飲み会が苦手な人に伝えたいメリットとは?克服方法も紹介!

飲み会が苦手な人に伝えたいメリットとは?克服方法も紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 飲み会が苦手な理由には、上司への気疲れや金銭面の負担などがある
  • 飲み会のメリットには、人脈が広がることやコミュニケーションスキルの向上などがある
  • 飲み会の苦手意識を克服するためには、メリットに目を向けて参加すると良い
  • 飲み会の克服方法には「話上手な人の隣に座る」「タイムリミットの設定」などがある

「飲み会が苦手…でも克服したい!」と思っている方もいることでしょう。このコラムでは、飲み会を苦手に感じてしまうよくある理由を紹介。また、飲み会に参加することで得られるメリットにも触れています。さらに、飲み会が苦手な人に試してほしい効果的な克服方法について詳しく解説。飲み会が苦手な方は、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

会社の飲み会が苦手な理由は?

飲み会が嫌いだと感じる理由には、どのようなものがあるでしょうか。よくある理由を以下にまとめました。

人とコミュニケーションを取ることに疲れる

上司や先輩への気遣いや、場を盛り上げるための話題づくりに疲れてしまうことが多いようです。また、大勢が集まる場所や人とコミュニケーションを取ること自体が苦手な場合もあります。

お酒の場が苦手

そもそも、体質的にお酒が飲めない方もいるでしょう。また、お酒の場ならではのノリが苦手な方も少なくありません。行き過ぎた悪ノリや迷惑行為はアルハラと呼ばれ、近年では深刻な問題となっています。「アルハラの事例と対処法について」を読んで、アルハラに該当するようなことがないか確認してみましょう。

お金がかかる

一般的に1回の飲み会では、4,000〜6,000円の費用がかかるといわれています。特に、入社1〜3年の間は給料も少なく、飲み会の出費が日々の生活の負担になってしまう可能性もあります。

プライベートの時間が減る

勤務時間外にも関わらず、会話のほとんどが仕事の話で苦痛に感じることも。そのうえ、拘束時間が長いため、プライベートの時間が減ってしまうこともあります。また、プライベートではないため、自分の好きなように飲食できないことやメンバー内の苦手な人とも関わらないといけないなどの理由もあるようです。

このように飲み会が苦手と感じる理由はたくさんあるようです。飲み会は本当にデメリットだけなのでしょうか。次項にて、飲み会で得られるメリットについて考察していきましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

飲み会が苦手な人へ!4つのメリット

飲み会に参加することで得られるメリットについてまとめてみました。

1.人脈が広がる

普段はなかなか話せないような他部署の人とも話せる機会です。趣味の合う人と出会えたり、気の合う人を見つけられたりと、新たな出会いの可能性があります。

2.親睦を深められる

普段は仕事の話しかしない仲の人でも、お酒の席では新たな一面を知れるきっかけになります。プライベートの話ができると今まで以上に親睦が深められ、さらに職場内でのコミュニケーションもスムーズに取りやすくなるでしょう。このようにお酒を飲みながらコミュニケーションを取る方法を、飲み二ケーションと言います。飲み二ケーションについては、「飲みニケーションとは?飲み会への参加で得られるメリットや効果をご紹介」のコラムで詳しく解説してありますので、目を通してみてください。

3.コミュニケーションスキルが上がる

普段はゆっくり話すことができない人と話すチャンスがたくさんあるので、自然とコミュニケーションの能力が上がる可能性があります。

4.知見が広がる

いろいろな人の会話を通じ、自分に有益な情報が見つかることがあります。「駅前のパン屋さんは◯時以降に行くと焼き立てが食べられるよ」「ストレス解消には涙活がおすすめだよ」など他愛ない話からも知らなかった情報が得られます。飲み会に参加することで新たな発見があるでしょう。

苦手な人にとっては年に数回しかないとしても、飲み会は大きなストレスになり得ます。渋々参加するという方もいるでしょう。しかし、嫌な気持ちを持ち続けていることで、「飲み会の度に憂鬱な気持ちになる」「みんなは楽しそうだけど自分だけ楽しめていない」といった、負の感情が湧き、自己嫌悪に陥ってしまうことも。せっかくなら渋々参加するのではなく、楽しい時間を過ごしたいと思いませんか。次は、飲み会が苦手な人が克服する方法について見ていきましょう。

飲み会の苦手意識を克服する方法は?

飲み会を嫌いな人に試してほしい、効果的な克服方法についてご紹介いたします。

メリットを意識する

前項にて挙げたようなメリットが、飲み会に参加することで得られる可能性があります。飲み会の開催が決まって、嫌な気持ちばかり湧きがちですが、メリットに目を向けて前向きに考えてみましょう。

話上手な人の隣の席に座る

自分から話すのが苦手、苦痛に感じるという場合は、話し上手な人の近くに座ることから始めてみましょう。まずは相槌を打つ、聞き上手になるといったところからスタートしてみると、「この人話しやすい」と周りの人にプラスの印象を与えられる可能性があります。

年配の男性上司の隣に座る

過去の自慢話や苦労話などを若い人に聞かせたいという方は少なくありません。その人の隣に座り聞き役に徹することで、ほかのことに労力を費やす必要がなくなります。飲み会のマナーとは?「気の利く新人」になれるポイントも解説」では、上司の前で心得ておきたい飲み会のマナーが紹介されていますので、参考にしてください。

タイムリミットを設定する

「二次会には参加しない」「◯時に店を出る」「◯時◯分の電車で帰る」など、あらかじめ帰る時間を決めておくことも1つの方法です。「◯時間まで我慢すればいい」とゴールを決めておくことで、飲み会へ参加する気持ちが少し楽になるでしょう。「今日は体調があまり良くないので、途中で失礼すると思いますがよろしくお願いします」と、幹事や上司にあらかじめ伝えておくこともポイントです。

「〇〇しなきゃ」は考えない

飲み会嫌いの人は、「自分が盛り上げないといけない」「自分がおもしろくないと思われたらどうしよう」と、何らかの責任感や不安感を背負ってしまっている傾向にあります。そのような感情は一度捨ててしまうのも大切。純粋にその時間を自然に過ごすことに意識を向けることで、自然と苦手意識が減っていくこともあるでしょう。

嫌いなものを無理に克服することで、さらにストレスを感じてしまうのは考えもの。そもそも飲み会や社員旅行などの親睦会が少ない企業を選ぶのも、1つの方法なのかもしれません。就職・転職支援サービスを行うハタラクティブでは、実際にスタッフが足を運んで得たリアルな情報を提供しています。自分に合った職場を見つけたいとお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ