会社の人間関係に疲れたときには?3つのコツで心を楽にしよう

会社の人間関係に疲れたときには?3つのコツで心を楽にしようの画像

【このページのまとめ】

  • ・会社の人間関係に疲れる原因は、合わせ過ぎや求め過ぎ
  • ・会社の人間関係を良好にしたいなら、まずは自分の考え方と行動を変えよう
  • ・頑張っても会社の人間関係が解決しない場合、転職も視野に入れよう

会社の人間関係の悩みは、仕事上での大きなストレスになってしまいます。人間関係の問題はいろいろですが、共通する解決策は、自分の考え方や行動を変えていくこと。苦手な相手に対して、「どうして私が変わらなければいけないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はそれが解決への近道です。
このコラムでは、考え方や行動のコツを紹介しています。会社の人間関係が辛いときには、ぜひ参考にしてみてください。

会社の人間関係で悩む人は多い

厚生労働省が実施した「雇用動向調査結果」によると、人間関係を理由に退職した人は男性で7.7%、女性で11.8%でした。退職者の1割ほどが人間関係を理由に離職していることから、職場の人間関係で悩む人は少なくないことが分かります。

参照元
厚生労働省
平成30年雇用動向調査結果の概況

会社での人間関係は最低限は必要

会社は仕事をする場であり、仕事をするにはチームワークが不可欠です。業務そのものは個別に行っていても、質問やサポートなどで協働する機会は多いもの。円滑に業務を遂行するためには、最低限のコミュニケーションは必要です。社会人である以上、「好き・嫌い」で相手を判断するのは避けましょう。

よくある会社の人間関係の悩み

会社の人間関係で悩む方が多いのは、「上司と合わない」「同僚との関係性が良くない」など。よくある悩みを下記にまとめました。

・面倒な上司に常に振り回されている
・職場の特定の人と仲が悪い(一方的に嫌われている)
・話しかけても無視され孤立している
・部下との関係が悪い
・職場内の派閥争いに巻き込まれている

このようなトラブルを抱え込むと、人は強いストレスにさらされます。
仕事に集中できなくなるほか、「もうすべてがめんどくさい、どうでもいい」と、投げやりになってしまう可能性も。最悪の場合、心のバランスを崩してしまう恐れもあるでしょう。
人間関係の問題を解決するためには、原因を知り、適切な対策を取ることが重要です。

会社に入ってすぐに悩んでしまった場合は、「新入社員で会社を辞めたいときの対処法は?退職するメリット・デメリット」のコラムも参考にしてみてください。新入社員ならではの注意点を、分かりやすくまとめています。

会社の人間関係に疲れる原因

職場の人間関係では実にさまざまな悩みが発生しますが、原因は大きく分けて2つあります。

協調性を大切にし過ぎる

1つ目の原因は、「必要以上に人に合わせようとするから」です。
職場内の派閥や特定の個人との関係に悩んでいる人は、往々にして相手の顔色をうかがったり、自分が相手にどう思われているのかを気にしたりする傾向にあります。
もちろん、相手への気遣いは仕事をするうえで大切な要素ですが、四六時中周りの評価や反応に過敏になっていると、心が磨耗してしまうでしょう。
「あの人はああ言っていたけど、本音はどうなんだろう?」と相手の裏を探るのが習慣になっている人は、知らないうちに精神的な疲れが溜まっている可能性があります。

友人と同様の関係を求めている

人間関係がうまくいかない2つ目の原因は、友達を作るのと同じ感覚で、職場の人間関係を考えているから」。
会社は仲の良い友達をつくる場ではなく、仕事をする場所。職場で信頼のおける友人のような相手ができるのは素晴らしいことですが、それは仕事を進めるうえで絶対に必要な条件ではありません。 相性が合わない相手であっても、「プライベートには関係のない仕事上の関係」と割り切る意識が大切です。

会社の人間関係を良好に保つコツ

ここからは、会社の人間関係を良好に保つ具体的な方法をご紹介します。

割り切った付き合いを意識する

まずは先ほども言ったように、苦手な相手との付き合いは「仕事仲間」と割り切ったうえで受け入れること。
仕事上どうしても関わらなければいけない相手であるならば、相手を煙たがるばかりではなく、できる限り相手を尊重して自分が働きやすい環境をつくるのが得策です。
具体的には、挨拶やお礼はきちんとする、相手の良いところを見つける努力をするといったことが大切。自分から心をひらくことで、関係性を良い方向に変化させていきましょう。

積極的にコミュニケーションの場に参加する

職場の人を知るためには、会社主催の行事に参加するのもおすすめ。
業務時間外のイベントや飲み会では、普段の仕事では分からないその人の一面が見えてきます。
そうした場で相手を知ることが、その後のコミュニケーションに良い影響を及ぼす可能性はゼロではありません。会社で友達をつくる必要はありませんが、職場の人たちとの関わりを通して働きやすい環境をつくるのは仕事をする上で大切なことです。

相手が変わることを求めない

人間関係を改善するためには、相手に「もっとこうしてくれたら良いのに」と期待をするより、自分の心掛けを変える方が近道。
たとえば、無愛想な相手には、何かをしてもらったときにこちらから感謝の言葉を伝え、相手が心を許せるきっかけをつくってみる、意見の合わない上司に不満を感じるなら、上司の話を素直に聞いて相手の意見の優れた点を探してみるなど自分側から歩み寄ることも、良好な人間関係には必要です。自分が持たない考え方を受け入れることで、仕事の視野が広がる可能性もあります。
人間関係の悩みにおいては、人をコントロールするより、自分を変える方が効率的。相手や状況が変わらないことに苛立つよりは、自らの考え方や行動を変えることで働きやすい環境を手に入れましょう。

職場での嫌がらせに悩んでいる方には「職場で嫌がらせを受けたときの対応は?具体的な対処法をご紹介」のコラムがおすすめです。嫌がらせを受けやすい人の特徴から、具体的な対処法まで分かりやすく解説しています。

3つの方法で人間関係のストレスから解放されよう

会社の人間関係を良好に保つための工夫を知っていても、「どうにもこうにもストレスが溜まる」という方は多いものです。
次項では、ストレスから解放されるためのコツを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

会社の人間関係のハードルを下げる

「人間関係が良く、働きやすい職場」に憧れる方は多いものです。しかし、そのような職場を見つけるのは難しいでしょう。職場の人間関係は、「問題なく意思疎通できるレベル」であれば、それで大丈夫です。深い関係を築こうとせず、「報告・連絡・相談ができれば良い」とドライに考えて、人間関係への期待を持ちすぎないよう意識してみてください。

プライベートを充実させる

会社の人間関係でストレスを抱いてしまうのは、それが自分にとって重要なものだからです。
確かに、1日の中で、職場で過ごす時間は長いもの。「孤立して過ごすのはしんどい」と思うときには、仕事から意識を切り離してみてください。
プライベートが充実している人は、職場での人間関係に、それほど注意を払っていません。「職場は仕事をするための場所で、お金を稼ぐためにここにいる」という、明確な目的意識があるからです。空き時間ができたときも、自分自身のプライベートを充実させるために使います。
好きなことに夢中になっていれば、周囲からの目線も自然と気にならなくなるでしょう。

仕事を辞める前に実践したい行動

会社の人間関係に疲れたとき、「辞めたい」という感情が生まれるのは、当然のこと。とはいえ、仮に転職したとしても、また同じ悩みを抱えてしまう可能性もあります。転職は最後の手段として捉え、まずは今できることからスタートしましょう。

身近な人に相談する

会社の人間関係に関する悩みは、多くの人が抱えているものです。友人や家族など、身近な人に相談してみれば、違った視点からの解決法が見つかることも。
また、どうにもならない問題でも、ただ聞いてもらうだけで、心は軽くなるものです。ストレス解消に向けた最初の1歩として、ぜひ相談してみてください。

自分の行動を変えてみる

人間関係の悩みは、実は自分自身の行動から生まれているケースも多く見られます。だからこそ自分の行動を変えるだけで、状況を改善できる可能性もあるでしょう。具体的には、以下のような行動を心掛けてみてください。

・自分のするべき仕事は責任を持って果たす
・何かを頼まれたときには、快く応じる
・自分を自分で評価しない(もっと認められるべき、こんなに頑張っているのに…など)
・苦手な相手の長所を見つける

「効果がなければ転職すれば良い」と考えれば、気持ちも楽になるのではないでしょうか。

人事部に相談してみる

周囲からの対応について、「どう考えてもおかしい」と思うようなことがあれば、然るべき部署に相談してみましょう。
内容によっては、職場いじめやパワーハラスメントと判断される可能性もあります。会社としての対応を依頼しましょう。

「辞めたい」気持ちが強くなったときは、「その転職、後悔しない?仕事を辞めたい理由を考えよう」のコラムも併せてご覧ください。自分の気持ちを、冷静に見つめ直すきっかけになるでしょう。

どうしても解決できない場合は転職も視野に

人間関係を良くするコツをご紹介してきましたが、それでも改善の兆しが見えないという場合は、転職を考えるのも1つの方法です。
特にチームで業務を進める職種は、職場の人間関係が仕事のクオリティややりがいに影響する大きな要素となります。 今の職場が合わないという方は、新しい環境で再スタートしてはいかがでしょうか。

転職時の注意点

再スタートするにあたり、「人間関係が辛くて辞めたい」という理由で退職する場合に注意しておきたいポイントがあります。
それは、このような理由だけで転職活動をすると、企業側にネガティブな印象を与えてしまうケースがあるということ。人間関係が辛いという理由の中にも、本当はこういう雰囲気の中で取り組みたかった、こんな風なチームで目標を達成したかった、という理想があるのではないでしょうか。その「理想となるような環境を目指して転職する」といったポジティブな意識を持って転職活動しましょう。

不安なときは第三者に相談しよう

初めての転職が不安な方、企業選びの方法が分からないという方は、転職・就職支援のハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、正社員を目指す高卒や既卒、第二新卒やフリーターといった若年層を対象とするサービスで、未経験OKの正社員求人を数多く取りそろえています。 「転職後もうまく人間関係が築けるか不安…」という気持ちも、就活アドバイザーにお伝えください。どんな小さな不安・悩みでもしっかり解消できるよう、マンツーマンのカウンセリングで寄り添います。
希望する職種のご紹介だけでなく、求職者の適性や特徴も踏まえて企業とのマッチングを行うので、入社後のミスマッチの心配もありません。就職・転職を迷っている方も、まずはハタラクティブまでお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION