会社で感じる理不尽なこと…対策はある?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社で感じる理不尽なこと…対策はある?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・その都度指示が変わる上司や面倒な仕事を押し付けてくる先輩などに対し、理不尽と感じることが多い
    ・業務内容で理不尽と感じることは、長時間の残業や厳しいノルマなど
    ・対処法は、同僚や人事に相談する、各種の公的機関や法的手段をとる、などがある
    ・どのように努力しても改善されない場合は、転職を検討するのも1つの方法

会社に勤めていると、多くの人が「理不尽さ」を感じることがあるのではないでしょうか。理不尽なことが続いても、我慢してしまうこともあるでしょう。
こちらのコラムでは、会社で起きる理不尽なことの例や、対処法について解説しています。

◆会社で理不尽と感じること

社会人として働いていると、誰しも「これは理不尽だな」と思うことがあるでしょう。
実際、会社でどのような場面に出くわすと理不尽に感じるのでしょうか。

仕事では多くの人と関わるため、円滑な人間関係を保つことは重要ですが、会社でストレスを感じる原因ともいえるでしょう。
下記に、職場の人間関係で「理不尽」と感じることを挙げてみました。

【上司】

・指示が日によってその都度変わる
・頭ごなしに怒鳴る
・仕事での成功を自分の手柄にしてしまう

【同僚や先輩】

・面倒な仕事を押し付けてくる
・批判や愚痴が多い

【顧客】

・価格や納期などで無理な依頼をしてくる
・自分本意なクレームをいれてくる

以下では、労働環境や待遇で感じることが多い理不尽なことを挙げています。

【残業】

・長時間の残業を強いる
・毎日残業しないと終わらない量の仕事を与えられる
・定時で帰ってはいけない、というの暗黙のルール

【社風】

・公私混同している社長や上司
・飲み会などの社内行事の強制参加
・「努力すればなんとかなる」などの精神論を押し付けてくる

【業務内容】

・営業成績などのノルマを課せられる
・想定していた内容とは大きく異なる仕事を与えられる
・過酷な肉体労働が多い

【給与】

・残業代が出ない
・仕事量に見合わない給与
・基本給が低く、ずっと上がらない

次の項目では、これらの理不尽なことへの対処法をいくつかご紹介します。

◆理不尽なことへの対処方法

程度によりますが、「会社というのは理不尽なもの」「全てが理想のようにはいかない」と割り切ることも1つの手段です
悩みを深く考え過ぎることで、「ストレスが溜まる」「体調を崩してしまう」といった悪循環を引き起こしてしまいます。
理不尽な出来事を乗り越えることで、「得るものがある」「成長する」とポジティブに考えるという方法も。
また、友人や同僚に悩みを打ち明けてみると、気晴らしになるのでおすすめです。上司や人事に相談すれば、問題解決に協力してもらえる可能性もあるでしょう。
さらに改善を試みたい場合は、各種公的機関や法的手段を使う方法があります。会社相手に行動するので、ある程度の覚悟が必要ですが、より現実的に解決に繋がることが多いでしょう。

◆理不尽な環境が改善されないなら転職を

前項では改善策をお伝えしましたが、ある程度耐えられる範囲に対するもの。
こちらが努力を重ね、各種相談窓口や機関に話しても解決しないこともあるでしょう。
そのような場合は、転職を検討した方が良いかもしれません

会社を辞めることは簡単に決められることではありませんが、転職を迷うのであれば、会社に残るメリット・デメリットを整理しましょう。
その上で、今後どうしたいのかを見つめ直す必要があります。

しかし、転職することを決めても、「また同じような会社を選んでしまうのではないか」と不安になるかもしれません。
そのような場合、第三者の目線でアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブなら、実際に訪問した企業を扱っているので安心です。

ハタラクティブは、専任の転職アドバイザーが一人ひとりの悩みをヒアリングし、転職活動をきめ細やかにサポート。

企業選びや応募書類の添削、面接対策などを行っています。
「一人で転職活動をするのが不安」と感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ