職場で孤立したら?孤独を感じる理由や対処法を解説

職場で孤立したら?孤独を感じる理由や対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 職場で孤立を感じやすい人は、ネガティブ思考やマイペース過ぎるなどの特徴がある
  • 職場で孤立するメリットは「仕事に集中できる」「周りを気にしなくて良い」など
  • 職場で孤立すると寂しく感じたり、仕事がうまく進まなかったりするデメリットもある
  • 職場での孤立感を改善するには、積極的なコミュニケーションやフォローが大切
  • 努力しても職場で孤立して辛い場合は、転職するのも一つの対処法

職場で孤立を感じ、「自分が悪いのかも…」とお悩みの方もいるでしょう。職場で孤立を感じている場合、理由は社風や自分の考え方などさまざまあります。そのため、必要以上に自分を責めずに原因を客観視することが大切です。このコラムでは、職場で孤立していると感じやすい人の特徴や改善方法などを解説しています。職場での孤立感が辛いという方は、自分に合った解決法を探してみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「職場で孤立している」と感じやすい人の特徴とは?

会社で孤立する理由は、ネガティブ思考などの性格面や、仕事への姿勢などさまざま考えられます。主な特徴をご紹介するので、自分に当てはまっている項目がないか、確かめてみてください。

細かいことが気になる

周りの意見や職場の雰囲気などを極端に気にしてしまう人は、周囲との温度差を必要以上に感じとってしまうようです。また、気を遣い過ぎると相手が気疲れしてしまうため、人間関係が上手くいかないと感じることもあるでしょう。

協調性に欠ける

意見や立場の違う他人と力を合わせて問題解決や目標達成を目指そうとする協調性は、仕事を進めるうえで大切な能力です。困っている同僚を手助けしなかったり、アンガーマネジメントができず周囲にあたってしまったりという協調性に欠ける行動は、職場で孤立するきっかけになってしまうことも。陰口や人によって態度を変えるといった、職場の和を乱す行動も良く思われないでしょう。

仕事が遅い

周囲の状況や締め切りを考慮せず、マイペースに仕事を進めようとする人も、職場で孤立してしまう恐れがあります。マイペースな性格自体は武器にもなりますが、仕事が遅れて職場や同僚に迷惑をかけてしまうのは良くありません。会社の仕事は細かい連携が大切なため、「チームとして仕事を全うする意識が足りない」と反感を買ってしまうでしょう。

ネガティブ思考

仕事が思うように進まないときやうまく話せなかったときなどに、極端なネガティブ思考に陥ってしまう方も、職場で孤立を感じやすいでしょう。他人から些細な指摘を受けた際、落ち込みやすいタイプの人も同様です。「自分なんて会社に必要とされていないのでは」「職場内で嫌われている気がする…」などと考えるあまり、実際には孤立していないのにそう思い込んでしまう人もいるようです。

コミュニケーションが苦手

職場で孤立を感じやすい人の特徴の一つは、人と話すことへの苦手意識です。職場の人間関係は、日常的な挨拶や雑談を心掛けることで構築されていきます。積極的に会話することが苦手な場合、周囲からも話しかけづらいと思われてしまうため、孤立感につながるでしょう。

職場で孤立を感じてしまうのは、人との関わり方が大きく影響しているようです。「人間関係で悩む人は多い?職場での人付き合いについて」では、職場での人間関係の悩みについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

「職場での孤立は自分が悪い」と気にし過ぎない

職場で孤立している場合、原因が自分ではないこともあり得ます。たとえば、高いスキルを持っていたり目上の人から好かれていたりする場合、「気に入らない」という理由から孤立させようとする人も。自分の振る舞いを客観視したうえで上記の特徴が当てはまらない場合、「自分が悪い」と気にし過ぎないようにすることも大切です。

未経験OK多数!求人を見てみる

「職場で孤立している」と感じる理由

職場で孤立を感じるのは、嫌なことがあっても仕事をしなければならないという「逃げにくい環境」であることも影響しています。また、同調意見が重要視されやすい企業の場合も、異なる意見を発することで孤立することがあるようです。

苦手な人とも関わる必要があるため

苦手な人とも職場では関わる必要があるため、逃げ道がないと感じてしまう人もいるでしょう。最低限のコミュニケーションに留めようとして避けたり不愛想な態度を取ったりすると、さらに事態が悪化する可能性も。人間関係が上手くいかない悩みから、職場で孤立していると思うこともあるようです。

職場内の同調圧力から孤立を感じるため

仕事に対する熱意や方向性が周囲と異なると、同調圧力を受け職場で孤立してしまう場合があります。多数派の意見が重視される職場の場合は、周囲との意見の違いが、働きにくさや居心地の悪さに直結するでしょう。

職場で孤立するメリット

会社で孤立することは、自分の考え方次第ではメリットを感じる場合もあります。仕事やプライベートに関するメリットについて、この項目で解説します。

業務に集中できる

職場で孤立していると、人間関係が仕事に影響を与えることが少なくなるため、業務に集中して取り組めるでしょう。目の前の仕事へ真摯に向き合い評価されれば、周りから孤立していることが気にならなくなる可能性もあります。

社内行事に無理に参加しなくて良い

職場で孤立することのメリットとして、飲み会やイベントといった社内行事に無理して参加する必要がなくなることが挙げられます。趣味や社外の友人関係などのプライベートを充実させられるため、業務時間外の付き合いに苦痛を感じる人にとってはストレスが軽減される可能性もあるでしょう。

会社における気苦労が減る

職場で孤立することで周りと一定の距離を保てていれば、会社の人間関係を気にすることなく快適に過ごせるでしょう。「会社は会社」と割り切りやすく、気苦労が減ります。また、人間関係のトラブルに巻き込まれにくくなるのもメリットの一つです。自分のペースで仕事しやすくなり、精神的に楽になるでしょう。

職場での孤立を「仕事だから」と割り切ってみよう

職場で孤立している状況を逆手にとって、「職場には仕事をしに来ている」と割り切ると楽になる可能性があります。付き合いが苦手な人や誰かと比べてしまうという人は、思い切って周囲と必要以上に関わらなくて良いことを利点と考えてみましょう。ほかにも、仕事とプライベートを切り離す、周囲からの評価を気にしないなど考え方を工夫すると、孤立している状況を上手く活用できるといえます。仕事とプライベートを混同しない働き方については、「仕事とプライベートを切り替える11のコツ!集中できない場合の対処法も」で解説しているので、ご確認ください。

職場で孤立するデメリット

会社で孤立している状況は、仕事を進めるうえでデメリットになることがあります。業務上どうしてもコミュニケーションを取らなければいけない場面や話しかけたい場合には、孤立感から上手く立ち回れない可能性があるようです。

仕事上のやり取りが円滑にいかないことがある

職場で孤立していると業務に関する対話や意思疎通が難しくなり、仕事に影響する恐れもあるでしょう。疑問や相談事項があっても意図が伝わらず、結果として周囲からさらに浮いてしまう可能性があります。

寂しく感じることがある

職場での孤立を受け入れていても、ちょっとした話題や出来事を共有できる人がいないと寂しさを感じるものです。また、同僚同士が楽しそうに話している様子や、上司と良い関係を築けている姿を目にすると、「なぜ自分はうまく振る舞えないのだろう…」とネガティブ思考に陥ってしまう恐れもあります。

職場で孤立している状況を改善する5つのポイント

職場で孤立している現状を変えたい場合、自身の思考や行動を見つめ直すことも必要です。この項目では、孤立状態から脱するための5つのポイントを紹介します。

1.少しずつ人との接点を増やす

コミュニケーションが苦手な方は、徐々に会社内の人と関わりを持つことを心掛けましょう。元気よく挨拶することや世間話など、些細な行動からでも構いません。自分から心を開くことで自然と人と話す機会も増えていき、職場で孤立を感じにくくなるでしょう。

新人時代は積極的にコミュニケーションをとろう

新人の間は周りが目上の人ばかりのため、世間話や休憩時間の輪に入りづらいという人もいるでしょう。遠慮してしまうと相手も気を使ってしまい、結果的に「職場で孤立している」と感じる原因になっている可能性も。入職したての新人期間は、関係性構築のために重要な期間でもあります。マナーやTPOはわきまえつつ、積極的に挨拶したり話しかけたりと、コミュニケーションを意識してみましょう。

2.自分の問題点を改善する

「仕事でミスが多い」「人の目を見て話せない」など自分で問題と感じていることがあれば、改善する意識を持つことが重要です。少しずつでも前向きな態度と改善の意思をアピールできれば、周囲から話しかけられることが増え、孤立感が減っていく可能性があります。

3.マナーを身につける

「身だしなみが整っていない」「正しい言葉遣いができていない」といったマナーが身についておらず、職場で孤立するきっかけの一つになっていることも。直接的な原因でなくても、社会人らしい振る舞いができていないと人に良い印象は与えられません。改善するためには、職場の礼儀正しい人をお手本にしてみたり、本やインターネットで学んだりして身につけていきましょう。より実践的に学びたい方は、ビジネスマナーのセミナーに参加してみるのもおすすめです。

4.困っている人のサポートにまわる

職場で孤立している状況を変えるには、周囲に目を配り、困っている人や忙しそうな人のフォローを心掛けると良いでしょう。コミュニケーションのきっかけになるほか、自分が困っているときに手助けしてもらえる可能性も。仕事をうまくサポートできれば業務でも評価されやすくなり、周囲に良いイメージを与えられます。

5.一人だけでも信頼できる人を作る

「職場で孤立している」と感じていても、信頼できる人がいれば安心して過ごせるでしょう。同じ部署や席が近い人、仕事で関わる機会が多い人など、身近な人だと関係性を築きやすいようです。業務のことや業界の動向など、相手と共通点のある話題をきっかけにして、少しずつ信頼関係を構築することを意識してみてください。

また、仕事で気疲れしやすい方の対策方法については、「「気疲れ」しやすい原因とは?言葉の意味や対処法を知って解消しよう」をご覧ください。

職場での孤立が辛くて辞めたいとき

努力しても職場で孤立している現状の改善が見込めないなら、転職を視野に入れるのも一つの方法です。「社内の雰囲気にどうしても馴染めない」「仕事内容が合わなくてなんとなく周りからも浮いてしまう」といった状況であれば、職場を変えてみるとうまくいくことも。適性に合った業界や職種を選んで、楽しく取り組める仕事を見つけることが大切です。

転職を成功させるには、就職・転職エージェントでプロのアドバイスを受けてみると良いでしょう。ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職・転職エージェントです。経験豊富な就活アドバイザーがあなたのお悩みをきめ細やかにヒアリングし、一人ひとりに合った求人をご提案します。また、面接対策や応募書類の添削など幅広く転職活動をサポート。「自分の強みを活かせる職場で働きたい」「どのような仕事が合うのか分からない」といったお悩みを抱える方は、ぜひご利用を検討してみてください。

職場で孤立していることに関する疑問Q&A

職場で孤立をすることに関して、よくある疑問にQ&A方式で解答していきます。

職場で孤立するのは誰にでもあり得ることでしょうか?

「孤立している」と感じる状況は人それぞれとはいえ、職場で孤立を感じる可能性は誰にでもあるといえます。孤立感の理由はさまざまなため、「職場で孤立しているかも?」と感じる方も必要以上に自分を責めず、客観的に理由を把握することから始めましょう。このコラムの「「職場で孤立している」と感じやすい人の特徴とは?」で、自分に当てはまる特徴がないか確認してみてください。

職場で孤立しやすい人に向いている職業はありますか?

「人と話すのが苦手」という理由で孤立を感じる人は、比較的人と関わることが少なめの仕事が良いでしょう。「人嫌いも働くことはできる?おすすめの仕事や悩んだときの対処法を紹介!」でもご紹介しているように、プログラマーや警備員、清掃員などがおすすめです。それぞれ大変な点やメリットなどが違うので、仕事内容を整理しつつ比較してみると良いでしょう。

苦手な人がいて職場で孤立している場合はどう対策するべき?

会社内で苦手な人がいて、なるべく関わりたくないという場合、冷静な視点を持って仕事に集中することをおすすめします。「仕事は仕事」と割り切り、苦手な人に振り回されない姿勢を保ちましょう。詳しい対処法は、「嫌いな人との仕事はどうすれば良い?心を楽にする対処法」にも記載があるので参考にしてみてください。

自分の問題点を直しても職場で孤立する場合はどうすれば良い?

自分が思う問題点を改善しても職場で孤立して辛い場合は、職場を変えてみるのも一つの手段です。社風や仕事内容が合わない場合は、仕事を変えることで自分らしく前向きに過ごせる可能性もあります。ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングをもとに、あなたに合った職場をご提案します。転職するか迷っている方は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ