失敗した時の対処法とは?ミスしがちな人の特徴や繰り返さないコツを解説

失敗した時の対処法とは?ミスしがちな人の特徴や繰り返さないコツを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・失敗した時の対処法は「すぐに報告する」「周囲に頼る」「解決策を考える」などがある
  • ・仕事で失敗しやすい人の特徴は「メモを取らない」「対話不足」「大雑把」などがある
  • ・仕事での失敗は引きずらず、気持ちを切り替えて次に活かそう
  • ・仕事での失敗を繰り返さないためには原因を探り、分からないことは確認すると良い
  • ・失敗した時の対処法を講じても解決しない場合は、環境を変えると上手くいくことも

仕事をするうえで、失敗した時の対処法について悩む人も多いでしょう。仕事にミスはつきものですが、失敗の後どのように対応するかによって、自身の評価が大きく変わることもあります。
このコラムでは、仕事で失敗しがちな人の特徴や適切な対処法などをご紹介。「仕事がうまくいかずに悩んでいる」「ミスを繰り返してしまう」という方はぜひご覧ください。失敗はそのままにせず、次に活かして自身の成長につなげましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

失敗した時の対処法

仕事で失敗した時の対処法は、「早急に報告する」「ミスしたことを謝罪する」ということが基本です。対処の仕方によってその後の仕事の進み具合や自身の評価にも影響するため、注意深く対応する必要があります。下記に具体例を挙げているので、参考にしてみてください。

すぐに報告する

失敗に気づいたら、上司や先輩、関係者などに速やかに報告して指示を仰ぎましょう。ミスそのものよりも、事後処理が重要です。まずは正直にミスをした事実を述べ、簡潔に分かりやすく失敗した流れを伝えてください。スピーディーに報告することで、問題が大きくならないうちに解決できることもあるでしょう。

誠実な気持ちで謝罪する

報告をする際、失敗したことに対しての謝罪もしましょう。どんなに努力してもミスを防ぐことは困難ですが、言い訳をしたり開き直ったりするのはマイナスなイメージにつながります。誠実な姿勢で謝ることが大切です。どのような理由であっても、謝罪の気持ちを述べることが適切な対処法の一つといえます。

自ら解決方法を考える

報告と謝罪をしたら、自らも対処法を考えてみましょう。状況に応じた適切な解決策を提示し、行動してみるのも失敗をリカバリーするのに効果的です。ただし、上司や先輩から業務の指示があれば、そちらを優先的に行いましょう。

状況によっては周囲にフォローしてもらう

どんなに失敗した時の対処法を考えても、人の助けを借りないと解決できないこともあるでしょう。「一人で対処してミスを挽回しよう」と行動しても、うまくいかないばかりか事態が悪化してしまう恐れもあります。早いタイミングで相談し、フォローしてもらうことスムーズにいくことも。仕事を円滑に進めるには、周りの人に頼ることもときには必要です。

気持ちを切り替える

いつまでも失敗を引きずっていては、気持ちが落ち込んでしまい、「別の仕事が滞る」「新たなミスを引き起こす」といった事態を発生させる原因になります。ミスしたことを無理やり忘れる必要はありませんが、自身を責め過ぎずに気持ちを切り替えることが大切です。次に活かすための良い経験として、前向きに捉えましょう。

仕事が終わったらリフレッシュする

仕事が終わった後は、友人に会ったり趣味に打ち込んだり体を動かしたりと、リフレッシュすることも大切です。休日も仕事のことを考え過ぎると重たい気持ちを引きずりやすく、ストレスが溜まってしまうことも。どんなに落ち込んでも、失敗した事実は変えられません。仕事の失敗は職場で対処し、退社後のプライベートタイムに考えるのはやめましょう。オンオフのメリハリをつけることも、社会生活では重要です。

また、「仕事で失敗ばかり…ミスが続く際の対処法と落ち込んだ気持ちの切り替え方」では、よくある失敗談や対処法の記載があるのでご覧ください。

仕事で失敗しがちな人の特徴

仕事で失敗しやすい人には、「責任感がない」「大雑把」などいくつかの特徴があります。ミスが多い人は、「もともとの性格だから仕方ない…」とネガティブにならず、まずは想定される特徴を認識しておきましょう。下記に挙げているので、該当するものがないかチェックしてみてください。

経験が浅く仕事に不慣れな人

入社間もない人や社会経験が浅い人は、業務に不慣れなため失敗しやすい傾向にあります。緊張や焦りから失敗してしまうこともあるようです。また、業界や職種が未経験という場合も、仕事に必要な知識やスキルが少なく、ミスにつながることもあるでしょう。

業務内容を十分に理解していない人

業務を理解しようとしなかったり、メモを取らないのに何度も周りに聞いたりするような人も、失敗しやすいといえるでしょう。業務内容を理解していないと間違えたやり方で仕事を進めてしまい、取り返しつかないミスにつながる恐れがあります。

仕事中ほかのことを考えている人

仕事中、ぼんやりしていたり業務とは関係のないネットサーフィンをしていたりする人は、集中力に欠けて失敗しがちといえます。仕事に身が入らず、ミスをしてもそれに気づかないというリスクもあるでしょう。

その場で覚えられないのにメモを取らない人

メモを取る習慣がない人は、仕事を忘れやすく失敗しやすいといえます。メモを取らない理由は、「書くのが面倒だから」「頭の中で記憶している」など人によってさまざま。しかし、字を書くことで理解が深まったり、分からないことを見直すことが可能です。メモを取らないと、仕事の流れ注意点などが把握しにくくなってしまいます。

責任感がない人

責任感がない人は任された仕事の重要性に気づきにくく、失敗につながることもあるでしょう。自身の業務に対して責任を持っていないと、自分の判断基準で仕事を進めがちになります。また、「間違えても誰かがフォローしてくれるだろう」という気持ちから、手を抜いて業務にあたることも。。その結果、「納期が守れない」「間違えた認識のまま業務をこなしていた」といったミスを引き起こしてしまいます。

大雑把な性格の人

大雑把な人は、業務の順序を考えるのが苦手であったり、注意力に欠けていたりして失敗につながりやすいでしょう。また、確認作業を怠ることでミスを起こしてしまうこともあるようです。

失敗を反省しない人

失敗したことを反省しない人は、自身の問題点に気づきにくく、ミスしやすいといえます。自身の過ちを振り返る機会がないと、「何をどこで間違えていたのか」「次に失敗しないため工夫できることはないか」などを考えないため、同じ失敗を繰り返してしまう恐れがあるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人

コミュニケーションスキルが低いと、要点をまとめたり事実を伝えたりすることがうまくできず、仕事のミスにつながりやすいでしょう。たとえば、重要な情報を省いてしまったり、相手の理解を得ないまま業務を進めてしまったりすることで、失敗が起きやすいといえます。

マイナス思考な人

ネガティブな人は、「間違えるのが怖い」「そもそもこの仕事は自分がやってもいいのか」などマイナス思考になりやすく、本来の力を発揮できずに失敗を引き起こしてしまうことも。過去のミスを引きずってしまい、目の前の業務に自信が持てないという負の循環に陥りやすいようです。

仕事のミスが多い人の特徴については「仕事のミスが多い人の特徴とミスを減らすための方法」でも解説しているのでチェックしましょう。

仕事での失敗を繰り返さない4つのコツ

仕事での失敗は反省し、繰り返さないことが大切です。自身の問題点を改めないままだと、同じミスを繰り返して信用を失ってしまうこともあるので気をつけましょう。

1.失敗を次に活かせるよう原因を探る

失敗が起きてしまった原因を探ってみましょう。些細なことでも構わないので、ミスが起きたきっかけを洗い出し、流れを整理してみてください。「そもそも業務に関して認識間違いをしていた」「途中で上司に確認してもらえば防げたのでは」「体調不良で集中できていなかった」など、いくつかの原因が浮かび上がるはずです。
特定できた原因をもとに、今後に活かせる改善点を見つけ出します。失敗を振り返らなければ気づかなかった自分のクセが把握できることもあるでしょう。

2.分からないことは必ず質問する

仕事を進めるなかで不明な点があれば、そのままにせずその都度質問して解決しましょう。「相手が忙しそうで質問するのは申し訳ない」「業務の覚えが悪いと思われるのでは…」と感じたとしても、分からないことを放置するのはリスクが大きいです。業務内容や進め方を正しく理解していないまま仕事していると、いつかミスにつながる恐れがあります。疑問に感じることや理解できなかったことは曖昧にせず、上司や先輩など身近な人に確認してみましょう。

3.書類やメールは整理しておく

身の回りのの整頓やメールの整理といった工夫をしておくと、どこに何があるのか管理しやすく、仕事がスムーズに進みます。その結果、ミスも起きにくくなるでしょう。机の上に物が散らかっていたり、必要な書類やメールがまとまっていなかったりすると一つひとつの業務に時間がかかり作業効率は下がります。「書類は顧客別にする」「プロジェクトごとにファイリングする」「メールは相手ごとに時系列でまとめておく」など工夫するのがおすすめです。

4.上司や先輩の対処法を学ぶ

職場の上司や先輩、同僚などの失敗談や対処法、対策の仕方などを聞いてみるのも効果的です。可能であれば、実際にどのような失敗を経験し、どう対処したのか、ミスによって学んだことはあったのかなど詳しく聞くことで自身の対処法にも活かせるでしょう。
周囲の話を聞くことで、「周りの人も失敗しているんだ」と気持ちが楽にもなれます。

仕事で失敗した時に落ち込まないための対処法は、「仕事の失敗で落ち込むときの対処法!ミスを防ぐ方法とは」でお伝えしているので参考にしてみてください。

失敗した時の対処法を実践しても仕事についていけないときは

仕事で失敗しないようにどんなに努力しても改善しないときは、休息を取ったり環境を変えてみたりするのも一つの方法です。下記で具体的な方法を挙げているので参考にしましょう。

休息をとる

仕事で失敗が続き疲れてしまったら、十分に体を休めることも重要です。仕事に追われていると、自分では気づかないうちにストレスや疲労が溜まっていることも。そのまま無理し続けていると、体調を崩してしまう恐れがあります。有給休暇やその他使える休暇制度を利用して、しっかり休みましょう。
休暇中は心身ともにリフレッシュできるよう、好きなことをして自由に過ごすのがおすすめです。リラックスできれば、前向きな気持ちで仕事に取り組みやすく、うまくいくこともあるでしょう。

異動を申し出る

仕事内容が合わないと感じ、「業務に身が入らず失敗してしまう」「モチベーションが持てずに集中力が途切れる」といった場合は、異動願いを出してみても良いでしょう。部署が変われば必然的に業務も変わり、良い方向にいくことも。「営業より事務の方が合っている」「内勤よりも外勤の方が楽しい」など、新たな一面に気づくこともあります。
ただし、異動願いは提出すれば必ずしも受理されるものではありません。一般的に、部署異動は会社のバランスや状況などを踏まえて、企業側から命じられることが多いようです。従業員側からの異動願いが叶うかどうかは、異動理由や勤務態度、実績などさまざまな面で判断されます。また、職場の繁忙期や人事異動が多い時期など、タイミングにも左右されるでしょう。そのため、部署異動のハードルは高めであると考えておいた方が無難です。

転職を視野に入れる

「失敗に対してパワハラに値するほど責められる」「どんなに対処しても失敗が続いてしまう」という状況であれば、職場環境を変えてみるの良いでしょう。努力しても上手くいかない場合、職場が求めている人材と自身の適性にマッチしていない可能性があります。自分のやりたいことや目指している方向性などを見つめ直しましょう。新しい職場に身を置くことで、仕事の失敗が解消されることもあります。

今の仕事を工夫や努力をしながら続けるのも素晴らしいですが、転職で仕事自体を変えることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、若年層を対象にした転職エージェントです。
フリーターや既卒、第二新卒など、「職歴に自信がない」「自分に向いている仕事が分からない」お悩みの方におすすめ。専任の就活アドバイザーがあなたに合った職場をご提案します。就職・転職に関する相談のみも受け付けているので、お気軽にご利用ください。

「仕事で失敗した!そんな時の対処法とは?」についての疑問に答えるQ&A

仕事で失敗してしまったときには、すぐに連絡をすることや気持ちの切り替えなどが大切。それ以外にも想定されるお悩みにQ&A方式で解説します。

大失敗!どうしよう…

パニックにならないように、まずは深呼吸。そしてとにかくできるだけ早く上司に報告しましょう。失敗をなくすためには、メモを取り、確認作業を忘れずに行うことが大切。「どうしよう!仕事で大失敗してしまったときにすべきこと」を参考にしてみてください。

落ち込んだ気持ちはどうしたら良い?

仕事で失敗して、落ち込んでしまっても、人と比べたり、失敗と人格を結びつけたりしないようにしましょう。信頼できる人に相談すると気持ちがスッキリすることも。詳細は「仕事の失敗で落ち込むときの対処法!ミスを防ぐ方法とは」に記載しているので、ご一読ください。

毎日怒られているような気がするんだけど…

怒られる原因を探ってみましょう。アドバイスや指示をきちんと聞いていなかったり、同じミスを繰り返してしまったりすると、毎日怒られてしまいます。とはいえ毎日怒られるのは辛いもの。「仕事や会社で毎日怒られるのはなぜ?ストレスで辛いときの対処法」も読んでみてください。

人の失敗を自分のせいにされた!

失敗を“人のせい”にするのは自分に自信がなかったり、他人よりも評価されたいという意識の現れ。あまり深く関わらないのが良いでしょう。「人のせいにする人の心理とその対処法」で詳しく載せていますので、参考にしてください。 対策をしてもミスが減らなときや周囲との関係性に疑問を持つ場合は、職場が合っていない可能性も。そんなときにはハタラクティブに相談してみませんか?プロの就活アドバイザーがカウンセリングをもとにあなたにマッチした転職先を提案します。ご自身の適性を改めて確認し、自分らしく働ける環境を見つけましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION