転職を迷う理由とは?会社をやめないリスクと決断すべきタイミング

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職を迷う理由とは?会社をやめないリスクと決断すべきタイミング

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職を迷うのは、自信のなさや転職への不安が原因の可能性もある
    ・迷う場合は「モチベーションが下がり続ける」など転職しないリスクを考える
    ・対策をしても問題が改善されなければ、迷うことなく転職を考えるべき
    ・悩みがちな人は、転職したい理由を改善できる求人を意識して探す
    ・仕事のストレスが大きく心身に不調をきたしたときは転職がおすすめ

近年は転職する人が珍しくなく、転職活動に対するハードルも低くなりつつあります。しかしいざ自分が転職するとなると、どうしても迷う時があるでしょう。そこで、本コラムでは転職に迷う人の特徴や、「転職しないことのリスク」、転職を考えるべき状況などについて具体的に説明をしていきます。迷いない転職を実現させるためにも、ぜひコラムをご一読ください。

◆転職を迷う理由とは?

転職を迷っていながら決断できない場合、何かしらの理由があるでしょう。ここでは、転職に迷う人に共通する特徴をご紹介していきます。

【転職に自信がない】

転職を迷う理由として、まず挙げられるのが「自信のなさ」。まだ社会人経験が浅く、スキルも未熟な場合、自分を評価してくれる企業があるのか疑問に思い、転職への自信がなくなってしまう人も多いようです。 特に新卒での就活時になかなか内定が出なかった方は、「転職活動でも苦労するかもしれない…」と後ろ向きに考えてしまう傾向にあります。

【引き止めに遭っている】

会社に辞意は示したものの、強い引き止めに遭っている場合も考えられます。会社は貴重な人材を逃し、生産性の低下や採用コストの増加を起こしたくないと考えるでしょう。そのため、待遇の見直しや業務内容の改善など、ざまざまな交渉材料をもって転職を止めようとする可能性もあります。それにより「転職はしたいものの、そこまで強い気持ちなのだろうか」「会社に迷惑がかかってしまうなら…」と、転職を迷うこともあるようです。

【経験が他の会社で通用するのか不安】

それなりの経験があって転職先が決まったとしても、新しい環境に飛び込めば、今までのやり方が通用するとは限りません。さらにゼロからのスタートとなれば、それこそ仕事についていけるかという不安がつきまとうこともあるでしょう。

【転職して環境が改善される保証がない】

現在の職場や労働環境を改善したくて転職しても、転職先できちんと希望が叶うとは限らない……と不安を感じている場合もあります。悩みごとが解消されたとしても、別の要因で不満が溜まる可能性も。また、転職する度に給与が下がっていく可能性を拭えない不安もあるでしょう。

【リスクを考えすぎてしまう】

転職に失敗した場合のリスクを考えすぎてしまうパターンです。たとえば自分1人ならまだしも、家族を養わなければならないとなれば、責任も重大です。転職に失敗すれば、家族が路頭に迷うことにもなりかねません。転職に向けての一歩を躊躇するのも無理はないでしょう。        

◆転職「しないこと」の3つのリスク

転職に踏み切れない人に共通するのは、「転職することのリスク」を考えている点です。
しかし、迷っていては永遠に自分の理想とする環境に身を置くことはできません。 
大切なのは、転職するデメリットだけでなく、「転職しないことのリスク」も考慮すること。両者をトータルで考え、「転職しないことのリスク」が上回ったら転職を考えるべきでしょう。  
では、「転職しないことのリスク」にはどんな内容があるのか、具体的にみていきます。

【1.再び転職したくなったときに年齢の壁がある】

退職しないことを決断し、新しい気持ちで仕事を取り組んだとしても、状況が改善されなければ再び転職したくなることもあるでしょう。ただし、就活市場では「年齢の壁」があるのが実状です。若ければポテンシャルや柔軟性を期待でき転職しやすくなっていますが、年齢を重ねるほどに経験のみが評価される傾向にあります。年齢次第では、経験があっても「職場環境には馴染めないかもしれない」と判断されることもあるでしょう。つまり、転職をするなら若いうちがチャンスだということです。

【2.モチベーションが下がり続ける】

やりたいことを我慢したり、状況が改善されない場所で働き続けたりすれば、自ずとモチベーションは下がり続けるでしょう。もし自分からアクションを起こしても現状が変わらなければ、転職しなかったことを後悔することもあるのではないでしょうか。

【3.体調を崩すおそれも】

我慢して納得のいっていない会社で働き続ければ、精神面や肉体面に支障をきたすおそれも。我慢が日常的になると自分では気付きづらく、知らない間に身体を蝕んでいる場合もあるでしょう。体調不良の原因を自覚したときにはすでにかなりの疲労が溜まっており、回復に長期間の休息を必要とすることも。

このように、転職しない選択は自分の人生における大きな後悔となる可能性を秘めています。転職するかしないかは、「自分がどんな人生を歩んでいきたいのか」よく考えたうえで決断した方が良いでしょう。

◆その問題、転職せずに解決できるかも?

転職を決断する最適なタイミングとは、いつなのでしょう。
たとえば、「今の仕事がなんとなく嫌だから」という理由だけで転職を決めるのは、とても危険なことです。抱えている問題の核心がわからないまま、または状況改善に向けた姿勢がないまま転職先を決めると、新しい職場でもまた同じ不満を抱くリスクがあります。
 
転職が頭をよぎった方は、転職活動を始める前にまず「今何が問題なのか」を明確にしてください。そのうえで、改善できないのか検討し、できることがあればアクションを起こしましょう。
以下、自分の解決できる場合のある問題と、解決できない可能性が高い問題を事例別にまとめました。自分の現状と照らし合わせ、ご参考にしてください。

【自分で改善できる可能性がある問題】

・残業時間が多すぎる

残業時間が多すぎて転職を迷っている場合は、業務を効率化して時間外労働を減らせないか考えてみましょう。残業が常態化していて帰りづらい場合は、少しずつ他の人に働きかけたり、ある程度の時間で割り切って帰宅したりすると改善する可能性があります。

・給与が少ない

給与の少なさに転職を考えている方は、資格取得やスキルアップをしてベースアップを図りましょう。


・人間関係が悪い

職場の人間関係の悪さに辟易している方は、相手に働きかけて関係性を変える努力をしてみると改善する場合があります。

・仕事の内容が合わない

業務内容が自分に合わない場合は、上司にやりたいことを伝え、その仕事に近づくためにできることがないか相談してみましょう。

【自分で改善するのが難しい問題】

・社風が合わない

会社の社風自体が合っていない場合、自分1人の力で社風を変えていくのは現実的ではなく、自分自身が職場を変えることが最善の選択になるでしょう。

・心身に異常がある

自身での改善が難しいのは、精神的、または身体的な疲労やダメージを受け、働き続けている限り回復が難しい場合です。この状況は、無理をせずに職場を変えるのが自身のためになるでしょう。

◆転職先で解決すべき問題とは?

いざ転職を決意しても、焦って再就職先を決めるのは危険です。転職活動する際は、その企業に入れば、「今まで自分の抱えていた問題が本当に解決するのか」を考えながら行いましょう。以下、転職活動をしている多くの人が抱えている問題の例を挙げました。

【収入は安定するのか】

収入の少なさは、転職理由として上位にくることが多いです。今の会社より安定する見込みがある、もしくは交渉次第では希望の金額を貰えそうな企業があるならば、応募を検討してみましょう。
ただし、地方や世界各地への転勤を受け入れなければ昇給できない企業もあるので、前もって自分の働き方と収入のバランスを考えておくことが大切です。

【仕事にやりがいを感じるか】

現在の仕事にやりがいを感じていない方は、転職先の企業の業務が「自分が打ち込める内容か」「やりがいを感じられるか」に重点をおくと良いです。自分が夢中になれる仕事内容が見つかっていない方は、転職活動をする前にまず、自分のやりたいことをはっきりさせる必要があるでしょう。

【自分の能力を発揮できるのか】

現在の職場で自分の能力がうまく発揮できなかった方は、自分の持っている能力を活かせる企業を選ぶ必要があります。また、本当に自分の力を出せる部署や業種に配属してもらえるのか、今すぐでなくても、今後配属してもらえる機会はあるのか、転職を決める前に企業側によく確認しておきましょう。

【キャリアアップできるのか】

キャリアアップが目的で転職する方は、より慎重に転職先を選ぶ必要があります。「将来どうなっていたいか」「何が自分の目標か」など、キャリアアップのための具体的な計画を立て、その計画を実行できる企業に転職を決めましょう。

【人間関係は良好になるのか】

人間関係の悪さで悩んでいる方は、新しい環境で良好な人間関係を築けるかどうかは非常に重要な企業選びのポイントといえるでしょう。職場の雰囲気や働いている人などの内情は、自分で調べてもなかなか導き出せません。その場合、求人の現地調査を行っているハローワークや転職エージェントに頼ると良いでしょう。

転職エージェントは求職者の希望に沿って求人を紹介するサービス。相談者の置かれている状況を分析し、内情込みの詳細な情報とともに求人の提案を実施します。
自身での転職活動には限界があります。エージェントでは、転職の専門家の目で求人探しを代行してもらえるので、より自分にマッチした仕事に巡り合える可能性が高くなります。 

ハタラクティブでは20代を対象とした求人を常に1,000件以上用意しており、その中から相談者にぴったりの仕事を紹介しています。頻繁に 企業訪問を行っているので、気になる職場内の雰囲気や人間関係などの内情もお伝えできる可能性が高いです。また、転職先が決まったあとも定期的に連絡をし、新しい職場での悩みについてもサポートできる体制が整っています。サービスはすべて無料なので、転職について悩んでいる方は、気軽にご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ