風邪が辛い…会社を休むときに気をつけること

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 風邪が辛い…会社を休むときに気をつけること

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・体調不良で会社を休む基準は人それぞれだが、業務の忙しさや体調を見て判断するのが一般的
    ・インフルエンザなど感染力の高い病気は、回りにうつす恐れがあるので休むのが基本
    ・欠勤の際は、会社によりルールがある場合もあるが、基本的には電話で上司に連絡する
    ・仕事を休むときは引継ぎを忘れずに行い、口頭での引継ぎが困難な場合はメールを送るようにする
    ・インフルエンザやノロウイルスの場合は、早めに連絡し必ず病名を伝える
    ・無理をして出勤するのは回りに迷惑がかかる可能性もあるので、自分の都合だけでなく会社のことも考えて休むべきか出勤するべきか決める
    ・休んだあとに、お詫びやお礼を伝えたり、同僚が休んだ際にフォローしたりすることで、信頼関係を築くことができる

どんなに体調管理をしていても、風邪などで具合が悪くなることはあります。
そんなとき、特に新入社員の場合は、仕事を休むかどうかの判断に迷うこともあるのではないでしょうか。
このコラムでは、欠勤の判断の仕方や連絡方法など、基本的な社会人としてのマナーをまとめました。

◆体調不良での欠勤基準は?

欠勤を迷う場合、どの程度の体調で休む判断をするのかは人によって異なります。
たとえ風邪で高熱が出ても、外せない仕事があれば出社する人もいますし、少しでも体調が悪ければ早く治すために休む人もいるでしょう。
抱えている業務の忙しさや、自分の体の状態を見極めて決めるというのが一般的な判断の仕方です。
しかし職場によっても考え方は違うため、もしも迷う場合は上司の指示を仰ぎましょう。

ただし、インフルエンザやノロウイルスなどの病気は例外です。
こういった病気は周囲にうつしてしまう可能性が高いため、出勤すると逆に迷惑がかかってしまいます。



◆欠勤連絡はメール?電話?

欠勤を決めた場合は、きちんと会社に連絡を入れます。
職場によっては、連絡方法が就業規則などで決められていることもあるため、その場合は会社のルールに従いましょう。

基本的にはメールやラインで連絡するのはマナー違反。直属の上司に電話で伝えるのが一般的です。

・電話で伝える際の注意点

どんなに体調が悪くても、欠勤すれば会社に迷惑をかけてしまいます。そんなときに、「休みます」と一方的に伝えてしまうのは相手にとって印象の良いものではありません。
連絡を入れる際は、「休ませていただきたいのですが。」と、欠勤していいか伺う形にしましょう。
そして現在の体調を伝え、「病院で受診して、またご連絡します」など翌日以降の対応についても相談しておきます。

・必要があればメールで引継ぎを

電話で連絡をした際に、その日の仕事で引き継がなければいけないことがあれば必ず伝えます。
もしも、電話での引継ぎが難しい案件などを抱えているのであれば、メールで引継ぎの内容を送っていいか確認し、速やかに対応しましょう。

・病名を伝えたほうが良い場合も

インフルエンザやノロウイルスなど、感染力の強い病気になった場合は、休むという連絡だけではなく必ず上司に病名を伝えます。
会社によっては、インフルエンザの症状が出た社員に接触した、他の社員も休ませたり、体調不良になったとき、早めに病院に行かせたりするなど、感染が広がらない対策をしている場合もあるため、上司への報告は速やかに行いましょう。



◆無理した方が迷惑になるかも

なかには、無理をしてでも会社に行くという人や、仕事が休みづらいので具合が悪くても出社するという人もいるのではないでしょうか。

しかし、体調の悪いときに出社しても本来の力が発揮できなかったり、普段しないようなミスをしてしまったり、周りに心配や迷惑をかけてしまうかもしれません。
周りの人に風邪をうつしてしまえば、欠勤する社員が増え、逆に業務に支障が出てしまうことも考えられます。

もしも大切なアポがあるなど、どうしても出社しなければならない時には、マスクは必要不可欠です。
自分の気持ちだけではなく、自分が欠勤した場合のリスクと、出勤した場合のリスクの両方を考え、会社に迷惑をかけない方法を考えましょう。



◆休んだ後の配慮も忘れずに

体調を崩すことは誰にでもあります。大切なのは休んだあとの対応です。
出勤したらすぐに、迷惑をかけたお詫びの言葉を伝えましょう。また、仕事を引継いでくれた人にはお礼を忘れずに。
そして、周りの人が休んだ場合にも同じようにフォローするなど、きちんと信頼関係を築いておくと、また何かあった時も助けてもらえるでしょう。

もしも、高熱が出たり、インフルエンザに罹患したり、やむを得ない事情でも休めない場合は会社に問題があるとも考えられます。
繁忙期や人手不足など、さまざまな理由で休みづらいこともあるかもしれませんが、それでも正当な理由で休めない会社で働き続けるのは、大きなストレスでしょう。
転職を考えるなら、心身ともに限界を感じる前に行動することをおすすめします。

転職エージェントのハタラクティブでは、社内の雰囲気や仕事内容などをしっかり把握している企業のみをご紹介。
求職者ともマンツーマンでカウンセリングを行い、入社後のミスマッチが起こらないようピッタリのお仕事を一緒に探していきます。
転職を悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ