仕事に疲れたら危険信号?転職のススメ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に疲れたら危険信号?転職のススメ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「適切な評価が得られない」「人間関係のストレス」などが原因で仕事に疲れる事が多い
    ・「オンとオフの切り替え」「ストレスを解消する趣味を持つ」などが疲れを取るポイント
    ・職場環境が原因の場合は思い切って転職するという選択肢も
    ・転職のタイミングなど、事前に注意点を押さえて活動を始めよう

働く中で「疲れた…」と感じるのは誰もが経験すること。
このコラムでは疲れの解消法をいくつかご紹介します。また、職場環境が原因である場合は転職した方が良いということも。
転職についても合わせてまとめました。

◆仕事で「疲れた…」と感じるのはこんな時

仕事をこなす中で「疲れた」と感じるのはどんな時なのでしょうか。
以下に代表的な例をまとめました。

◇自分の仕事に対する評価が適切ではないと感じる

どれだけがんばっても思うように評価されない…そんな状況が続けば、疲れも感じやすくなるのではないでしょうか。
「実績が待遇面に反映されなくてモチベーションが下がる」というのは転職のきっかけとしてよく耳にします。 

これまで、日本企業の正社員雇用といえば終身雇用が基本でしたが、徐々に実力主義へとシフト。自分のスキルや実績を評価してほしいという転職希望者が増えるのも、自然な流れといえるのではないでしょう。
キャリアアップ制度や昇給・賞与など、目に見える形で評価される方がモチベーションが上がるという方にとっては、そうではない企業で働き続けることにやりがいが見いだせない…ということも多いのではないでしょうか。

◇社内or社外の人間関係にストレスを感じる

仕事内容に不満がなくても、人間関係にストレスを感じる場合、仕事での疲れも大きなものになってしまいがち。
会社の同僚や先輩、上司と反りが合わない、取引先の担当者が苦手…など様々あると思いますが、毎日通う職場の人間関係がうまくいっていないと、出勤すること自体が辛くなってしまいます。 
また、強い精神的ストレスがある環境に長く身を置いていると、体調を崩すなど業務に支障が出てしまうことも。長く安定的に働いていくためには、自分に合う職場環境なのか見直す必要があるのではないでしょうか。

◇業務負荷が高く、体力的な面で辛い

事業拡大や部署内で退職者が出たなど、様々な事情で適切な人員配置がされておらず、業務負荷の高さに悩む人は意外といるのではないでしょうか。 
人材不足が一時的なものであれば、在籍している人たちで業務を進められるものの、慢性的となると体力的に辛いもの。体が疲れただけでは済まず、退職者が続出し、残された人たちにとって過酷な状況になるケースもあるようです。 
体力的に辛くなってくると精神的ストレスも生じやすいもの。どちらか一方が崩れてしまう環境は、働きやすいとは言えないのではないでしょうか。 

上記のような例は、自分の努力では改善しづらいのが特徴。それでも働き続けないと…とプレッシャーに思うことで、余計とストレスを溜めてしまうという人もいるかもしれません。
次の項目では、仕事で溜まった疲れやストレスの解消法を紹介します。

◆仕事の疲れをすっきりさせるには

働く上でどうしても溜まってしまう疲れやストレス。解消法を持つことで上手く付き合いましょう。

◇オンとオフを切り替える

仕事が立て込むと、残業や休日出勤が増え、プライベートの時間も仕事のことばかり気にかかる…という状況に陥りがち。
そんなときこそ、しっかり気持ちを切り替えるようにしましょう。
業務時間外には自分の時間をしっかり取り、気持ちを切り替えてリラックスすることが大切。疲れもたまりづらくなり、仕事のパフォーマンスも向上するかもしれません。
真面目な人ほど仕事のことを考えすぎてしまうものですが、休む時は休む!という切り替えが肝心です。

◇ストレスを解消する趣味を持つ

仕事以外に楽しみを持つことで、仕事にもやりがいが芽生えてくるということは珍しくありません。
カラオケや飲み会などの大人数で盛り上がる趣味、映画鑑賞や読書などの一人で没頭できる趣味、スポーツや筋トレなどの身体を動かす趣味…人それぞれ好みは異なりますが、自分に合った趣味を持ってみましょう。
楽しみを作ることでメリハリをもって仕事に取り組めるという利点も。特に身体を動かす趣味は、健康づくりにもなり一石二鳥です。

◇人に相談する

会社の愚痴や仕事のストレスは、誰かに話を聞いてもらうことですっきりすることも。家族や友人などにお願いして、相談してみるのも一つの手です。
また、身近な相手には話しづらい…という場合には、転職エージェントなどの活用もおすすめ。
現在転職するつもりがなくとも、転職市場での客観的な意見や現状を改善できないかなどプロの話を聞くことで違った視点を持つことができるようになるのではないでしょうか。

◆「転職」という選択肢が悩みを解決してくれる理由

仕事に悩みやすい部分や疲れの解消法を紹介してきましたが、職場環境が原因となっている場合、改善するのは難しいことも。
そんなときは、思い切って転職するというのも選択肢の一つです。
転職することのメリットは、下記のようなものが挙げられます。

・少なくとも今の職場環境で生じるストレスは無くなる 
・会社によっては経験が評価され、給与・待遇面に反映される可能性がある 
・環境を変えることで気分一新。前向きな気持ちで仕事に取り組める

上記3つの中でも、「現状の悩んでいる環境からは確実に抜け出せる」という部分は転職の大きなメリットです。
自分1人で解決できない問題、既に手は尽くした、体力的・精神的に限界が近づいている…という方はこのメリットだけでも転職する価値はあるのではないでしょうか。

また、転職は自分の市場価値を知った上で様々な選択肢を選べるのも転職のメリット。自分に対する評価の面でも可能性を広げてくれるのが転職です。企業によっては、自分の経験や磨いてきたスキルを高く評価してくれるということもあるでしょう。

付加価値的な部分ではありますが、環境を変えることで疲れた気分が一新されるのもメリットの1つ。転職によって、仕事に対するポジティブな気持ちを取り戻せたという人も多いのではないでしょうか。

ただし、悩みを解決するためにも求人探しは慎重に行うのがベスト。また同じ悩みを抱えないためにも、転職の際は求人の選び方を見直すのがおすすめです。
自分が大事にしたい条件は何なのか、洗い出して優先順位をつけておくと、スムーズに進みます。

◆転職する際の注意点

転職する際は、事前にしっかりと備えておくことが大切です。
特に注意したいポイントをいくつか紹介します。

◇悩みに対してベストを尽くした状態にする

仕事を辞めたい、転職したいと思った原因は、本当に自分では改善できない問題でしたか?
退職を申し出る前にもう一度改めて考え、悔いのない状態にしておきましょう。
ひょっとしたら転職しなくても解決できることかもしれませんし、転職する上では自分のモチベーション維持や説得力のある志望動機のためにも必要なことです。

◇状況によって転職活動のスタート時期を決める

在職中に転職活動をするのか、それとも離職後に行うのか、自身の忙しさや貯金などを総合的に考えて転職活動をする時期を計画しましょう。
在職中の転職活動であれば空白期間が発生せず、収入が途絶えないというメリットがありますが、平日に面接の時間を作るのが難しい…応募書類の作成などに時間が割けない…といったデメリットも。
離職後は転職活動に集中できる、時間的余裕があるというメリットがありますが、収入が不安定、離職後に役所で手続きが必要な場合もある…といったデメリットがあります。
自分の状況に応じてどちらかを選択しましょう。

◇退職手続きは段取り良く進める

就業規則の期限までに退職意思を伝える・引き継ぎは余裕を持って行う・上司が許可した後同僚に伝える、などマナーを守り、スムーズに進めましょう。
離職後に転職活動を行う場合は、年金や健康保険、失業保険などの手続きが必要になることもあるので、それらも事前に確認しておくと焦らず行動することができます。


今回は、仕事に疲れた方へ解決策の1つとして転職についてご紹介しました。正社員として働く中で様々な悩みを抱える方にとって、当コラムが一助となれば幸いです。

とはいえ、次はどのような企業を選べばいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ハタラクティブでは20代に特化した求人を幅広い業界からご紹介可能です。正社員として働くことを考えている全ての方にきめ細やかなサービスを提供しています。

求職者一人ひとりに専任のアドバイザーが付き、就職や転職に関する相談を広く受け付けているのも嬉しいポイントです。
中でも、企業情報を基に効果的な履歴書・面接対策をご提案することができるのはハタラクティブならではの強み。特に初めて転職をされる第二新卒の方にはメリットを感じていただけるサービスではないでしょうか。

そのほか、就職を希望されている高卒、既卒、フリーターの方に合う正社員求人もご紹介します。ぜひご自身が理想とする働き方を実現するためのツールとしてハタラクティブをお役立てください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ