職場で嫌われる人の特徴とは?行動や話し方、あてはまったら要注意!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職場で嫌われる人の特徴とは?行動や話し方、あてはまったら要注意!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職場で嫌われたくない人は、嫌われる人の特徴をよく知る必要がある
    ・嫌われる人の大きな特徴として、自己中心で身勝手であることがあげられる
    ・嫌われる人は、神経質であったりネガティブであったりする場合が多い
    ・八方美人に振る舞う人は、本当の自分を出せずにかえって嫌われることがある
    ・相手を否定する話し方や上から目線の話し方は嫌われる可能性が高い
    ・一方で、嫌われることを恐れすぎず、全員から好かれようと思わない心構えも大切

職場で嫌われたくないと思うのは当たり前のこと。職場で嫌われないためには、嫌われる人の特徴を知り、自分がそうならないよう努めることが重要です。コラムでは、嫌われる人の具体的な行動や話し方について解説。ほかにも、「嫌われたらどうしよう…」と思いつめてしまった際の考え方や、あなたに嫌いな人ができた時の対処法をご紹介します。職場で嫌われたくない、嫌いな人がいて悩んでいる、という方はぜひご一読ください。


◆職場で嫌われる人の特徴5選

職場で嫌われてしまう人の主な特徴を5つにまとめました。自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

【1.自己中心的】

自分のことしか考えず相手の気持ちを尊重できないと、周囲から反感を買うことになります。
例えば、自分の仕事しかせず、職場内で困っている人に手を貸さない人などは、「自己中心的」だと嫌われる傾向にあります。どんな仕事にも手を貸す必要はないですが、同僚や部署内の仲間が困っているときは、手を差し伸べ、話だけでも聞いてあげましょう。一緒に働く相手へ思いやりを持つことで、職場内で慕われるようになるのではないでしょうか。

【2.神経質】

神経質な人は、仕事をしていてもつい相手の粗探しをしてしまったり、細かいミスにこだわりしつこく指摘してしまったりして、職場で孤立してしまうことがあります。
神経質な人が気になっても、ほかの人にとってはさほど気にならない場合は多いもの。意識して直すのは難しいですが、指摘する前に一度立ち止まり、そのミスがどれほど会社に影響を与えるものなのか考えてみてください。ただ「指摘したい」という自分の欲求を満たすためだけなら口をつぐみましょう。相手が心地よい環境で働けるように努めるのも、一社員としての仕事です。
 

【3.冗談が通じない】

上司や同僚から軽い冗談を言われた際、難しく考えすぎて返答につまってしまうと「ノリが悪い」「冗談が通じない」と敬遠されてしまうおそれがあります。
職場には自分のノリに合うひともいれば、合わない人もいます。無理して相手のノリに合わせる必要はないですが、相手を尊重しつつ冗談を交わしていく要領の良さは、社会人として備えたいスキルです。

【4.清潔感がない】

服装や髪型など、見た目に清潔感がない人は嫌われてしまうおそれがあります。同じ職場で働く相手が不快に感じない身だしなみを心がけましょう。ただ、人の見た目や体臭などに関しては、他人が面と向かって指摘するのは難しいこと。そのため、自分自身で「しっかり歯を磨いたか」「シャツはシワがないか」「洋服にフケなどがついていないか」といったチェックを積極的に行うようにしましょう。

【5.人によって態度が変わる】

上司や部下など、相手の立場によって態度が変わる人は、職場内で信用されません。損得勘定で人と付き合っているように捉えられてしまいます。嫌われないためには、相手に関わらず、嘘をつかないことです。相手に合わせたり、相手を威圧するのではなく、自分の意見を正直に述べることで、信用を得ることができるでしょう。

◆職場で嫌われる人の6つの行動

職場で嫌われる人は、普段どのような行動をしているのでしょうか。以下、具体的な嫌われる6つの行動を挙げました。

【1.ビジネスマナーや礼儀を守らない】

出社時間を守る、挨拶をするなど、ビジネスマナーや礼儀が守れないと、常識のない人だと思われ嫌われる要因になることも。また、敬語を使えないと、「社会人としての礼儀がなっていない」と敬遠されてしまうおそれがあります。かしこまった口調での会話が苦手な人も多いですが、ビジネスマンとして人と接する限りは、敬語を避けることはできないでしょう。

【2.仕事中に雑談が多い】

仕事中に雑談が多い人は、社内で良い印象を持たれません。少しぐらいなら問題ありませんが、あまりにも雑談が多いと、応じる側も疲れてしまいますし、話し声が社員の集中力を削いでしまうこともあります。「周囲の気持ちを考えられない人」だと捉えられてしまうだけでなく、「仕事をしていない」「やる気がない」と思われて評価が下がることもあるでしょう。

【3.悪口ばかり言う】

悪口を言う人は、職場の雰囲気を悪くしてしまう傾向にあります。それだけでなく、誰からも信用されず、仕事に支障をきたすおそれも。自分が嫌われることを恐れるなら、相手への不満や文句も口に出すべきではないでしょう。
また、不満に思うことがあれば裏で言うのではなく、本人にアドバイスする気持ちで直接伝えると良いでしょう。

【4.行動に責任がない】

自分のミスを他人のせいにしたり、仕事を他人に押し付けたり、責任感がない行動をとる人は嫌われてしまうでしょう。企業から給与をもらっている以上、自分に任された責任は自分で負うべきです。自分のミスを他人のせいにすれば、社内で信頼を損ない、本当に大変なときも誰からも助けてもらえなくなるので、控えましょう。

【5.人の話を聞かない】

自分の話を一方的にして、相手の話を聞く姿勢がないと、人は遠ざかっていきます。ビジネスマンとしても、人間としても、会話に必要なのは相手との言葉のキャッチボールです。相手の立場に立って意見を聞き、それを踏まえ自分の考えを述べるように心がけましょう。

【6.八方美人な振る舞いをする】

八方美人な方は、誰とでもうまく付き合えるため、一見好かれている印象があるのではないでしょうか。しかし、誰にでも愛想よく振る舞いすぎると、「どの意見が本当なの?」「実は嘘をついているのでは?」と思われ、結果的に周囲からの信用を失ってしまうことがあります。
相手の意見に同調しすぎるのではなく、たまには本音で話したり、自分の意見を言ったりして、本当の自分を受け入れてもらうようにしましょう。

◆職場で嫌われる6つの話し方

職場で嫌われないためには、話し方にも注意しましょう。以下、職場で嫌われやすい話し方の特徴をまとめました。話し方は無意識のことが多いので、自分も同じように話してしまっていないか、注意深くチェックしていきましょう。

【1.否定ばかり】

会話をする際、相手の意見を頭から否定してしまう人は注意が必要です。悪気はなくても、自分の発言を否定され続けて良い気がする人はいないでしょう。
相手が自分と違った意見を持っていたときは、「確かにそうだね。視点を変えると、そういう考え方もできるよね」という風に、一度相手の意見を受け入れた上で自分の主張を提案するのがポイント。その方が相手も気持ちが良く、新たな意見を受け入れやすくなるからです。

【2.上から目線】

人にアドバイスする時に上から目線になったり、自分の能力を誇示したりする人は、なかなか信頼を得られないでしょう。
上から目線の話し方は、相手を見下していると受け取られかねません。職場でアドバイスする過程は不可欠ですが、自分の力を示すためだけに、相手が必要としないアドバイスをするのは迷惑になります。
人を評価するような物言いや、相手を思い通りに動かそうとする言葉も、煙たがられてしまうおそれがあるので、ご注意ください。

【3.自分の話ばかり】

相手の話を遮って自分の話を延々と続けることは、人を遠ざける要因になります。
先述のとおり、会話は相手との言葉のキャッチボールで成り立つコミュニケーション。それを相手の話を聞かずに話し続けていては、相手は「自分の存在がないがしろにされている」と感じるでしょう。会話をする時は、相手の話にも集中して耳を傾けるようにしてください。

・自慢話の多さも嫌われる原因に!

自慢話が多い人も周りから嫌われる傾向にあります。自慢話をする人は、「自分の話を聞いてほしい」「自分の栄光を伝えたい」と思うあまり、同じ話を繰り替えすこともしばしば。
周囲としては何度も同じ話をされるのは退屈ですし、自慢話をされる度に褒めなくてはならないのも面倒と感じてしまいます。

【4.愚痴が多い】

毎日のように愚痴を言う人は、職場の雰囲気を悪くしてしまいます。大抵の人は、愚痴が多く負のエネルギーを撒き散らしている人よりも、ポジティブで明るい雰囲気の人の近くにいたいと思うでしょう。
また、愚痴を言いすぎると自分自身のモチベーションも下げてしまい、周囲にとっても自分にとっても良いことがありません。仕事のストレスは愚痴で発散するのではなく、趣味に没頭したり、体を動かしたりと、別のリフレッシュ方法を見つけましょう。

【5.言い訳をする】

ミスをした際、言い訳ばかりする人がいます。自分のミスを他人や環境のせいにする人が職場で好かれることはありません。
失敗は素直に認めて謝罪するのが、人としての正しい行動。トラブルの直接の原因が自分になかったとしても、迷惑をかけた相手に謝る姿勢が必要です。
 

【6.感謝の言葉をおろそかにしている】

人に何かをしてもらったら、感謝の言葉を伝えるのがマナー。親しい間柄ではおろそかになりがちですが、どんな相手にも感謝は忘れないようにしましょう。親しさを理由に遠慮がなくなり、その結果不仲になったというケースもあり得ます。
感謝の言葉を伝えるタイミングも肝心。先延ばしにすると気持ちが伝わりにくくなるので、すぐに気持ちを伝えるようにしましょう。

◆嫌われる人と好かれる人の比較からみる「嫌われることを恐れない」大切さ

これまで、職場で嫌われる人の特徴を、行動や話し方などいくつかの観点から見ていきました。
ただし、「嫌われる」ことを恐れすぎてしまうと、何もできなくなってしまいます。時には嫌われることを恐れない精神も必要でしょう。
ここでは、嫌われやすい人と好かれやすい人の特徴をまとめました。双方の比較から、「嫌われることを恐れない」大切さを学びましょう。

【努力しても嫌われてしまう人】

職場には、好かれようと努力をしていても、結果嫌われてしまう人がいます。そういった人は、先ほど例に挙げた「八方美人に振る舞う」ような人に多い傾向。
「人に嫌われないようにする」ことだけに集中しすぎて、自分自身を気持ちを押し殺し、相手に合わせすぎていませんか。
100人中100人から好かれている人などほとんど存在しません。あまり考えすぎず、何人かには「嫌われてもいい」と割り切って、自分自身の意思も大切にしましょう。

【頑張らなくても好かれる人】

反対に、「頑張らなくても人に好かれる人」はどういう人でしょう。たとえば、やや自己中心的であっても、社内で皆から好かれている人がいます。
そういう人たちは、自分の意見を積極的に出しながらも、結果的には周囲を明るい気持ちにさせ、社内全体に良い影響を与えています。
自分の短所を受け入れながらも隠さずに「自分らしく」振る舞うことで、その人の持つ「人間味」を感じることができ、親しまれるのではないでしょうか。

【自分らしさを理解してもらうことが大切】

「嫌われる人」と「「好かれる人」の比較をふまえると、「嫌われたらどうしよう…」と気にしすぎて自分の気持ちを制限するより、まずは周囲に「自分らしさ」を理解してもらことが大切なことが分かります。
人の評価ばかり気にしていると、どうしても息苦しくなってきてしまい、大きなストレスを抱えてしまうことも。
もちろん、周囲への気配りや思いやりを持つことも大事です。それに加えて「自分らしい」芯を持つことで、信頼も得られ、周りと円滑にコミュニケーションが取れるのではないでしょうか。
 
自分を偽るのではなく、本当の自分を周囲の人に知ってもらうことが重要です。
そして自分の悪い部分を素直に認め、改善しようとする姿勢を持てば、自然と周りが助けてくれるでしょう。

◆職場で嫌われている人への対処法

職場で嫌われている人の対処に困った経験はありませんか。この章では、職場で嫌われている人への対処法をご紹介。ぜひご参考にしてください。

【相手を「嫌い」だと決めつけない】

現在、職場に嫌いな相手がいたとしても、「この人は嫌いだ」として決めつけるのはよくありません。
相手に対して「嫌い」という感情を自覚して持っていると、その気持ちはどんどん肥大化していき、相手にも伝わってしまいます。相手から嫌われていると感じれば、自分を嫌っている相手への警戒心が出てくるので、お互いの関係が悪化し、悪循環に陥るだけです。
「苦手だな」と思う人がいても、すぐに関係を断ち切ろうとするのではなく、まずは自分の気持ちや行動を改めることから初めてみましょう。
そうすることで、相手の態度も自然と改善されていく場合もあります。

【相手の立場になって考えてみる】

その人の言動に、何かしらの原因や理由、エピソードがあると考えましょう。
「辛い過去があるのかもしれない」「切羽詰まっていて余裕がないのだろう」など、相手の立場に対して様々な想像力を働かせると、苛立ちや不信感も少しは収まります。それだけでなく、何より自分の心を広くすることができ、自己成長にも繋がるでしょう。
 
最後に一つ、頭に入れておいてほしいのは、この世に「自分と同じ人間は存在しない」ということです。
違う考えを持つ人がたくさんいるので、嫌いな人ができるのは「当たり前」と考えると、自分自身の気持ちも楽になるでしょう。

「職場で嫌われてしまい、人間関係に悩んでいる…」
「どうしても嫌いな人がいて、ストレスが日々積み重なっていく…」
そんな風に悩んでいる方は、思い切って新天地で働くことを視野に入れてみてはいかがでしょう。自分に合う職場、合わない職場というのは必ずあるものです。環境を変えることで状況が解決する場合も多いのではないでしょうか。

若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、職場の悩みや転職について個別カウンセリングでサポートしています。
転職に必要な手続きのサポートや、求人サイトには載っていない、一人ひとりの適性に応じた求人を紹介。現在の仕事をしたまま、よりスムーズに自分に合った仕事を見つけたいという方におすすめのサービスです。また、プロの転職アドバイザーが一人ひとりにきめ細やかなカウンセリングを行うので、あなたに合った仕事がきっと見つかります。在職中の転職活動に不安を感じる方は、ぜひハタラクティブへご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ