときや、仕事が適性に合っていないときは、転職を検討すると良いでしょう。

自分に合った仕事が分からない方は、「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」を参考にしてください。

仕事で失敗して落ち込むのを予防する方法

仕事で失敗したときに落ち込む自覚がある人は、失敗を減らすように日ごろから注意すると良いでしょう。ミスを防ぐために有効な取り組みを紹介していきます。

スケジュール管理を徹底する

締め切りは頭で記憶しようとせず、スケジュール帳に記載しましょう。また、スケジュール帳にその日に行うタスクを書いておくと、計画的に行動できます。忘れ物が多いのであれば、その日の持ち物を書き込んでおくのも良いでしょう。仕事の失敗や成果を書き込んでおくと、後で見直すこともできます。

「あれ?」と思ったら確認をする

「何かがいつもと違う」「なんとくなくおかしい気がする…」という違和感があった場合は、その理由を曖昧なままにせず原因を突き止めましょう。違和感の先には、仕事の失敗につながる要因が潜んでいることが多いからです。違和感の原因を探ることが、失敗を未然に防ぐことにつながります。

分からないことは質問する

不明点や違和感があった場合は、自分で確認したうえで、ほかの人に質問することも大切です。具体的な質問がない場合も、仕事のやり方に自信がなければ「◯日までに終わるように進めているが問題はないか」と進捗を確認します。自己判断せず定期的に上司や先輩と情報共有することで、失敗を事前に防げるでしょう。

仕事の失敗を減らす工夫は「仕事のミスが多い人の特徴とミスを減らすための方法」でも紹介しています。

仕事で失敗しやすい人の3つの特徴

仕事で失敗して落ち込む人には、以下のような特徴があります。心あたりがある人は、自分の行動を見直して、ミスを減らす仕事のやり方を考えてみましょう。

1.仕事を理解しないまま進めている

仕事の手順や目的の理解が不十分なまま作業を進めると、失敗しやすくなります。特に、分からないことがあったときに、「これでいいや」と自己判断して仕事を進める人は要注意。上司からの指示が曖昧だった場合や、詳しい手順が分からないときは、必ず確認してから業務を進めましょう。また、仕事のやり方を教えてもらったときはメモに残すようにすると、後で記憶が曖昧になったときに確認できます。

2.複数の仕事を担当している

マルチタスクで業務を進めると、一つひとつの仕事に対する集中力が落ちて失敗につながりやすくなります。仕事が多いときは優先順位をつけて、重要度の高い業務から順番に取り組んでいくのが良いでしょう。
仕事量が多過ぎる場合は、上司に相談したり、ほかの人に依頼できないか検討したりすることも必要です。

3.失敗したときに対策を考えない

仕事に失敗したときに対策を考えない人は、何度でも同じ失敗をしてしまいます。仕事で失敗したときは、落ち込むのではなく今後の対策を考えることに集中しましょう。「もう次は失敗しない」と決意するだけでは、対策を考えたことにはなりません。ミスの原因を探って具体的な対処法を考え実行することが、次の失敗を防ぎます。

仕事ができる人にはこんな特徴が!効率的な仕事術とは」では、仕事ができる人の業務の進め方を紹介しています。今より仕事ができるようになりたいという方は、こちらも参考にしてください。

仕事に失敗して落ち込む彼氏・彼女に掛ける言葉

気分が落ち込むときは家族や友人に話を聞いてもらうのが良いと述べましたが、ときには自分が人から悩みを相談されることもあります。特に、親しい間柄である彼氏や彼女から相談を持ちかけられる人は多いようです。

彼氏や彼女が仕事で失敗して落ち込んでいるときは、まずはしっかりと話を聞いてあげましょう。何かアドバイスしてあげようと思うかもしれせんが、失敗を話す人の中には「アドバイスがほしいのではなく共感してほしいだけ」という人もいます。自分の考えを伝えることを優先するのではなく、相手の様子を見ながらどんな言葉をかければ良いのか見極めましょう。
たとえば、毎日仕事を頑張っている彼氏・彼女には、「頑張ってね」ではなく「頑張り過ぎないでね」と伝えることで相手の気持ちが楽になる可能性があります。話を聞いて言葉を掛けるほかにも、遊びに行くことを提案するなど、一緒に気分転換になる活動をするのも良いでしょう。

仕事の失敗で落ち込むことが多い人は、自分がその仕事に適性があるかを改めて考えてみてはいかがでしょうか?
「ひょっとして今の仕事に向いていないかも…」と思ったら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは専任のアドバイザーがあなたの状況をヒアリングし、転職がおすすめできる場合は適性に合った求人を提案いたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION