新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で失敗したときの対処法は?立ち直り方も解説!

仕事で失敗したときの対処法は?立ち直り方も解説!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事で失敗したときの主な原因には、完璧主義やコミュニケーション不足などがある
  • ・仕事で失敗するのが続くと自分に自信がなくなるうえ、周囲の信用を失う
  • ・仕事で失敗したときには、すぐに報告して素直に謝るのが大事
  • ・仕事で失敗したときは原因を分析して教訓を得、次に活かそう

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

仕事で失敗したとき、そのことが頭から離れずに落ち込んでしまう人は多いでしょう。一番大事なのは「自分の失敗を受け止めること」。原因を分析して学びを得たら、ネガティブな感情は忘れてしまってOKです。このコラムでは、失敗したときの行動や次に活かす方法、普段から気をつけておくと良いことについてなどをさまざまな観点から解説していますので、お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事で失敗したときはなにが原因?

仕事で失敗してしまうときの原因としては、以下のようなものが挙げられます。

仕事に慣れていない

新入社員や異動してきたばかりの人などに多い原因です。まだ仕事内容がよく分かっていないため、失敗してしまいやすい状態にあるといえます。経験を重ねて仕事に慣れていくと、だんだん失敗は少なくなっていくでしょう。

メモを取らない

仕事を教えてもらっているときにメモを取らずに聞いていると、失敗が多くなるようです。人は聞いたことをすべて覚えておくのは難しいもの。また、時間が経って忘れたときにも、メモがないと思い出せなくなります。また、取引先と大事な話をしているときにも、メモを取らないと先方が何を言ったのか思い出せず、仕事に悪影響があるでしょう。

完璧主義である

仕事に完璧な出来栄えを求めるあまりに失敗してしまう場合も。一見、完璧を目指すのは良いことのように感じます。しかし、仕事が遅々として進まなかったり、小さいことにこだわりすぎて全体的なクオリティは上がっていなかったりするなど、仕事全体に良い影響を与えません。また、完璧主義な人は自分の思い通りにいかないと大きく落胆してしまい、それ以降のパフォーマンスが上がらなくなることもあります。

スケジュール管理の甘さ

スケジュール管理のできない人も仕事で失敗しやすいといえます。自分の仕事にどのくらい時間がかかり、なんの作業にどれくらい時間をかけたら良いのかが分からないためです。その結果、仕事の進捗に遅れが出て焦ることになったり、なかなか終わらずに他人に迷惑をかけたりすることになります。

レスポンスが遅い

仕事で失敗してしまう人は、連絡を受けたときのレスポンスが遅い傾向にあるようです。返信が遅いと、相手はその間、その人の仕事に関することを進められません。そうすると、相手の仕事にも影響してしまい、多大な迷惑をかけることになります。また、返信を先延ばししているうちに、本人も忘れてしまうリスクも高まるので、結果的に仕事で失敗してしまいやすいといえるでしょう。

人の意見を聞き入れない

仕事で失敗する人には、他人の意見をなかなか聞き入れないという面もあります。仕事のやり方にこだわりがあったり、人より自分の意見が正しいと思ってしまいがちだったりするので、客観的に自分の仕事を振り返ることができません。そのため、独りよがりな仕事になってしまい、クオリティが低くなったり、失敗してしまったりするようです。

コミュニケーション不足

職場で他の人とうまくコミュニケーションを取れない人も、仕事で失敗しやすいでしょう。なぜなら、仕事が分からないときに人に聞けないためです。このような人は、自分から話しかける勇気がないため、仕事で分からないことをそのままにしてしまいがち。よって、仕事で失敗してしまうリスクが高いといえます。

仕事で失敗してしまう原因については「仕事で失敗ばかりして辛い!もしかして向いてない?原因や対処法を解説」のコラムでも詳しくご紹介しているので、ぜひご一読ください。

以上、仕事で失敗してしまう主な原因を挙げましたが、失敗が続くと、どのようなリスクがあるのでしょうか。次の項では、仕事で失敗が続くとどうなるかについてご紹介します。

仕事で失敗が続くとどうなる?

仕事で失敗すると、業務に影響を及ぼすだけでなく、以下のリスクも高まります。

周囲に迷惑がかかる

一緒に業務に取り組んでいたチームメンバーはもちろん、上司や先輩、同僚など周囲の社員に迷惑をかけてしまう可能性が高くなります。一緒に仕事をしている人の業務をストップさせてしまったり、周囲を巻き込んでミスの修正を行う必要が出てきたりすることもあるでしょう。

上司や同僚から信頼を失う

失敗が続く人は、「注意力が足りない」「仕事に対する責任がない」「改善の気持ちが見えない」と評価されがちです。その結果、信頼を失って重要な仕事を任されなくなったり、昇進の対象から外れたりする可能性が考えられます。

仕事への自信をなくす

失敗が続くことによって、「自分は仕事が向いていないのでは」「また失敗するかも」など自信を喪失する方もいるようです。自信を失えば仕事に対して積極的になれず、パフォーマンスも低下して悪循環に陥るでしょう。

このように、失敗が続くと周囲に大きな迷惑をかけてしまううえに、自信を失い、仕事を続けていくのが困難になる恐れがあります。よって、仕事で失敗したときには早めの対処が肝心です。
次の項では、仕事で失敗したときにするべき対処法についてまとめました。

仕事で失敗したときの対処法は?

仕事で失敗したときには、以下のような対処を心がけてください。

正直に伝える

仕事で失敗したときは正直に相手に伝えましょう。失敗したと思ったらすぐに伝えるのが大事。早ければ早いほど周囲で対策が取れるので、自分のミスをカバーしてもらえる可能性が高く、大ごとにならずに済む場合もあるからです。また、失敗したことを伝えずにいると、その人の仕事が滞りなく進んでいる前提で動いている周囲にも、大きな迷惑がかかります。そういったことを避けるためにも、ミスしたら早めに伝えるようにしましょう。

自分の非を認めて謝る

ミスしたときの態度も非常に大事です。自分は悪くないという態度を取ると感じが悪いうえ、また同じようなミスを繰り返すのではないかという印象を抱かれます。そうすると、周囲の信用を失ってしまうでしょう。よって、失敗したときには、自分の落ち度を素直に認めて謝るようにしてください。

失敗の原因を考える

失敗したときはそのままにせず、原因を振り返ってみてください。どうしてミスをしてしまったのかを自分なりに分析し、同じようなことを繰り返さないようにするためです。失敗してしまった原因が分かれば、どこを変えれば繰り返さずに済むかを考えられるようになるので、ミスの再発を防げるでしょう。

周囲に相談する

失敗したと感じたら、すぐ周囲に相談するのも有効です。失敗したときに、パニックになってしまい、客観的な判断ができなくなる場合もあるでしょう。まずは直属の上司や先輩に相談し、指示を仰いでください。そうすると、どうしたら良いかを瞬時に考え、ミスをカバーすべく力を貸してくれるでしょう。

ここでは、仕事で失敗したときの対処法についてお伝えしましたが、逆に、仕事で失敗したときに絶対に取るべきではない行動もあります。行動によっては周囲の信頼を大きく損ねてしまい、それ以降の仕事や人間関係に影響してしまうこともあるでしょう。
次の項では、失敗したときに取ってはいけない行動についてご紹介します。

失敗への対処法については「失敗した時の対処法とは?ミスしがちな人の特徴や繰り返さないコツを解説」のコラムでも詳しく解説しているので、ご参照ください。

なお、逆に失敗したときに避けたほうが良い行動もあるので、あわせて覚えておくと良いでしょう。
次の項では、仕事で失敗したときに取ってはいけない行動について解説します。

仕事で失敗したときに取ってはいけない行動は?

仕事で失敗したときに取るべきでない行動は、以下のとおりです。

失敗を隠そうとする

自分が失敗したとき、それを隠そうとするのは絶対に辞めましょう。隠そうとしても必ずバレるうえ、早めに分かれば対処可能であったことでも、できなくなってしまうからです。よって、失敗したと思ったら、すぐに周囲に報告しましょう。

責任転嫁しようとする

自分が仕事で失敗したときに、誰かに責任転嫁するのは避けてください。失敗を素直に認め、ミスの責任は自分にあると打ち明けるのが大事です。

自分を強く責める

ミスをしたとき、自分を強く責めすぎないようにしましょう。あまり強く自分を責めすぎてしまうと、仕事のモチベーションが上がりません。また、鬱々とした状態が続くと心身に悪影響をもたらすことも。誰にでも失敗はありますし、経験から学べることもたくさんあります。一度失敗を受け止めたら、次は繰り返さないよう、前向きな気持ちを持ちましょう。

ミスの処理を他の人に丸投げする

失敗したときに自分の失敗を他の人に丸投げしてしまうのは良くありません。他の人にミスの処理を頼むのは「大変ななか、本来は自分の仕事でないものもやってもらう」ということ。つまり、一方的に大きな迷惑をかけている状態です。もちろん、自分では手に負えない場合には手伝ってもらうことになる可能性が高いでしょうが、まずは自分自身で責任を取るという姿勢を見せてください。
企業は多くの人の仕事で成り立っています。誠意を持って、一所懸命自分で責任を取ろうとすれば、周囲の人も協力的になってくれるでしょう。

自暴自棄になる

たとえ大きなミスをしたからといって、無断欠勤や即日退職など、極端な行動を取るのはやめましょう。自暴自棄になってもミスはなくならないどころか、周囲にもっと大きな迷惑をかけることになります。先述したように、失敗したときは、まず自分の非を認めて素直に謝ることです。素直に謝り、周囲に相談すれば、一緒に解決策を検討してくれる可能性が高いでしょう。

仕事で失敗したときの立ち直り方

仕事で失敗したときには、以下のような段階を踏みましょう。

1. まずは失敗を認め、気持ちを切り替える

まず、失敗したときは自分のミスであることを認め、受け入れることです。自暴自棄になったり、責任転嫁をしたくなったりするのは「自分が失敗したことを受け入れられていない状態」であるといえるでしょう。失敗をしても、自分の価値がなくなるわけではありません。ただ「仕事で失敗をした」という状態にあるだけです。そのように客観的に捉えられれば、おのずと次に取る行動が分かってくるでしょう。

2. なぜ失敗をしたか分析して教訓を得る

気持ちを切り替えられたら、先に述べたように、失敗の原因を冷静に振り返ってみましょう。なぜ今回失敗してしまったのかを、いくつか書き出しておくのがおすすめです。

3. 教訓を次の仕事へ活かす方法を考える

書き出したものを見て、次の仕事で同じミスを絶対に繰り返さないようにするにはどうしたら良いかを考えましょう。考える際のポイントは、今の状況が起こるまえにどう行動すればミスが防げたのか、という点に着目することです。教訓が分かったら、あわせてメモしておいてください。メモをしておくのには、教訓を忘れないようにするだけでなく、教訓以外のことは忘れるようにするためでもあります。失敗したときの辛かった気持ちや恥ずかしい気持ちは、忘れても良いものです。気持ちを切り替えて今後良い仕事をするためにも、ネガティブな要素は忘れてしまいましょう。

無理をしない

失敗したことがどうしても辛く、落ち込んでしまうのであれば、無理をしすぎないことも大事です。「自分の仕事なのだから、どんなに辛くてもやらなくてはいけない」と気負うと、かえってミスを繰り返したり、心身に負担をかけすぎたりして、日常生活に影響してしまいます。どうしても気持ちが前向きにならないのであれば、仕事のペースを少し抑えたり、休んだりするのも有効です。

失敗したときの立ち直り方については「仕事の失敗を忘れる方法とは?負の連鎖に打ち勝つには」のコラムもあわせて参考にしてみてください。

仕事で失敗しないために普段からできることは?

仕事で失敗しないためには、スケジュール管理や小まめにメモを取ることなどが必要です。
以下、ミスをしないために普段からできることについてまとめました。

スケジュールに余裕を持つ

仕事のスケジュールには余裕を持っておきましょう。実際にできる時間より、少し多めに見積もっておくと安心です。スケジュールが曖昧だったり、とてもこなせるようなものでなかったりすると、仕事で失敗しやすくなります。まずは、仕事のタスクをすべて把握し、計画を立てるところからスタート。もし、かかる時間が分からないのであれば、仕事をする際に一度時間を計ってみるのがおすすめです。「このくらいかな…」と曖昧な時間で計画を立てると、すぐに狂ってしまい、立てた意味がなくなってしまいます。まずは、自分が仕事にかかる時間を正確に把握し、それをもとに計画を立てるようにすると良いでしょう。

仕事内容を念入りに確認する

まず、仕事にとりかかる前に内容を念入りに確認しましょう。仕事を依頼されたときに分からないことがあれば、その時点で聞いてください。何をして欲しいのか理解できていないまま仕事をすると、結局依頼されたものになっていなかったり、ミスをしやすくなったりします。

メモを取っておく

このコラムで何度かメモの重要性を解説しましたが、普段からすぐメモを取る癖をつけておくと良いでしょう。

集中力を保てる時間を考える

自分の集中力がどのくらい続くのか、1度振り返ってみるのもおすすめです。また、時間を区切って作業に取り組むよう心がけてください。人間の集中できる時間は15分や25分、45分ともいわれています。時間の区切り方は自由に設定しても良いですが、小まめに休憩を取ったほうがパフォーマンスが上がるという意見もあるので、あまり長くないほうが望ましいでしょう。
また、休憩をするときにはスマホを見るなど目を使うものではなく、目をつぶって少しじっとしているなど、できるだけ脳を休ませようとするのも大事です。

できないことを無理に引き受けない

頼まれたことを断れない人は、つい自分のキャパシティを超えて仕事を受けてしまいがちになります。できないと思ったら、無理に引き受けないようにしましょう。
どうしても断りづらいときには、断り方を工夫するのがおすすめです。たとえば、無茶ぶりをしてくる人には、はっきりと「申し訳ありません、できません。」と言っても良いでしょう。なぜなら、無茶ぶりをする人は、頼まれた側の都合を一切考慮していない場合が多いからです。言葉を濁しても、いまいち伝わらない可能性が高いでしょう。よって、はっきり「できない」と言ったほうが自分のためであり、相手のためでもあります。

「忙しいところ申し訳ないんだけど…」と配慮をしながら頼む人に対しては、代案を出すと良いでしょう。「今はできないけれど、○日からなら手が空きそうなのでできます」など、自分にできる範囲で応えようとすると、心証を悪くせずに済みます。注意すべき点は、自分のできる範囲を大きく超えて受けないこと。受けたのにできなかった場合、かえって心証を悪くしてしまうからです。あくまでも、自分にできる範囲で回答しましょう。

気持ちのコントロールをする

仕事だけでなくプライベートでも、自分で気持ちをコントロールするのは大事なこと。気持ちが落ち込んでいたり、不安なままでいたりすると、仕事で良いパフォーマンスを出せないからです。あまり精神的に辛いときには、休むことも大切ですが、かといって、自分で積極的にコントロールをしないままでいると、いつまでも感情に振り回されてしまうことになります。
感情をコントロールするコツは、自分の内心を客観的に見つめることです。たとえば「自分はなぜイライラしているのか」であれば、なぜ?とずっと問いかけてみると良いでしょう。そうすると、自分が「実は怒る必要がないところで怒っている」など、怒りを抱えている意味がないのが分かることもあります。

また、自分の意見を完全に理解してくれる人などまずいない、と考えるのも有効です。そうすると、自分を分かってくれない!と人に期待してイライラしたり、悲しんだりすることも少なくなっていくでしょう。

どうしても仕事で失敗してしまう…どうしたらいい?

どうしても仕事で失敗してしまうときには、以下のようなことを考えてみましょう。

周囲に相談する

まず、仕事のミスが絶えないようなら、周囲に1度相談してみてください。そうすると、少し仕事の量を減らす、苦手なものを避けるなどの措置を考えてくれる場合があります。また、ミスしてしまう内容について、改めてレクチャーしてくれることも考えられるでしょう。誠実に相談すれば、周囲は助けようとしてくれるものです。勇気を出して、直属の上司や先輩に相談してみるのをおすすめします。

転職を考える

周囲に相談してみても失敗が減らない場合には、仕事に適性がない可能性があります。そのような場合には、転職を検討しても良いでしょう。また、自己分析をして、今の仕事でどんな部分を苦手としているのか考えてみてください。そうすると、次の仕事ではどんな点を考慮して選べば良いかが分かってきます。自分の得意・不得意を明確にして仕事選びをすれば、仕事においてたくさんのミスをすることもなくなくなるはずです。

「失敗が多く、今の仕事が合っていないのでは…」「自分にどんな仕事が合っているのか分からない」という方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは20代、30代若年層向けの転職エージェント。経験豊富な就活アドバイザーが、あなたのお悩みを丁寧にヒアリングし、仕事選びをアドバイスします。そのうえで、豊富な求人のなかからあなたに合ったものを厳選してご紹介するので、どんな仕事を選べば良いか分からない方も安心です。ご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にご相談ください。

仕事に失敗したときのお悩みに関するQ&A

ここでは、仕事に失敗したときのお悩みに関する質問と回答についてまとめました。

仕事で失敗したとき、なかなか立ち直れません…

立ち直れないのは「失敗したときの辛い気持ちをずっと引きずっている」のが原因でしょう。
失敗を反省するときには、次から気をつけるべき点を認識するのが大事です。後悔や悔しさ、悲しさといった感情を繰り返し思い出すことは、かえって仕事のパフォーマンスを下げる原因になります。失敗から教訓を得たら、ネガティブな感情は思い切って忘れても大丈夫です。そうやって前向きに取り組み、失敗を次の仕事に活かしましょう。

仕事で失敗したとき、まずやるべきことは?

まずは勇気を出して、失敗をすぐ周囲に報告しましょう。そうすると、失敗への対処法を一緒に考えてくれるでしょう。周囲のカバーで、失敗がなんとかなる可能性もあります。重要なのは「気づいたらすぐ」という点。早いうちなら大ごとにならずに済んだり、多くの対策を取れたりするからです。また、誠意をもって謝るのも大事なこと。素直に非を認め、謝罪する姿勢を見せると、周囲も何とか協力しようという気持ちになるでしょう。

仕事に失敗したときの叱責が怖いです…

叱責を受けるのは、ある程度仕方のないところもあるでしょう。しかし、あくまで失敗に対する叱責であり、あなたの人格否定ではないと捉えることが大事です。叱責されたくないと失敗を隠すと、もっと大ごとになり、処分の対象になる可能性も。とても憂鬱でしょうが、勇気を出して打ち明けましょう。怖い上司にお悩みの場合には「上司が怖いと感じるのはなぜ?萎縮する原因の分析が重要!対処法も解説」のコラムもご参照ください。

仕事で何度も失敗したとき、向いていないと感じます…

もし、失敗ごとに対策してもミスが減らないなら、今の仕事に適性がない可能性も。まずは、自己分析で自分は何が苦手なのかを明らかにしましょう。また、得意なことも必ずあるので、それを活かせる仕事を考えるのもおすすめです。自分ではよく分からないとお悩みの方は、第三者に聞いてみるのも一つの手。ハタラクティブでは、就活アドバイザーの丁寧なカウンセリングであなたに合った仕事をアドバイスします。ぜひご活用ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ