1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事しんどい…プレッシャーで毎日「会社を辞めたい」と感じている人へ

仕事しんどい…プレッシャーで毎日「会社を辞めたい」と感じている人へ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事をしんどいと感じる時には、労働条件や職場環境、自分の考え方などを見直してみる
  • ・つらい状態が続いていて「仕事を続けるのがしんどい」と感じたら、無理をしない
  • ・仕事がしんどいと感じる環境を選ばないために、転職活動を行う際は自己分析をする

仕事しんどい…プレッシャーで毎日「会社を辞めたい」と感じている人への画像

「仕事がしんどい」「行くのがつらい」など、仕事に対して疲れを感じている人は少なくないものです。ネガティブな気持ちのまま仕事を続けていると、普段はしないようなミスを招き、さらにつらくなってしまう時もあるかもしれません。このコラムでは、仕事がしんどいと感じる理由やその解決策についてまとめています。仕事について思い悩んでしまっている人は、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

仕事を「しんどい」と感じる4つの要因

仕事がしんどいと感じるときには、なんらかの原因があるものです。
以下に、よくある4つの要因についてまとめてみました。

1.環境に問題がある

労働条件が原因となっている場合

仕事をしんどいと感じる理由として、給与が低い、仕事量や残業が多いなど、待遇や条件が原因の場合が多いようです。そんなときは、待遇や条件について改善や交渉の余地があるかどうか考えてみましょう。

給与や待遇などが最大の原因である場合には、将来を見据えた上で、昇給を含め長期的なキャリアアップの可能性があるのか見直してみます。昇格・昇給などで給与や待遇が変わるという場合は、「今は下積みの段階」だと考えて頑張ってみるのも1つの手段です。

職場環境が原因となっている場合

職場の人間関係にストレスを感じている場合は、改善するためにできることがあるか考えてみましょう。
また、職場全体の人間関係を改善できない場合でも、信頼できる相談相手が1人でもいれば、ストレスが緩和されることがあります。

2.業務内容に不満がある

仕事が原因となっている場合

「仕事にやりがいを感じられないこと」がストレスの原因になっていることもあるでしょう。
そんな時は、仕事に優先順位をつけるなど、工夫しだいで改善されることはないか考えてみてはどうでしょうか。
また、仕事を通して得られるものがあるかどうかについても考えてみましょう。
スキルや経験など、業務の中で身につくものがあると、モチベーションアップにも繋がります。

会社の方向性についていけないと感じている時には、「仕事をする上で、自分が一番優先したいこと」について考えてみます。
方向性の違いよりも、給与や待遇など魅力的なポイントがある場合には、仕事だからと割り切ってしまうのが良いでしょう。

働きやすさや労働環境づくりに理解のある会社の場合は、上司や担当の人と面談の機会を持ち、一度相談してみるのが良いかもしれません。

3.自分に対して不満がある

「仕事をうまく進められない」「丁寧に教えてもらっているのに、何度聞いても業務を覚えられない」など、自分自身に原因があると感じている人もいるでしょう。
こういった場合は、仕事のやり方や覚え方を見直し、改善できることがないか探してみましょう。
改善策や方法を探してみても、本当に自分がその仕事に向いていないと感じる場合は、部署を変えられないか上司に相談してみるのも1つの手段です。

4.辛くなるような物事の捉え方や考え方をしている

もともと持っている性格や物事の考え方が原因で、周りの人はつらいと感じないような場面でも、大きなストレスを感じてしまうことがあります。
ストレスを感じやすい性格としては、以下のような例が挙げられます。

相手の顔色を伺う

他人に対して自分の意見をいうのが苦手で、自分の気持ちを我慢しがちな人は、仕事で過剰にストレスを感じてしまうことがあります。場合によっては自分でも気付かないうちにストレスを溜め込んでしまい、ある日突然限界を迎えてしまうこともあるようです。

感情のコントロールが苦手

自分の思いどおりにならないと心が乱れがちな人や、感情の抑制が苦手な人も、些細ことで大きなストレスを感じてしまう傾向があります。人間関係を円滑に保つことが苦手だと、余計にストレスを感じてしまうでしょう。

完璧主義で几帳面

何をするにも完璧でなければ落ち着かないという人も、ストレスを溜めやすい傾向があります。周囲の働きが自分の理想と食い違っていると、大きなストレスを感じてしまうようです。

よくあるストレスのサイン

ストレスから来る体調不良の中には、消化不良や朝起きづらいなど、見過ごしてしまいがちな些細な症状もあります。
しかし、放置し続けて症状が慢性化すると精神疾患に至る例もありますので、注意が必要です。

疲れがとれず、いつも体がだるい

睡眠時間をしっかりとっているにも関わらず疲れがとれない場合には、ストレスの慢性化が疑われます。プライベートでも頭の中が仕事モードになっていて、常に交感神経の優位な状態が続くと、いつの間にか疲労が溜まっていることがあります。

運動していないのに、動悸や息切れがする

激しく動いたわけでもないのに、心臓がドキドキしたり息切れしたりする場合も注意が必要です。自律神経の乱れているサインである可能性があります。特に、今までの人生を至って健康に生きてきたという人は、動悸や息切れの症状が出ていても自分自身でピンとこず、放置してしまうことがあります。自律神経の乱れが重くなると、ストレス性の精神疾患に発展することももありますので、軽視は禁物です。

理由もなく体が震える

寒さを感じている時や緊張する場面では、手足が震えるのは普通のことです。しかし、特に理由なく体が震える場合、ストレスから自律神経が乱れている可能性もあります。

微熱が何日も続く

微熱が何日も継続し、解熱剤を服用しても症状が改善しない場合、ストレス性の発熱である可能性があります。また、人によっては高熱が出ることも。病院を受診しても風邪の診断がつかなかったり、解熱剤が利かない場合は、ストレス性の発熱である可能性が考えられます。(※自己判断はせず、必ず医師の指示に従ってください)

腹痛や消化不良、吐き気などがある

ストレスから自律神経の働きが乱れ、副交感神経が不活発になると、胃腸の働きが悪くなることがあります。消化に悪いものを食べている訳でもないのに、腹痛や下痢、吐き気などの症状が続く場合には注意が必要です。

頭痛や立ちくらみがする

目の前が霞む、フラフラする、ふわふわと浮いたような感覚があるなど、立ちくらみの症状が頻繁にあるようであれば注意が必要です。また、プレッシャーにより筋肉が緊張することで肩や腰がこり、頭痛や立ちくらみが起こることもあります。

感情のコントロールが利かず、すぐに涙がこぼれる

「最近、些細なことでも悲しくなって涙が出る」という場合は、危険なストレス症状のサインである可能性があります。自律神経の乱れによって感情のコントロールが利きづらくなると、普段は気にならないようなことでも深く傷ついたり、イライラしたりすることがあります。

翌日に仕事があると思うと眠れない

翌朝の業務のことばかりが頭をよぎってしまい、なかなか寝付けなくなっているという場合も注意が必要です。仕事に対するプレッシャーが、過度なストレスとなっている場合があります。また、就寝前にも頭が仕事モードになっていると、交感神経が優位になって質の良い睡眠がとれず、翌朝も疲れを引きずってしまうことがあります。

朝なかなか起き上がれない

ストレスにより引き起こされる症状のひとつとして、「朝すっきりと起きられない」という症状が挙げられます。
「自分が怠けているだけなのではないか」と看過しがちですが、毎日繰り返すようなら注意が必要です。
もともと朝が弱いという人もいますが、ストレスのサインである場合には、「起き上がるのが尋常ではなく大変」だと感じることがあります。

楽しいことや好きなことをしていても気分が晴れない

仕事に対する不安やプレッシャーが大きくなると、本来は楽しいと感じられるはずのことでも、心から楽しめなくなってしまう場合があります。ストレスを発散できるはずの趣味や、近しい人との交流すらも億劫になってしまうと、余計にストレスのはけ口が無くなり、つらい気持ちが強くなってしまうこともあります。

何をするにも無気力になる

「無気力」や「集中力の低下」もストレスが引き起こす症状のひとつ。仕事がストレスになっている場合、特に仕事へのやる気や会社への帰属意識の低下、物忘れなどの症状が表れることがあります。また、「やる気が出なかったりミスが増えたのは、自分が怠け者だからだ」と無理をして頑張ることにより、かえって症状が悪化してしまう場合もあります。

「仕事に行かなくていいなら何でもする」と思う

「会社がなくなれば仕事に行かなくてもいいのに…」「怪我をしたり体調を崩したりすれば仕事を休めるだろうか…」「はやく会社を辞めて楽になりたい…」と毎日のように考えている場合は、仕事に対するストレスがかなり大きくなっている可能性があります。「明日仕事があるか、ないか」で世界の見え方が変わってしまうような心の状態が長く続くようであれば、働く環境についてもう一度考えるタイミングと言えそうです。

限界を迎えてしまった時に心に留めておきたいこと

我慢を続けた結果、心身ともに限界に達してしまい、今までどおり働くことが困難になってしまった人もいるでしょう。
そんな時は無闇に自分を責めるのではなく、以下のことをぜひ胸に留めてください。

働けなくなってしまった自分自身を責めない

責任感の強い真面目な人ほど、「働けなくなってしまった自分が情けない」「周りに迷惑を掛けている」「こうなる前に対処できなかったなんて、社会人失格だ」と自分を追い込んでしまいがちです。

しかし世の中には、すぐに弱音を吐いて周りに助けを求められる人もいれば、限界を迎えてからでないと止まれない人もいます。
頑張りすぎてしまったのは、あなたが真面目で一生懸命だからではないでしょうか。
助けを求められなかったのは、本当にあなただけがいけなかったのでしょうか。

体調を崩してしまったことで気持ちが落ち込み、自分を必要以上に責めてしまう人もいます。
しかし今は、自分自身をいたわり肯定してあげることが必要です。
休業期間中や失業中の方は、今は心と体を休める期間だと思って、働いているときにはなかなか楽しめなかった趣味や、やりたかったことに取り組んでみてはいかがでしょうか。

痛みが分かる人は優しい人になれる

ストレスによる症状が深刻になると、些細なことでも傷つきやすくなったり、落ち込みやすくなることがあります。
自分の意思とは裏腹に体がいうことを利かなくなってしまったことで、「人として弱くなってしまった」「もう二度と働けないのではないだろうか」と、焦りを覚えることもあるでしょう。

しかし、細やかな神経を持つ人は、同じような悩みを持つ人の気持ちを汲み取ってあげることができます。
人間の心の脆さを知っている人は、些細なことで心や行動が変容してしまうことを知っています。

誰かが誰かの陰口や噂話をしていても、「あの人達はこう言っているけど、本当は本人にしか分からないような事情があったのかもしれない」と、柔軟に想像できるかもしれません。

相手の事情を汲み取り、いつでも前向きに接することができる人の周りには、自然と人が集まってきます。
今は「より素敵な人間になるために大切なことを学んでいる期間」だと考え、しっかりと静養しましょう。

心の痛みは「自分が本当に欲しいもの」を教えてくれる

今まで仕事をしてきた経験の中で、「あれは特にイヤだった」「辛かった」と思う経験はどんなことでしょうか。
どんなに些細なことでも構いません。思い当たることをすべて紙に書き出してみましょう。
ひととおり出し尽くしたら、その1つ1つについて「では、どうであれば楽しい気持ちになれたのか」と考えてみてください。

たとえば、営業先との電話対応で失敗してしまったことがつらい思い出として残っているとします。
「電話対応のない会社で働いている自分」「営業とは直接関係のない部署で働いている自分」を想像して楽な気持ちになれるのであれば、あなたは「接客をすることが少ない環境」を求めているのかもしれません。
社交的で、周囲からは接客向きだといわれるような人でも、本当に接客業が合っているとは限りません。

あるいは、「完璧な電話対応をして、周囲から尊敬の眼差しで見られる自分」を想像して良い気分になれるのであれば、もしかしたらあなたは「電話対応が上手くできる自分になりたい」「周囲から頼られる自分になりたい」のかもしれません。

「自分が楽しい気持ちでいられるのはどのような環境か」について考えはじめると、「でもそんなのは甘えだ」「社会人なんだから●●であるべきだ」「こんなことを考えるのは子どもっぽい」という思考が邪魔をすることもあるでしょう。しかし、こうした声は一旦無視して、自分の望みへ素直に耳を傾けてみてください。

あなたの心は、あなただけのものです。ほかの誰かに植え付けられた価値観や常識に縛られる必要はありません。
そして、あなたの人生を導けるのもあなただけです。自分が望む環境や、実現したい自分像を掴むことは「自分自身を次の場所へ進めてあげる」ための第一歩になるでしょう。

環境を変えることは「逃げ」でも「甘え」でもない

真面目な人ほど、「今の環境で頑張れないような人間は、どこに行っても駄目に違いない」「◯年は頑張らなければ、本当に合っていないかどうかは分からない」と考えて、転職や休業といった選択肢を排除してしまうことがあります。しかし、健康を害するほどつらいと感じているにも関わらず、その環境に留まり続ける理由はどこにもありません。

総務省の分析結果によれば、2019年の転職者数は全国で351万人。働き方の多様化により、転職だけでなく、在宅勤務やフリーランスなどさまざまな働き方が選択できる時代になっています。
「自分に合った職場や働き方を選択する」という考え方が一般的になりつつあるのです。

終身雇用の時代には「ひとつの会社で定年退職まで働く」ということが美徳とされていたこともありますが、その価値観は移り変わりつつあります。

参照元
総務省
「統計トピックス No.123 増加傾向が続く転職者の状況~ 2019 年の転職者数は過去最多 ~」

仕事が辛くなってしまった時にできる行動

「仕事がしんどい」という気持ちが大きくなった時、実際にできる行動についてまとめました。

異動願いを出す

業務内容や人間関係をつらいと感じていて、新たな部署で再出発する気力があるという人は、上司に異動願いを出すのが良いでしょう。働きながら転職先を探すのは体力的にも精神的にもエネルギーが要りますが、同じ会社の中で異動するのであれば、多少負担が少ないのではないでしょうか。

異動願いを出す際に気をつけたいのは、以下の3点です。

異動についての自社の人事制度をチェックする

異動とは、各会社の意思で行われるものであり、法的な義務を伴いません。
そのため、「原則社員からの異動願いの提出は不可」「一定の功績を挙げた社員には異動願いを提出する権利が付与される」など、会社ごとに異動に関する規定が異なります。
異動を申し出る際は、事前に会社の人事制度を確認するようにしましょう。

可能であれば、まずは直属の上司に相談する

いきなり異動願いを提出する前に、できるだけ直属の上司に異動の相談をするようにしましょう。
上司に話を通しておくことで印象も良くなりますし、場合によっては希望の部署への異動がスムーズになることもあります。

異動の希望理由はポジティブに伝える

「なぜ異動したいか」については、ポジティブな内容に変換して伝えるようにしましょう。
「新しい業務に挑戦したい」「自分の力を発揮したい」など、会社に貢献する姿勢を示すのが大切です。
ただし、現在の部署での成果が振るわない場合は、「新しい業務に挑戦したい」と申し出ても「現在の業務を疎かにしている」と受け取られる可能性があります。

また、人間関係がつらくて異動したい場合にも、「人間関係に問題があるので異動したい」と正直に伝えるのは避けた方が良いでしょう。
「人間関係を構築できない人」と判断されてしまうと、「新しい部署に異動しても良好な人間関係を築けないのではないか」という懸念から、異動を却下されてしまう可能性があります。

転職を考える

改善できそうなことを実行してみたにも関わらず、「仕事がしんどい」と感じる状況が長期化してしまうこともあります。どうしても仕事が合わないと感じた時は、転職も視野に入れてみましょう。生きていくために働かなくてはいけないと言っても、あくまでも健康であることが大事。あまりにも仕事がつらく、心身に支障をきたすようであれば、無理する必要はありません。
今の仕事が本当にしんどいと思った時は、「疲れを十分に回復させる時間を確保できるか否か」を基準に考えてみましょう。また、「もうこれ以上ここで吸収できる知識やスキルがない」と感じる場合は、キャリアアップのための転職を考えるべき時かもしれません。

「休む」という決断をする

心身ともに疲れ果ててしまい、「もうこれ以上頑張りたくない」と感じている場合は、休業や退職を真剣に検討してみましょう。

いざ決断しようと思うと、「同僚や顧客に迷惑を掛けるかもしれない…」「キャリアに傷がつくかもしれない…」などと不安が先立ってなかなか決断できない場合もあるでしょう。
しかし、すでに体調を崩しかけているのであれば、決断を先延ばしにすることで症状が悪化してしまうことも考えられます。

確かに、休業や退職を選択することで、一時的に迷惑がかかることもあるかもしれません。小さな組織であれば、従業員が一人居なくなることで現場が回らなくなるケースもあるでしょう。

しかし、あなたはあくまで従業員であり、会社を存続させる義務を負っている訳ではありません。
「もう無理だ」と感じるのであれば、「自分の健康を守る」という決断をしましょう。

病院できちんと診てもらう

ストレスによる体調不良が深刻だと感じる場合は、自己判断だけではなく、心療内科や精神科を受診することも選択肢に入れると良いでしょう。
何らかの精神疾患に至っている場合は、処方箋を出してもらうことで、症状を緩和できる場合があります。

また、医療機関を受診することで、休業申請や失業保険の申請に必要な診断書を書いてもらえることがあります。
会社規定によっては、診断書がなければ休業手続きを行えない場合がありますので、休業を検討している場合は確認するようにしましょう。

仕事を辞めたいと思った時は

今の職場を退職したいと考えている人は、以下のポイントを押さえましょう。

可能であれば後を濁さない

退職の意向を固めている場合は、できるだけ円満に退職できる方法を探しましょう。

同じ業界、業種というのは、案外横のつながりがあるものです。
転職先の会社と辞めた会社が取引先同士だった…という事態も考えられます。

転職後に余計な心配をしなくても済むよう、上司や同僚からの理解を得た上で退職できるのがベストです。

円満退職を目指すときには、以下のポイントに気をつけましょう。

異動願いの場合と同じく、まずは上司に相談する

退職を決意したら、まずは直属の上司に相談するようにしましょう。いきなり退職届を提出するよりも、ワンクッション置くことで円満に送り出してもらえる可能性が高まります。

ポジティブな理由を伝える

退職理由についても、異動願いの場合と同じく前向きに伝えるのが鉄則です。
ポジティブな理由からの退職であれば、上司や同僚から気持ち良く見送ってもらいやすくなります。

退職までの期間には余裕を持つ

従業員が1人抜ける穴というのは、すぐには埋まりません。業務の引継ぎが必要ですので、できるだけ期間に余裕を持って申し出るのがマナーです。
しっかりと引継ぎを行って退職することで、印象も良くなります。

ただし、体調を崩していて交渉をする余裕がないという場合は、くれぐれも無理をしないようにしましょう。

転職を考えている場合は、できるだけ在職中に転職先を決める

休業や療養をせずに次の会社へ転職したいと考えている人は、できるだけ在職中に転職先を決めるのが良いでしょう。在職中の転職活動は時間的な制限が多く、体力的にも負担が大きいいっぽうで、以下のようなメリットがあります。

職歴が空かなくて済む

転職活動は長期間にわたることがあります。一旦退職してから転職活動をスタートすると、次の仕事が決まるまでに期間が空いてしまい、職歴に空白期間が生まれることも。
志望企業によっては、職歴が空いていることに良い印象を持たない場合もありますので、初めから転職の意思がある場合には、在職中に転職活動を行うのが良いでしょう。

金銭的な心配が少ない

転職活動にはお金がかかります。
退職後は貯金を切り崩して生活する人が多いと思いますが、金銭的な心配を抱えたまま転職活動を行うのは、精神的に負担がかかることもあります。
収入がある状態で転職活動を行えれば、企業選びに集中しやすいでしょう。

自己分析で、自分に合う仕事をもう一度考える

転職活動を行う場合には、必ず自己分析を行いましょう。
就職活動の経験がある人は、自己分析をしたことがあるかもしれません。しかし、一度仕事の経験を積んだ今、もう一度スキルのたな卸しをすることで、転職先の企業に対して正しく自分をアピールできるようになります。

自分が「楽しい」「得意だ」と思うことは何かを考える

これまでの仕事やアルバイト経験の中で、「この時は嬉しかった」と感じた瞬間はありますか?
また、プライベートで「これは周囲の人よりも得意だ」「詳しい」と感じていることはありますか?

自分が働く上で重視していること、求めること、目指す方向性などについて、改めて整理することで、自分に合う企業を選びやすくなります。

自分が特に「つらい」と感じやすい要素とは何かを明確にする

転職の失敗例の中には、「つらい環境を変えるために転職したのに、転職先でも別の要因によって仕事が辛くなってしまった」というケースがあります。
こういった経験を繰り返すと、自己評価がどんどん下がり、働くこと自体が辛くなってしまう可能性も。
「転職する」と決めた場合は、ミスマッチを防ぐため、自己分析でスキルのたな卸しや自分に合う環境の洗い出しなどを行いましょう。


「働きながらの転職活動に不安がある」「そもそも転職した方が良いのだろうか…」など、転職に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
約6万人以上のカウンセリング実績を持つハタラクティブのアドバイザーが、仕事に関する悩みから人生相談まで、些細なことでも丁寧にヒアリングいたします。
カウンセリング実施後は、相談いただいた内容からあなたに最適なお仕事をご紹介。
応募先が決定したあとも、書類作成、面接対策、入社後のフォローまで専属のアドバイザーが担当いたします。
また、電話やメール、チャットツールを使用したご相談も可能。
あなたのスケジュールに合わせ、面接の日程調整もアドバイザーが代行いたしますので、仕事が忙しくて転職活動を進められないという方もご安心ください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    仕事がしんどいと感じる原因と対処法

  • image

    「仕事しんどい」と思ったときに読んで欲しいコラム

  • image

    仕事がしんどいと思ったら!原因から解決策を考えよう

  • image

    仕事が辛い時…仕事を続ける?辞める?

  • image

    社会人は辛いことばかり?ネガティブになりやすい時期と乗り越える方法

  • image

    仕事でキャパオーバーになってしまう原因と対処法まとめ

  • image

    興味ない仕事に疲れていませんか?

  • image

    就活がしんどい?いつ「やめたい」と思う?時期ごとの理由と対処法を紹介

  • image

    仕事がうまくいかない時はどうすれば良い?よくある原因と対処法をチェック

  • image

    働き過ぎてしまうとどうなる?過労の症状や対策まとめ

  • image

    仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介

  • image

    転職活動が辛い!仕事探しがうまくいかない…長期化する理由と解決策

  • image

    仕事がだるいと感じる原因とは?対処法と注意したいパターンをチェック!

  • image

    仕事ができない!辛い気持ちを乗り越える方法とは

  • image

    仕事行きたくない病になってない?気分を変えるのに有効な方法

  • image

    もう仕事したくない!そんな時の対処法とは?

  • image

    体力の限界?仕事に疲れたら読むコラム

  • image

    会社に行くのがつらいときの原因と対策法

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる