転職回数が多いと、転職が難しくなる?

転職回数が多いと、転職が難しくなる?の画像

【このページのまとめ】

  • ・一般的に転職3回目以上だと採用担当者は多く感じる
    ・大切なのは、転職回数よりも今までの経験を前向き且つ具体的にアピールすること
    ・転職を成功させるためには、転職回数の多さから生じるメリット・デメリットを知ることが大切

転職回数が多いと転職に不利だと言われていますが、果たして本当でしょうか?実は転職回数の多さをどのようにアピールするかで、印象はガラッと変わります。
当コラムでは、転職回数が多い場合に知っておきたいこと、転職を成功させるためのコツをまとめてみました。

◆何回目から転職回数が多いと判断されるのか

一般的に、転職回数が多くなると転職が難しくなると言われています。
では、転職回数は何回から多いと判断されるのでしょうか?
判断基準は企業や求職者の年齢によって異なりますが、3回目以降から多いと感じる採用担当者が多いようです。

しかし、必ずしも転職回数が多くなると転職が難しくなるわけではありません。
資格やスキルが重視されるクリエイティブ系や技術系の仕事などは、転職の回数が多い場合でも、さまざまな経験を積んでいると評価されるケースもあるのです。
大切なのは、転職回数よりも、転職で何を学び、どのようにスキルアップしてきたか。転職時に、自分が今までの経験を通してどのようなスキルを身につけてきたのかをアピールできれば、転職を成功させる可能性は高くなります。下記のポイントを参考に、履歴書作成や面接の練習をすることもおすすめです。

・退職理由と志望動機に一貫性を持たせる
・前職で身につけたスキル、経験をエピソードも交えて具体的に挙げる
・どのような形でその経験を活かし、貢献できるか伝える

また、仕事や会社が嫌だから転職を繰り返しているというイメージを持たれないようにするためには、離職をする際、どのように考えて、これからどうしていきたいのかという明確なキャリアプランを描けているかも転職の成功を左右します。
目的意識を持ち、前向きな姿勢で転職に挑みましょう。

一般的に、転職回数が多くなると転職が難しくなると言われています。 
では、転職回数は何回から多いと判断されるのでしょうか? 
判断基準は企業や求職者の年齢によって異なりますが、3回以上とする採用担当者が多いようです。 

しかし、必ずしも転職回数が多くなると転職が難しくなるわけではありません。 
資格やスキルが重視されるクリエイティブ系や技術系の仕事などは、転職の回数が多い場合でも、さまざまな経験を積んでいると評価されるケースもあるのです。 

◆転職回数を気にするよりも経験とスキルを活かしたアピール方法を考えよう

大切なのは、転職回数よりも、転職で何を学び、どのようにスキルアップしてきたか。

転職時に、自分が今までの経験を通してどのようなスキルを身につけてきたのかをアピールできれば、転職を成功させる可能性は高くなります。

下記のポイントを参考に、履歴書作成や面接の練習をすることもおすすめです。

・退職理由と志望動機に一貫性を持たせる 
・前職で身につけたスキルと経験を、エピソードも交えて具体的に挙げる 
・入社後、どのような形でその経験を活かし、貢献できるか伝える

また、仕事や会社が嫌だから転職を繰り返しているというイメージを持たれないようにするためには、離職をする際、どのように考えて、これからどうしていきたいのかという明確なキャリアプランを描けているかも転職の成功を左右します。
目的意識を持ち、前向きな姿勢で転職に挑みましょう。

◆企業側が感じるメリット・デメリット

転職を成功させるために必要なことは、転職回数が多いことによる自分の強みと弱みを把握すること。 
転職回数が多いことで、一般的に採用担当者に持たれやすいイメージを知っておきましょう。 
特にデメリットを知ることで、それを払拭できる強みを持っていないか過去の経験から掘り下げることが役立ちます。

◇メリット

・多くの職場を経験し、さまざまな業務経験を積んでいるので視野が広い 
・今までの経験を活かせる業務の分野が多い 
・柔軟性があり、新しい環境になじみやすい

◇デメリット

・同じ場所で腰を据えて働けないというイメージを持たれることが多い 
・一つの業務にじっくり取り組むことができないという先入観を持たれることも 
・根気がないと思われてしまう


また、転職回数が多い場合、書類審査に通りづらいことも事実です。

前の項目でも触れましたが、転職回数の多さを魅力に感じてもらえるような内容になるよう心掛けましょう。 

◆転職を繰り返さないためには企業とのマッチングが大切

転職を繰り返してしまう人の特徴として挙げられるのは、以下の通り。

・人とのコミュニケーションが苦手

・自分の考えや意見に自信があり、他者の意見を受け止められない

・プレッシャーに弱い

・辞め癖や諦め癖がついている

・思い描いていた仕事内容や労働環境とギャップを感じやすい

転職をしたとしても、これらが改善されない限り、再び転職を繰り返してしまう可能性が少なくありません。
転職を考える際には、自分がどのような傾向があるのかを知りましょう。

その上で、自分のマイナスな傾向が反映されないような企業を選ぶことが大切です。

例えば、コミュニケーションが苦手であれば1人で進められる仕事を探すのがおすすめ。

ギャップや違和感を感じないよう、企業や業界の研究をしっかり行っておくこともポイントとなります。

若年層の正社員就職・転職に特化したハタラクティブでは、履歴書や職務経歴書の書き方を就活のプロがアドバイス。

志望動機や今まで学んできたこと、今後どのようにステップアップしていきたいかなど、採用担当者に伝わる書き方をお教えします。 

面接対策は、自己PR、志望動機、よく聞かれる質問の回答ポイントなど、模擬面接を通して行う丁寧なサポートが強みです。 

求職者の長所や希望をもとに企業とのマッチングをしていますので、入社後のミスマッチの不安もありません。

フリーター、高卒、第二新卒、既卒の方向けの幅広い職種の正社員求人をご紹介しているので、転職、就職をご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION