関わりたくない人の特徴と職場で上手に接する対処法を紹介!

関わりたくない人の特徴と職場で上手に接する対処法を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・関わりたくない人の代表的な特徴には、他人に対する気遣いができないことが挙げられる
  • ・職場に関わりたくない人がいる場合は、適度な距離をとることも有効な対処策
  • ・しつこくされる場合は、自身の対応やSNSでの関わりを見直してみよう
  • ・我慢できないほど関わりたくない人が職場にいる場合は、転職するのも良い方法
  • ・人と関わらずに1人でできる仕事には、ドライバーや清掃員などがある

「職場に関わりたくない人がいるが、対処法が分からない…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?関わりたくない人に上手く対処するためには、相手の特徴を知ったうえで適切な関わり方を学ぶことが大切です。
このコラムでは、職場にいる関わりたくない人のタイプや、自分のストレスを軽減させる対処法について解説。我慢できなくなった場合の対処法や、人との関わりが少ないおすすめの仕事も紹介しています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

関わりたくない人の11の特徴

ここでは、職場にいる関わりたくない人の代表的な特徴を11個紹介します。関わりたくない人の特徴を客観的に理解することで、人間関係のトラブルを未然に防ぐことができるしょう。

1.常にイライラしている

関わりたくない人の特徴の一つに、常にイライラしていることが挙げられます。イライラしていることで、周りの人間にも悪影響を与えてしまうでしょう。
特に上の立場にいる人間だと部下を委縮させてしまい、会社の業績にも大きな影響を及ぼしかねません。

2.自己主張が強過ぎる

自己主張が強過ぎる人は、「関わりたくない…」と周りから敬遠されがちです。このようなタイプは、自分の意見が常に正しいと思い込んで、人の話に耳を貸そうとしない傾向にあります。
そればかりか、他人の意見を否定して、せっかく良いアイディアが出たのに独りよがりに自分の意見を押し通し、巻き込まれた人たちは連帯責任をとらされてしまうケースもあるでしょう。

3.陰口が多い

悪口をよく話す人は周りから「関わりたくない…」と思われやすいです。自分がいないところでひそひそ話をされていると、誰でも良い気持ちはしないもの。他人の気持ちを考えられない、無神経な人とも判断されます。上司にも良い印象を与えません。

4.考え方がネガティブ

考え方がネガティブだと、関わりたくない人と思われがちです。愚痴が多く、否定的な発言をたくさんすると、相手を嫌な気持ちにさせてしまうことがあります。
相手のことを悪く言わなくても、「自分はどうせ◯◯だから」と自分を貶すような発言をしていると、ほかの人までネガティブ思考にしてしまう可能性が高いです。いつも暗い顔をしている人は「極力関わりたくない」と遠ざけられてしまうでしょう。

5.そのときの気分で行動する

関わりたくない人の特徴に、そのときの気分で行動することが挙げられます。その日によって態度や言動を変える人は付き合いづらく、「関わりたくない」と思われてしまうでしょう。
また、気分屋の人は周囲に良い影響を与えません。言動で職場の人を振り回し、仕事の効率ダウンにつながることもあります。

6.自己中心的で他人のことを考えない

自己中心的な考えを持つ人は周りから信用されず、関わりたくないと思われてしまいます。コミュニケーション能力が高くないのが特徴で、チームワークが必要とされる仕事のリーダーには不向きです。
このようなタイプは場の空気を読むのが苦手なため、クライアントに嫌な思いをさせることも。その尻拭いを部下がやらされた場合、ますます信用を失う傾向にあります。

7.責任感がない

責任感がない人は、周りから関わりたくないと思われやすいです。仕事も適当になりがちで、トラブルに巻き込まれたときには自分だけ何とか逃げようと画策する傾向があります。

8.清潔感がない

関わりたくない人だと思われる特徴に、潔感がないことが挙げられます。よれよれのシャツやスーツを身に着けていれば、職場だけではなくクライアントなどにも悪い印象を与えてしまうでしょう。
また、他人と距離感が近い仕事をしている場合は、体臭が問題になることがあります。匂いが強いと周囲の人に不快感を与え、「関わりたくない」と思われやすいようです。

9.自分のミスを押し付ける

自分のミスを押し付けるような人は、どんなに仕事ができても関わりたくない人として敬遠されがちです。仕事上のミスをほかの人間に押し付ければ、信用を一気に失ってしまいます。職場の人間関係を悪化させる要因になるでしょう。

10.他人とはズレた感覚をもっている

関わりたくないと思われる人の特徴の一つに、一般的なものとズレた感覚をもっていることが挙げられます。いわゆる「天然」といわれる人に多い特徴で、改善されにくいようです。
他人と感覚がズレていても周りに迷惑をかけなければ問題はありませんが、嫌がることをしつこく聞いてきたり、人のプライバシーに関わる部分に踏み込んできたりする場合、「関わりたくない人」というレッテルを貼られることもあるでしょう。

11.相手によって態度を変える

上司にはへりくだっているのに、部下にはきつく当たるなど、人によって態度を変える人は信用されず、関わりたくないと思われてしまいます。
このようなタイプは意見も変わりやすい特徴があり、発言が二転三転する傾向があります。

職場の人間関係に悩んでいる方には「めんどくさい人への対処法とは?職場での付き合い方を解説!」のコラムもおすすめです。職場での人間関係を、うまく築いていきましょう。

関わりたくない人を無視しても良い?

関わりたくない人が職場にいても、無視することは避けましょう。無視をした場合、相手を悲しい気持ちにさせたり、周りに「大人げない人だ」と思われたりする恐れがあります。自分の評判を落とすようなことは避けたほうが無難です。
関わりたくない人に対して無視はせず、次の項で説明する対処法を試してみましょう。

関わりたくない人と上手に付き合う10の対処法

ここでは、関わりたくない人と上手に付き合うための対処法を10個紹介します。
会社で働く人数が多いほど、関わりたくない人と出会う可能性は高いです。正しい対処法を覚えておくことで、関わりたくない人と接するストレスを軽減させることができます。

1.相手のことを理解する

自分とは合わない嫌な人だと思ってもいきなり関係を断つことはせず、まずは相手のことを理解することから始めてみましょう。自分とは価値観が合わないだけだと思えば、分かり合える部分が出てくる可能性もあります。

2.仕事だと割り切る

どうしても相手の良いところを見つけることができず、理解もできない場合は、「仕事でしか付き合うことはない」と割り切りましょう。割り切れば精神的にも楽になり、客観的な対応ができるようになります。

3.相手に合わせない

相手に合わせているがゆえにストレスになって、「関わりたくない」と思うケースも多々あります
できるだけ自分のペースを保って、ある程度の距離をとって付き合うことを心掛けましょう。今よりも冷静な対応がとれるようになることがあります。
大切な話以外に、真剣に対応するのは辞めましょう。相手から「この人は自分に合わせてくれる人だ」と誤解されてしまう可能性があります。最低限の礼儀だけを保っていれば、失礼にも当たりません。

4.丁寧な対応を心掛ける

関わりたくない人に対しても社会人として最低限の挨拶はきちんと行い、できるだけ丁寧な対応を心掛けましょう。できるかぎり関わりたくないと思っていても、相手に不快感を与えてしまう行動は控えてください。

5.関わりたくない理由を冷静に考える

「関わりたくない」と思っている理由が明確でない場合は、その要因を冷静になって考えてみましょう
一度された嫌なことによって、その人のことをネガティブにしか捉えられなくなっていることがあります。原因を客観視することが大切です。自分から寄り添いコミュニケーションをしっかりとってみたら、意気投合して良い関係を築けるようになることもあります。

6.オウム返しという技法を用いる

オウム返しという技法は、カウンセリングで使用される有効な対処法です。相手の言った言葉をそのまま返します
オウム返しをすることで嫌な相手との会話のストレスを軽減させることができ、不要なコミュニケーションを回避することが可能です。

7.適度な距離をキープする

心理学では、「社会距離」と呼ばれるものがあって、120㎝以上の距離を空けることにより相手にも不快感を与えにくくなります。親しい相手とのパーソナルスペースは45㎝以内で、この距離だと自分に気を許していると思われてしまうので、関わりたくない人とはできるかぎり120㎝以上の適度な距離感をキープしましょう

8.会話の内容と回数に気を付ける

人は、「自分に対して情報を開示してくれた相手に対して、好感を抱きやすい」と言われています。関わりたくない相手と適度な距離を保つためには、心理的にも適度な距離感を保つことが大切です。たとえ、その場の流れであっても、自身の詳しい情報を開示するのはやめましょう。また、相手の方から深い会話を始められてしまった場合も、その場から立ち去ったり、会話の流れを変えたりするのがおすすめです。
もう1点注意したいのが、会話はできるだけ2往復以内に終了させること。会話のキャッチボールが増えれば増えるほど、心理的な距離が近づいてしまいます。

9.「忙しい人」を演出する

関わりたくない人と距離を置きたいものの、目立った行動をとるのが苦手な方には、忙しいアピールをするのがおすすめです。時間がないことを印象付けておけば、話し掛けにくく、誘いづらくなるでしょう。実際に誘われてしまったときでも、「ごめんなさい、忙しいので…」と断るきっかけにできます。

10.第三者の力を借りる

上司などの第三者に、間に入ってもらうのもおすすめの対処法です。
誰かに相談してみるだけで気持ちが楽になる場合もありますし、上司に相談すれば関わりたくない人と適度な距離をとって仕事ができる環境をつくってもらえる可能性が高くなります。
特に、すでに何らかの実害が出ている場合、身近な人に状況を説明しておきましょう。理解者がいてくれれば、精神的な負担も軽くなります。また、関わりたくない人から距離を置くことで、それ以外の人から誤解されてしまうようなリスクも減らせるでしょう。

すでに人間関係に疲れてしまっている方には「人嫌いでも働くことはできる?おすすめの仕事や診断法を紹介!」のコラムがおすすめです。さまざまな仕事に目を向けてみましょう。

関わりたくない人がしつこいときはどうすれば良い?

自分からは関わりたくないと思い、対処法を実践しているにもかかわらず、相手の方からしつこく寄ってくる場合には、以下の3つのポイントを確認してみてください。気づかない間に隙を見せないための、具体的な対処法は以下のとおりです。

1.はっきりと「NO」を伝えられているか?

他者にしつこく執着する人は、心の中に不安や寂しさを抱えていることが多いと言われています。「この人は自分を受け入れてくれている」と感じると、どんどん距離を近づけようとするでしょう。関わりたくない人がしつこく絡んでくる場合、「関わりたくない」という気持ちが、うまく相手側に伝わっていない可能性も。「嫌だ」と伝える場面で、はっきりと自分の気持ちを表現できているか確認してみてください。
しつこい相手に対して、「△△だからNO」と条件付きの拒否をすると、「△△ではなかったらOK」と誤解されてしまうリスクがあります。言葉を濁したり、曖昧な表現をしたりするのはやめましょう。相手に失礼にならないよう気遣いつつ、「NO」という言葉ははっきりと分かりやすく伝えるのがおすすめです。

2.他者から嫌われることを恐れ過ぎていないか?

職場の人間関係が悪くなるのは避けたいもの。「できればみんなと仲良くしたい」と思う気持ちも分かりますが、関わりたくない人がいる場合、ある程度割り切る覚悟も必要です。職場は友人を作る場所ではありません。「仕事が問題なく回る程度の、薄く広いお付き合い」を心掛けてみてください。
「関わりたくない人がいるものの、相手から嫌われるのが怖くて、つい笑顔で応対してしまう」という場合、適度な距離をとるのは難しくなります。好かれるための工夫をするのではなく、不快感を抱かれないための、最低限のマナーを身に付けましょう

3.SNSでつながっていないか?

職場で関わりたくない人とSNSでつながっていると、共有する情報量が、自然と多くなりがちです。お互いの投稿をきっかけに会話のネタが生まれたり、「いいね」を通じてコミュニケーションをとってしまったりすることもあるでしょう。やはり、関わりたくない人と距離をとるのが難しくなってしまう可能性があります。
物理的な距離を置くのと同様に、SNS上でも適度な距離を置けるよう、意識してみてください。ブロックするのが難しい場合、ミュートや閲覧制限機能なども、上手に活用していきましょう。

関わりたくない人との縁を切る方法

関わりたくない人との関係性が改善されない場合は、縁切りしてしまうのも一つの手です。職場にいる関わりたくない人と離れる方法は、主に以下の2つがあります。

異動願いを出す

どのような対策をとっても効果が出ず、精神的にも耐えられなくなったときには、異動願いを出すのも一つの方法です。関わりたくない人と顔を合わせることが減れば、気持ちが楽になる可能性があります
部署を変わることができなければ、支店などへの異動を申し出てみましょう。

転職する

転職をすれば、関わりたくない人と離れることができます。転職活動を行い、別の会社に移りましょう。関わりたくない人がいない職場に行って、新たな気持ちで仕事に励むのもおすすめです。
ただし、転職先には転職先の人間関係があるもの。転職によって本当に問題を解決できるのか、冷静に検討したうえで決断してみてください。

転職先で悩んだときには「人と関わりたくない人に適している仕事は?面倒くさいと感じる心理も解説!」のコラムも参考にしてみてください。おすすめの仕事を詳しく解説しています。

誰かと関わりたくない人におすすめ6つの仕事

ここでは、「できるかぎり誰とも関わりたくない…」と思う人におすすめの仕事を6つ紹介します。関わりたくない人との関係に疲れてしまった人は参考にしてみてください。

1.清掃スタッフ

清掃スタッフはホテルや商業施設、オフィスビルなど、多くの施設から需要があります。
広い建物などでは複数人でチームになって作業を行う場合もありますが、基本的に清掃は1人で行うため、人間関係を過度に気にする必要がありません。誰かと関わりたくない人にもおすすめの仕事です。
また、少子高齢化や核家族化が加速している中で、墓地清掃の需要も増えています。わずかな資金で個人事業主や法人として独立できる道も用意されているので、収入面でも期待が持てるでしょう。

2.運転手

運転免許があれば、運転手という選択肢もあります。乗客は入れ替わるため、関わりたくない人と長期間働かなければならない状況を避けることが可能です。タクシー運転手などの場合は毎日何人もの乗客と触れ合うことになりますが、ほとんどは一期一会の短い出会いで、適度な距離感を保てる環境にあります。
大型トラックやタクシー運転手などになるには、新たに免許を取得する必要がありますが、普通自動車免許を所有していればできる仕事もあるので探してみましょう。
また、トラック運転手になるために必要な大型自動車運転免許や、タクシー運転手に必要な普通第二種免許を取得するための費用を、雇用する会社側が負担してくれるケースもあります。

3.工場ライン作業者

工場の製造ラインの作業者は黙々と業務を進めることが求められるため、人とのやりとりが比較的少ない傾向があります。作業も同じことを繰り返し行うことが多いため、職場の仲間に教えてもらう機会も少ないでしょう。

4.投資家

投資家は自分自身で株式や債券、仮想通貨などの売買をして利益を出す仕事なので、誰かと関わりたくない人にもおすすめです。全責任を自分で負うことになるのでプレッシャーはありますが、上手くいけば会社に勤めているときよりも高い収入を得られることもあるでしょう。

5.フリーランス

実力があれば、会社に所属しないで仕事を受注するフリーランスとして働くことも可能です。ライターやカメラマン、プログラマーなど、フリーで活躍している人が多く存在しています。
被雇用者ではないため、自分で仕事を見つける必要がありますが、煩わしい職場の人間関係からは解放されるでしょう

6.ライブ配信者

動画や音声の配信サービスを利用してエンターテインメントを提供するライブ配信者は、誰かと関わりたくない人にもおすすめの仕事です。機材を用意して1人で撮影をすれば良いため、人と関わらずに済みます。好きなことや得意なことなどを発信したい気持ちがある人は検討してみましょう

「関わりたくない人と離れたい」「転職したい」とお考えの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは数多くの求人をご用意しております。
専任のアドバイザーがあなたの適正に合った仕事をご紹介。その後の内定までのサポート体制も万全です。
サービスはすべて無料でご利用いただけますので、お気軽にご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION