会社を風邪で休むのはOK?連絡方法や2日目以降の休み方を知ろう

会社を風邪で休むのはOK?連絡方法や2日目以降の休み方を知ろうの画像

この記事のまとめ

  • 風邪で会社を休む基準は人それぞれ異なるため、自分の平熱や体調を考慮して判断しよう
  • 風邪に似た感染力の高い病気は、周りにうつす恐れがあるので会社を休むのが基本
  • 風邪で会社を休むときは、社内のルールに従って電話やメールで連絡する
  • 風邪で会社を休むときは、出社の目安や仕事の引き継ぎに関しても相談する
  • 風邪をひいても休めない会社は、ブラック企業の可能性がある

風邪をひいて体調を崩したとき、「会社を休んでも良いか不安…」と悩む方は多いでしょう。風邪をひいても熱がないときや咳が出ないときに、出勤するか休むかで迷う人もいます。体調管理を徹底しても病気になる可能性はあるので、あらかじめ休む基準を考えておきましょう。このコラムでは、風邪で会社を休む際の連絡方法を紹介します。風邪をこじらせて2日以上休む際にやることも解説するので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

風邪で会社を休むのは問題ない?

風邪をひいた場合に会社を休むのは問題ありません。体調の悪いときに出社しても、本来の力が発揮できなかったり普段しないようなミスをしてしまったりと、周りに心配や迷惑を掛ける可能性があります。自分自身のためにも、周りの人のためにも、風邪をひいて辛い場合は無理せず休むのが得策でしょう。

風邪で会社を休んだほうが良い理由

風邪のときに無理して会社に出勤すると、自分以外の人にうつしてしまったり業務効率が落ちてしまったりすることがあります。また、風邪をこじらせると結果的に休まざるを得なくなり、欠勤が長引くことも。風邪をひいた場合は、無理せず休むことが業務の効率化につながるでしょう。特に、実は風邪ではなくインフルエンザやノロウイルス、新型コロナウイルスにかかっていた場合、出勤するとかえって迷惑になることも。自分が欠勤した場合と出勤した場合の両方のリスクを考え、迷惑が掛からない方法を考えましょう。

風邪で会社を休む目安

風邪をひいたときに会社を休むか悩む方は、普段と比べて体調が悪いか、諸症状がどれくらい出ているかをもとに判断しましょう。平熱より1度以上高い熱があったり咳・くしゃみが出たりしているときは、無理せず休むことをおすすめします。鼻詰まりやのどの痛み、倦怠感など、諸症状が重い場合も会社を休んで病院に行くのが賢明です。なお、熱はないものの寒気があるときは、高熱を出す前触れの可能性があるので注意してください。

風邪をひいても出社する人がいるのはなぜ?

「休んだ分、仕事が増える」「自己管理能力を疑われる」などの心配から、風邪をひいても会社を休むことなく出社する方もいます。また、会社の雰囲気が悪く、「上司に休むと言いにくい」という方も多いでしょう。診断書を提出するのが面倒で出勤する人も一定数います。休むより出勤したほうが迷惑が掛からないと判断して出勤している人もいるので、柔軟に対応するよう心掛けましょう。
無理やり出勤したものの、体調がすぐれず仕事がはかどらないときは、上司に早退を申し出るのが賢明です。早退する場合のマナーや上司への伝え方は、「会社を早退したい!認められる理由や当日のマナーを解説」で解説しています。

風邪で会社を休む基準は人によって異なる

平熱や普段の体調は人それぞれです。風邪のひきはじめだったり症状がほとんどなかったりするために、会社を休まずにマスクをして出勤する人もいます。外せない会議や商談があって、出社せざるを得ないときもあるでしょう。風邪の症状が軽く出勤するときは、周囲の人にうつさないように細心の注意を払い感染予防を徹底することが大切です。

風邪で会社を休むときの連絡方法

風邪をひいて休むときは、会社に連絡を入れましょう。欠勤の連絡は基本的に電話で行うのがマナーです。ただし、職場によっては、メールやチャットツールで連絡するなどの規則が定められている場合もあります。会社のルールがある場合は、それにしたがって連絡しましょう。なお、社会人として無断欠勤はNGです。会社の人に迷惑や心配を掛けるうえ、業務を停滞させるので必ず連絡を入れましょう。

電話で連絡する場合

電話で連絡する場合、掛ける相手は直属の上司です。同僚や先輩などに伝言を頼むのはマナー違反なので控えましょう。また、連絡する時間は始業の10〜15分前くらいが目安です。電話を掛ける時間が早過ぎると、上司が出勤していない可能性があるので、電話のタイミングには注意しましょう。連絡を入れる際は、「風邪をひいたので会社を休ませていただきたいのですがよろしいでしょうか?」と欠勤して良いか伺いを立てます。あわせて現在の体調を伝え、翌日以降の対応についても相談しましょう。

会話例

あなた「おつかれさまです、△△です。本日、風邪で熱が38度あるため、会社をお休みしてもよろしいでしょうか?」
上司「おつかれさまです、承知しました。お大事にしてくださいね。引き継ぎや急ぎの業務はありますか?」
あなた「××社と15時からお約束しているので、私の代わりに■■さんに対応をお願いしたいと思います。資料はメールで送付するので、そのようにお伝えいただければ幸いに存じます。おそらく明日には出社できるかとは思いますが、念のため受診して医師の指示を仰ぎたいと思います。明日以降に関しては、受診後に再度ご連絡してもよろしいでしょうか?」
上司「承知いたしました。よろしくお願いいたします。」

電話で連絡をした際に、その日の仕事で引き継がなければいけないことがあれば必ず伝えましょう。電話での引継ぎが難しい案件を抱えている場合は、メールで引継ぎの内容を送っても良いか確認して速やかに対応します。なお、電話を掛けた際に上司が席を外している場合は、電話口の相手に要件を伝えておき、時間を改めて再度連絡を入れるのがマナーです。

メールで連絡する場合

メールで会社に休む連絡を入れる場合も、伝える内容は電話と同じです。風邪で欠勤する旨とその理由、明日以降の対応のほかに引き継ぎ内容などを簡潔に伝えましょう。メールの場合は、「本日はお休みいたします」と断定的に記載してOKです。件名は、「□月×日欠勤連絡【××課 名前】」のようにしておくと分かりやすいでしょう。

文章例

<件名>
□月×日欠勤連絡【××課 名前】

<本文>
××課■■さま

おつかれさまです、△△です。

本日、風邪で熱が38度あるため欠勤させていただきます。季節的にインフルエンザの可能性もあるため、明日以降の対応につきましては、このあと病院で受診してから再度ご連絡いたします。

本日は□□社の●●さまと15時にお約束をしており、私の代わりに▲▲さんに対応をお願いしています。資料の共有も含めてメールで直接連絡済みです。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
何卒よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーー
◯株式会社
◯課 名前
住所:東京都◯◯区◯◯
tel:090-◯◯◯◯-◯◯◯◯
ーーーーーーーーーーーーーーー

「休みの理由を伝えない」「出社の目安を伝えない」「誰が仕事を引き継ぐか記載しない」などの曖昧な連絡をすると、会社の上司や同僚に迷惑が掛かるため注意しましょう。欠勤連絡は、ポイントを押さえて明確に伝えることが大切です。

仮病で会社を休むのはNG

仕事に行きたくないからといって、仮病を使って会社を休むのは信用を損なう行為なので控えましょう。仮病は周囲の人に迷惑を掛けるうえ、休めても「嘘がバレたらどうしよう…」と不安の種になります。また、仮病がバレなかった場合は休み癖がついてしまい、業務に支障をきたすことも。仮病を使ってまで会社を休みたいときは、職場に不満があったりストレスが溜まっていたりする可能性があります。休みたい気持ちが続くようなら、上司への相談や転職といった対処法を考えましょう。

風邪で会社を休む際にやっておくと良いこと

会社を休んだ日でも急な連絡に応えられる体制が整っていたり、出勤時にお詫びとお礼の挨拶を周りにしていたりする方は、周囲の人に「配慮できる人」として評価されます。風邪で会社を休むときも、周囲への心配りを忘れないようにしましょう。

連絡が来たら対応できるように体制を整える

風邪で会社を休むときも、携帯を枕元に置いておいたり定期的にメールを確認したりと、いつでも連絡が受けられる体制を整えておくと良いでしょう。欠勤連絡の際に、「分からないことがあればいつでも連絡ください」と一言添えておくと親切です。また、仕事に必要な書類が自分以外の人にもひと目で分かるよう、普段から机の整理整頓を心掛けておきましょう。デスクやキャビネットは常にきれいにしておくと、風邪で休んだときに引継ぎが楽になります。整理整頓のコツは「書類整理のコツを解説!デスクがきれいだと仕事も捗る?」で紹介しているので、いつ風邪になっても良いように目を通しておくと安心です。

次回の出勤時にお詫びとお礼を伝える

風邪が良くなって出勤できるようになったら、仕事を代わってくれた人や上司にお礼を伝えましょう。急な欠勤で迷惑を掛けたことに対して、お詫びとお礼を伝えるのは社会人のマナーです。また、周りの人が自分と同じように風邪や体調不良で欠勤した際は、積極的にフォローに入りましょう。お互いに支えあうことで信頼関係が生まれ、急病に掛かったときも気兼ねなく休める環境になります。周りへの気配りは自分のためにもなるので、普段から助け合いの精神を大切にしましょう。

風邪で会社を2日以上休むのはダメ?

1日休んでも風邪の症状が改善しない場合、会社に連絡を入れれば2日目以降も基本的に休めます。むしろ、症状が重いときは仕事の効率が落ちたり周りにうつしたりする可能性があるので、無理に出勤せずに休んだほうが無難です。

2日目以降も休むときは会社に再度連絡する

1日目の段階で、「明日もおそらく風邪で休むことになります」と話していたとしても、再度連絡が必要です。連絡を怠ると会社側は出勤・欠勤の判断がつかず迷惑を掛けてしまうので、会社の規定に則って欠勤の連絡を入れてください。欠勤が続きそうなときは有給休暇や傷病休暇を使える可能性があるので、上司に確認することをおすすめします。

風邪以外の可能性を考慮して病院を受診する

インフルエンザやノロウイルス、新型コロナウイルスなどの感染症にかかっている可能性もあるため、風邪の症状が重い場合は病院を受診しましょう。もしも、感染症にかかっていた場合は、医師から診断書をもらって会社に病名を伝えます。感染拡大を防ぐために接触の可能性がある社員の出勤を停止させる会社もあるので、速やかに報告するのが大切です。診断書の提出を求められたら郵送、または次回出勤時に持参して対応してください。

2日目以降も風邪で会社を休む際の連絡方法

風邪で2日目以降も会社を休むことに気まずさを感じる人もいますが、連絡はきちんと入れましょう。欠勤の連絡は基本的に電話で行います。ただし、症状が重く電話が難しいときはメールでもOKです。

電話の場合

電話で欠勤連絡を入れる際は、風邪の症状が改善しない、もしくは悪化したために出勤できない旨を伝えます。1日目にすでに病院を受診している際は、そのこともあわせて話しましょう。2日目以降休むことが決まったら、1日目と同じく仕事の引継ぎを行います。急ぎの仕事があるときは、ほかの人に代理をお願いしましょう。

メールの場合

メールで2日目以降の欠勤を連絡する際は、症状を記載し会社を休む旨を簡潔に伝えます。上司から確認のために電話がかかってくる可能性もあるので、電話を取れる時間もあわせて記載しておくと親切です。

風邪で休むのが認められない会社は問題があるかも

「風邪を引いても上司が休ませてくれない…」といったように、正当な理由があっても休めない場合は、ブラック企業の可能性があります。ブラック企業は、利益を追求して社員を大切にしない傾向があるため、長く働いていると心身ともに疲れ果ててしまうでしょう。ブラック企業は風邪で休めないだけでなく、下記のような特徴もあります。

・給与の支払いが遅れている
・残業代が出ない
・パワハラやセクハラなどハラスメントがある
・職場の雰囲気が殺伐としている
・身内に不幸があっても休めない

もしこれらの項目に心当たりがあれば、転職を考えるのも一つの手です。詳しくブラック企業の特徴を知りたい方は、「ブラック企業の特徴とは?入社前に見極める方法と対処法を解説」のコラムも参考にしてください。転職する際に抑えておきたい入社前にブラック企業を見極めるポイントを紹介しています。

風邪で休むのに躊躇しない!働きやすい会社の探し方

風邪のときに無理せず休む選択ができる会社に転職したい方は、転職サイトやハローワーク、転職エージェントを利用してみましょう。以下で、それぞれのサービスの特徴を詳しく紹介します。

転職サイト

転職サイトは、時間や場所を問わず、気軽に転職活動できるのが魅力です。風邪の時に気兼ねなく休むためにも、傷病休暇がある企業や有給休暇の消化率が高い会社の求人を探しましょう。また、普段からしっかり休んで体調管理を万全にするために、完全週休2日制の会社を選ぶのもおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは、全国各地にある公的な就職支援機関です。地元企業の求人に強いため、自宅の近くで就職先を探している方には特におすすめのサービスだといえるでしょう。未経験歓迎求人も数多く用意されているので、「休みが取りやすい職種で働きたい」とお考えの方はぜひ一度足を運んでみてください。また、ハローワークには「わかものハローワーク」や「新卒応援ハローワーク」など、年齢に合わせた窓口も存在します。自分の希望や状況に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

転職エージェント

転職エージェントは、民間企業が運営を行う就職・転職支援サービスです。求人を紹介してもらえるだけでなく、履歴書の書き方や面接での受け答えの仕方などの細かなサポートも受けられます。就活アドバイザーが企業との日程調整もしてくれるため、1人で就活をするのが不安な方にはぴったりの就職支援サービスです。

転職エージェントのハタラクティブでは、社内の雰囲気や仕事内容などをしっかり把握している企業のみを紹介しています。求職者とマンツーマンでカウンセリングを行い、希望条件をお伺いするので、「風邪で休むのは当たり前」という考えの会社に応募することも可能です。「風邪で休むと怒られる会社は嫌」「体調不良で無理に出勤しなくていい職場に転職したい」という方は、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

風邪で会社を休むときの疑問に答えるQ&A

ここでは、会社員が風邪で仕事を休む際に気になる疑問にお答えします。

風邪で仕事を休むときの電話連絡のマナーって?

風邪で仕事を休む旨を電話で伝える際は、連絡のタイミングに注意しましょう。朝礼やメールチェックなどの妨げにならないよう、始業開始10~15分前までに電話連絡をするのがベターです。また、休む理由は明確に伝え、仕事の引き継ぎも忘れないようにしましょう。電話連絡の会話例はコラム「会社を休むときの電話連絡のマナーとは?シチュエーション別の例文も紹介」でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

風邪を理由にずる休みしたら会社にバレますか?

会社に診断書を求められた場合、ずる休みだとバレることがあります。バレた場合は、減給や解雇などの処分を受けることもあるので注意しましょう。そのほか、ずる休みがバレるきっかけは「会社をずる休みする理由はどうする?バレたときのリスクや注意点も紹介!」でも解説しているのでチェックしてみましょう。

会社に行こうとすると具合が悪くなってしまいます

風邪ではなく、仕事内容や対人関係が原因で具合が悪くなることもあるようです。ストレスで心身に影響が出ている可能性もあるので、まずは十分な休息を取りましょう。「仕事に行きたくないときは休んで良い?憂鬱な気持ちを解消する方法8つ」では、会社に行きたくないときの対処法を詳しく解説しているので、ぜひお試しください。

休みが取りやすい業界って?

電気やガス、水道といったインフラ関係の業界は、有休消化率が高い傾向にあります。「休みが多い仕事とは?休日が多めの業界や正社員求人の探し方を解説」では、ほかにも有休消化率が高い業界を紹介しているので、転職先を決める際の参考にしてください。ハタラクティブでは休みが取りやすい会社の求人を扱っています。「風邪を引いたらしっかり休める会社に転職したい」とお考えの方は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ