めんどくさい人への対処法とは?職場での付き合い方を解説!

めんどくさい人への対処法とは?職場での付き合い方を解説!の画像

この記事のまとめ

  • めんどくさい人とは、誰かの仕事をじゃまするなど対応に困る人のこと
  • めんどくさい人は、自己中心的で自分のミスを認めないなどの特徴がある
  • 職場にいるめんどくさい人には、忙しいふりをするのも対処法の一つ
  • 自分がめんどくさい人にならないために、定期的に自己診断するのがおすすめ
  • めんどくさい人とどうしても関わりたくないなら、転職を考えるのも良い

職場にめんどくさい人がいて、困っている方もいるのではないでしょうか。めんどくさい人の特徴には「頑固」「自己中心的」などが挙げられ、上司や同僚にそのような人がいれば関わりたくないものです。このコラムでは、めんどくさい人から離れる方法や、職場での対処法をご紹介。このコラムを読んで、めんどくさい人から好かれる行動をとっていないか、自分が当てはまる特徴はないかを診断する参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「めんどくさい人」ってどんな人?

「めんどくさい」という言葉は、煩わしい・手間がかかる・厄介という意味で使われています。なにかをしようとしたときに「大変だな…」と感じる=めんどくさいといえるでしょう。

めんどくさい人とは

「めんどくさい人」とは、じゃまをする人・対応に困る人・関わると厄介な人のこと。たとえば、職場で上司の指示を守らずに困らせてしまったり、自分の都合で同僚のじゃまをしてしまったりする人のことです。自分では良かれと思ってやっていることが、「めんどくさいな…」と思われる可能性もあります。「めんどくさい人」になってしまう原因を知り、自分の行動に気をつけましょう。

めんどくさい人になってしまう原因

めんどくさい人になる原因には、人より上の立場になりたがったり、自慢話を頻繁にしてしまったりするなどがあります。自分でも気づかないうちに「めんどくさい」と思われる原因を作っていないか、考えてみましょう。

空気が読めない

断られているのに気づかず、相手が嫌がることを繰り返してしまいます。

優位に立ちたがる

自己主張が強く、常に人よりも上の立場になろうとする行動も「めんどくさい」と思われる原因の一つです。誰かが褒めるまで、自分の話をし続けてしまいます。職場での評価を気にする傾向があるでしょう。

人の気を引きたがる

構ってほしい、注目してほしいという気持ちから、自慢話や不幸話を頻繁にしてしまう人も、めんどくさいと思われがちです。特に、職場が忙しいときは迷惑に感じる人も多いでしょう。

偉そうな言動が多い

人を見下したような言動や、「自分は正しい」という主張が多くなってしまうようです。

無意識のうちに、上記のような行動を取ってしまうこともあるでしょう。「人に嫌われる性格や言動について知ろう」のコラムでは、そのような態度をとってしまう理由についても解説していますので、参考にしてください。

性格・行動別!「めんどくさい人」の特徴

「めんどくさい人」の特徴には「頑固」「負けず嫌い」などの性格や、「ミスを認めない」「悪口が好き」などの行動が挙げられます。この項では、「めんどくさい人」の特徴を性格・行動別にまとめました。

性格が「めんどくさい人」の6つの特徴

性格が「めんどくさい人」の主な特徴には、以下の6つがあります。

1.頑固

一度「これだ」と思ったことは曲げず、他人の意見を受け入れたり参考にしたりしない人。周囲のアドバイスを聞き入れずに、自分の考えが正しいと思っている人も当てはまります。職場の協調性が保てなくなるので、周りの人は困ってしまうでしょう。臨機応変な対応ができないため、「要領が悪い」といわれることもあるようです。

2.相手の揚げ足を取る

前述の「頑固」な性格に通ずるもので、他人の意見に対して小さなことでも間違いを探して揚げ足を取る人。自分の考えが正しいと思っている方に多く、本人は指摘や注意のために行っていても、相手は「クレームをつけている」「アラ探しをしている」と感じるでしょう。

3.感情の起伏が激しい

そのときの機嫌によって対応などが変わる人も、めんどくさい人といえます。また、仕事のミスを指摘されたり、自分以外の人が評価されたりすることで機嫌が悪くなる人も、職場での扱いに困るめんどくさい人です。

4.悲観的

自分に自信がなく、ネガティブ思考な人は周囲にとって扱いづらい存在。なにを言っても「わたしなんか」「どうせ」と悲観的な態度を取るので、周囲は常にフォローをしたり勇気づけたりと、気疲れしてしまいます。悲観的な態度は職場にも悪影響を及ぼすでしょう。過去のことをいつまでも覚えて悲観的になっているのも、めんどくさい人の特徴です。

5.自己中心的

自分の利益や状況を最優先してしまうのが自己中心的な人。思いどおりにいかない・自分が納得できないことがあると不機嫌になるなど、いわゆるワガママな人といえます。職場でも人に合わせることができないので、上司や同僚を振り回してしまい「めんどくさい人」と思われることが多いようです。

6.負けず嫌い

自分が1番にならないと気が済まない人は、プライドが高く負けることが許せない性格です。仕事面でも、自分より高評価を得る人や高い成績を残した人に対して対抗心を持ち、一方的に敵視することもあるでしょう。

めんどくさい性格が長所になることもある
「頑固」「自己中心的」「負けず嫌い」といった性格は、裏を返せば「仕事をやり切る」「信念を貫く」「諦めない」といった長所でもあります。営業や販売の仕事では、その性格を活かして営業成績アップにつながることもあるでしょう。

行動が「めんどくさい人」の5つの特徴

行動面から見た「めんどくさい人」の代表的な特徴は以下のとおりです。

1.何度も同じことを聞く

同じことを何度も聞くのは、相手の時間を奪う行為。毎回同じことを教えるのは面倒ですし、そのたびに業務を中断するので効率が悪くなります。「質問する前に調べてみて」と毎回注意するのも面倒です。

2.ミスを認めない

自分のミスや間違いを受け入れず、認めない人もめんどくさい人。ミスの原因を他人に転嫁したり言い訳をしたりと、自分は間違っていないことを長々と主張するため、周囲を困惑させてしまいます。
特に、仕事のミスを認めない人は、職場でめんどくさい人と思われているでしょう。

3.相手の都合を考えない

相手の都合を考えずに連絡や雑談などを始める人もめんどくさい人です。いわゆる「かまってちゃん」タイプで、常に人と関わっていないと、不安になったり孤独を感じたりする人が当てはまります。特に用事はないのに、電話やメール、SNSなどで頻繁に連絡をする人もいるでしょう。
また、自分では親切のつもりでやっていることが「かえって迷惑…」と思われていることも。相手の都合を考えずに、自己中心的な行動をしてしまうのが原因です。

4.悪口や噂話が好き

悪口や噂話が好きな人は、「他人を卑下して優越感に浸りたい」という気持ちが強いといえます。そのため、聞いた話に尾ひれをつけて大げさに話すことも。真実ではない話を広めること、意味のない話に付き合わせることが周囲にとって「めんどくさい」という自覚が足りないのでしょう。

5.仕切り屋になる

前述のとおり、めんどくさい人は「常に優位に立ちたがる」傾向があるため、仕切り屋になることも多いでしょう。自己中心的な考えで職場を仕切ってしまい、周りからは「かえって物事が進まない…」と迷惑がられてしまいます。

周りの人と良い人間関係が作れない「人に好かれない人」の特徴を「人に好かれない理由とその特徴とは?」のコラムでご紹介していますので、あわせてご覧ください。

「めんどくさい人」に好かれる人とは

職場のめんどくさい人から好かれて困っている方もいるでしょう。以下に、「めんどくさい人に好かれる人の特徴」を挙げました。自分が当てはまるかどうかを確認してみてください。

話をしっかり聞いてしまう人

めんどくさい人の話は聞かなかったり聞き流したりする方が多いため、些細な内容や長い話でもしっかり聞いてあげると、「この人は話を聞いてくれる」と認識されてしまいます。
一度認識されると何度も話しかけられ、自分が辛くなってしまうので、めんどくさい人の話は上手に切り上げると良いでしょう。

いちいち構ってあげてしまう人

めんどくさい人の噂話や言動にいちいち構ってあげる人も、好かれる傾向が強いです。優しさや単なる興味など構う理由はさまざまですが、いちいち対応していると慕われて対応に困ることも。特に、職場の噂話や悪口に構っていると、自分も人のことを悪くいっているように見られることもあります。めんどくさいと思ったら、適度にかわすのがおすすめです。

好き嫌いを表に出さない人

誰に対しても優しく、好き嫌いを表に出さない人はめんどくさい人からも好かれます。めんどくさい人は冷たくあしらわれることが少なくありません。そのため、優しくしてもらえると嬉しくなり、甘えてくる可能性が高いでしょう。

相手のことを知ろうとしてしまう人

人に興味があると、相手のことを深く知ろうとして質問してしまうことがあります。めんどくさい人に質問すると「自分に興味を持ってくれた」と喜ばれ、長話に付き合うことになる場合も。めんどくさい人と距離を置きたいなら、質問は控えたほうが良いでしょう。

職場にいる「めんどくさい人」の対処法

職場にいるめんどくさい人とは、距離を置くのが難しい場合があります。この項では、めんどくさい人と付き合うにはどうしたら良いのか、対処法を解説。仕事に影響が出ないように、上手に付き合えると良いでしょう。

話に共感しない

めんどくさい人の話には共感しないことが大切です。相槌を打ったり楽しんだりすると、共感していると思われて行動がエスカレートする可能性があります。
もし「○○さん、実は○○なんだって」というような噂話を耳にしたら、明確な返事はせずに素早く話を切り上げましょう。

忙しいふりをする

「急ぎの仕事があるので」「打ち合わせがあるので」などといって、忙しいふりをするのも有効です。職場で忙しいふりをしていれば、話を途中で切り上げたり、離席したりしやすくなります。めんどくさい人は「構ってほしい」だけで、根は悪い人ではないことも。冷たくするのは気が引ける側面もありますが、仕事が理由であれば相手も傷つきにくいのでおすすめです。

自分のことは話さない

めんどくさい人と深く関わらないためには、自分のことは話さないのも重要です。自分の情報を知られてしまうと、それをきっかけに話しかけてくる頻度が増えることも。めんどくさい人と話すときは、「そうですね」と相づちを打つだけにして、自分の意見や情報を伝えないのが得策です。

めんどくさいと注意する

上記の対処法を試しても効果がない場合は、面と向かって注意するのも一つの手です。注意するときは相手を否定するのではなく、「積極的に行動できるのは良いと思うけど、何度も話しかけられるとめんどくさくなってしまう」と、良いところは褒めながら指摘するのがおすすめ。注意されて落ち込むと、余計にめんどくさくなる可能性があるからです。
また、「職場のみんなにとってもめんどくさいと思う」など、個人的な意見ではないことを伝えるのも効果的。自分で注意しにくい場合は、上司に相談して本人へ伝えてもらうのも良いでしょう。

めんどくさいことをしてみるのも手
最終手段ではありますが、自分もめんどくさいことをし返すのも手段の一つ。空気を読まずに話しかけたり、何度も同じことを聞いたりしているうちに相手が近寄ってこなくなることもあります。また、自分がめんどくさい人であることに気づく可能性もあるでしょう。
ただし、やり過ぎると「あの人めんどくさいらしいよ」と陰口をいわれてしまい、自分の立場が悪くなる場合もあるので注意が必要です。

「めんどくさい人」から離れるための3つの方法

職場や周囲にめんどくさい人がいて対応に困っているなら、「一定の距離を置く」「目を合わせない」「とにかく注意する」の3つが効果的です。

1.一定の距離を置く

話しかけられても適当に聞き流すなど、必要以上の関わりを絶ちましょう。やり取りは業務に関することだけにし、世間話やプライベートでは関わりを持たないことが大切。時間が経てば「この人は相手をしてくれない」と判断し、離れていくでしょう。

2.目を合わせない

人と話すときは目を合わせるのがマナーですが、めんどくさい人は目を合わせた人=話しかけて良い人と捉えるようです。職場で話をするときもパソコンや資料を見る、グループならほかの人と積極的に話すなど、間接的に話しかけて欲しくないことを伝えてみましょう。

3.めんどくさい行動を許さない

めんどくさい人の多くは、「自分はめんどくさい人だ」と自覚していないもの。注意するのもめんどくさいので職場で放っておかれているため、自己中心的な行動や不機嫌な態度をしても良いと勘違いしている場合があります。
めんどくさい人から離れたいなら、「そこは直してほしい」「そういう態度は良くない」と何度も伝えましょう。ワガママな人はプライドが高いことも多いので、自然と離れていくと考えられます。

やれることをやったら様子を見よう
上記3つの方法や、「職場にいる「めんどくさい人」の対処法」で紹介した対処法を試したあと、しばらく様子を見るのもおすすめです。話しかけてきたら適当に受け流し、注意や指摘は一切しないという期間を作ってみましょう。めんどくさい人は、リアクションがない人を「つまらない」と感じて離れていく可能性もあります。

自分はめんどくさい人?職場での行動を自己診断しよう

ここで視点を変えて、自分がめんどくさい人になっていないかを考えてみましょう。職場で以下のような行動を取れているか、振り返ってみてください。

協調性を持ち、人の意見を聞き入れる姿勢を保つ

自分とは違う意見を聞き入れ、職場の人たちとの協調性を重んじるのは重要です。人によって考え方は異なるもの。人の意見に対して揚げ足を取ったり、ミスを探してダメ出しをしたりすると「めんどくさい人」に認定されてしまいます。また、自分と異なる意見に対しても、寛大な姿勢で受け入れることが大切です。たとえ強く否定されたと感じても、「そんな意見もあるのか」「視点を変えることも大切」と捉え、納得できなければ相手に意見の理由を聞いてみましょう。

会社のルールも受け入れる姿勢が大事
会社のルールに納得がいかないとき、文句やダメ出しだけを伝えるのは良くありません。異議があるなら理由を話し、「ほかの方法を試したい」と提案するのが大人の対応。また、「経営側にも事情があるのだな」「とりあえずやってみよう」と受け入れる姿勢も大事です。

仕事をテキパキとこなす

分からないことがあればまずは自分で調べたり、納期やルールを守って業務を遂行したりするなど、仕事をテキパキとこなすのも大切。上司が見ていなくても、順調に仕事を進められる自立した人になりましょう。

必要以上に自分の情報を伝えない

必要以上に自分の情報を開示するのは「かまってちゃん」の特徴です。職場では業務に関係ないことは言わない、相手に聞かれても必要以上に伝えないことで、めんどくさい人からのアピールや会話が減る効果も期待できます。

相手の立場を考える

自分の何気ない発言や行動で、相手を嫌な気持ちにすることも。職場で周囲から少し距離を置かれていると感じるなら、相手の立場になって物事を考えてみましょう。「嘘をつく」「無駄な会話に付き合わせる」「相手が困ることをいう」など、自分がされて嫌なことは相手も嫌なこと。特に、人の不幸話や根拠のない噂話などは、聞かされても困るものです。人間関係を良好に保つためにも、相手の立場になって考えることを意識してみてください。

ポジティブな思考を持つ

人前で必要以上にネガティブな態度を取るのは、周囲を困らせるめんどくさい行為です。自分を卑下してばかりだとネガティブ思考になってモチベーションも下がり、仕事の効率も悪くなるでしょう。特に、「体調が悪いアピール」「傷ついたアピール」は「かまってちゃん」によくある行為で、めんどくさい人の典型ともいえます。
ポジティブで前向きな思考を持てば、職場の人とのコミュニケーションも活発になり仕事の効率が良くなることも。自分に自信を持つことが大切です。

職場での自分の行動は、定期的に自己診断するのが良いでしょう。「職場で嫌われる人の特徴を解説!あなたの性格や言動は大丈夫?」も参考にしながら、自分自身を振り返ってみてください。

「めんどくさい人」と関わりたくないと思ったら

めんどくさい人が直属の上司や指導担当の先輩など、距離を置くのが難しい場合もあります。どうしても関わりたくないと思ったら、以下の方法を試してみましょう。

周囲に相談する

1人で悩んでいるなら、信頼できる人に相談してみましょう。同じ職場なら悩みを共有できますし、周囲が有効な対処法を知っていることもあります。

異動や転勤で職場を変えるのもおすすめ
めんどくさい人が原因で仕事がしにくい、注意しても離れてくれない、などの場合は上司や人事部に相談するのもおすすめです。異動や転勤によってめんどくさい人から離れられる可能性もあります。

自分の考えを改めてみる

めんどくさい人に対して固定概念を持って接するのをやめ、自分の考えを改めるのも方法の一つ。視点を変えれば物事の捉え方や感じ方が変わることもあります。
また、めんどくさい人に対処しているうちに、自分なりの方法が見つかることも。一般的な対処法だけでなく、オリジナルの方法を確立するのも良いでしょう。

転職を検討する

対処法の効果がなく、異動や転勤も難しい場合は転職を検討するのもおすすめです。
めんどくさい人に対処していると、業務に集中できずに自分の評価が下がってしまうこともあるでしょう。そのような状況が長く続くと、スキルアップやキャリアプランに影響が出てしまいます。
自分の将来を優先して考え、転職するのも良い方法です。

職場の人間関係や雰囲気を知ったうえで転職したい方は、ハタラクティブを利用してみませんか?ハタラクティブは20代を対象にした就職エージェント。個別カウンセリングであなたの希望を聞き出し、一人ひとりに合った求人をご提案しています。一人での就活では把握するのが難しい、実際の雰囲気・社風を独自に取材してご紹介しますので、ミスマッチが起きにくいのが特徴です。「次は腰を据えて長く働きたい」「自分に合う会社で活躍したい」と考えるなら、企業情報に詳しいハタラクティブをぜひご利用ください。

めんどくさい人へのお悩みを解消するQ&A

職場にいるめんどくさい人への対処法や、自分がめんどくさいと思われているのではないかといったお悩みをQ&A方式で解消します。

めんどくさい人の診断方法は?

「頑固」「悲観的」などの特徴が当てはまるかを確認しましょう。このコラムでご紹介した『「めんどくさい人」の特徴』を参考にしてください。また、Web上の診断テストもあります。自分が「めんどくさい」と感じる人と同じことをしてしまっていないか、振り返るのもおすすめです。
 

めんどくさい人がいない職場はある?

どのような職場でも、めんどくさい人がいる可能性はあります。どうしても、めんどくさい人間関係を避けたいなら、人との関わりが少ない仕事を選ぶのも方法の一つです。フリーランスになるのも良いでしょう。「関わりたくない人の特徴と職場で上手に接する対処法を紹介!」のコラムでは、誰かと関わりたくない人におすすめの仕事をご紹介していますので、参考にしてください。
 

めんどくさいストレスから開放されるには?

めんどくさい人に、正直に指摘してもOK。ストレスが溜まるくらいなら、「悪口に付き合うのはめんどくさい」と注意しても良いでしょう。めんどくさい仕事へのストレスは、短期目標を決めて目の前の作業に集中するのがおすすめです。「仕事がめんどくさいと感じる人へ!やる気が出ない理由や対処法をご紹介」のコラムで対処法をご紹介していますので、ご一読ください。
 

自分がめんどくさい人になってしまったら?

めんどくさい人になった原因を見つけましょう。たとえば、自分が話しているとき、相手がめんどくさいと感じている様子だったら、すぐに話を切り上げます。「会社で必要とされる人になるためには?仕事ができる人の7つの特徴も解説!」を読んで、必要とされる人間を目指しましょう。
 

職場のめんどくさい人と付き合うには?

適度な距離を保ち、あまり好かれないように気をつけましょう。そのためには、相手の話を聞き過ぎない、興味を示さない、忙しいふりをする、などが有効です。どうしてもうまく付き合えない場合は、転職を検討するのも方法の一つ。人間関係や社風を知ったうえで転職したいなら、ぜひハタラクティブをご利用ください。

関連タグ