新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「仕事したくない」は病気?原因と対処法をご紹介

「仕事したくない」は病気?原因と対処法をご紹介

公開日:

最終更新日:

 
   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・「仕事したくない」という感情の多くは、医学的な病気によるものではない
  • ・「仕事したくない病」とは俗語の一つで、仕事に対してやる気が持てない状態を表す
  • ・「仕事したくない病」の原因は、勤務環境や人間関係であることが多い
  • ・「仕事したくない病」は多くの人が通る道で、ほとんどは一過性の感情によるもの
  • ・「仕事したくない病」は、原因を突き止めて不安を解消するのが効果的

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「仕事したくない」という病気のような感情は、誰しも抱いたことのあるものでしょう。いわゆる「仕事したくない病」は医学的なものではありませんが、ひどくなると心身に影響が見られる場合もあります。
このコラムでは、「仕事したくない病」の特徴を解説。また、発症する原因や対処法をまとめているので、「仕事したくない病」に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

「仕事したくない病」とは

「仕事したくない病」とは、その名のとおり「仕事をしたくないという病気のような状態」を表す言葉です。いわゆるネットスラング・俗語であり、風邪や花粉症のように、医師の診断が下るものではありません。ただし、あまりにも「仕事したくない病」がひどくなると朝起きられなくなったり、仕事がある日に体調を崩したりするなど、心身に影響を及ぼすこともあります。

「仕事したくない病」の特徴

「仕事したくない病」になると、「やる気が出ない」「仕事前になると体調を崩す」などの症状が見られるようになります。以下が「仕事したくない病」の具体的な特徴です。

やる気が出ない

特に、仕事に対してやる気や熱意を持てなくなる人もいるようです。症状がひどくなると自分の趣味や好きなこと、興味があるものにも熱意を感じられなくなり、生活そのものに覇気がなくなる場合もあります。

出勤の準備が億劫になる

仕事に対してやる気が出ないことで、出勤の準備が億劫になり、身だしなみが粗雑になるといった傾向が見られます。また、朝起きるのが困難になる人も。スムーズに行動できずに、遅刻をしてしまう場合もあります。

仕事前になると体調を崩す

仕事の前日や出勤前、また、会議やプレゼンなど苦手な業務の前になると、腹痛や吐き気を発症する人は多いようです。精神的なストレスは、体調不良を起こしやすいといわれています。そのため、体調を崩しやすい人は何らかのストレスを抱えている場合もあるでしょう。

どれだけ休んでも疲れが取れない

休日をゆっくり過ごしても休んだ気にならない、疲れが取れないのは、精神的に疲弊しているからだと考えられます。精神的な疲れを取るには、その原因を改善することが大切。そのため、通常の休日だけでは回復しないことが多いようです。

「仕事したくない病」にかかる5つの原因とは?

「仕事したくない病」は「仕事をしたくない状態」なので、原因は仕事にあることがほとんどです。多くの人が悩んでいる5つの原因をご紹介します。

1.残業が多い

「仕事したくない病」の原因として挙げられるのは、残業の多さです。人手不足や業務の多さ、職種の特徴などから残業が続くこともあるでしょう。繁忙期のように一時的に残業が増えるのは仕方ないことですが、慢性的に残業が続いているなら注意が必要です。プライベートの時間が持てないだけでなく、十分な休息を取れずに疲労が溜まり、仕事へのやる気を失う可能性が高まります。

2.人間関係が悪い

上司によるパワハラやセクハラ、同僚からの嫌がらせなど、人間関係の問題によって働く意欲が減退してしまう場合があります。スムーズに業務を進めるには、良好な人間関係が必要です。社内や部内の雰囲気が良くないと質問や相談がしづらく、業務に支障をきたす可能性も考えられます。

3.給与・待遇が見合っていない

仕事内容に対して給与が十分でない、割に合わないと感じてしまうと、仕事への意欲が薄れてしまう人も多いようです。また、成果を上げているのに評価されない、年功序列によりどれだけ結果を出しても給与に反映されないといった評価制度への不満も「仕事したくない」と感じる原因の一つとされています。

4.仕事が面白いと思えない

「コミュニケーションが苦手で、営業の成績がなかなか伸びない」「デスクワークでずっと座っているのがつらい」など、仕事が面白くないと感じてしまう人もいるでしょう。面白さを感じない仕事を続けていると、いずれ「仕事したくない」と思ってしまうことも。また、「自分の行った仕事がどのように会社に貢献しているのか分からない」といった気持ちも、やりがいを失う理由になる可能性があります。

5.プライベートに問題がある

仕事だけでなく、プライベートに問題がある場合にも、「仕事したくない病」に陥ることがあります。
家族や友人、恋人との関係に悩みがあると、仕事に身が入らずミスが続いてしまうことも。そうして、周囲に迷惑をかけてしまったり、上司から叱られたりすることで「仕事したくない」と思う人もいるようです。

「仕事したくない病」は多くの人が通る道!

誰しも「仕事に行きたくない」「やる気が出ない」と思うことはあるでしょう。その考えが強くなるのが「仕事したくない病」です。働いている以上は、多くの人が通る道だといえます。

多くは一過性の感情

「仕事したくない病」の多くは、「次の仕事は面倒だから嫌だ」「取引先が苦手だから仕事したくない」といった、一過性の感情だと考えられます。職場の人間関係で悩んでいても、異動や退職により解決する場合もあるでしょう。給与や待遇に関しても、働く中で改善のチャンスは多くあります。一時的に「仕事したくない」と思っても、環境や状況が変わって改善されるのであれば、その感情は一過性のものだといえるでしょう。

心の病気?長引くときは注意しよう

悩みの原因が解決しても「仕事したくない病」の症状が見られたり、日に日に悪化したりする場合は注意が必要です。精神的な疲労が溜まると、身体に大きな負担をきたす可能性があります。
心の病気は、人によっては自覚するのが難しい場合も。気づいたときには仕事だけでなく、日常生活もままならなくなることも珍しくありません。なかなか改善されなければ、然るべき場所に相談することをおすすめします。

「仕事したくない病」の対処法

「仕事したくない病」は誰でもなる可能性があります。しかし、その状態が長引けば、仕事内容や評価に影響してしまうことも。「自分は仕事したくない病かもしれない…」と思った時点で、以下の対処法を試してみましょう。

なぜ「仕事したくない」のかを考える

最も重要なのは、「仕事したくない」と思ってしまう原因を見つけることです。今の仕事のどこに不満を感じているのか、どのような仕事であれば快適にできそうかを整理してみましょう。
原因が分かったら「コミュニケーションが苦手」だから「一人で黙々とできる仕事を選ぶ」、「成果を出しても正当に評価されないのが不満」だから「実力主義の仕事に就く」など、どのような条件で自分が抱える悩みが解消されるかを洗い出します。
しかし、洗い出した条件で働けるかは会社次第です。まずは、上司に相談してみることをおすすめします。たとえ、実現できなくても、原因を知って向き合うことが解決に繋がる糸口となるでしょう。

目標を作る

仕事に対してやる気や意欲が見出せない場合、目標を作るのがおすすめです。目標を定めれば、それに向かって努力や工夫を行え、達成したときには大きなやりがいを感じられるでしょう。目標の内容は「次のプロジェクトでリーダーになる」「昇進試験に合格する」といった大きなものに限らず、「1日に行う作業の量を○○%増やす」「毎朝その日のToDoリストを作成する」といった小さなことでも効果があると考えられます。
どうしても仕事に対して目標が持てなければ、「毎日休まずに出勤する」「遅刻や早退をしない」などの些細なことから始めてみるのも良いでしょう。また、「仕事のあとにコンビニでスイーツを買う」「週末になったら洋服を1着買う」といった、自分へのプレゼントを目標に頑張るのも効果的。より具体的な目標を定めると達成しやすいのでおすすめです。

有給や休職制度を使用して仕事から離れる

長期休暇を取得して、一度仕事から離れてみるのも良いでしょう。自分の気持ちや考え方を整理したり、働き方について改めて考えたりする機会を設けることが大切です。十分な休息を取れば心身ともにリフレッシュして、新たな気持ちで仕事に取り組めることも。転職や退職を決意するきっかけにもなります。

第三者に相談する

家族や友人、同僚など信頼できる人に話を聞いてもらうのも効果的です。話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなったり、ポジティブな考えにシフトできたりすることもあります。
ただし、なかには「仕事したくないなんて甘え」「頑張りや努力が足りないだけ」など、厳しい意見を持つ人もいるため、相談相手は慎重に選びましょう。

働き方を変えてみる

働き方を変えてみるのも一つの手です。フレックスタイム制や在宅勤務制度など、柔軟な働き方に対応する会社は増えています。このような制度を利用して、自分にとって働きやすい環境を整えることも大切です。
人間関係で悩んでいるなら在宅勤務制度、勤務環境が原因ならフレックスタイム制やサテライトオフィスを活用するのもおすすめ。すでにある制度を活用するほか、上司に相談したり、自分に合う働き方を導入している企業に転職したりすると良いでしょう。

仕事以外の楽しみを見つける

仕事以外の楽しみを見つけることで、「仕事を頑張ろう」と思える場合もあります。仕事とプライベートは切り離して、楽しめるものを見つけましょう。
「仕事したくない病」がひどくなってしまうと、プライベートの時間を楽しめなくなってしまうことがあります。もし、そうなってしまった場合は「旅行する」といった大きなイベントを設定するのではなく、日常のなかに些細な楽しみの時間を設けることがおすすめです。自分へのご褒美を作ることで、「仕事したくない」という感情が薄れることもあるでしょう。

「仕事したくない病」は心機一転のチャンス!

「仕事したくない」と思うのは、仕事や会社に対して何らかの不安や疑念を抱いている証拠ともいえるでしょう。今の仕事を続けるのも良いですが、働き方や勤務先を変える良い機会と捉えることもできます。

環境を変えるチャンスと捉えよう

「仕事したくない病」が続いたときは、環境を変えるチャンスと捉えると良いでしょう。
近年、正社員の働き方は大きく変化しています。以前は「出社する」のが当たり前でしたが、なかには在宅勤務が進んでいる企業も。完全在宅勤務のほか、出社と在宅を組み合わせて対応できる企業も増えています。また、ワークライフバランスを重視して、本社のほかに各地にサテライトオフィスを用意したり、週休3日制を採用したりしている例も。今後も、今までの働き方にとらわれない「新しい働き方」は増えていくでしょう。
勤務先や業務内容を変えなくても、働く環境を変えることでストレスの軽減や解消につながります。勤務先ですでに導入されているなら活用し、導入されていないなら上司に相談してみても良いでしょう。

退職代行サービスを利用する

「退職したいけど、上司に伝える勇気がでない」という人や、会社や上司に退職を妨害される可能性がある人は退職代行サービスを活用しましょう。退職代行サービスとは、その名のとおり本人に代わって退職手続きを行うサービス。会社とのやり取りすべてを代行してもらえるので、できる限り会社と関わりたくない人におすすめです。

転職サービスを利用する

心機一転、新しい環境でスタートしたいなら転職エージェントを利用するのも良いでしょう。転職エージェントでは転職相談のほか、求人紹介や選考サポートを実施しています。利用者の状況や気持ちに合わせた支援が受けられるでしょう。

ハタラクティブは、若年層に特化している転職エージェント。ご利用者一人ひとりに対して専任のアドバイザーがつくのが特徴です。仕事に対する考え方や理想の働き方などをお伝えいただければ、適性や経験などを参考に転職先をご紹介いたします。就職に関する相談はもちろん、退職のアドバイスや応募書類の書き方などもサポート可能です。
なお、サービスはすべて無料です。現状を変えたいと考えている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

仕事に意欲が見いだせないときのQ&A

ここでは、仕事に対してやる気や意欲が湧かない方が抱きやすい疑問を、Q&A方式でご紹介しています。

 

心の病気を疑ったら、どうすれば良い?

然るべき場所に相談しましょう。
このコラムの「『仕事したくない病』は多くの人が通る道!」で前述したように、精神的負担は本人も気づきにくいもの。少しでも「いつもと違う」「気持ちが伴わない」と感じたら、然るべき場所に相談することをおすすめします。病院に抵抗を感じるなら、会社の産業医や人事・総務も良いでしょう。電話相談を行う地域や団体も多いので、対面を避けたいなら活用してみてください。

病気療養は退職理由になる?

なります。
まず前提として、自己都合退職の場合はどんな理由でも退職できます。病気療養の場合は体調不良とするのが一般的。ただし、いきなり「体調が悪いので辞めます」と伝えるのはマナー違反です。退職方法に関しては、「体調不良は退職理由にできる!根拠を示して円満退職を目指そう」でご確認できます。また、体調不良が理由の場合は特定理由離職者に該当する可能性があるので、「失業保険に関わる!特定理由離職者とは」も併せて確認してください。

失業保険はどうすれば受給できる?

離職票や雇用保険被保険者証を持って、ハローワークで申請しましょう。
失業保険を受給する大前提として、「雇用保険に加入していた」ことが挙げられます。正社員なら必ず加入しているはずですが、万が一未加入なら併せてハローワークに相談が必要。失業保険の受給に関しては「ハローワークで失業保険をもらうための条件と方法は?」で詳しく説明しています。

精神的理由で退職しても再就職できる?

できます。ただし、退職理由の伝え方に注意が必要です。
退職理由が体調不良の場合、転職先は「また体調を崩さないか」「現在の健康状態はどうなのか」を懸念すると考えられます。相手企業の不安を解消するような伝え方がポイントになるでしょう。詳しくは「退職理由は正直に言う?適切な伝え方」でご確認いただくか、ハタラクティブの専任アドバイザーにご相談ください。

 

 

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ