仕事に疲れたと悩む方へ!リフレッシュ方法や転職を考えるポイントを解説

仕事に疲れたと悩む方へ!リフレッシュ方法や転職を考えるポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事に疲れたと感じる原因は、適切な評価が得られないことや人間関係のストレスなど
  • 仕事に疲れたときに起こるサインは、集中力の低下や睡眠の質の悪化などがある
  • 仕事に疲れたからと、衝動的に仕事を辞めたり周囲と比較したりすることは避ける
  • 仕事に疲れたら、肉体的や精神的にも根本からの改善が重要
  • 疲れた仕事から解放されるには、転職で環境を変えてみるのも一つの手

仕事をするうえで「疲れた…」と感じるのは誰もが経験することといえるでしょう。しかし、仕事が疲れたままでいるとストレスが溜まり、「何もしたくない」「休みたい」と心身ともに不調をきたすこともあるので注意が必要です。
このコラムでは仕事が疲れたときの原因やリフレッシュ方法を解説します。また、環境を変える転職についてもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事で「疲れた…」と感じるのはどんなとき?

仕事をこなす中で「疲れた」と感じるのはどのようなときか、以下に代表的な例をまとめました。

仕事に対する評価が適切ではないと感じる

どれだけがんばっても思うように評価されない…そんな状況が続けば、仕事が疲れたと感じやすくなります。「実績が待遇面に反映されず、モチベーションが下がる」というのは転職のきっかけとしてよくあるようです。
これまで、日本企業の正社員雇用といえば終身雇用が基本でしたが、徐々に実力主義へとシフト。自分のスキルや実績を評価してほしいという転職希望者が増えるのも、自然な流れといえます。キャリアアップ制度や昇給・賞与など、目に見えるかたちで評価される方がモチベーションが上がる方にとっては、そうではない企業で働き続けることにやりがいが見いだせない…ということも多いでしょう。

社内外の人間関係にストレスを感じる

仕事内容に不満がなくても人間関係にストレスを感じる場合、仕事での疲れも大きなものになってしまいます。会社の同僚や先輩、上司と反りが合わない、取引先の担当者が苦手…など、毎日通う職場の人間関係がうまくいっていないと、出勤すること自体が辛くなってしまうでしょう。
また、強い精神的ストレスがある環境に長く身を置いていると、体調を崩して業務に支障が出てしまうことも。長く安定的に働いていくためには、現状が自分に合う職場環境なのか見直すことが重要です。

業務の負荷が高い

事業拡大や部署内で退職者が出たなど、さまざまな事情で適切な人員配置がされておらず、業務負荷の高さに悩む人は多いようです。人材不足が一時的なものであれば、在籍している人たちで業務を進められるものの、慢性的となると体力的にも辛いものがあります。状況が改善されなければ、身体が疲れただけでは収まらず、退職者が続出し、残された人たちにとって過酷な状況になる場合もあるようです。
また、体力的に辛くなってくると、精神的ストレスも生じやすいもの。どちらか一方が崩れてしまう環境は、働きやすいとはいえないでしょう。

仕事に疲れたときに起こるサイン

仕事に疲れた身体は、限界であるというサインを体調の異変で示してくることがあります。この場合、原因として考えられるのは精神的な苦痛の可能性が大きいこともあるようです。
ここでは、仕事の疲れによるさまざまな不調について解説します。心当たりのある方は、現在の精神状況がどのような状況なのかを立ち止まって考える機会にしてください。

集中力が低下する

仕事の疲れが蓄積されていくと、頭や身体のエネルギーが消耗されて集中力が低下することがあります。集中できなくなることで、ミスをしてしまったり、効率が悪くなってしまったりと、仕事に影響が出てしまうことも。うまく仕事ができないことにストレスを感じ、悪循環に陥ってしまう恐れもあるでしょう。

仕事を休みたいと思う

仕事が楽しくなくなったり、仕事が辛くなってしまったりすると「仕事に行きたくない」「休みたい」という考えに至ることがあります。「仕事が辛い」と常に感じながら働き続けると、精神的なストレスを感じやすくなるでしょう。
仕事を休みたいと思うときは、仕事内容だけでなく、上司や同僚などの人間関係が原因であることも。毎日顔を合わせていると、自分でも気づかないうちにストレスが溜まってしまいます。また、会社の方針と自分の意見が合わず、「働きたくない」と感じる方もいるようです。さらに、日曜日や連休最終日に「今日で休みが終わってしまう…」と、出勤日が近づくと途端に身体の調子が崩れてしまうこともあります。
これらの場合、「特定の上司や同僚の顔を見るだけで、頭やお腹が痛くなる」「思い出すだけでも胸が苦しくなる」など、身体の不調が出る方も少なくありません。
職場の人間関係がよくない場合は、「職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう」もおすすめです。ぜひあわせてご覧ください。

睡眠の質が悪くなる

仕事が疲れたと感じているときは、睡眠にも影響が出る恐れがあります。たとえば、「ベッドに入ってもすぐ寝付けない」「どれだけ寝ても足りず、疲れがとれない」という方は、身体からのサインと捉えて良いでしょう。また、浅い眠りを繰り返して夜中に目が覚めてしまう方もいるようです。
睡眠の質が悪いと、寝ている間にも心身が休まらず、翌日の集中力も低下してしまいます。良質の睡眠を確保するためには、仕事が辛いと感じる原因を見つけて、対処をする必要があるといえるでしょう。

イライラしやすくなる

仕事での疲れから身体や精神に限界が来ていると、気持ちのコントロールができなくなります。些細なことであっても受け流すことができず、怒りやイライラを周囲の人間にぶつけてしまうでしょう。イライラしやすくなっている原因となるものを早急に対処しないと、急に仕事へ行けなくなったり、人に会うことが嫌になったりする状態になる可能性があります。精神的な不調をそのままにしておくと、最終的にうつ病や適応障害などの精神的な病気を発症してしまう恐れもあるでしょう。
仕事をしたくない…とお悩みの方は、「もう働きたくないという20代~40代の方へ!疲れた人に適した働き方とは」もあわせてご覧ください。

仕事に疲れたときに避けたいこと

仕事でストレスが溜まっているときは、あまり冷静に判断ができないということも考えられます。ここでは、仕事に疲れたときに避けたいことについてまとめたので、ぜひ知識として頭に入れておきましょう。

衝動的に仕事を辞める

仕事を辞めたい気持ちが募り、衝動的に退職を決めることは避けましょう。仕事で疲れが溜まっているときは、「仕事を辞めて楽になりたい」と考える方も多いでしょう。しかし、やりたいことや転職先など何も決めないまま仕事を辞めてしまうと、次の職場でも仕事が合わず、ストレスを溜めてしまったり、早期退職してしまったりする恐れも。あとで自分が後悔しないよう、慎重に決断して行動しましょう。

周囲と比較する

周囲と自分を比較することも、仕事で疲れたときには避けたい行動です。自分が辛い状況にいると、ほかの人がうらやましくなったり妬んでしまったりと心が乱れてしまい、さらにストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。人間は一人ひとり生き方が異なるもの。周囲と比べず、自分の人生は自分で決めて進むことを意識することが大切です。

お酒でストレスを発散する

お酒にストレス解消を求める行為はやめましょう。お酒は悩みやストレスなどを忘れさせてくれることがあります。しかし、その効果は一過性に過ぎません。また、飲酒でストレス解消を続けてしまうと、毎日のようにお酒に手が伸びてしまい、健康面に影響が出る可能性もあります。何かに頼ってストレスを忘れようとすることは、得策とはいえないでしょう。

仕事に疲れたときの対処法

仕事に疲れたら、その日のうちに取っておきたいもの。先述したように、疲れやストレスをそのまま放置しておくと、精神的な病気を発症してしまうことも考えられます。また、一度体調を崩してしまうと回復までに時間がかかり、復職へのハードルが高くなる可能性もあるでしょう。仕事の疲れやストレスに対応をするには、根本からの改善が必要です。
ここでは、仕事に疲れてしまったときの対処法を、「肉体的」と「精神的」に分けてそれぞれご紹介します。

肉体的に疲れてしまったとき

仕事で肉体的な疲れがでた場合には、以下のことを試してみてください。

睡眠時間を確保する

日々の睡眠時間をきちんと確保しましょう。ストレスや疲れが溜まると、オンとオフの切り替えができず、退勤後もずっと仕事のことを考えてしまう方も多いようです。そうなると、脳が休まらず、寝付きが悪くなって睡眠時間が少なくなることがあります。その日の疲れをしっかり取るためにも、布団に入る時間を決めたり、睡眠がとりやすい環境を整えたりするのがおすすめです。

食事に気を配る

栄養バランスの整った食事を心掛けましょう。ストレスや疲れが大きくなると、コンビニエンスストアやファストフードなど簡単なものに頼りがちです。きちんとした食事は、疲れた心も癒してくれます。最近は、栄養バランスがとれた食事を配達してくれるサービスもあるので、作ることが苦手な場合は利用を検討してみてください。

適度な運動を取り入れる

適度な運動を取り入れてみましょう。身体を動かすことで、心身ともに健康で豊かな生活を送ることができます。また、生活の質の向上につながることも。体力をつけることは、身体活動に良い影響を与えて、生活習慣病予防にもなります。

精神的に疲れてしまったとき

精神的に疲れやストレスが溜まっていると感じる場合は、以下の方法がおすすめです。

ストレスを解消する趣味を持つ

ストレスを解消するための趣味を持つと良いでしょう。たとえば、カラオケが好きなら、仕事後の時間を利用することも可能です。また、スポーツ観戦が好きな場合は、休日に仲間たちと盛り上がることでストレスの発散ができます。趣味を楽しむときは仕事のことを忘れて、良い時間を過ごすことを意識しましょう。

長期休暇でリフレッシュする

長期休暇をとって、仕事で疲れた身も心もリラックスさせましょう。理想としては、仕事のことを自然に忘れられるように旅行にいくこと。行ってみたかった観光地や海外などで日常生活から離れ、癒やしの時間を得るのも良いでしょう。

家族や上司に相談する

家族や友人など、仕事の疲れやストレスを相談できる相手がいるのであれば、思い切って話してみるのも一つの手です。相手に自分の状況を知ってもらえるだけでも、気持ちに余裕ができる場合があります。たとえば、信頼できる上司や同僚なら、職場の状況を具体的に理解できるので、問題の解決につながることも。しかし、会社の人間に相談する際、不平不満は会社批判に捉えられる可能性があるので注意しましょう。

転職する

仕事で疲れた身体や気持ちが回復せず悩んでいるなら、転職をして新しい職場への転職を考えるのもおすすめです。働く環境が変わることは、大きな変化だといえます。ただし、先述したように無計画のまま勢いで転職するのは避けましょう。転職することを決意したら、自分のやりたいことや将来のビジョンを明確にし、自己分析や企業研究など十分な準備に取り組んでください。

仕事に疲れた時はどうしたら良い?辞めたいと思った時の対処法」でも、仕事に疲れた際の対処法について解説しています。ぜひ参考にしてください。

転職が仕事の疲れや悩みを解決してくれる理由

仕事が疲れた、ストレスが溜まるといった原因が職場環境にある場合、改善するのは難しいことも。
そんなときは、思い切って転職するというのも選択肢の一つです。
転職することのメリットは、下記のようなものが挙げられます。

・少なくとも今の職場環境で生じるストレスはなくなる
・会社によっては経験が評価され、給与・待遇面に反映される可能性がある
・環境を変えることで気分一新。前向きな気持ちで仕事に取り組める

上記3つの中でも、「現状の悩んでいる環境からは確実に抜け出せる」という点は、転職の大きなメリット。環境を変えることで疲れた気分が一新され、仕事に対するポジティブな気持ちを取り戻せた方も多いようです。自分1人で解決できない問題や、体力的・精神的に限界が近づいている…という方は、十分に転職する価値があるといえます。
また、転職は自分の市場価値を知ったうえでさまざまな選択肢を選べるのもポイント。自分に対する評価の面でも、可能性が広がるでしょう。企業によっては、自分の経験や磨いてきたスキルを高く評価してくれるということもあります。

疲れた仕事から転職する際の注意点

転職する際は、事前にしっかりと備えておくことが大切です。ここでは、転職時特に注意したいポイントをいくつか紹介します。

悩みに対してベストを尽くした状態にする

仕事を辞めたい、転職したいと思った原因は、「本当に自分では改善できない問題だったのか」をよく考えてみましょう。改めて問題に向き合ってみると、転職しなくても解決できる可能性もあります。転職を決意する前に、自分でできることはすべてやったうえで行動に移すのがおすすめです。

状況によって転職活動のスタート時期を決める

自身の状況に合った転職活動を計画しましょう。在職中の転職活動であれば空白期間が発生せず、収入が途絶えないというメリットがありますが、平日に面接の時間を作るのが難しい…応募書類の作成などに時間が割けない…といったデメリットも。自分が行動しやすいよう、しっかり予定を決めてから転職活動の始める時期を決めましょう。

退職手続きは段取り良く進める

退職時のマナーを守り、段取り良く進めましょう。たとえば、就業規則の期限までに退職意思を伝える・引き継ぎは余裕を持って行う・上司が許可した後同僚に伝える、などがあります。
離職後に転職活動を行う場合は、年金や健康保険、失業保険などの手続きが必要になることもあるので、事前に確認しておくと焦らず行動できるはずです。

「仕事に疲れた」「仕事の悩みがあって転職したい」とお考えの方は、就職支援サービスを利用してみませんか?
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、幅広い業界や職種から一人ひとりに合った求人をご紹介。求職者に専任アドバイザーが付き、就職や転職に関する相談を広く受け付けています。なかでも、企業情報を基に効果的な履歴書・面接対策をご提案することができるのは、ハタラクティブならでは!自分が理想とする働き方を実現したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

仕事に疲れたときによくあるQ&A

ここでは、仕事に疲れたときに関するお悩みについて、Q&A方式で解決していきます。

30代ですが仕事に疲れたので辞めたいです

心身ともに疲弊している場合は、仕事を辞めても良いでしょう。無理をして仕事を続けると、病気を発症する可能性もあります。まずは心身の回復に努めるのが優先です。また、次の転職先を考えるなら、「30代・未経験の転職は厳しい?成功のコツとおすすめの職種や資格をご紹介」もぜひ参考にしてみてください。企業側が求めるものとマッチしていれば、30代での転職も十分に可能です。

仕事に疲れたときのリフレッシュ方法はありますか?

ストレスを解消する趣味を持つ」でも解説したように、趣味を持って没頭することがおすすめです。スポーツ観戦などで周囲と一喜一憂したり、1人で黙々と何かを作り上げたりと、どんなことでも構いません。自分が楽しめるような趣味を見つけて、仕事を自然に忘れられる時間を作ってみましょう。

会社の人間関係がきつくて仕事を辞めたいです

会社での人間関係を良好に保つコツは、割り切った付き合い方を意識すること。友人になる必要はなく、あくまでも「仕事仲間」として関わっていけば、精神的な負担は少なく済むでしょう。詳しくは、「会社の人間関係に疲れたときには?3つのコツで心を楽にしよう」でも解説しています。

仕事に疲れたので転職活動も頑張れるか不安です…

一人で進める転職活動に不安がある方は、ハタラクティブまでご相談ください。専任アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、あなたにぴったりの求人をご紹介します。また、書類添削や面接対策などの細やかなサポートもばっちり。新生活を目指して一緒に頑張りましょう!

この記事に関連するタグ