必読!会社の人間関係に悩んでいる方へ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 必読!会社の人間関係に悩んでいる方へ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・会社の人間関係に疲れてしまうのは、無理して人に合わせすぎたり、友人のような関係を求めすぎたりしていることが原因

    ・会社の人間関係を良好にするには、割り切った付き合いや積極的なコミュニケーション、自分が変わることを意識しよう

    ・転職後の人間関係が不安な方は、転職エージェントのハタラクティブに相談してみよう

会社の人間関係の悩みは、仕事上での大きなストレスになってしまいます。上司や同僚との関係、職場にある派閥同士の無言の争いや陰口…。人間関係の問題は色々ですが、共通する解決策は、自分の考え方や行動を変えていくこと。
苦手な相手に対して、「どうして私が変わらなければいけないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はそれが解決への近道なんです。

◆会社の人間関係に疲れる原因

社会人の仕事の悩みでよく聞かれるのが、「会社の人間関係がうまくいかない」という声。職場の派閥や上司との関係に悩みを抱える人は多いようで、退職や転職の理由が人間関係であるケースも珍しくはありません。 
職場内の派閥争いに巻き込まれないよう中立を保っている人でも周囲からの、「どっちの味方?」という無言のプレッシャーに堪えるのはかなりのストレス。 
上司や相性の悪い上司に表面上は従順にしていても、自分の中に蓄積する不満に目をつむるのは難しいでしょう。

職場の人間関係では実に様々な悩みが発生しますが、原因は大きく分けて二つあります。

 

◇協調性を大切にしすぎる

その一つ目の原因は、“必要以上に人に合わせようとするから”です。

職場内の派閥や特定の個人との関係に悩んでいる人は、往々にして相手の顔色をうかがったり、自分が相手にどう思われているのかを気にする傾向にあります。


もちろん、相手への気遣いは仕事をする上で大切な要素ですが、四六時中周りの評価や反応に過敏になっていると、心が磨耗してしまうでしょう。

「あの人はああ言っていたけど、本音はどうなんだろう?」と相手の裏を探るのが習慣になっている人は、知らないうちに精神的な疲れが溜まっているかもしれません。 

他人を気にし過ぎる傾向がある方は、自分にとってストレスの少ない環境をつくるためにも、その習慣を修正していくのがおすすめ。

「自分は自分」を合言葉に、疲れる人間関係から距離をとってみませんか?

◇友人と同様の関係を求めている

人間関係がうまくいかない二つ目の原因は、"友達を作るのと同じ感覚で、職場の人間関係を考えているから"。

会社は仲の良い友達をつくる場ではなく、仕事をする場所。

職場で信頼のおける友人のような相手ができるのは素晴らしいことですが、それは仕事を進める上で絶対に必要な条件ではありません。 

相性が合わない相手であっても、「プライベートには関係のない仕事上の関係」と割り切る意識が大切です。

プライベートと仕事の区切りをしっかりつけられているか、人間関係の悩みが絶えないという方はここで振り返ってみてください。 


◆会社の人間関係を良好に保つコツ

ここからは、会社の人間関係を良好に保つ具体的な方法をご紹介します。

 

◇割り切った付き合いを意識する

まずは先ほども言ったように、苦手な相手との付き合いは「仕事仲間」と割り切った上で受け入れること。

仕事上どうしても関わらなければいけない相手であるならば、相手を煙たがるばかりではなく、できる限り相手を尊重して自分が働きやすい環境をつくるのが得策です。

具体的には、挨拶やお礼はきちんとする、相手の良いところを見つける努力をするといったことが大切。自分から心をひらくことで、関係性を良い方向に変化させていきましょう。

 

◇積極的にコミュニケーションの場に参加する

職場の人を知るためには、会社主催の行事に参加するのもおすすめ。

ただでさえ人間関係に悩んでいる職場で、「必要以上の付き合いはしたくない!」という気持ちも分かりますが、毎回でなくても一定の頻度で参加してみてはどうでしょう?

業務時間外のイベントや飲み会では、普段の仕事ではわからないその人の一面が見えてきます。

そうした場で相手を知ることが、ひょっとするとその後のコミュニケーションに良い影響を及ぼすかもしれません。

 

会社で友達をつくる必要はありませんが、職場の人たちとのかかわりを通して働きやすい環境をつくるのは仕事をする上で大切なことです。

 

◇相手が変わることを求めない

ここで覚えていただきたいのが、人間関係を改善するためには、相手に「もっとこうしてくれたらいいのに」と期待をするより、自分の心がけを変えるほうが近道だということ。


例えば無愛想な相手には、何かをしてもらった時にこちらから感謝の言葉を伝え、相手が心を許せるきっかけを作ってみてはいかがですか?
意見の合わない上司に不満を感じる人は、時には上司の話を素直に聞いて相手の意見の優れた点を探してみるのも良いでしょう。

大筋には同意できなくても、「この人の言うこの部分は一理ある」という発見があるかもしれません。

 

そうやって自分が持たない考え方を受け入れることで、仕事の視野が広がる可能性もあります。
人間関係の悩みにおいては、人をコントロールするより、自分を変えるほうが効率的。

相手や状況が変わらないことに苛立つよりは、自らの考え方や行動を変えることで働きやすい環境を手にいれましょう! 


◆どうしても解決できない場合は、転職も1つの手

人間関係を良くするコツをご紹介してきましたが、それでも改善の兆しが見えないという場合は、転職を考えても良いかもしれません。

特にチームで業務を進める職種は、職場の人間関係が仕事のクオリティややりがいに影響する大きな要素となります。 
今の職場が合わないという方は、新しい環境で再スタートしてはいかがでしょうか? 

 

◇転職時の注意点

再スタートするにあたり、「人間関係が辛くて辞めたい」という理由で退職する場合に注意しておきたいポイントがあります。

 

それは、このような理由だけで転職活動をすると、企業側にネガティブな印象を与えてしまうケースがあるということ。

もし退職理由を聞かれた時に誤魔化したとしても、数多くの求職者を面接してきた採用担当者が相手ではすぐにバレてしまうこともあるでしょう。

転職活動を成功させるには、心からの願いを、正直に打ち明けることが必要です。

 

人間関係が辛いという理由の中にも、本当はこういう雰囲気の中で取り組みたかった、こんな風なチームで目標を達成したかった、という理想があるのではないでしょうか。

その「理想となるような環境を目指して転職する」といったポジティブな意識を持って転職活動しましょう。

 

◇不安な時は第三者に相談しよう

初めての転職が不安な方、企業選びの方法がわからないという方は、転職・就職支援のハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、正社員を目指す高卒や既卒、第二新卒やフリーターといった若年層を対象とするサービスで、未経験OKの正社員求人を数多く取り揃えています。 

「転職後も上手く人間関係が築けるか不安…」という気持ちも、就活アドバイザーにお伝え下さい。

どんな小さな不安・悩みでもしっかり解消できるよう、マンツーマンのカウンセリングで寄り添います。

 

希望する職種のご紹介だけでなく、求職者の適性や特徴も踏まえて企業とのマッチングを行うので、入社後のミスマッチの心配もありません。

 

就職・転職を迷っている方も、まずはハタラクティブまでお気軽にご相談ください!

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ