1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で失敗ばかりして辛い!もしかして向いてない?原因や対処法を解説

仕事で失敗ばかりして辛い!もしかして向いてない?原因や対処法を解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事で失敗ばかりする人はメモを取らない、責任感がないなどの特徴が見られやすい
  • ・仕事で失敗ばかりする原因は新人と2~3年目の社員、中堅とでは異なる傾向がある
  • ・仕事で失敗したらまず謝罪し、周囲への報告や今後の対策を怠らない
  • ・メモを取ったり周囲を上手く頼ったりすることで失敗の繰り返しを防げる可能性がある
  • ・失敗ばかりする原因が仕事や職場のミスマッチにある場合は転職を検討するのも良い

仕事で失敗ばかりして辛い!もしかして向いてない?原因や対処法を解説の画像

「仕事で失敗ばかりして辛い…」「クビになるかも…」と悩んだ経験がある方は少なくないはず。仕事での失敗は誰にでも起こりえますが、何度も繰り返すと自信を失ってしまうでしょう。
このコラムでは、仕事で失敗ばかりしてしまう原因と、その対処法を解説します。新人か中堅かによっても、失敗の原因は異なるもの。自分はなぜ失敗を繰り返すのか分析し、改善策を講じましょう。仕事が向いていない場合は、転職する道もあります。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

仕事で失敗ばかりしてしまう人の特徴7パターン

仕事で失敗ばかりしてしまう人には、ある程度の共通点があります。自分が以下の特徴に当てはまるかどうか、日々の行動を振り返ってみましょう。

1.メモを取らない

メモを取らない人はミスを繰り返しがちです。会議や打ち合わせの内容、先輩や上司からのアドバイスなどは必ずメモしておきましょう。
記憶力に自信がある人でも、抜け漏れは起こりえるもの。失敗を繰り返すだけでなく、周囲に迷惑をかけるような大きなミスに発展する可能性も考えられます。メモを習慣づければ失敗が減り、仕事の質も向上するでしょう。

2.責任感がない

仕事に対し、責任感がない人も失敗を繰り返す傾向があります。「ミスがあっても誰かが何とかしてくれる」「失敗は自分のせいではない」と捉えがちな人は要注意です。
経歴が浅くても、初めての業務でも、一度担当した仕事は最後までやり切るのが社会人の責任といえます。周囲に責任を押し付けてばかりの人は失敗を繰り返すだけでなく、自分の成長も見込みにくくなってしまうでしょう。

3.プライドが高すぎる

プライドが高すぎる人も、仕事での失敗が多いようです。
プライドが高い人は、分からないことがあっても知ったかぶりをしてしまう傾向があります。また、明らかに力不足なのにもかかわらず、見栄を張って無理に仕事を続けてしまうこともあるでしょう。
過剰なプライドは、時に仕事の妨げとなります。周囲に迷惑をかける前に、分からないことや難しいことは素直に相談するのが得策です。

4.完璧主義者

完璧を求めすぎることも、失敗の原因になります。
極度の完璧主義者は、自分が納得するまで作業を続けてしまいがち。その結果、スケジュールの遅れや周囲との連携不足による失敗が起きることも考えられます。完璧さを求めることも大切にしつつ、視野の広さや柔軟性も身に付けられると失敗が減るでしょう。

5.仕事のスピードだけを重視している

仕事のスピードだけを重視している人も、失敗ばかりしてしまいがちです。締め切りまでに仕事を終わらせることは大切ですが、質が伴わなければ意味がありません。
まずは、どんなに急いでいても確認作業を怠らないようにしましょう。また、「質の良さを考慮すると締め切りに間に合わない」と感じた時点で、上司や取引先などに相談する選択も必要です。

6.失敗した後に反省していない

同じ失敗ばかり何度も繰り返す人は、きちんと反省していない可能性があります。失敗したとき、場を収めることだけを考えていたり、気持ちを切り替えることだけに注力していたりする場合は注意が必要です。
謝罪したり落ち込んだりすることと、反省することは別物。失敗した後は、きちんと原因を振り返り、具体的な改善策を講じましょう。

7.心身の不調を感じる

心身の疲れがたまり、不調を感じている人も失敗を繰り返してしまいがちです。
心身の不調は、集中力やモチベーションの低下をもたらします。「休むと周囲に迷惑がかかる」という思いから無理に出勤する人も見られますが、仕事でミスをするのであれば休息をとるのが得策でしょう。

年代別!仕事でミスをしやすい原因

仕事でミスをしてしまう原因は、年代によって異なる傾向があります。以下では、年代別にミスの原因となりやすいポイントをご紹介。自分の状況と照らし合わせてみましょう。

新人

仕事に就いたばかりの新人であれば、失敗も起こりやすいもの。ミスも学びの一つと捉え、新しい情報をどんどん吸収しましょう。
しかし、同じ失敗を繰り返してしまったり、同期より仕事がうまく進まなかったりする場合は、メモを取っていないことが考えられます。新しく学ぶことが多い分、メモを取る習慣をつけましょう。上手にメモが取れなかったり、時間がかかって面倒くさく感じてしまったりする場合は、先輩にコツを聞くのが賢明です。
また、分からないことをそのままにしておくのも、ミスの原因の代表格。疑問点は積極的に解消しましょう。先輩や上司に気軽に質問できることは、新人の特権といえます。勤続年数を重ね「そんなことも分からないのか」と思われてしまう前に、知識を蓄えておくのが得策です。

2~3年目

入社2~3年目は、慣れや仕事量の増加によりミスが増えやすい時期といえます。気のゆるみや、スピードばかりを重視した作業により、仕事の質が落ちてしまっている可能性も。今一度、確認作業を丁寧に行うのがおすすめです。
また、たとえ後輩ができたとしても見栄を張らず、分からないことは先輩や上司に確認しましょう。社会的に見れば、入社2~3年目はまだまだ若手。素直に周囲を頼ることも大切です。新人のように気にかけてもらえない分、自発的にサポートを依頼する必要があるともいえます。「待ちの姿勢」にならないよう心がけましょう。

30代~中堅

経験を積んだ中堅社員も、意外にミスをしやすいもの。独自の仕事の進め方を確立しているため、素直に他人からの指示を聞き入れられず失敗してしまう傾向があります。「自分のやり方が正しい」と思い込まず、視野を広く持って柔軟に行動することが大切です。
また、慣れにより、失敗後の反省を怠ってしまう人も少なくありません。その場を収めることだけが癖になってしまうと、失敗を繰り返しても気にならなくなってしまう可能性も。失敗をきちんと受け止め次に活かす素直さは、経歴を重ねても持ち合わせておきたいものです。

仕事で失敗したらやるべきこと4つ

仕事で失敗をしてしまったら、以下の行動を取りましょう。失敗を隠して反省を怠ったり、気に病みすぎたりすると、ミスを繰り返しやすくなります。

1.まずは謝罪と報連相

失敗してしまった際は、まず関係者に素直に謝罪しましょう。ごまかそうとすると、かえって事態が悪化してしまう恐れがあります。また、叱責を恐れてミスを隠すことは望ましくありません。上司に起きてしまったことを早急に、かつ正直に報告し、指示を仰ぎましょう。
失敗すること自体は、誰にでもありうることです。その後の誠意と対応のスピード次第で、十分信頼は取り戻せるでしょう。

2.なぜ失敗したかを振り返る

失敗の原因を具体的に振り返ることが、同じ過ちを繰り返さないカギといえます。
「私がダメだったせいだ」というような、曖昧な反省は望ましくありません。また、他人に責任を押し付けることも避けましょう。行動を冷静に振り返り、「ここで〇〇すべきだった」という、失敗と成功の分岐点を明確にすることが大切です。

3.次に気を付けることを明確にする

失敗の原因をもとに、次に気を付けることを明確にします。「もっと頑張る」というような漠然とした目標は避け、自分が取るべき行動を具体的に決めるのが望ましいでしょう。
改善策を関係者に共有するのもおすすめです。人に話すことでより決意が固くなり、周囲からのサポートやアドバイスも受けやすくなる可能性があります。

4.自分を責めすぎない

反省することは大切ですが、自分を過剰に責めすぎるのは望ましくありません。落ち込みすぎると、冷静な反省ができなくなったり、ミスを繰り返したりする可能性もあります。
先述のとおり、失敗は誰にでも起こりえるもの。自信を失う必要はありません。好きなものを食べたり、友人に話を聞いてもらったりし、自分をいたわることも大切です。前向きな気持ちで次の仕事に臨みましょう。

仕事の失敗が続くと起こること

仕事での失敗を繰り返すと、自分だけでなく周囲にも悪影響を与えてしまうでしょう。具体的には以下のような展開が考えられます。

モチベーションの低下

仕事の失敗が続くと、モチベーションが低下してしまうでしょう。
「自分はダメな人間だ」「どうせまた失敗する」といったネガティブ思考は、集中力や責任感を欠くことにもつながります。するとまたミスが起き、負の連鎖に陥る可能性も。楽しさややりがいを見出せず、仕事を「やらされている」と感じてしまうようになると、退職につながってしまうことも考えられます。

心身の不調

失敗を繰り返すと、心身に不調が現れてしまう可能性もあります。
仕事での失敗は、原因や内容を問わず何かしらのストレスをもたらすもの。それが積み重なると、腹痛や肌荒れ、不眠などの体調不良が生じやすくなります。また、常にイライラしたり、時間に追われる気がして落ち着かなかったりするなど、精神の不安定さを感じることもあるでしょう。
心身の不調は病気につながる恐れもあります。長期間仕事を休んだり、退職したりすることにならないよう、早急に対策しましょう。

人間関係の悪化

失敗の繰り返しは、自分だけでなく周囲の人にも悪影響を与えかねません。
一度の失敗や、一時的な落ち込みは誰にでも起こりえます。しかし、それが続くと「やる気がない人」「立ち直ろうとしない人」と見なされてしまい、評価が下がったりや信用を失ってしまう可能性があるでしょう。
また、自分に自信が持てずに消極的になったり、陰鬱な雰囲気を出したりするのも望ましくありません。職場全体の雰囲気や人間関係を悪化させる原因となるため、早めに失敗の連らを断ち切り、気持ちを切り替えることが大切です。

失敗を繰り返さないためにやるべきこと4つ

失敗は誰にでも起こりえるものですが、それを繰り返してしまうのは望ましくありません。以下の方法でミスの再発を防ぎましょう。

1.メモやリストを作成する

先述のとおり、メモを取らない人は仕事を失敗したり、同じミスを繰り返したりする傾向があります。仕事内容や上司・先輩からのアドバイスなどはしっかりメモしましょう。記憶力に自信があったとしても、重要な情報の抜け漏れがないよう徹底的に対策するのが賢明です。
また、やるべき仕事を整理し、リストを作るのもおすすめ。リストを作ることで仕事のやり残しを防げるほか、優先順位を見極めやすくなり、業務の効率化も図れるでしょう。

2.「後悔」ではなく「反省」をする

失敗を繰り返さないために必要なのは「反省」で、決して「後悔」ではありません。冷静に失敗の原因を振り返り、次にどうするべきか改善策を考えることが重要です。
「〇〇しなければ良かった」「この仕事に就かなければ良かった」と後悔するばかりでは、失敗は減らないでしょう。むしろ、必要以上にストレスを溜めたり、自信を喪失したりするため、余計に仕事が進みにくくなる恐れがあります。

3.周囲を巻き込む

仕事量が多すぎる時は、ミスも起こりやすいもの。1人でこなせる仕事量ではないと感じた時は、早めに周囲の人に相談し、業務を分担することも大切です。多くの仕事を無理に抱え込むより、少ない仕事に余裕をもって向き合う方が、失敗を防ぎやすくなります。
また、分からないことはすぐに周囲の人に質問・確認する癖をつけましょう。ひとりよがりな判断はミスを招く原因の一つです。上手く周囲を頼ることで、仕事の精度を上げ、失敗を繰り返さないことが得策です。

4.休息をとる

失敗ばかりの状況から抜け出したいのに仕事に集中できない、頭が働かない、といった場合は、心身の疲労がたまっている可能性も。休息を取ってリフレッシュしましょう。
身体の疲労を解消したい場合は、適度な運動や十分な睡眠、ぬるめのお湯での入浴などがおすすめ。また、精神面の疲労を感じる場合は趣味や自分の好きなことに没頭する時間を持ってみましょう。先述のとおり、失敗した自分を責めすぎるのも避けるようにします。
場合によっては、思い切って仕事を休むことも大切です。休むと周囲に迷惑がかかる、と感じる人も多いようですが、仕事の質を向上させられるのであれば、休日も必要といえるでしょう。

改善策を取っても失敗ばかりする場合は?

適切な改善策を取っているにもかかわらず、なお失敗が続いてしまう場合は、周囲のアドバイスを仰ぎましょう。同僚や先輩などから客観的な視点で意見をもらったり、上司に業務量の調整や部署異動を打診してみたりするのも良いかもしれません。
自分以外の人の意見を取り入れても状況が改善されない、また、職場の雰囲気が悪く相談できる人がいないという場合は、転職するのも一つの手です。自分の適性にマッチした仕事や職場を見つけることで、失敗を減らせる可能性があります。

「自分に合った転職先を見つけたい」「次の職場では失敗ばかりの状況から抜け出したい」とお考えの方は、一度ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層向けの転職エージェントです。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望や適性に合った求人をご紹介します。取り扱っている求人は、企業への直接取材を行った信頼のおけるものばかりなのでご安心ください。
また、応募書類の添削や面接対策なども無料でサポート。自己PRに自信のない方も、徹底的にバックアップします。自分の力を発揮できる職場への転職を目指しましょう!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる