風邪で仕事を休むためには?会社への連絡方法や注意点などを詳しくご紹介!

風邪で仕事を休むためには?会社への連絡方法や注意点などを詳しくご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・風邪や体調不良になったら、無理をせず仕事を休むようにしよう
  • ・無理に出社すると、風邪を移したり仕事の効率が低下したりと迷惑をかける可能性がある
  • ・風邪などで仕事を休む時は、具体的な理由とお詫びの気持ちを伝えるのがマナー
  • ・仕事を休むかどうかは、風邪の症状をしっかり見極めて判断することがポイント
  • ・風邪でも仕事が休めない職場なら、転職を視野に入れるのも一つの手段

風邪を引いてしまったとき「仕事を休むべきか…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。なかなか仕事が休めない方もいる一方で、無理をして出社しても周囲に迷惑がかかる可能性も少なくありません。
このコラムでは、風邪で仕事を休むときの連絡方法や理由の伝え方を例文とあわせてご紹介。休むかどうかの判断基準や注意点なども解説しているので、欠勤するか迷った経験のある方は参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

風邪を引いたら仕事は休むべきか?

風邪を引いてしまった場合、仕事を休むことは問題ありません。「体調管理も仕事のうち」「社会人なら常に体調を整えておくべき」と言う人もいますが、誰でも風邪や病気になる可能性はあります。仕事を休んで体調を整えることも社会人としてのマナーといえるでしょう。

風邪で出社した場合のリスク

自分が休むことで仕事への影響を懸念したり、大事な会議や取引先との商談などがあったりすると、風邪を引いても「出社しなければいけない」と思う人がいます。また、新入社員の場合は休むこと自体「してはいけない」と考えている人もいるようです。
しかし、無理をして出社しても、体調不良のままでは仕事の作業効率は低下します。また、風邪ではなくインフルエンザなどの感染症だった場合、周囲の人に移して感染を拡大させてしまう恐れも。そうなってしまうと、仕事全体に深刻な影響を及ぼしかねません。
周囲に配慮したつもりの判断が、かえって多大な迷惑をかけることもあります。「これくらいの風邪なら自分は大丈夫」と安易に考えず、風邪の症状を客観的な視点で捉えることが重要です。
風邪で仕事を休んだ方が良い理由については、「体調不良で仕事を休むときは電話する?休む基準や注意点を知ろう」の記事でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

風邪で仕事を休む場合はどうしたら良い?

まず、仕事を休む場合は企業の就業規則に則った方法や内容を確認し、速やかに連絡しましょう。また、連絡する相手は直属の上司で、どのような状態であっても就業時間前(もしくは上司が出勤したあとすぐ)に直接休むことを伝えます。
近年では、社内の連絡方法としてチャットアプリなどを活用する企業も増えていますが、就業規則で特に定められていない場合は電話での連絡が無難です。もし、ひどい風邪で声が出なかったり、電話がかけられないほど調子が悪かったりする場合はメールでも良いでしょう。
ただし、メールの場合は相手が内容を確認したか分かないため、休むと連絡をいれたにも関わらず「いつまでたっても出勤しない!」となる可能性も。重要な連絡は電話で行うのが基本であると理解しておきましょう。
さらに、社内のミーティングや取引先とのアポなどがあるなら、それらへの対処も必要です。急ぎの仕事を抱えていれば同僚に代行をお願いするなど、仕事内容に合わせて連絡を入れましょう。

仕事を何日も休むことで罪悪感を覚えるときは?

風邪で仕事を何日も休んでしまったことで罪悪感を覚える人は、社会人としての責任感があるともいえます。しかし、前述したとおり無理に出社することが良いことではありません。ポイント:自分と周囲の人のためにも、風邪を引いたら正しい判断に基づいて仕事を休むか決めましょう。

風邪などで仕事を休む理由の伝え方と例文

風邪をはじめ、さまざまな理由で当日仕事を休む理由の伝え方を、パターン別にご紹介します。上司に悪い印象を与えないためにも、丁寧かつ誠意をもって伝えることがポイントです。

体調不良の場合

自分の体調不良で仕事を休む場合は、症状や熱の有無などを具体的に説明しましょう。また、感染症によって数日休む必要がある際は、どのくらいの日数になる見込みかも一緒に伝えます。

<例>
本日出勤の予定でしたが、風邪を引いてしまい◯℃の発熱があります。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、本日はお休みをいただいてもよろしいでしょうか。

子どもや家族の体調不良の場合

子どもや家族の体調不良によって休む場合は、症状や状況を詳しく説明したうえで、自分が休む以外の対処法しかないことを伝えましょう。

<例>
子どもが風邪を引いて◯℃の発熱があり、保育園を休ませたいと思います。同居する家族や知人などで看病できる者がいないため、急な事態で申し訳ありませんが、お休みさせていただいてもよろしいでしょうか。

交通機関が遅延した場合

人身事故や天候などによって、交通機関を使用した通勤が困難になった際は、鉄道会社やバス会社などから発表されている正確な情報を伝えます。

<例>
積雪の影響で最寄り沿線の電車が運転を見合わせています。現時点で復旧の見込みが立たないとの情報が出ているため、可能であれば本日お休みさせていただいてもよろしいでしょうか。

身内や友人に不幸があった場合

身近な人に不幸があった場合は、故人との関係性を伝えましょう。また、ポイント:遠方で通夜や告別式を行う関係で数日の休みが必要なときは、具体的な日数も伝えておきます。

<例>
祖父が昨夜亡くなったため、通夜と告別式に参加します。また、祖父の自宅がある遠方で執り行うため、明日から5日ほどお休みをいただいてもよろしいでしょうか。

風邪で仕事を休む連絡方法の例文

ここでは、風邪で仕事を休むときの方法を、パターン別の例文とともにご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

電話の場合

電話で仕事を休む連絡をする際のポイントは、「相手に対して配慮し、謝罪する姿勢を示す」「伺いを立てる(休むと言い切らない)」などが挙げられます。
また、演技をするといった過度なアピールは逆効果になる可能性が高いので、控えたほうが良いでしょう。

<例>
おはようございます、◯◯(氏名)です。
大変申し訳ありませんが、風邪をひいてしまったのでお休みをいただけませんでしょうか。

(相手とやり取り)

ありがとうございます。急な確認事項などあればできる限り対応しますのでご連絡お願いします。
また、明日の出社については診察後、改めて連絡いたします。

メールの場合

メールで仕事を休む連絡をする場合は、件名は誰が見ても分かるよう簡潔にすること、抱えている仕事の対応について記載することなどがポイントです。
会社にもよりますが、メールで欠勤連絡をした場合は後ほど電話で改めて連絡するといったフォローをしておくと安心です。

<例>
件名:勤怠連絡 ◯◯(氏名)

本文:おはようございます、◯◯(氏名)です。
大変申し訳ありませんが、昨夜から発熱があり体調が優れないため本日はお休みをいただけないでしょうか。
本日、急ぎの案件は抱えておらず、◯◯の件は◯◯さん(同僚など)にこれからお願いする予定です。
急な確認事項などがありましたら電話やメールなどでご連絡いただけますでしょうか。
明日の出社については、受診後に改めて連絡させていただきます。

ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。

(署名を入れる)

取引先と約束していた場合

仕事を休むことで取引先に連絡を入れる際も、メールではなく電話をするのがマナーです。しかし、始業前など連絡がつかない場合はメールで一報を入れ、後ほど電話をするのがベター。また、後日訪問したときに丁寧にお詫びをすることも忘れないようにしましょう。

<例>
件名:【◯◯株式会社 ◯◯(勤め先の企業名・自分の氏名)】本日のアポの日程延長のお願い

本文:株式会社◯◯ ◯◯様(取引先の企業名・担当者名)
大変お世話になっております、◯◯株式会社の◯◯でございます。
大変申し訳ございませんが、本日◯時にお願いしておりますアポイントの日時延長をお願いできないでしょうか。
実は、昨夜から発熱があり体調が優れないため本日は欠勤させていただいております。
感染の恐れもありますので、申し訳ございませんがアポイント日程を延期していただければ幸いです。
こちらからお願いしておきながらこのようなことになってしまい、誠に申し訳ございません。
後ほど改めてお電話をさせていただきますが、取り急ぎご一報申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。

(署名を入れる)

風邪で仕事を休むときに注意すべき3つのポイント

風邪を引いたとき、仕事を休むかどうかの判断は難しいものです。ここでは、注意すべきポイントについて3つご紹介します。

1.仕事を休むべき体調の基準は決まっていない

「体調がいつもと違うな」と感じたら、休むようにしましょう。「どの病気だったら休んでも良いか」「何日だったら休んでも良いか」といった、仕事を休むべき体調の基準や特定の症状などは特にありません。平熱も人によって異なるため、いつもの平熱よりも高い、普段とは違うだるさがあるなど、少しでも異変を感じたら無理なく休むことが大切。症状の悪化も防げます。

2.風邪かどうか自分の症状を見極める

自分の症状が普通の風邪かどうかをしっかり見極めましょう。たとえば、高熱や関節痛、頭痛、全身の倦怠感などが急激にあらわれた場合は、インフルエンザの可能性があります。また、同じように身体のだるさや微熱、めまいなどは、ストレスから起こる体調不良の場合も。風邪やインフルエンザの初期症状ともとれるので、判断が難しいのです。
インフルエンザは、通常の風邪とは異なり、感染力の強さが特徴。もしインフルエンザに罹っていると気づかず出社してしまったら、多くの人に移してしまう恐れがあるでしょう。
症状に違いや差があったとしても、体調が悪いときは早めに病院を受診することが重要。その際、有給休暇があるなら、身体を休めるために使用するのも一つの手段です。

3.風邪だと嘘をつかない

風邪を引いたと嘘をついて会社を休むのは厳禁です。欠勤の嘘はばれやすく、周囲からの信頼も失うことになります。また、状況によっては解雇になる可能性も。社会人として、正しい行動を心掛けましょう。
それでもどうしたら良いか迷ってしまう…という方は、仕事を休むかどうかの判断基準についてさらに詳しく解説している「風邪で仕事を休むか休まないかのボーダーラインとは?」の記事もぜひチェックしてみてください。

風邪で仕事を休んだあとにやるべきことは?

風邪で仕事を休んだら病院へ行くことはもちろん、職場からの連絡に備えたり、出社後に一言声をかけたりすることで、その後も気持ちよく仕事ができるようになります。

病院へ行く

風邪で仕事を休んだら、病院へ行って原因を確認しましょう。通常の風邪はもちろん、インフルエンザやほかの病気の可能性も考えられます。感染力が強い病気の場合は、職場や家族への感染リスクも考えることが重要です。また、市販の薬で治そうとしても、本当の症状に合っていなければ効果は期待できません。仕事をしていると「風邪くらいで病院へ行くなんて…」と躊躇う人も多いでしょう。しかし、病気によっては徐々に悪化して取り返しがつかなくなる恐れも。症状が軽いうちに正確な原因を知り、適切な治療をすることが大切です。

いつでも仕事の連絡がとれるようにする

職場からの急な連絡を想定して、いつでも電話やメールが確認できるようにしておきましょう。
自分が仕事を休むことで業務に変更が生じた場合は、欠勤の旨を伝えたあとも何かしら職場から連絡がくる可能性があります。そのため、欠勤の連絡事には「留守番電話に入れていただければ、折返しいたします」「すぐに対応できない場合があるので、メールでご連絡いただけると幸いです」といった一言を添えると良いでしょう。

出社後は周囲の人にお礼を伝える

風邪で仕事を休んだ次の出社時には、周囲の人へ一言お礼を伝えましょう。自分の代わりに仕事を代わってくれた人や、予定を変更してもらった取引先などがいる場合は、必ず一言声をかけるのが社会的としてのマナーです。その際、現在の仕事の進捗状況を聞いて、休んでいる間のすり合わせを行っておくこともポイント。さりへない気配りができれば、今後の仕事もスムーズに進められます。

仕事を休まないための風邪予防方法

風邪で仕事を休まないためには、日々の予防や規則正しい生活を心掛けることがポイント。たとえば、帰宅後や外回りから帰ったあとには、手洗い・うがいを欠かさず行いましょう。軽いせきやくしゃみが出るときや、風邪が流行する季節には、マスクの着用も重要です。また、身体の免疫力を高めるために十分な睡眠や、栄養バランスのとれた食事を摂ることも意識しましょう。毎日の生活の中に、軽い運動を取り入れるのも効果的といえます。
仕事をスムーズに進めるためにも、日々の体調管理は重要です。「毎日の基本、体調管理のポイントとは?」の記事では、今日からできる体調管理のポイントや感染予防対策などをご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

風邪で仕事を休ませてもらえない場合は転職も視野に入れよう

風邪を引いているのに出社を強要される職場なら、転職して職場環境を変えるのも一つの方法です。いくら職場の人間関係が良好であっても、会社や職場の雰囲気次第では休みづらいことも。しかし、体調不良のときでも休めない会社に長く勤める…というのは難しいといえます。自分の身体を優先できる職場で働くことが、仕事のやりがいにもつながるでしょう。

若年層向け就職エージェントのハタラクティブは、アドバイザーが実際に企業を訪問して確認した情報をもとに転職活動をサポート。体調不良時の対応や社内の雰囲気など、Webサイトでは分からないこともお伝えすることが可能です。
「風通しの良い社風ってどんな感じ?」「急に休んでも周りはサポートしてくれる?」といった疑問にもお答えします!自分に合った企業を紹介して欲しい方や、長く働ける会社を探している方は、ぜひお気軽にご相談ください。

風邪で仕事を休むことに関するお悩みQ&A

ここでは、風邪で仕事を休むことに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

風邪を引いて休むのは良くないことでしょうか?

風邪で仕事を休むのは「意見が分かれる「風邪で欠勤」でも触れているように悩むところですが、高熱や倦怠感などでどうしても辛い場合は仕方ないでしょう。職場に欠勤連絡をする際は、なるべく具体的な症状とともに仕事を休みたいことを伝え、お詫びの気持ちも述べてください。体調管理が不十分で風邪をひきがちな人は、生活習慣を見直す必要があります。

風邪で仕事を休む連絡はメールでもいい?

体調不良で仕事を休むときは電話する?休む基準や注意点を知ろう」でも記載があるように、風邪で仕事を休む際は基本的に電話で連絡します。ただし、喉の痛みや咳があって話しにくい場合や、すでに病院に行ってしまって電話できない状況のときはメールでも構いません。メールで休みの連絡をする方法は、このコラム内の「風邪で仕事を休む連絡方法の例文」でお伝えしているので参考にしてみてください。

風邪で仕事を休んだとき自分の業務はどうするべき?

風邪で仕事を休むとき、急ぎの業務を抱えている場合は上司に報告し、指示を仰ぎましょう。もし別の人に引き継ぐのであれば、電話やメールで引き継ぎ事項を伝えてください。その際も、迷惑をかけてしまったことへの謝罪の言葉も添えましょう。マナーのある連絡方法は、「会社を休む時こそ礼儀正しく!電話連絡の基本マナーとは?」でも解説しています。

風邪でどうしても辛いのに出社を強要されたらどうする?

風邪で体調が悪く、体が動かないような状態なのに出社を強要された場合、職場を変えるのも一つの方法です。社会人として体調管理は必要ですが、体が辛いのに我慢し続ける状況が続くと、メンタル面にも悪影響でしょう。自身に合った転職先を見つけるには、プロのアドバイスを受けるのがおすすめ。ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーがプロの目線で職場の提案や面接日の調整などを行います。ぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION