熱はないけど仕事は休める?風邪で休むときの判断基準

熱はないけど仕事は休める?風邪で休むときの判断基準の画像

この記事のまとめ

  • 風邪で仕事を休むことは問題なく、熱はないが症状がつらい場合も同様
  • 高熱が出たときは、風邪以外の感染症も疑う必要がある
  • 風邪で仕事を休む際は電話かメールで連絡し、引き継ぎする
  • 熱はないため仕事を休むか判断が難しい場合は、医師の指示を仰ぐ
  • 風邪でも仕事を休めない状態が続くなら、転職を検討するのもおすすめ

「風邪で仕事を休むべきか分からない」「熱はないなら休めない?」と悩む人は多いのではないでしょうか。風邪で仕事を休む際の明確な基準はないため、人によってボーダーラインは異なるのが実態です。このコラムでは、一般的な判断基準や休みの連絡をするときのマナー、日ごろからできる予防策などをご紹介します。風邪で仕事を休んでも良いか悩んだことがある方は、ぜひご一読ください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

風邪で仕事を休んでも良い?

風邪で仕事を休むか休まないかは判断が難しい場合があるでしょう。「風邪くらいで休むのは良くない」と考える人もいれば、「ほかの人にうつしては迷惑になる」と考える人も。明確な判断基準がないため、ここでは一般的な考え方について解説します。

仕事を休んだほうが良い場合

高熱がある場合は仕事を休んだほうが良いでしょう。高熱があるとインフルエンザや麻疹(はしか)など、風邪以外の感染症が疑われます。感染症はほかの人にうつす可能性が高いため、会社によっては「1週間程度休むこと」「自宅勤務とする」といったルールを設けている場合もあるようです。なお、仕事を休んだほうが良いほかの症状については、次の項で解説します。

病名は自己判断しない

何の病気であるかは、自分の判断ではなく医師の判断を仰ぐようにしましょう。厚生労働省によると、強いだるさや発熱がある場合は仕事を休むことを推奨しています。むやみに自己判断せずに、医療機関を受診してください。

参照元
厚生労働省
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

職場に妊娠中の人がいる場合は気をつけよう

妊娠中の人に風邪をうつすと胎児に影響を及ぼすこともあります。また、妊娠中は薬を飲めないため、重症化する可能性も。仕事で妊娠中の人と関わる場合は、より一層の注意が必要です。

仕事を休まず出勤したほうが良い場合

仕事を休まないよう努力したほうが良いといわれるのは、自分が進行役となる重要な会議があるときや、取引先との約束があるとき、納期が差し迫った業務があるときなどです。こういった状況では、多少の風邪症状ぐらいなら仕事に行くべきとする意見が多いといわれています。

とはいえ、体調不良に変わりはありません。どうしても調子が優れない場合は、休んで問題ないか、早退できるかどうか上司に相談しておく方法もあるでしょう。

ほかにも、チームで仕事を進めていると、「自分が休むことで仕事が滞る」「チームメンバーに迷惑がかかる」などと考えて、なかなか休みにくいという人もいるかもしれません。仕事を休むか迷ったら、体調を考慮しつつ、自分が休むことで周囲にどのくらいの影響が出るのか、仕事の進捗がどの程度遅れるのかも考えて決めるのが大切です

熱はないけど風邪の症状が出ているときに出勤する際は、手洗いうがいを強化したりマスクを着けたりするなどの配慮も忘れないようにしましょう。早退する際のマナーについて詳しく知りたい方は、「会社を早退したい!認められる理由や当日のマナーを解説」のコラムもご覧ください。

仕事を2日以上休むのはまずい?

体調や罹患状況によっては、仕事を2日以上休んでも問題ありません。1日休養をとっても回復が見込めない場合、もう1日仕事を休んで休養をとることも社会人として大切なことです。

無理をして出社しても、コンディションが整わない状態では業務をこなせず、さらにコストがかかってしまう可能性があります。2日目以降の連絡の仕方を詳しく知りたい方は、「会社を風邪で休むのは良い?連絡方法や2日目以降の休み方を知ろう」のコラムもご覧ください。

休むことが分かった時点で早めに報告をする

休む日数にかかわらず、仕事を休むことが分かったら早めに報告しましょう。上司になるべく早く知らせた方が、その日の業務調整などもしやすくなります。ただし、休日や休業時間に電話をすることは避けるのが望ましいでしょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

熱はない場合は?風邪で仕事を休む5つのボーダーライン

どのくらいの症状が出ていたら仕事を休むべきなのでしょうか。特に入社したばかりのときは、薬などを飲んで少しでも頑張って会社に行くべきかどうか判断に悩む方もいるでしょう。ここでは、仕事を休む一般的な基準について紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.悪寒を感じ全身がだるい

悪寒を感じるときは感染症の可能性があるため、無理をせず仕事を休み、病院に行くのが良いでしょう。無理に出社しても、全身がだるい状態だと思考力や判断力が低下していつものパフォーマンスが出ません

普段の能力が出せなければ、同じ作業をするにも多くの時間がかかってしまいます。また、周囲に気を遣わせたり、周囲の作業が滞ったりする可能性も。そのため、体調を戻してから仕事をした方が効率的でしょう。

2.高熱が出た

高熱が出たときも感染症の疑いがあるため、病院に行くのがおすすめです。一般的には、37.5〜38度の発熱がある場合に、仕事を休むべきといわれています。会社によっては明確な基準を設けている場合があるので、あらかじめルールを確認しておきましょう。

病院から数日間の自宅待機を指示された場合は、熱が下がっても会社に行かずしっかりと休養をとることが大切。また上司に相談することで自宅で仕事ができるようになる場合は、相談してみるのも選択肢の一つです。

3.咳が止まらない

熱がなくても咳が止まらない場合は、仕事を休むのが良いでしょう。仕事中に咳が続くと、集中できず業務に支障が出ます。また、飛沫によって周囲の人も感染する可能性があるでしょう。

感染させてしまった場合、結果的により大きな迷惑をかけてしまうことになります。職場に迷惑をかけないためにも、病院で病名や治療法を明らかにしましょう。

4.喉が痛く鼻水が止まらない

喉が痛い、鼻水が止まらないなどの場合も出社を控えるのが賢明です。体調不良のときに出社すると、さらに体調が悪化する可能性があります。症状が軽いうちにしっかりと休養し、万全な体調で出勤した方が満足に仕事ができるでしょう。

症状が鼻水だけだからと無理して出勤した結果、重症化するという場合もあるため十分気をつけることが必要です。

5.風邪ではなくインフルエンザの可能性がある

同居している家族がインフルエンザにかかった場合は、休むか休まないかの判断は慎重に行いましょう。熱や悪寒などの症状がある場合は病院に行き、診断してもらう必要があります。

インフルエンザは感染力が強いため、無理は禁物。学校や企業も、インフルエンザは出席停止にしていることが多いです。自分がインフルエンザにかかっている可能性がある場合は、決して無理せず、体調が戻るまで休養しましょう。

上記は風邪で仕事を休む場合の一般的なボーダーラインです。そのほかの仕事を休む理由については「仕事を休むのに使える33個の理由をご紹介!伝え方の注意点やマナーも解説」のコラムでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の可能性も疑うべき

インフルエンザも新型コロナウイルス感染症も高熱が出るため、どちらにかかっているのか自己判断は難しいといわれています。発熱がある場合は、病院を受診し、医師の判断を仰ぐのがおすすめです。前述したように、厚生労働省の「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」によると、強いだるさや発熱がある場合は仕事を休むことを推奨しています。むやみに自己判断せずに、医療機関を受診するのが良いでしょう。

参照元
厚生労働省
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

風邪で仕事を休む連絡をするときのマナー

風邪で仕事を休む場合は、休むことが分かった時点で速やかに連絡しましょう。ここでは、風邪で仕事を休む連絡をするときの電話とメールのマナーを解説します。

電話で伝える場合

特にルールがなければ電話で連絡するのがマナーです。直属の上司に電話し、単に「休みます」ではなく、体調不良について説明した上で「お休みしても良いでしょうか?」と伺いを立てる形が良いでしょう。

電話で連絡すると、声のトーンや大きさなどで自分の調子が相手に伝わり、体調不良と分かってもらえる可能性があります。また、直接会話することで仕事の引継ぎなどをスムーズにできるというメリットも。ここでは、電話で仕事を休むことを伝える場合のポイントを紹介します。

1.直属の上司に電話をする

風邪で仕事を休む連絡をする場合、まずは直属の上司に電話をしましょう。上司が不在の場合は、上司の代理の立場の人に電話を代わってもらい、伝言を依頼します。そのときには、改めて自分からかけ直すことも伝えられるとベターです。

職場で決まりがある場合もあるので、その日に慌てないよう事前に規則を確認しておきましょう。詳しくは、「会社を休む電話をするときの連絡のマナーとは?シチュエーション別の例文も紹介」のコラムもご覧ください。

2.休む理由を明確に伝える

仕事を休む理由を明確に伝えましょう。身体のどこの調子が悪いか、熱はあるか、考えられる原因などを簡潔かつ明確に伝えます。理由を明確に伝えることで、「仕事を休んでも仕方がない」と納得してもらえるでしょう。

また、病院で診察を受けたのか、これから受けるのかも合わせて伝えられると、上司も翌日以降も休みになる可能性を考慮してスケジュール調整をできるようになります。

3.引き継ぎ内容を細かく伝える

自分が担っている仕事の内容を伝えましょう。ほかの人になるべく迷惑をかけないためにも、仕事の進捗・資料の保存場所・作業内容などを丁寧に共有します。細かい内容は、後からメールでも送ると親切です。

日ごろからフォローしやすい状態にしておくのも大事

日ごろからマニュアルを作成したり、進捗を共有しておいたりすることで、誰が休んでも職場の同僚がフォローできるような環境になります。その結果、突然の体調不良になってしまっても、引き継ぎがスムーズに行えるでしょう。自分がいなくても業務が回るように十分な調整をすることも、担当者としての責任といえます。

4.仕事復帰の目処を伝える

風邪で仕事を休むときは、何日休むかもあわせて伝えることで、上司も業務計画を立てられます。自分で判断できない場合は、病院で受けた診察内容をあわせて伝えるのが良いでしょう。

5.連絡は勤務開始の15分前までにはする

電話のタイミングは、勤務開始時刻の15分前ごろが良いといえます。上司の出社時間が分かるのであれば、その時間に合わせてかけるのも選択肢の一つ。

時間が早過ぎるとまだ会社に誰も出社していない場合があります。ただし勤務時間ぎりぎりになると、上司に仕事を引き継いだり準備したりする時間が取れません。自分の穴が開く分の仕事の調整をしやすい15分前ごろがベストといえるでしょう。

メールで伝える場合

電話がつながらなかったり、喉の痛みで声が出せなかったりどうしても電話できない場合は、メールでの連絡がおすすめです。メールであれば、仕事の引き継ぎなども文章で整理して伝えられます。

メールの場合は電話と違い、早めに送ってもマナー違反にはなりません。むしろ休むと分かった時点で、なるべく早く上司に知らせた方が業務調整などもしやすくなるでしょう。

1.件名で内容を把握できるようにする

メールの件名は、「勤怠連絡 日付 氏名」など、一目見て誰がいつ休むのかわかるよう簡潔に記載しましょう。メールで連絡する場合、伝え漏れがないことや宛先を確認することが大切です。本文には、引継ぎが必要な業務などを箇条書きなどで分かりやすく記載しましょう。

2.メール後に電話で連絡する

メールで休むことを伝えた場合は、なるべく後から電話でフォローの連絡を入れるようにしましょう。休んで仕事に穴を空けることを考えると、直接自分の声で伝えるのが良いといえます。

また、直接電話をして声を聞いてもらうことで、自分の体調を上司に感じてもらえるのもメリットです。

風邪で仕事を休む際の9つの注意点

ここでは、風邪で仕事を休むときに気を付けておきたいポイントを紹介します。

1.仮病はしない

風邪で仕事を休むときは、必ず本当のことを話しましょう。仮病を使うと「詳しい症状を教えて」「診断書を提出して」などといわれたときに対応できず、嘘がばれてしまいます。そのようなことになると、職場で信頼されなくなってしまい、重要な仕事を任されなくなることも。

信頼を失うと職場に居づらくなる可能性もあるので、仮病は使わないのが社会人としてのマナーです。ずる休みの危険性については「何度もずる休みしていると懲戒処分や解雇の可能性がある!」のコラムでも解説しているので参考にしてください。

2.無断欠勤はしない

無断欠勤は周囲に迷惑をかけるうえ、信頼を失います。会社での評価が下がってしまい、給与に影響が出る可能性も。また、チームのメンバーや周囲の人のスケジュールにも影響が出ることがあります。

自分が休んでも周囲の仕事は進んでいくため、休む際は周囲のことも考えて必ず連絡を入れましょう。無断欠勤のリスクについて詳しく知りたい人は「会社を無断欠勤するとどうなる?連絡なしで休む問題点や正しい対処法を解説」も参考にしてみてください。

3.自分で勝手に休む基準を作らない

「平熱より少しでも高い場合は休む」「疲れているときは仕事を休んでもOK」など、仕事を休む基準を勝手に作らないようにしましょう。仕事を休むか休まないか、自分で決められないときや心身の状態に異変を感じたときは、医師の判断に従うことが大切です。

4.症状が悪化する前に必ず病院に行く

体調不良で休んだときは、病院に行きましょう。これ以上悪化しないように、病院で診断してもらい処方された薬を飲んで安静にしておくのが大切です。少しでも早く復帰できるように努力するのもマナーの一つ。職場によっては診断書の提出を求められる場合もありますので、処分しないようにしましょう。

5.風邪なのかストレスなのかを見極める

風邪をはじめ体調が悪いときは、自分でストレスの要因があったかどうかを振り返ることも大切です。ストレスによる倦怠感は風邪と症状が似ているため、自分では判断しにくいことがあります。病院に行って診断してもらうことで、より正確に体調不良の原因を見極められる場合もあるでしょう。

精神的なストレスや悩みを専門とした医療機関もあるので、受診するのもおすすめです。どうしても仕事に行く気になれない人は「どうしても仕事に行きたくない!家にいたい!その理由と対処法を解説」も参考にしてみてください。

6.メールで必要資料を送る

風邪で仕事を休むと伝えたら、仕事の資料をメールで送付します。「先方が急いでいる」といった引き継ぎ事項がある場合には、あわせてメール文に記載しておきましょう。何通にも分けて送信してしまうと引き継いでくれる人に迷惑がかかることがあるので、すべてまとめて1通で送るようにすることが大切です。

7.会社から突然の連絡が入ることも理解しておく

風邪での休みは突然訪れるため、引き継ぎが十分にできない場合もあります。そのときは、会社から連絡が入ることも。安静にしていても、スマホの電源は切らないのが無難です。

電話やメールは可能な範囲で確認し、なるべく早く対応するようにしましょう。職場で何かあった時でもすぐに対応できることで、休んだ影響を軽減できます。

8.無理をして出社することは避ける

熱がないからといって無理に出社することは避けましょう。たとえば、ひどい悪寒や重い頭痛がある状態で、普段と同じパフォーマンスを発揮できるかどうかを考えてみることも一つの方法です。無理をして出社して症状が悪化してしまうと、結果的にさらに多くの休養期間が必要になることがあります。

9.回復して出社したらお礼を伝える

体調が回復し出社した際には、上司をはじめ職場の同僚に、業務の調整や穴埋めをしてもらったことに対してお礼を言うのがマナーです。あなたが元気に出社して感謝の言葉を伝えることで、周りの人も「元気になってよかった」と前向きに感じられるでしょう。

日々感謝を忘れずにコミュニケーションを取れば、体調不良のときも頼りやすくなります。ほかの誰かが休んだら率先してその人の業務をフォローをしたり、その後の体調を気遣ったりすることで、職場の仲間と互いに支えあう関係を築けるでしょう。仕事を休めるのは、職場の協力があるおかげだと忘れないことが大切です

仕事を当日欠勤しても良い?休む理由や注意点を解説」のコラムでは、急に仕事を休む際の注意点を解説していますので、あわせてご覧ください。

風邪で仕事を休まないための予防策

風邪で仕事を休まないために、日ごろから予防をしましょう。風邪を予防するには、うがいや手洗いの習慣化はもちろん、規則正しい生活や栄養バランスの良い食事も効果的です。ここでは、オフィスでもできる風邪の予防方法をご紹介します。

体温調節がしやすい服装を選ぶ

外とオフィス内の気温差が激しいと風邪をひきやすくなります。夏はエアコンで体が冷えたり、冬は暖房で汗をかいたりすることが多いもの。そのような時期は、ジャケットやカーディガンなど、体温調節しやすい服装がおすすめです。

加湿器でエアコン対策をする

秋冬は空気が乾燥しやすい時期。喉や鼻の粘膜が乾燥すると、風邪に感染しやすくなります。特に、冬になるとエアコンによる乾燥が激しくなるので加湿器を使いましょう。オフィスに加湿器がない場合は、1人用の加湿器をデスクに置くのも良い方法です。

感染症が流行りやすい時期はマスクをする

自分が咳をしているときはもちろん、職場で風邪が流行りやすい時期はマスクを必ずつけましょう。マスクをすることで、飛沫感染を防ぎやすくなります。また、乾燥予防にもなるので、秋冬は特におすすめです。

十分な睡眠時間を確保する

寝不足も体調不良を引き起こす原因になり得ます。仕事に集中できなかったりミスが増えたりすると、ストレスが原因の体調不良になる可能性もあるでしょう。前述したように、「熱はないけど倦怠感がある」「風邪に似た症状」という場合は、普段の生活を見直してしっかり休むことも大切です

体調不良でも仕事が休めないなら転職を考えるのも良い

風邪で仕事を休むことを上司に伝えると、反対されたり、怒られたりといった経験をした方もいるでしょう。そのようなことが続くなら、ブラック企業の疑いがあります。ブラック企業の特徴を以下にまとめました。

  • ・気遣いや思いやりがない
  • ・嫌味をいわれる
  • ・過度なプレッシャーをかけられる
  • ・残業が多過ぎる
  • ・風邪でも仕事を休めない

このような職場環境から、「朝起きるのがつらい」「休みたい」という気持ちが続くのなら、転職を視野に入れてみるのも一つの手です。自分が身を置く環境を変える決断をすることも一つの有効な手段となります。

ブラック企業の特徴については「ブラック企業の見極め方は?求人から分かることや面接で注意すべきポイント」のコラムで詳しくご紹介していますので、ご一読ください。

納得のいく転職活動を行うためには転職エージェントを利用することをおすすめします。就職・転職支援のハタラクティブでは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターといった若年層の方を対象に、カウンセリングや正社員求人の紹介、面接対策を実施。

プロの就活アドバイザーが、「体調不良のときにしっかり休める」「風邪をひいても怒られない」などの希望条件をもとに、転職活動のお手伝いをします。「労働環境の良い職場に転職したい」「自分に合った働き方ができる職場を紹介してほしい」などのお悩みがある方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

風邪で仕事を休むことに関するQ&A

ここでは、風邪で仕事を休むことに関する疑問にお答えします。

熱はないのに仕事を休むのは甘えや気のせいですか?

甘えや気のせいかの判断基準は人によって異なるため、医療機関で診察やアドバイスを受けることをおすすめします。
しかし、精神的に追い詰められたり理不尽にしかられたりする状況にしんどさや憂鬱さを感じて休みたいと思う場合は、休養や転職を考えるのも良いでしょう。詳しくは「仕事したくないときはどうする?対処法やモチベーションの上げ方を紹介」もご覧ください。

子どもが風邪をひいて仕事を休むのはだめですか?

子どもの看病のために仕事を休むことは、子育てをしている人にとって避けられないことであるといえます。同居している家族が体調不良になった場合、自分も何らかの病気に感染している可能性を考慮して判断するのが良いでしょう。ハタラクティブは、あなたの希望条件に合った環境の職場をご紹介します。「子どもの看病のために仕事を休むことで怒られる」「子育てと仕事を両立したい」とお悩みの方は、ぜひご相談ください。

風邪をひいて早退したら翌日は行くべきでしょうか?

翌日出社できる状態まで回復するのが望ましいですが、医療機関の診察内容を踏まえてから慎重に検討しても良いでしょう。薬を処方してもらったり治療法を教えてもらったりする際、回復にかかるおおよその日数を教えてもらうのも方法の一つ。どのような症状かを医療機関で診察してもらい、その内容をあわせて職場に伝えるのがベターであるといえます。

風邪をひいても熱がないなら出社をするべきと言われました...

熱はなくてもほかにひどい症状があると、起き上がるのが困難な場合もあるでしょう。
すぐに病院に行くのが望ましい状況でも出社を強要される場合は、ブラック企業の可能性があります。休暇の制度やサポートが充実しているホワイト企業に興味がある方は、「ホワイト企業に転職したい!未経験でも大丈夫?優良企業の見分け方とは」もぜひご覧ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次