上司が怖いと感じるのはなぜ?萎縮する原因の分析が重要!対処法も解説

上司が怖いと感じるのはなぜ?萎縮する原因の分析が重要!対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 上司が怖いと感じる原因は「厳しい」「話し方」「態度」「外見」の4つ
  • 上司が怖いと思ったときは言われたことを気にし過ぎず、仕事の態度を見直す
  • 自分から話しかけ、仕事から離れた場で上司とのコミュニケーションをとってみる
  • 上司も自分が怖いと思われることを悩んでいる可能性がある
  • 上司のことを怖いと思うこと自体は悪いことではない

「上司が怖くて萎縮してしまう…」「上司が怖くてうまく話せない…」と悩んでいる方もいるでしょう。気持ちよく仕事をするためにも上司に対する苦手意識を解消することが大切です。このコラムでは、上司を怖いと感じる4つの原因や対処法を解説しています。上司が怖くて仕事がうまくいかないときの方法もご紹介。職場での人間関係にお悩みの方は参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

上司が怖いと感じる主な4つの原因

仕事をしていると、上司が怖くて「話しかけられない…」「分からないことがあっても質問できない…」といったこともあるでしょう。上司が怖いと感じる原因は、「厳しくて怖い」「話し方が怖い」「態度が怖い」「外見が怖い」という4つの原因があります。自分は上司のどの部分を怖いと感じるのか理解することが、苦手意識を克服するきっかけになるでしょう。以下で怖いと感じる原因を詳しく解説します。

1.上司が厳しくて怖い

仕事に対する指摘や指導の仕方が厳しくて怖いと感じてしまう人は、自分がミスをしてしまったことやできないことを一度受け止めると良いでしょう。
間違えることが怖いという気持ちが、上司を怖いという気持ちになってしまっている可能性があります。誰でも間違いはあるものです。自分だけ強く叱られたり、上司の発言が間違っていたりしない場合は、まずは素直に受け止めてみましょう。

2.上司の話し方が怖い

声が大きい人や話し方が乱暴なことも上司を怖いと感じてしまう原因の一つです。
しかし、大きな声や雑な物言いが怖くて萎縮してしまうことは人間として当たり前の反応なので、必要以上に恐れずに上司が話したいことの本質を見極めてみましょう。

また、上司の話し方が怖いと感じるときは、自分との距離感が合っていないことが原因になることも。互いに思う「上司と部下の距離感」が違えば、フランク過ぎる話し方や冗談についていけず、怖いと感じてしまうこともあるでしょう。

3.上司の態度が怖い

舌打ちをしたり、横柄な態度の上司が怖いという人もいるでしょう。こちらも上司の話し方が怖いと感じるのと同じように、誰でも怖いと感じてしまう原因ともいえます。また、上司が気分屋で機嫌が悪い時や常に怒っているような態度に「萎縮する」「震える」「動悸がする」ということもあるでしょう。

4.上司の外見が怖い

上司の体格が大きかったり、目つきが鋭かったりすると、外見が怖いと感じる原因になることもあります。ほかにも、笑わない人や表情があまり動かない人を怖いと感じてしまうケースもあるようです。しかし、外見が怖いからといって、上司自身も怖いとは限りません。見た目の印象で相手を判断せず、会話を重ねてみて、上司の人となりを知っていくことが大切です。

上司が怖いと思うことは悪いことではない

人間関係には、向き不向きがあるので、どうしても上司と合わず怖いと思ってしまうこともあるでしょう。しかし、怖いと思うこと自体は悪いことではありません。
上司を怖いと感じることをストレスに感じないように意識することが大切です。もちろん円満な関係を築くに越したことはありませんが、上司との関係を悩み過ぎると余計萎縮してしまうことも。
直属の上司だからといって、無理に仲良くなる必要はありません。「苦手だな」「怖いな」と思うときは仕事の関係と割り切ってしまうこともストレスを溜めない方法の一つといえます。

「怒られるのがやっぱり苦手…」という方は、上司に怒られたときの気持ちの保ち方について解説している「上司に怒られた!ポジティブに受け止める方法」のコラムをチェックしましょう。

未経験OK多数!

求人一覧はこちらから

未経験OK多数!求人を見てみる

上司を怖いと感じたときの対処法

上司を怖いと感じたときの対処法を知っておくことで、その後の気持ちが楽になったり、関係が改善したりすることがあります。上司と部下という関係上、仕事をしていくなかで「怖い」「息苦しい」と思ってしまうこともあるでしょう。以下で対処法を詳しく解説しているので、自分ができそうなものから、ぜひ実践してみてください。

上司の言葉を気にし過ぎない

仕事で怒られてしまうのはよくあることです。この場合、上司は部下の将来を考え、あえて厳しくしている可能性も。また、上司が叱るのは、仕事のやり方が間違っていたからとも考えられます。たとえ叱られたとしても「自分自身を否定された…怖い」と萎縮せず、「アドバイスを貰えた」と前向きに捉えてみましょう。
怒られたことや言われたことを気にし過ぎると、仕事のパフォーマンスが低下し、さらにミスを招いてしまいます。

自分の仕事に対する態度を見直す

気づかないうちに消極的な態度をとってしまい、上司に不信感を抱かせたり、怒らせてしまったりしている可能性もあります。

上司を怖いと感じるからといって、仕事に対して消極的な態度をとっていると、上司は「人の話を聞いているのか分からない」「消極的な態度をとられると不安になる」と思うことも。分からない点は積極的に質問したり、上司に教えられたことはメモをとったりと、仕事に対する意欲を見せましょう。

時間を守る

時間を守ることも大切です。時間厳守は最低限のマナーなので、出勤時間に遅刻したり営業先に行く時間に遅れたりするなど、時間を守らない人は上司からの信頼を得られません。上司が怖くて萎縮している人は、最低でも5〜10分前には現場に到着するように準備しましょう。

挨拶や返事はしっかりする

挨拶や返事、感謝の言葉を忘れないことも大切です。挨拶や返事が小さい人や、なんでも「すみません」という言葉で済ませてしまうと、相手を不安にさせたり、イライラさせたりすることがあります。自分から元気な挨拶や返事をすると上司も心地良く感じ、明るい印象をもたれるでしょう。

自分から積極的に上司に話しかける

上司が怖い、距離を感じるという人は、上司から「目線が合わず声も小さい」「いつも暗くて近寄りがたい」と思われている可能性もあります。普段から姿勢や目線に気をつけ、話しかけやすい雰囲気づくりを心掛けましょう。声が小さい人は、腹式呼吸を意識して少し口を開け、いつもよりゆっくりとしたペースで喋ると、聞き取りやすくなります。

また、上司と話すことに慣れることで、怖いという気持ちが薄まることも。苦手だからと避けるのではなく、自分から積極的に話しかけて上司と関わる機会を増やしましょう。話す機会を増やし、上司の人柄をより理解しようと心掛けてみるのがおすすめです。

仕事から離れた場でコミュニケーションをとる

ある程度、上司との距離が近づいたら、飲みに誘ってみるのも効果的なコミュニケーション方法です。お酒が入ると相手もリラックスするため話しかけやすくなりますし、仕事の悩みを打ち明けたり、他愛のない話で盛り上がったり、自然と信頼関係が築きやすくなります。怖いと思っていた上司の意外な一面を見ることで、会話のきっかけも掴めるでしょう。

客観的に上司という人間を観察する

一度上司を「一人の人間」として客観的に見てみましょう。
「怖い」というイメージが一度ついてしまえばなかなか払拭することは難しいかもしれませんが、上司を改めて客観的に見ることで、最初とはまた違う印象を抱くことも。上司とは日常的に顔を合わすことになるので、いつまでも固定観念にとらわれず、新しい関係を築こうとする意思が重要です。

上司が怖くないときの状況を分析する

上司を怖いと感じるときは、反対に怖くないときはどのようなときかを分析して、苦手な部分を明確にしましょう。「ミスをして怒られるのが怖い」「大きな声を出されるのが怖い」「威圧感があって怖い」など、上司を怖いと思う理由はさまざまです。自分が怖いと思うポイントを明確にすることで適切な対処や距離のとり方も自ずと分かってくるでしょう。

たとえば、怒られるのが怖いときは、仕事の理解を深め、分からないものは先に聞くことで間違いを防ぐことができます。大声が怖くて萎縮してしまうときは「この人は声が大きい人なんだな」と割り切ることで必要以上に恐怖を感じないで済むでしょう。

怖いと感じる上司も人間関係に悩んでいる可能性がある

上司には、立場上、業績に対する責任があり、あえて怖い上司を演じていることも。上司自身も職場の人間関係に悩んでいる可能性があります。また、演じているだけではなく、外見的な特徴などで怖い印象を与えてしまい、誤解されやすい人もいるでしょう。
しかし、外見などは生まれもった特徴なので、他者に与える印象を変えるのは難しい場合も。自分が「上司が怖い」と悩むように、上司も「部下に怖がられているのでは」と悩んでいることも考えられるので、お互いが歩み寄って、相手を理解できるようなコミュニケーションを心掛けてみると良いでしょう。

厳しい上司に萎縮してしまうという人は、上司の心理を詳しく解説している記事「厳しい上司の心理を知ろう!耐える毎日から上手なお付き合いに」のコラムをチェックしてみましょう。

上司が怖いために仕事がうまくいかないときの対処法

どうしても上司への苦手意識が消えず、萎縮してしまったり、仕事がうまくいかなかったりするときは異動を願い出たり、先輩に相談したりするのが効果的です。
人間関係ですから、どうしてもうまくいかないことは多々あります。しかし、仕事にも影響が出てしまう場合は早めに対処するほうが良いでしょう。

異動や転勤を視野に入れる

上司が怖いという理由から仕事に支障が出る場合は、異動や転勤を願い出て、物理的に上司との距離をとることで解決することもあります。直属の上司が原因である場合は、当たり障りのない理由を伝えるのも一つの手です。

ほかに信頼できる上司がいる場合は、そちらに相談しても良いでしょう。ただし、直属の上司に不快な思いをさせないよう話をすることが重要です。

先輩に相談する

上司について悩みがあるときは先輩に相談してみましょう。同じような思いを抱いていたり、上司のことを教えてもらえたりすることも。「怖いと思っているのは自分だけじゃないんだ」と思うことで強い苦手意識も緩和される可能性があるでしょう。

また、仕事に対する不安や疑問も相談しておくことで、先輩からのサポートを得やすくなることも。心にゆとりが生まれれば、ミスや上司に怒られることも減って、萎縮したり、怖いと思ったりすることも少なくなるでしょう。

資格やスキルを身につけ、仕事の不安を解消する

仕事に関して怒られて萎縮してしまっている場合は、資格やスキルを身につけて仕事の不安を解消するのが効果的です。正しい知識を身につけることで、自分の仕事に自信をもてます。自信をもつことで、「怒られたらどうしよう」と不安に思うことも少なくなるでしょう。

怒られることが減れば、上司に対して怖いと思わなくなる可能性も。資格やスキルは能力を客観的に保証する証明になりますし、取得を目指す際の明確な目標にもなり得るので、自分に自信がない人は一度挑戦してみると良いでしょう。

上司と合わないときの対処法を解説している「上司と合わないと思う6つの理由!してはいけない言動と対処法も紹介」のコラムも合わせてチェックしてみてください。

上司が怖いと感じる場合は転職するのも一つの方法

「上司が怖くて萎縮してしまう」「上司が怖くて仕事に行けない」といった実生活での問題が生じている場合や、「同僚の前で大声で罵倒された」「部署内で仲間外れにされたり、発言を無視されたりする」「違う部署の上司から管轄外の仕事を任された」などのパワハラを受けている場合は思い切って転職するのも一つの方法です。
上司が怖いことが原因で身体を壊し、退職するのでは遅いので、「上司が怖い…もう限界だ」「仕事を辞めたい…」と感じたら早めに転職活動を始めましょう。

転職に不安がある方は就職・転職エージェントのハタラクティブをご活用ください!
ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒を対象に就職・転職のサポートをしています。プロのアドバイザーがあなたに合った求人をご紹介。就職に関する悩みやご相談にも対応しています。企業とのやり取りや日程調整などもおまかせください。面接対策や書類選考対策などサポートも万全です。ぜひお気軽にご相談ください!

こんなときどうする?怖い上司に関するお悩みQ&A

職場に怖い上司がいて悩んでいる方もいるのではないでしょうか?ここでは、上司が怖いときのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

職場の上司が怖くて萎縮してしまうのですが、どうしたら良いですか?

職場の上司が怖くて萎縮してしまうときは、視点を変えて物事を考えてみましょう。たとえば、声が大きい上司や感情を表に出さない上司を「怖い」と思い込み、萎縮してしまっている可能性もあります。叱咤されたとしても必要以上に萎縮せず、アドバイスとして受け止めると良いでしょう。詳しくは、このコラムの「上司を怖いと感じたときの対処法」をご覧ください。

怖い上司と仕事をしたくないので、無視をしても良いですか?

たとえ上司が怖くて萎縮していても、無視をする、無愛想な態度をとるなどの失礼な行為は避けましょう。上司だけでなく社内全体の信用を失い、業務に支障をきたす恐れがあります。怖い上司が相手でも、社会人としてのマナーや礼儀を忘れないようにしましょう。「上司と合わないと思う6つの理由!してはいけない言動と対処法も紹介」のコラムもぜひ、ご一読ください。

怖い上司とうまく付き合っていくにはどう接すれば良いですか?

まずは自分の上司に対する態度を見直してみましょう。教えてもらったことをメモしなかったり、返事に元気がなかったりと消極的な態度をとっていると、上司は不安に思うことも。なるべく明るく振る舞い、積極的な姿勢を見せるのがおすすめです。また、基本的な挨拶や感謝の言葉も忘れないよう心掛けましょう。

怖い上司に怒鳴られたり、無視をされたりした場合はどうすれば良いですか?

上司の言動があまりにも度が過ぎている場合は、パワハラに該当する可能性があります。上司に「必要以上に怒鳴られる」「人格を否定するような発言をされる」「無視をされる」といった場合は注意が必要です。もし、パワハラを受けてストレスを感じたり、萎縮してしまっている場合は、転職をして今の環境から離れることも検討してみるのがおすすめです。転職エージェントを利用することで、自分が快適に働ける職場を見つけやすくなるでしょう。ハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーによる、個別でのカウンセリング対応から求人紹介、応募書類の添削、面接対策、日程調整、入社後のフォローまで、就職活動をトータルサポートを行っています。所要時間1分程度でできる、性格から分かる適職診断もおすすめ。今の職場環境に悩んでいる方は、ぜひご検討ください。

この記事に関連するタグ