飲み会が苦手な方は必読!スマートに断る方法をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 飲み会が苦手な方は必読!スマートに断る方法をご紹介

2017/10/24

【このページのまとめ】

  • ・飲み会を断る際は、感謝とお詫びの言葉をそえる
    ・プライベートな理由は、不参加への理解を得られやすい
    ・先輩や同僚スタッフとは、普段からのコミュニケーションが大切

社会人のコミュニケーションツールとしてポピュラーな「飲み会」。お酒が飲める方やそのような場が好きな方はいいでしょうが、下戸の方や飲み会の場が苦手な方は苦痛かもしれません。
また、大勢でなくとも、飲みに誘われることはあるでしょう。そんな時でも角が立たない断り方をご紹介します。

「嘘も方便」といいますが、飲み会に誘われた際に上手に断ることができれば助かりますよね。ここでは、相手を傷つけずに断る方法を考えていきましょう。


◆こんな断り方は嫌われてしまいそう

・相手を拒絶するような言い方

誘っている方は、良かれと思って声をかけています。もしくは全体の幹事なのかもしれません。
いずれにせよ、自分を誘ってくれた、ということに感謝をしましょう。
相手にも心があります。どんなに嫌でも、穏やかにお断りしましょう。

・誘われた瞬間すぐに断る

自分が反対の立場だったらどうでしょう。本当に都合がつかなくても、一呼吸おいてお断りする。もしくは「都合がつくか検討してみます」と答え、次の日に断るのがよいでしょう。

・曖昧な返事をする

行けたら行く、のような曖昧な表現は避けましょう。会社や部署全体の飲み会であれば、大人数だと推測されます。
その場合、取りまとめ役の方は事前に、参加人数と予算をお店へ伝えねばなりません。すぐに断るのは失礼ですが、出席を匂わせるようなことを言うのもよろしくありません。 

・ドタキャン

参加すると言っておきながら当日、会場へ行かないのはもってのほかです。連絡のあるなしにかかわらず、店側や他の出席者へも迷惑をかけてしまいます。
ただし、本当に急を要する用事が入ったのであれば、仕方ありません。その場合は当日はもちろんのこと、翌日も関係者へお詫びしましょう。また、参加費もきちんと支払いましょう。


◆大人の上手な断り方

・感謝の言葉を添える

断りつつも「お誘いはありがたいのですが」や「また誘ってください」、「行けなくて残念です」などの言葉を添えましょう。「本当は行きたいのですよ」という気持ちを伝えることが大切です。

・まずはスケジュールを確認

すぐに返事するのではなく、予定を確認してから返事をするほうがいいでしょう。都合をつけようとしている、ということが伝わると思います。

・理由を説明する

下記のような理由を話すと、理解してもらいやすいでしょう。それが嘘でも構いません。相手を不快にさせないためには嘘も方便です。
◯指定の時間に宅配がとどくから
◯実家から親が来るから
◯子供の習い事への送迎があるから
◯お金が厳しいから

プライベートなことを理由に断ると、多くの人は無理は言わないものです。そこを突いた方法ではありますが、嘘を付く場合はその後の会話に注意が必要です。そうなると難しいので、まんざら嘘でもない嘘を欠席理由にすると良いでしょう。


上記のような形で欠席する場合、一番大切なのは他のスタッフとそれまでに信頼関係を築いてきたか、ということです。もしも互いに信頼できる関係であれば、お酒の席へ行かなくても理解を得られやすいでしょう。
しかし、毎回断ってばかりではなく、時には参加することも大事です。お酒には、心をリラックスさせる効果があります。上手に嗜むことで、周囲の方と楽しい時間を過ごすことができます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ