新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. むかつく上司はどう対応したら良い?特徴や対処法をご紹介!

むかつく上司はどう対応したら良い?特徴や対処法をご紹介!

公開日:

最終更新日:

むかつく上司はどう対応したら良い?特徴や対処法をご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・むかつく上司の特徴には「威圧的」「気分屋」「無責任」などがある
  • ・むかつく上司に対しては、冷静になって仕事と割り切ることも大切
  • ・むかつく上司の職場内の態度が悪い場合、人事や労働組合に相談しても良い
  • ・むかつく上司と同じ職場にいるのが耐えられないなら、転職を視野に入れても良い

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

職場にむかつく上司がいて、お悩みの方もいるでしょう。むかつくと感じる上司の特徴には、「無神経なことを言う」「気分で言動がころころ変わる」などがあります。状況を改善するには、「仕事は仕事」と割り切ることも大切ですが、どうしても耐えられないときは転職を考えても良いでしょう。
このコラムでは、上司に対してむかつくと思う主な理由や対処法などをご紹介します。ご一読いただき、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

むかつく上司がいるのは仕方ない?

会社という大勢の人が集まる場所では、各々が持つ価値観は異なります。上司と部下の関係性であっても、「むかつく」と感じ腹を立ててしまうのはおかしなことではありません。上司にネガティブなイメージを持つことへ罪悪感を持つ方もいると思いますが、人間同士合う合わないがあるのは仕方のないこと。仕事をするうえで上司に苦手意識を持ったり、心の中でむかつくと感じたりすることもあるでしょう。
また、上司とは仕事つながりという長い時間をともに過ごす間柄だからこそ、嫌な部分が見えやすいといえます。

むかつく上司の特徴

一般的にむかつくと思う上司には、威圧的であったり、責任感がなかったりといった共通する特徴があるようです。

高圧的

「ムカつく」と思われる上司は、自分より立場が下の人に対して高圧的にふるまう傾向にあります。具体的には、「人目もはばからず大声で怒鳴る」「部下の意見を受け入れず抑え込む」などを行うタイプです。「上司である=会社に認められている」と自負があり、自分の考えが正解だと思い込んでいます。言い返したり、上司の意見を否定したりするのは逆効果であることが多いようです。

理不尽

「自分で考えろ」と言ったのにも関わらず、結果が気に入らないと「なんで聞かなかったんだ」と怒り出す…そんな理不尽な上司に対しては「むかつく」と感じてしまうでしょう。
地位を利用した支配欲や優越感によって、理不尽な言動が多いタイプです。言われたことを正直に聞いていると、精神的にも疲れてしまいます。

無責任

職場で起きたトラブルに向き合わず放棄する、面倒な仕事は後回しにする、ほかの人に任せるといった上司の場合むかつくと感じることもあるでしょう。仕事の締切やルールを守らないといったタイプも該当します。

気分屋

機嫌が良いときは優しく、悪いときにはヒステリックになるなど、気分でコロコロと態度を変える上司もいます。仕事を進めるうえでも、気分によって指示が違う、気まぐれな発想で仕事を依頼するといった特徴があるようです。それらの発言や行動によって周囲を振り回され、部下は「むかつく」と感じてしまうでしょう。

無神経

「人が傷つくようなことを平気で言う」「大勢の前でミスを問い詰める」など、無神経な行動をとる上司に対しては「むかつく」と感じることも。部下の気持ちに寄り添えず、気づかないうちに周りを嫌な気持ちにさせているタイプといえるでしょう。

仕事をしない

自身の業務管理ができず、周りに迷惑をかけている上司には「むかつく」と感じることもあるでしょう。仕事中に寝ている、プライベートのインターネット利用をしているという上司も同様です。部下のマネジメントのみならず自身の仕事を全うできていないと、部署全体の士気や業務効率が下がる原因にもなります。

嘘をつく

自分の都合の良いよう、ことあるごとに違う指示を出したり、その場にいない人を悪者にしたりするような上司は、腹が立つもの。また、自身の犯したミスを他人のせいにするような嘘も、周囲は憤慨するでしょう。部下との信頼関係を築きにくいタイプです。

嫌味ばかり言う

人のミスを必要以上に問い詰める、終わったことをいつまでも根に持つなど、文句や愚痴が多い上司もいるでしょう。たとえどんなに仕事で成果を上げている上司であっても、嫌味が多い場合「むかつく」と思われる傾向にあります。

上記でもいくつかお伝えしましたが、同じ職場で働くなか、上司の仕事に対する態度が「むかつく」と感じる大きな原因のようです。詳しくは、「使えない上司にありがちな6つの特徴!部下はどう対処すればいい?」でも触れているでご一読ください。

むかつく上司への対処法

むかつく上司に対する対処法は、一定の距離を保ち冷静に対応することが重要です。この項目で詳しく解説します。

仕事と割り切る

上司に対して嫌な気持ちを持ってしまっても、「仕事上の関係」と割り切って距離を取るのも有効です。業務上の必要なやり取りのみに済ませ、なるべく関わらないようにしましょう。とはいえ、あまりにも無愛想な態度は控えた方が無難です。素っ気ない態度は、かえって反感を買ってしまう可能性があります。

ハッキリ意見する

上司の性格や自身との関係性にもよりますが、真っ直ぐに意見してみることが有効な場合も。上司によっては、部下側が主張することはないだろうと思い込み、理不尽な言葉を投げられることもあります。そのような場合、ハッキリと「私は○○と思っています」と伝えてみるのも一つの方法。その際は、感情的にならず落ち着いた態度で述べることが大切です。

過度に期待しない

上司に対する理想像があると、何かトラブルが起きたり嫌な面をみたりすると「むかつく」と感じてしまうので、過度に期待しないことが無難です。また、上司といえど人間なので「嫌な部分はあるもの」と認識しておけば、気持ちが少し楽になるでしょう。

上記のほかにも、「業務にも支障が出る…嫌いな上司との付き合い方」では苦手な上司との付き合い方をお伝えしています。

むかつく上司に対する3つのストレス発散法

むかつく上司に対してストレスを強く感じた場合、思いつめ過ぎずにうまく発散することが大切です。下記に3つのおすすめの方法をまとめているので、参考にしてみてください。

1.職場の人に話を聞いてもらう

仲の良い同僚や先輩など、身近な人に話を聞いてもらうだけでも心が軽くなるでしょう。言葉にしてみることで、スッキリする可能性もあります。また、相談相手が似たような悩みを抱えていることも。共感し合うことで、良い解決策が見つかるのではないでしょうか。同じ部署内だと言いにくい場合は、別の部署の人に話すのがおすすめです。

2.仕事以外で趣味を楽しむ

趣味や友人関係など、仕事以外のプライベートを充実させることで、上司との関係で悩む時間も減っていくでしょう。日常生活を楽しく過ごすことができれば、上司に「むかつく」と思うことがあっても、大きなダメージを受けにくくなる可能性もあります。

3.気持ちを紙に書いてみる

上司に対するモヤモヤする気持ちを、紙に書いてみるとスッキリすることもあるでしょう。人に悩みを相談しにくいタイプの方に有効な手段です。思いつくままに書き出しても良いですが、「なぜむかつくと感じるのか」「どうしていきたいのか」などを順序立てて挙げてみると、「これは仕方ない」「自分も反省点がある」といった点が見つかる可能性もあります。

会社でイライラすることは、誰しもあることでしょう。仕事を円滑に進めるには、ストレスと上手く付き合って発散させることが重要です。「イライラする原因とは?自分に合った解消法を見つけよう」では、仕事で溜まったうっぷんを適切に対処するポイントをご紹介しているので、合わせてチェックしましょう。

どんなにむかつく上司でも職場で悪い態度をとるのは避ける

むかつく上司に対してどんなにネガティブな感情を抱いていても、職場では反抗的にならず、穏便な対応をとりましょう。あからさまに悪い態度でいると、職場全体を嫌な空気にさせ、周りに気を遣わせてしまいます。また、仕事に支障をきたしてしまうと、自身の評価が下がる恐れも。
イライラすることがあっても、社会人として大人な態度を心掛けることが大切です。毅然とした対応をすることで、相手上司も自身の態度を改め、環境が良い方向に変わることもあるでしょう。

どうしてもむかつく上司に耐えられない場合

むかつく上司に対して自身が改善しても、「関係が悪化する」「どうしても耐えられない」「疲弊して体調を崩してしまう」という場合、部署や職場を変えてみるというアプローチも必要です。

労務や人事に相談する

「同じ職場で働き続けるのが難しい」と感じた場合、会社に相談してみるのも一つの方法。こうような相談は、同じ部署内でするのは避けたほうが無難です。上司に不満を抱えているのは自分だけの可能性も考えられ、上司の耳に届いたら評価を落とすリスクがあります。客観的かつ、上司よりも立場が上の人物を選定してください。

相談する人の上司への評価を前もって確認する

相談する人が上司を評価していたり、良好な関係を築いていたりする場合は、話を受け入れてもらえない可能性があります。相談先と上司との関係を事前に調べておくようにしましょう。

不満だけでなく改善点を伝える

相談時には上司のどこをどのように改善してほしいのか、そのためにどんな代替案があるのかを具体的に伝えると有効です。ただの不満や愚痴のように受け取られてしまうと、改善効果は見込みにくくなります。

異動願いを出す

むかつく上司が原因で退職をするほどではなくても、「これ以上同じ部署にいるのは辛い」と感じる場合、異動願いを提出してみるのも良いでしょう。もし異動が叶えば、上司と関わる必要はなくなります。
しかし、異動願いは必ずしも受理されるわけではありません。時期や異動希望の理由によりますが、一般的に部署異動は、従業員のスキルアップ目的で実施されることが大半。そのため、人間関係による異動が認められることは、あまりないでしょう。
また、異動願いの理由に上司との関係性を記載することで、企業によっては「このような些細な理由で異動願いを出すのは自分勝手だ」と捉えられる恐れもあります。そのため、今後の自身の評価に影響することがあることも念頭に置いてください。

必要があれば労働組合や労働基準法に相談する

むかつくと感じる理由に、上司からのパワハラやセクハラなどがある場合は、労働組合や労働基準監督署などに相談しても良いでしょう。労働組合は労働環境のトラブルに関しても相談できる窓口であり、人間関係の悩みも親身に聞いてくれます。上司による明確なハラスメントが認められれば、企業に対して改善を要求してもらえる可能性が高いです。

転職を検討する

自身がどう努力しても周りに相談しても、むかつく上司との関係が改善されず辛いという場合は、転職を視野に入れるのも一つの解決法です。
ストレスを抱え続けていると、仕事のパフォーマンスも落ちてしまう恐れがあります。環境を変えることで、心機一転気持ち良く仕事に励める可能性もあるでしょう。

「納得のいく転職をしたい」「一人で転職活動をするのが不安」という方は、ハタラクティブがおすすめ。ハタラクティブでは専任のアドバイザーがお悩みをヒアリングし、仕事探しから入職までをトータルでサポート。応募書類の添削や面接対策を行うだけでなく、あなたの適性やスキルを踏まえたうえで、相性の良い企業をご紹介します。また、すべてのサービスは無料で利用可能。ぜひこの機会に、ご相談ください。

むかつく上司に関する疑問Q&A

ここでは、苦手・むかつくと思う上司に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

上司にむかつくと感じるのは良くないことでしょうか?

上司と部下という関係性であっても、人間同士なのでマイナスな感情を抱くことはあるもの。あからさに嫌な態度を取り続けることは周りに気を遣わせてしまいますが、自身の心の中で思うことは構いません。また、同僚や別の上司に相談する程度であれば良いでしょう。その際のポイントは、このコラムの「むかつく上司への対処法」をご覧ください。

むかつく上司がいて仕事に集中できません…どうすれば良い?

なぜむかつくと感じるのかという理由を明確にしたうえで、自分にも問題があれば改善したり、周りに相談してみたりしましょう。上司に嫌悪感を抱いている理由にもよりますが、社会人として自身の仕事は最低限責任感を持って全うする必要があります。上司によるハラスメント行為がある場合は、「あなたの周りにもいる?嫌な上司の特徴と対処法」を参考に動いてみましょう。

むかつく上司との関係を良くするポイントはありますか?

上司との良好な関係を望む場合は、「自身から積極的に話しかけてみる」「仕事を真面目に取り組む」などを意識しましょう。むかつくと感じていても、実際は自分が偏った見方をしていることも。その場合、明るい言動や行動、仕事に対する前向きな姿勢といった心掛けで改善することもあるでしょう。「職場に合わない人がいる!ストレスを感じる理由や11の対処法を紹介」でもコツをまとめているので参考にしてみてください。

むかつく上司がいても我慢して仕事を続けるべき?

前向きに仕事に取り組むことも大切ですが、どうしても辛いのであれば続ける必要はありません。我慢を重ねていると、心身とも疲弊してしまう恐れがあります。楽しくいきいきと仕事をするには、転職をするのも良い方法です。ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが一人ひとりに合った職場をご提案します。面接対策や応募書類の添削なども幅広く実施。「転職を成功させたい」と感じる方は、一度ご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ