新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職するか迷うならやめたほうがいい?決断するためのポイントを紹介

転職するか迷うならやめたほうがいい?決断するためのポイントを紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職を迷う理由には自信のなさや強い引き止め、リスクへの恐怖心などが挙げられる
  • ・転職を迷う場合、キャリアや将来像が曖昧な時や現職に飽きただけの時は一旦見送る
  • ・転職を迷う人は、転職するリスクとしないリスクを天秤に掛けて判断するのが良い
  • ・残業時間の多さや給与の低さなどは転職せずとも自ら改善できる可能性がある
  • ・良い転職をするには仕事選びの優先順位や家族の理解、現職を安易に辞めないことが大切

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

転職を考えたことがある・考えている人は少なくないはず。しかし、本当に現職を離れて良いのか迷う人もまた多いでしょう。
このコラムでは、転職するか迷う人に向けて決断のポイントを解説します。迷う理由によっては、転職を見送った方が良い場合も。逆に、早めに転職に踏み切った方が良い場合もあります。
自分がなぜ転職を迷っているのか、転職のメリット・デメリットは何であるかを整理し、後悔のない選択をしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職するか迷う理由とは?

転職するか迷い、決断を下せない人には共通点があります。以下を参考に、自分がなぜ転職に踏み切れないのか、理由を振り返ってみましょう。

自信がない

社会人経験が浅い人に多く見られるのが「自信のなさ」。他の職場で自分の経験やスキルが通用するのか自信が持てず、なかなか転職に踏み切れない傾向があります。特に、新卒時の就活で苦労した人は「転職活動でも内定獲得まで時間がかかるかも…」と後ろ向きになりがちです。
また、コミュニケーション力に自信がない人は、ゼロから人間関係を築くことが億劫になってしまうことも。現職での人間関係がそれほど悪くなければ「新しい職場で新しい人と接するくらいなら…」と転職をためらってしまうこともあるでしょう。

引き止められている

会社側に退職の意向を示したものの、強い引き止めにあう人も少なくありません。
多くの会社は、貴重な人材を手放したくない、新たな人材を採用するコストをかけたくないと考えるでしょう。そのため、待遇の見直しや業務内容の改善など、ざまざまな交渉材料をもって転職を止めようとする可能性もあります。
それにより「勤務条件が良くなるなら…」「会社に迷惑がかかってしまうなら…」と、転職を迷うこともあるようです。

次にやりたい仕事が明確ではない

「転職したいけど、特に次にやりたい仕事がない」というのも転職を迷う理由の代表格といえます。
興味のある仕事や自分に合った仕事が分からなければ、転職活動の原動力も生まれにくいもの。次の目標が明確にならず、だらだらと現職を続けてしまう人も多いようです。

労働条件が改善されない可能性がある

「労働環境を改善したかったのに、現職と変わらないかも」「今より給与が下がるかも」といった不安も、転職を踏みとどまらせます。実際、未経験職種に転職した場合は新人相応の給与を設定され、収入が下がってしまうことがあるようです。

リスクを考えすぎてしまう

転職に失敗した場合のリスクを考えすぎてしまい、行動できないパターンもあります。
たとえば自分一人ならまだしも、家族を養わなければならないとなれば、責任も重大です。転職に失敗すれば、家計を十分に支えられない恐れもあります。転職に向けての一歩を躊躇するのも無理はないでしょう。

転職をやめたほうがいい人のパターン3つ

転職するか迷っている人の中でも、以下のパターンに当てはまる人は要注意。一度転職を見送って、自身の考えやキャリアを冷静に整理することをおすすめします。

1.自分のキャリアの棚卸ができていない人

転職に十分な自信が持てなかったり、次にやりたい仕事が思い浮かばなかったりする場合、キャリアの棚卸ができていない可能性があります。自分が持っているスキルや経験をきちんと見直し、強みや企業選びの軸を整理してから、改めて転職を考えましょう。
転職活動において「武器」となるキャリアや、やりたい仕事が曖昧なまま転職活動を始めるのは望ましくありません。内定がなかなか取れなかったり、転職しても早期退職してしまったりと、良い結果は見込めないでしょう。

2.転職後のビジョンがはっきりしていない人

やりたい仕事は明確になっているものの、転職後のビジョンが定まっていない人も、一旦転職を見送った方が良いでしょう。
安易に「やりたい仕事」に飛びつくと、入社後にさまざまなミスマッチが生じたり、新たな不満が生まれたりする可能性があります。その仕事に就くことでどんな活躍ができるのか、きちんとキャリアアップできるのか、転職後の自分の姿を具体的にイメージしてみましょう。
未経験業種への転職を考えている人は、さらに注意が必要です。入社したものの、企業が求めるスキルに実力が見合っていなかったという事態も起こり得ます。まずは自分の市場価値と、企業が求める人材を照らし合わせることが大切。スキル・経験不足を感じる場合は、いきなり理想の業種に転職するのではなく、少しずつステップアップしていくのが望ましいでしょう。

3.現職に「飽きた」だけの状態の人

「現職にやりがいを感じないから転職したい」と考えている人は、一度自分の気持ちに向き合ってみましょう。やりがいを感じられない理由が「飽きたから」なのか、「十分スキルを積んだため仕事に手ごたえを感じなくなっているから」なのかで、取るべき行動が異なります。
単に「飽きた」という理由で転職してしまうと、十分なスキルを得られておらず、転職先で苦労する恐れがあります。本当に現職で得られるスキルを身に付け切ったか振り返り、まだステップアップの余地があるならば「飽き」を乗り越える必要がありそうです。
一方、現職に手ごたえを感じず、さらにレベルの高い仕事に挑戦したいと思うのであれば転職しても良いでしょう。

転職「する」リスクと「しない」リスク

転職をしてもしなくても、何かしらのデメリットが発生する可能性があります。転職を迷う人は、転職することによって起こるリスクと、転職しないことによって起こるリスクを天秤にかけてみましょう。

転職するリスク

転職する道を選んだ場合、以下のようなリスクが起こりえます。

待遇が悪くなる可能性がある

転職することで、前職より収入が下がることが考えられます。現職の待遇に不満を感じていない人は「転職しない方が稼げた」と後悔してしまう可能性も。
また、育児休暇や勤続している人向けの手当など、入社直後は利用できない福利厚生もあります。転職を希望する会社の規定は、もれなく確認しておきましょう。

ローンや賃貸の審査の通過率が下がる

転職してすぐのタイミングだと、ローンや賃貸の審査の通過率が下がる可能性も考えておきましょう。
2020年3月に発表された国土交通省住宅局の資料によると、ローンなどの審査で勤続年数を考慮する企業は9割以上にのぼるとのこと。また、一般的に、社会的信用があると見なされる勤続年数は2~3年といわれています。しかし、転職すると勤続年数はリセットされてしまうため、社会的信用も低下してしまうのです。大きな買い物をしたり、引っ越したりする予定がある人は、慎重に転職のタイミングを判断しましょう。

人間関係をゼロから築く必要がある

転職すると、新しい職場で人間関係を築く必要があります。コミュニケーションが苦手な人は、転職先の人々とゼロから仲を深めていくことに億劫さを感じることもあるでしょう。
また、転職することで上司が年下になったり、自分と性格の合わない人と仕事をしたりするケースも考えられます。現職の人間関係に居心地の良さを感じている人や、新しい環境を柔軟に受け入れにくい人は、しばらく苦労するかもしれません。

転職しないリスク

転職「しない」ことでもリスクは起こりえます。転職するリスクを転職しないリスクが上回るのであれば、思い切って行動を起こすことも大切です。

年齢の壁に苦労する可能性がある

一旦転職を見送ったものの再び仕事の状況を変えたくなった場合、「年齢の壁」にぶつかる可能性があります。
一般的に就活市場では、若ければポテンシャルや柔軟性を期待されるもの。しかし、年齢を重ねるほどに経験のみが評価される傾向があります。30代に入ると、マネジメント経験を問われる場合もあり、徐々に転職の難易度は高まっていくでしょう。
年齢や企業側のイメージ次第では、経験があっても「職場環境には馴染めないかもしれない」と判断されることも。転職をするなら若いうちがチャンスといえるでしょう。

モチベーションが上がらない

転職を見送ることで、労働条件が改善されなかったり、頑張りが評価されずキャリアアップできなかったりすれば、モチベーションの低下は避けられないでしょう。
モチベーションがない状態で仕事を続けるのは難しいもの。自分でアクションを起こしても現状が改善されないのであれば、やる気をもって働ける職場へ転職するのが望ましいといえます。

心身の不調

自分に合わない労働環境で働き続けた場合、心身に不調をきたす恐れもあります。我慢が日常的になると無理をしてしまいやすく、体調不良を自覚したときにはかなりの疲労がたまってしまっている恐れも。
長期間の休息を必要とするような事態になれば、キャリアに空白期間ができてしまう可能性も考えられます。心身の不調の原因が現職にあるならば、転職を考えた方が良いでしょう。

参照元
国土交通省 住宅局
令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書

転職せずに解決できることもある

転職せずとも解決できる問題もあります。転職活動を始める前にまず「なぜ現職から離れたいのか」を明確にし、自ら改善できることがあればアクションを起こしてみましょう。

残業時間の多さ

残業時間が多すぎて転職を迷っている場合は、業務を効率化できないか考えてみましょう。残業が常態化していて帰りづらい場合は、少しずつほかの人に働きかけたり、ある程度の時間で割り切って帰宅したりすると改善する可能性があります。

給与の低さ

給与が少ないため転職を考えている方は、資格取得やスキルアップをしてベースアップを図ってみましょう。また、十分成果を出しているにもかかわらず給与が見合っていないと感じる場合は、上司に交渉するのも一つの手です。

人間関係の悪さ

職場の人間関係の悪さに辟易している方は、相手に働きかけて関係性を変える努力をしてみると改善する場合があります。それでも状況が変わらなければ部署異動を打診してみるのも良いでしょう。

仕事内容との相性の悪さ

業務内容が自分に合わない場合は、上司にやりたいことを伝え、その仕事に近づくためにできることがないか相談してみましょう。キャリアアップのための移動を提案してもらえる可能性もあります。

良い転職をするためのポイント3つ

現職を離れる決心がついた際は、以下のポイントを押さえておきましょう。転職活動がスムーズに進まなかったり、入社後にミスマッチを感じたりすると「やっぱり転職しなければよかった」という後悔の念がわいてしまうもの。「良い転職」を妨げる要素は、きちんと取り除いておくのがおすすめです。

1.優先順位を見極める

給与や仕事内容、職場の雰囲気など、自分が絶対に譲れない条件・満たされていなくても許せる条件を見極めましょう。仕事選びの優先順位が定まっていないと、転職後に後悔する可能性があります。逆に、希望条件を欲張りすぎると選択肢が狭まってしまうことも。
自分の軸をしっかり持ちつつ、許容範囲をある程度広げておくことが大切です。仕事を探すときは選り好みしすぎず、さまざまな求人に目を向けましょう。

2.家族の理解を得る

家庭を持っている人は、転職活動を始める前に家族の理解を得ることをおすすめします。転職の成功・失敗は本人だけでなく、家族にも少なからず影響を及ぼすもの。理解を得られないまま転職活動を進めて失敗してしまった場合、家庭内の雰囲気が悪くなってしまうことも考えられます。
「パートナーに反対された」という理由で内定受諾後に辞退をする人も少なくありません。時間を無駄にしないためにも、きちんと家族と話し合いましょう。

3.現職を簡単にやめない

現職に不満があるからといって、安易に退職してしまうことはあまりおすすめできません。
多くの場合、転職活動にはある程度の時間を要します。なかなか会社選びの軸が定まらなかったり、内定を獲得するのに苦労したりすることもあるでしょう。その場合、離職してしまっていると経済面や精神面での余裕がなくなりがちです。現職で働きながら転職活動を進めたほうが、大きなリスクを伴わずに済むといえます。

「転職を成功させられるか不安」「現職に就きながら転職活動を進めるのは難しい」と悩んでいる方は、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブは、若年層向けの転職エージェントです。まずは専任のアドバイザーが希望を丁寧にヒアリングし、あなたに合った求人をご紹介します。取り扱っている求人は、直接企業に訪問取材した信頼のおけるものばかり。職場の雰囲気や人間関係など、気になる内情もお伝えします。
また、選考試験の対策やスケジュール調整なども行っているので、在職中の方でも安心です。一緒に後悔しない転職を目指しましょう!

転職で迷うときのお悩みQ&A

ここでは、転職すべきか迷う方に向けて、よくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

転職したほうが良い人は?

やりたいことが明確になっている方をはじめ、自分の強みを活かせる場所で働きたい気持ちが強い方、適切な取り組みをしているにも関わらず正当な評価を得られていないと感じる方は転職したほうが、モチベーションアップひいては収入アップにつながることも。「転職すべきか迷う人は要チェック!転職成功のコツまとめ」の「転職した方が良い人の特徴」で転職したほうが良い人の特徴をまとめていますので、参考にしてください。
 

内定をもらっても就職を迷う場合はやめるべき?

会社の指定した期日または1週間を目安に返事をすれば大丈夫なので、迷う場合は即決せず内定を保留にしてもらいましょう。心を落ち着けた状態で、転職先は本当に自分に合っていそうか、自分の描くビジョンを実現できそうかよく考えるのがおすすめです。家族や友人などに相談し、客観的な意見をもらうのも良いでしょう。「就職活動は迷うことだらけ?解決のポイント教えます」の「内定が出てから迷う人へ」もぜひ参考にしてください。
 

複数の企業から内定をもらったら何を基準に選ぶ?

複数の企業から内定をもらったもののどこに就職するか迷う場合は、転職活動の軸を振り返り、希望により近い企業やビジョンを実現できそうな環境であるかを確認して決めると良いでしょう。転職に至った理由を叶えられなければ、転職をする意味がなくなってしまうからです。「転職における会社選びの決め手は?複数内定で迷う方へ」の「複数内定をもらったらどうする?」でも詳しく解説していますのでご一読ください。
 

現職の仕事と転職活動を並行する自信がない…

在職中の転職活動はスケジュール調整が大変で自信がない方は多いですが、就職支援サービスハタラクティブではヒアリングに基づいた求人紹介のほか、面接日程調整なども代行しているため無理なく求職活動できます。「在職中に転職したい方必見!成功するコツ教えます!」では在職中の転職活動のコツもまとめていますので、ハタラクティブと合わせてご活用ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ