職場で嫌われる人の特徴を解説!あなたの性格や言動は大丈夫?

職場で嫌われる人の特徴を解説!あなたの性格や言動は大丈夫?の画像

【このページのまとめ】

  • ・嫌われる人の特徴には自己中心的や神経質、清潔感がない点などが挙げられる
  • ・普段から悪口や愚痴が多い人は嫌われやすい
  • ・相手を否定する、上から目線の話し方も嫌われる人の特徴に当てはまる
  • ・周囲から嫌われている人には必要以上に近づかないことも大切
  • ・自分が嫌われる人の特徴に当てはまっていたときは好かれるための努力をしよう

職場で嫌われる人の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。周囲から嫌われている人がいると、職場の空気が悪くなってしまったり、集中できずに仕事の能率が落ちてしまったりすることもあります。このコラムでは、嫌われる人の特徴を解説。苦手な同僚や上司への対処法や、人から好かれるためのポイントなどを押さえていきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

職場で嫌われる人の特徴(性格編)

職場で嫌われる人の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、嫌われる人の性格について解説していきます。また、以下の特徴が自分に当てはまる場合の対処法もあわせて紹介しているので、参考にしてみてください。

自己中心的

自己中心的な性格の人は周囲から反感を買いやすく、嫌われる人に多く見受けられる特徴といえるでしょう。職場においては、自分の仕事しかせず、困っている人に手を貸さない人が自己中心的と思われる傾向にあります。もし、自分に心当たりがある場合、すべての仕事に手を貸す必要はありませんが、同僚や部署内の仲間が困っているときに話だけでも聞いてあげると良いでしょう。一緒に働く相手に思いやりを持って接することで、周囲からの評価は少しずつ変わっていくはずです。

神経質

神経質な人は、無意識に仕事の粗探しをしてしまったり、細かいミスをしつこく指摘してしまったりすることで、周囲から孤立してしまうことがあります。神経質な人が気にしてしまうことでも、ほかの人は指摘されるまで気付かないということは多いものです。「気になっても注意しない」というのは難しいかもしれませんが、指摘する前に一度立ち止まり、そのミスがどれほど業務に影響を与えるものなのかを考えてみてください。会社や取引先に損害を与えかねないようなことは注意しなければいけませんが、重箱の隅をつつくようなミスと呼べるかどうかも怪しいことについては口をつぐんでみましょう。自分が指摘したいという欲求を満たすための注意は、ほかの人にとって迷惑に思われている可能性があります。周囲が心地良い環境で働けるように努めるのも組織の一員としての仕事です。自分が神経質だという自覚がある人は、周囲の人にも気を配ることを心掛けてみてください。

上から目線

人と話すときに上から目線の人は、嫌われるまではいかずとも周囲から距離を置かれていることが多いようです。上から目線の話し方をしていると、「この人は自分を見下している」と相手に思われ、不愉快な気分を抱かせてしまいます。特に上から目線になってしまいやすいのは、人にアドバイスをするときです。自分の力や優秀さを示したいがために、必要としていないことまでアドバイスしてしまうのは相手の迷惑になることも。人を批評するような言い方や、相手を自分の思い通りに動かそうとする言葉も煙たがられてしまう恐れがあるので注意してください。職場で誰かにアドバイスをするときは、無意識に上から目線な物言いをしてしまっていないか気を付けましょう。

清潔感がない

服装や髪型など、見た目に清潔感がないことも嫌われる人の特徴のひとつです。同じ職場で働く相手が不快に感じない身だしなみを心掛けるのも、社会人としてのマナーといえます。人の見た目や香水・体臭などの匂いに関しては、たとえ気になっても面と向かって指摘するのは難しいものです。そのため、自分自身で「服に汚れやシワがないか」「香水は周りを不快にさせない程度のものか」といったチェックを積極的に行うようにしましょう。

人の話を聞かない

自分が一方的に話すばかりで相手の話を聞く姿勢がないと、周囲から少しずつ嫌われていってしまうでしょう。仕事でもプライベートでも、会話には「話すこと」と「聞くこと」の両方が求められます。必要なのは、相手との言葉のキャッチボールです。相手の立場になって意見を聞き、それを踏まえて自分の考えを述べるように心掛けましょう。

人によって態度を変える

上司には媚び、部下には冷たく接するなど、相手の立場によって態度が変わるのも嫌われる人の特徴といえます。このような人は職場内で信用されず、損得勘定で他人と付き合っているように捉えられてしまうでしょう。周囲から嫌われないためには、相手が誰かに関わらず露骨に態度を変えないことです。相手を過剰に持ち上げたり、反対に威圧したりするのではなく、自分の意見を誠実に述べることで徐々に信用を得ることができるでしょう。嫌われる人の特徴については、「人に嫌われる性格や言動について知ろう」のコラムでも紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください。

職場で嫌われる人の特徴(言動編)

ここでは、嫌われる人の言動について解説します。嫌われる人の特徴にはさまざまな要素がありますが、特に「こんな言動をすると嫌われる」というポイントについて見ていきましょう。

悪口を言う

人の悪口を言う人は、仕事でもプライベートでも嫌われやすい傾向があります。さまざまな人をけなしているうちに、いつか自分が悪口を言われる立場になってしまうということも。悪口が好きな人は周囲から信用されないため、仕事に支障をきたしてしまう恐れもあるでしょう。相手への不満や文句は、悪口に変換すべきではありません。もし不満に思うことがあれば裏で言うのではなく、本人にアドバイスするような気持ちで直接伝えると良いでしょう。その際、トラブルにならないよう温和な口調を意識するのも大切です。

何事も否定から入る

会話をする際、相手の意見を否定することから入る人は注意が必要です。たとえ悪気がなくても、自分の発言を否定されて良い気分になる人はいないでしょう。相手が自分と違った意見を持っていたときは、「確かにそういう考え方もできますね」というように一度受け入れた上で、こちらの主張を提案するのがポイントです。その方が相手も気分が良くなりますし、こちらの意見を受け入れてくれやすくなるでしょう。

自慢話や武勇伝が多い

自慢話や武勇伝が多いことも、嫌われる人の特徴です。自慢話をする人は、「自分の栄光を話したい」「尊敬してほしい」と思うあまり、同じ話を繰り返すこともしばしば。同じ話を何度もされるとほかの人は退屈ですし、その度に褒めてあげなくてはいけないのも面倒に思ってしまいます。自分の話を聞かせたい、聞いてほしいと思うこと自体は悪いことではありません。しかし、人の話に耳を傾けなければ、やがて相手もこちらの話を聞いてくれなくなってしまいます。一方的に自慢をして満足するのではなく、相手の話にも興味を持ち、お互いが気持ち良いコミュニケーションをできるよう心掛けましょう。

愚痴や不満などネガティブな話が多い

毎日のように愚痴や不満を言っている人は、職場の雰囲気を悪くしてしまいます。大抵の人は、愚痴ばかりの人よりもポジティブで明るい雰囲気の人の近くにいたいと思うでしょう。また、愚痴を言い過ぎると自身のモチベーションも下げてしまい、周囲にも自分にも良いことがありません。仕事への不満は愚痴で発散せず、趣味に没頭したり体を動かしたりと、ポジティブな方法でリフレッシュしましょう。

「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない

感謝すべき場面と謝罪すべき場面で「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えない人は、次第に周囲から距離を置かれてしまいます。親しい間柄になると疎かになってしまいがちな言葉ですが、相手が誰であっても感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。人に何かをしてもらった、あるいは失敗してしまったときは、感謝や謝罪の言葉は必須です。特に社会人の場合は、感謝と謝罪ができないと非常識な人だと思われてしまいます。どちらも先延ばしにすると相手に気持ちが伝わりにくくなるので、すぐに言葉にすることを心掛けましょう。

職場で嫌われる人の特徴(仕事編)

業務に関わる部分にも、嫌われてしまう人の行動や特徴があります。職場で嫌われる人は、仕事で以下のような行動をとることで距離を置かれるようになってしまうようです。

社会人としての常識がない

出社時間を守る、挨拶や返事をするなど、社会人としてのマナーや礼儀が守れないと常識のない人だと思われ、嫌われる原因になります。また、新卒のうちは正しい敬語を使えないことも多く、礼儀を重んじる人からは敬遠されてしまう恐れがあるでしょう。かしこまった口調での会話が苦手であったり、時間にルーズであったりする人もいますが、社会人としての自覚を持ちビジネスマナーはしっかり身につけましょう。

責任感がない

自分のミスを他人のせいにしたり、仕事を押し付けたり、責任感がない行動をとる人は嫌われてしまうでしょう。働いた分の給与をもらっている以上、任された仕事の責任は自分で負うべきです。自分のミスを他人のせいにすると、社内で信頼を失ってしまい、本当に大変なときに助けてもらえなくなるでしょう。ミスをしてしまったときに叱られるのは仕方ありません。会社に迷惑をかけてしまったのであれば、その後より一層仕事に励みミスを取り返していきましょう。

仕事中に雑談が多い

仕事中に雑談が多い人は、あまり良い印象を持たれません。少しくらいなら問題ありませんが、あまりにも雑談が多いと応じる側も疲れてしまいますし、話し声が周りの集中力を削いでしまうこともあります。周囲の気持ちを考えられない人だと捉えられるだけでなく、「仕事をせずに給料をもらっている」「やる気がない」と思われてしまい評価が下がることも。社員同士の仲が良い職場の場合、つい話し込みたくなってしまう気持ちはわかりますが、雑談は休憩時間や退勤後などにしましょう。

ミスをすると言い訳したり嘘をついたりする

ミスをした際に言い訳や嘘で取り繕おうとする人がいますが、正直に謝罪ができない人は職場で好かれることはありません。仕事に限らず、失敗したときは素直に認めて謝罪するのが人としての正しい行動です。もし、トラブルの原因が直接自分にないものであっても、「他の人がやったミスなのに」とふてくされず、迷惑がかかってしまった相手に謝る姿勢が大切です。

職場で嫌われている人への対処法

ここでは、職場で嫌われている人への対処法をご紹介します。職場で嫌われている人の対処に困った経験がある人は、ぜひ参考にしてください。

相手を「嫌い」だと決めつけない

職場に嫌っている相手がいたとしても、「この人は嫌いだ」と決めつけるのはよくありません。「嫌い」という感情を自覚して持っていると、その気持ちは態度に表れてしまい、相手にも伝わってしまいます。苦手だと思う人がいても、嫌悪感を表したりすぐに関係を断ち切ろうとしたりするのではなく、まずは自分の気持ちや行動を改めることから始めてみましょう。そうすることで、相手の態度も軟化し、自然と関係が改善されていく場合もあります。

相手の立場になって考えてみる

相手のことを嫌いだと思う前に、その人の立場を考えて、「言動に何かしらの原因や理由があるのではないか」と想像してみましょう。たとえば、「今は切羽詰まっていて余裕がないのだろう」というような想像力を働かせると、苛立ちや不信感が少し収まることも。相手の気持ちを考えて行動することで、心にもゆとりができ、自身の成長にも繋がるでしょう。

必要以上に関わらない

嫌われている人とは必要以上に関わらないようにするのも有効な対処法です。同じ職場にいる以上、業務における最低限のコミュニケーションは避けられませんが、それ以上の接触をする必要はありません。こちらから積極的に関わらないことで、少しずつ距離を置けるようになるでしょう。嫌われている人への対処法は、「職場にいる嫌いな人…どのように対応すれば良い?」のコラムもあわせてご覧ください。

嫌われている状態から好かれる人になるためには?

嫌われる人の特徴が自分に当てはまっていた場合でも、そこから好かれる人になるための努力をすることで印象は変わります。周囲から好かれやすい人に多く見られるポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

感謝の気持ちと謙虚な姿勢を忘れない

感謝の気持ちと謙虚な姿勢を忘れない人は、老若男女を問わずさまざまな人から好かれる傾向にあります。そのような人は、仕事において「みんなに助けられて仕事をしている」という意識を持っているため、周囲への気配りもできる人です。周りに感謝しながら接し、人を思いやれる性格の人は自然と好かれていくでしょう。

自分への助言は素直に聞く

自分への助言を素直に聞けるのも、好かれる人の特徴です。相手のためを思って言った助言を拒否されたり軽くあしらわれると、良い気分はしないでしょう。助言の内容が何であれ、話に耳を傾けようという姿勢を見せられる人は相手からの反感を買いません。素直な態度で接することは、人から好かれるためにも必要なことです。

人をけなすよりも褒めることを意識する

職場に限らず日常生活においても、相手をけなすことより褒めることを意識すると良いでしょう。口に出して褒めるのが難しければ、まずは相手の長所を見つけることから始めるのがおすすめです。嫌われる人に多い特徴として、自分以外の人を馬鹿にしていたり、見下していることがあります。褒めたり長所を見つけたりすることが、相手を見下さず、尊重するための近道といえるでしょう。人は自分の良いところを見つけてくれたり褒めてくれる人に好感を持つので、好かれるためには有効な方法です。人に好かれるためには、好かれない人の特徴を知ることも大切。「人に好かれない理由とその特徴とは?」のコラムも参考に、周囲から好かれる人になれるように心掛けていきましょう。

嫌われている人にどうしても対処できないときは?

これまで紹介してきた、嫌われる人の特徴を踏まえた対処法を試しても状況が改善しない…そのようなときは、思い切って環境を変えてみるのもひとつの手段です。異動や転職などで、自分の働きやすい環境を整えてみるのも良いでしょう。

異動願いを出す

現在の部署で人間関係がうまくいっていないのであれば、異動願を出してみましょう。業務内容が変わり、新たに覚え直さなければならないことも出てきますが、人間関係が改善されることで仕事に集中できるようになります。

転職を視野に入れる

職場で嫌われてしまっている、嫌いな人がいてストレスが積み重なっているというような悩みをお持ちの方は、転職も視野に入れてみましょう。自分に合う職場、合わない職場というのは必ずあるものです。転職をすることで職場での人間関係はリセットされるので、悩みが解決する場合も多いでしょう。

転職をしようと考えても、求人情報だけではその企業の雰囲気や人間関係までは判断できないでしょう。そんなときは、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブが扱っている求人は、スタッフが調査を行い、優良企業と判断した会社のみ。社風や職場環境についてもスタッフがチェックを行った内容をお伝えできるので、入社後のミスマッチを防げます。また、専任のアドバイザーによるカウンセリングを受けられるため、自分の希望条件に合った求人を見つけられるでしょう。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

職場の人間関係の悩みに関するQ&A

「自分は職場で嫌われているのではないか…」と不安に感じたことはありませんか?ここでは、職場の人間関係に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

好かれる人に共通するものは何ですか?

公私問わず、人に好かれる人に共通しているのは明るくて前向きなこと。感謝の気持ちや自分の考えを素直に伝えられる点も共通しているでしょう。話しているだけで周りの人もポジティブにさせる力があります。「職場で嫌われてる場合のサインや原因とは?辛いときの対処法も解説!」では、好かれる人に共通する項目を一覧にしてまとめているので、ご覧ください。

好かれる人になるにはどうすれば良いですか?

まずは挨拶を欠かさないこと。次に、自分の言動が周りにどう影響を与えるかを考えて発言・行動できるようにしていきましょう。慣れてきたら、感謝の気持ちを積極的に伝えたり、相手の良いところを褒めたりするのがおすすめです。好かれる人になるには、日々の積み重ねが大切。「人に好かれない理由とその特徴とは?」を読み、習慣づけられるようにすると良いでしょう。

上司と良好な関係を築くにはどうすれば良いですか?

「上司が自分に期待してくれている」と感じる場合は、前向きに目標達成に取り組みましょう。「上司が理不尽な要求をしてくる」と感じるのであれば、「仕事の質を高めてきつくあたられる機会を減らす」といった取り組みが有効です。「厳しい上司の心理を知ろう!耐える毎日から上手なお付き合いに」で上司との関係性を良くする方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

後輩から好かれる方法を教えてください。

「あなたならできる」とポジティブな言葉をかけたり、「それは大変だね」と寄り添う姿勢を示したりすると良いでしょう。後輩がミスをした場合は頭ごなしに怒らず、「次に後輩が失敗しないためにはどう指導するのが良いか」を考えたうえで対処するのがおすすめです。ときには従来のやり方にとらわれない姿勢も大切といえます。「後輩への良い接し方とは?人間関係の築き方と指導方法」で指導方法を学びましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION