30代・未経験の転職は厳しい?成功のコツとおすすめの職種や資格をご紹介

30代・未経験の転職は厳しい?成功のコツとおすすめの職種や資格をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 若手の人材が不足しているため、30代でも未経験職種へ転職できる
  • 30代で未経験分野に転職する場合は、月給ダウンや活動の長期化に注意しよう
  • ITエンジニアや介護職員は、30代で未経験でも転職しやすい
  • 未経験分野へ転職する30代は、職種に合った資格があると評価されやすい

30代で未経験の仕事へ転職したいものの、即戦力になれないと採用されないのでは…とお悩みの方もいるでしょう。30代の転職は経験者と比較されるため、厳しいのは事実です。しかし、今の会社で培ったスキルや成功実績は、未経験の仕事へ転職する際に評価される場合があります。このコラムでは、30代におすすめの正社員の仕事や転職の注意点をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代で未経験の職種に転職するのは厳しい?

30代で未経験の職種に転職するのは厳しい?の画像

30代が未経験職種に転職するのは厳しいイメージを持つ方もいるでしょう。ここでは、30代の転職の実態を紹介します。

30代でも未経験の仕事に転職できる可能性は十分ある

企業側が求める人物像とマッチしていれば、30代の未経験者でも転職できます。これまでは、30代の転職者に即戦力を求める企業が多く、未経験の仕事へ挑戦するのは厳しい傾向にありました。しかし、近年では少子高齢化により若手の人材不足が進み、「30代の未経験者歓迎」「未経験で入社した30代が活躍中」といった30代を求める正社員の求人が増えつつあります。
挑戦したい業界や職種があれば、応募条件に当てはまる求人がないかを確認しましょう。30代・未経験の転職については「30代業界未経験…それでも転職できる?」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

業種・職種問わず発揮できるスキルが役立つ

30代が未経験分野へ転職する際は、業種・職種問わず活かせるポータブルスキルが重要です。ポータブルスキルとは、どのような仕事にも活かせるコミュニケーション能力・適応力・状況判断能力・企画提案力などが該当します。これまでに携わってきた経験のなかで、志望先の業務にも活かせる正社員としてのスキルがないか、振り返ってみましょう。

30代の転職は即戦力を求める企業もある

前述のとおり、未経験の30代を歓迎する企業が増えているものの、即戦力として30代の転職者を求める企業も多くあります。30代の転職者に即戦力を求める背景には、「前職の成功実績・経験を活かした発想で業績アップに貢献してほしい」「管理職・管理職候補として働いてほしい」といった考えがあるようです。
転職市場では、転職者が持つスキルや前職での実績、マネジメント経験などが評価されます。専門分野における経験や知識のある人が優遇されやすいため、未経験の30代で転職成功が厳しいと感じる場合もあるでしょう。

今の会社でなるべく実績を上げておくと転職しやすい

今働いている会社で実績を上げておけば、30代で未経験の職種へ転職する際のアピールになります。未経験の職種でも、大きなプロジェクトの成功や売上の貢献といった成功実績は、「仕事への意欲が高い」「能力がある」と評価されるでしょう。また、成功するために工夫したことや経験から得たことも具体的に説明すると、会社側は応募者が職場でどのように活躍するかイメージしやすくなります。ができます。

30代の転職で求められるマネジメント経験とは?

30代で転職活動をする際は、マネジメント経験を問われる場合があります。プロジェクトのチームをまとめたり、人材を育成したりした経験があれば、転職の場でアピールすることが可能です。未経験分野における転職であっても、マネジメント経験があればリーダーシップや管理能力を評価されるでしょう。

30代・未経験で転職してやりたいことを探したい!

30代・未経験で転職してやりたいことを探したい!の画像

「まだ何がしたいか分からないけど転職したい」という30代の方は、やりたいことを明確にしてから転職活動をしたほうが良いでしょう。以下は、やりたいことを見つける方法です。

希望条件に優先順位をつける

仕事の希望条件に優先順位をつけることで、自分が転職先で何を求めているのかがよく分かります。月給を高くしたいと考えるなら基本給の高い職種、土日祝は休みたいと思うなら完全週休2日制の求人というように、探したい仕事の方向性を決められるでしょう。方向性が決まれば、効率良く転職活動を進められます。

得意なことを仕事にする

30代・未経験で正社員の求人を探す際は、自分が得意としていることに注目すると、自分に合った仕事を見つけられます。苦手だと思う作業が転職先の業務にあると、早期離職につながる可能性も考えられるため、得意分野で長期活躍を目指しましょう。力仕事やデータの分析、人とのコミュニケーションなど、自分が得意としていることを仕事にすれば、未経験分野でも正社員としてスキルを高く評価してもらえます。

経験者が少ない職業を探す

何がやりたいか分からない場合は、経験者の少ない職業をチェックしてみるのもおすすめ。新しい事業や知名度が低い仕事では、「経験者がなかなか集まらないから未経験者も募集する」といった会社もあります。このような正社員求人であれば、30代でも転職できる可能性は十分にあるでしょう。手当たり次第に探すのではなく、「未経験者でも採用されやすい仕事は何か」といった視点から探してみると、適職を見つける良いきっかけになります。

無理なく続けられていることに着目する

転職先で何がしたいのかわからないときは、無理なく続けられていることに着目してみましょう。自分が何気なくできていることは、転職先としての適性があると考えられます。また、長く携わっていても苦ではないものに目を向ければ、自分に合った正社員の求人を絞り込めるでしょう。

転職セミナーやイベントに参加する

転職セミナーやイベントに参加すれば、未経験で何をしたいのかを見つけるきっかけになります。業界や職種によっては、30代の転職者向けにイベントを開催しているところもあるのでチェックしてみましょう。自分が知らなかった業界や職種の説明を聞けば、業務内容に興味を持つこともあります。

やりたい仕事がないけど転職したい!見つけ方と注意点をご紹介」のコラムでは、やりたいことがない人の特徴や転職先を探すときの注意点をまとめています。30代で未経験分野に転職したいけど方向性が定まっていないという方は、こちらもあわせてご確認ください。

30代・未経験の転職活動に必要な準備とは?

ここでは、30代・未経験の転職時にやっておいたほうが良い準備を紹介します。30代の方は、自己分析や業界研究を事前に進め、未経験職種への転職をスムーズにできるようにしましょう。

1.業界・企業研究をする

30代で未経験の仕事へ転職する際は、業界・企業研究を行うことが大切です。業界・企業研究を行えば、「想像していた仕事と違った…」と入社後にミスマッチを起こすリスクを減らせます。業界研究の詳しいやり方は「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

需要が高まっている業界を調べる

どのような業界に注目すれば良いか分からないという30代の方は、需要の高まっている業界を調べてみましょう。介護業界やIT業界のように需要が高まっている業界は、年齢を問われないことが多いため、30代の転職先としておすすめです。
また、需要の高まっている業界では、「事業拡大のため人材を募集したい」「幅広い分野から人材を集めたい」という考えから、職種未経験者でも正社員として採用する会社もあります。「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」では、需要が高まる業界について解説しているので、あわせてご覧ください。

30代の転職者が求められるレベルを知っておこう

30代・未経験の転職活動では、情報収集をしたり実際に面接を受けたりして、自分のスキルを客観視しましょう。自分のスキルレベルがやりたい仕事に通用するか、どのような会社なら強みを役立てられるかを考えることが重要です。応募予定のある求人内容に合わせて自身の経験やスキルを積極的にアピールしましょう。

2.自己分析・キャリアの棚卸しをする

30代の転職活動では、自己分析とキャリアの棚卸しを行い、未経験の仕事に活かせる強みやスキルを洗い出すのがポイントです。自分の性格やこれまでの経歴、所有している資格などを振り返ってみましょう。自己分析・キャリアの棚卸しを通じて自身の強みを理解すれば、自己PRや志望動機の説得力が増します。
自己分析のやり方が分からない方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をチェックしてみてください。

自己分析で転職理由を明確にする

30代から未経験職種を目指すときは、「なぜ未経験で転職したいのか」といった転職理由を用意しておきましょう。「なんとなく今の仕事が合わない」といった曖昧な理由では、志望先の会社を納得させられません。曖昧な理由では、「実際に採用しても、前職と同様に『なんとなく』で辞められる可能性がある」と企業側は危惧します。具体的なキャリアプランや目標と関連付けて説明すれば、説得力のある転職理由ができるでしょう。
「良い転職理由が思いつかない」という30代の方は、「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」を参考にしてください。

3.キャリアプランを考える

「○○の仕事がやりたい」という目先のことだけでなく、「やりたい仕事をして、将来的にどうなりたいか」というキャリアプランを考えておきましょう。転職に限らず、面接では「5年後はどうなっていたい?」「どのようなキャリアを積みたい?」といった質問をよくされます。
また、やりたい仕事がなくても「将来どうなっていたいか」という視点から考えることで、目指す業界や職種が決められることもあるでしょう。

4.職務経歴書の作成に力を入れる

30代の未経験者が書類選考を通過するためには、職務経歴書の作成に力を入れましょう。自身のこれまでの成果や経験を棚卸しし、職務経歴書をしっかりした内容にすることは、最大限のアピールにつながります。「なかなか面接まで進めない」という30代の方は、職務経歴書や履歴書などの応募書類を見直してみましょう。職務経歴書の書き方は、「職務経歴書は必要?判断基準や自己PRなど項目別の書き方を解説」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

30代・未経験の転職におすすめの職種とは?

30代・未経験の転職におすすめの職種とは?の画像

ここでは、30代から目指せる職業を紹介します。未経験でも採用されやすい傾向があるので、ぜひ求人をチェックしてみてください。

1.ITエンジニア

ITエンジニアは、在宅勤務やリモートワークといった働き方の多様化に加え、今後も需要の拡大が見込まれるので将来性の高い職種です。なお、ITエンジニアの仕事は、会社によってプロジェクトの内容が異なります。30代・未経験者を歓迎している正社員求人でも、ある程度の基礎知識を求められる場合があるため、スクールや独学などでスキルを習得しておくのがおすすめです。

2.営業職

営業職は正社員の求人数が多く、未経験の30代でも理想的な条件に出会いやすい転職先です。営業職には、法人営業や個人営業といった種類があります。ノルマが課せられる会社なら、入社後に成果を上げられる人材かどうかを重視されるでしょう。営業職は、専門的な資格がなくても、コミュニケーション能力や提案力があれば転職を目指せます。

3.介護職員

介護業界は、人手不足にあるため30代の未経験者でも転職が成功しやすい傾向にあります。資格取得支援制度やフォロー体制が充実している正社員求人も多く、働きながら知識や技術を身につけられるでしょう。上位資格を取得したり実務経験を積み重ねたりすれば、介護福祉士やケアマネジャーへキャリアアップを目指すことも可能です。
介護職員への転職を検討している方は「介護職の志望動機はどう書く?未経験や転職など状況別の例文を紹介」のコラムもご一読ください。志望動機を作成するポイントや例文を解説しています。

4.接客スタッフ

飲食店やアパレルショップは全国各地に展開されているため、30代で未経験の転職でも勤務先の選択肢が広いのが特徴です。勤務地によってお客さまの年齢層や特性が異なるので、接客スタッフはコミュニケーション能力や気配りといった強みが役立ちます。これまでに人と接する仕事に就いていた場合は、その経験を活かして幅広い活躍ができるでしょう。

5.配達員・ドライバー

ネット通販の需要が高まっている影響で、配達員やドライバーも人手不足になっています。運転する車種に応じて免許を取得すれば、30代・未経験でも配達業務に携わることが可能です。ただし、配達員やドライバーの仕事は荷物の運搬作業もあるため、体力が求められます。年齢を重ねるにつれて身体的な負担が大きくなることを念頭に置いておきましょう。

6.工場作業員

工場の業務はルーチンワークであったり、マニュアルが整備されていたりするのが基本です。専門的なスキルや経験を求める正社員求人は少ないので、30代の未経験者でも転職しやすいでしょう。勤務中に、細かい作業やトラブル対応が必要な職種なので、責任感がある人に向いています。

7.施工管理

施工管理は、工事のスケジュールや安全を管理する仕事です。若手の施工管理者が不足しているため、30代で未経験から挑戦できます。また、施工管理には国家資格があるので、取得することで手当を与える企業も。収入アップができる仕事をしたい30代にもおすすめの仕事です。施工管理の仕事を詳しく知りたい30代の方は、「施工管理技士とは?1級・2級でどう違う?資格の種類や難易度を詳しく解説」をご覧ください。

30代・未経験の転職に活かせる資格

30代で未経験分野に挑戦する際、転職先で活かせる資格があると好印象を与えられます。下記では、仕事に活用できる資格を職種別にまとめました。

IT系職種で活かせる資格

未経験の30代が、IT系職種に転職する際におすすめの資格は以下のとおりです。

基本情報技術者(FE)

基本情報技術者の資格は、ITエンジニアに必要な基礎知識が身についていることを証明できます。ITソリューションやサービスに関連する業務で、情報技術を活用した戦略立案に参加することが可能です。未経験の30代でもITの基礎が身についていれば、会社側から成長を期待できる戦力として見られるでしょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、WordやExcel、PowerPointなどのスキルを証明する資格です。機能への正しい理解があれば業務を効率的に進められるため、30代・未経験でも採用担当者から評価されるでしょう。この資格を取得すれば、データの作成や分析に役立ち、情報をわかりやすく伝えられるようになります。

営業職で活かせる資格

未経験が営業職に転職する30代には、以下の資格がおすすめです。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業における経営課題に助言を行える国家資格です。営業職として必要なマーケティングスキルを身につけられるため、事業の発展に貢献できます。主に保険・金融・人材などの営業職で役立てられるでしょう。未経験で転職しても、30代から社内のキャリアアップや独立を目指せます。

宅地建物取引士

不動産業界や建築業界の営業職は、宅地建物取引士の資格があると転職活動で有利です。重要事項の説明や重要事項説明書の記名押印は、宅地建物取引士の資格保持者が行うため、仕事において重要な役割を果たせます。資格手当を取り入れている会社も多いので、30代未経験者でも転職後に高い月給を得ながら活躍できるでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格があれば、個人の人生設計における資金計画を提案できます。ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は保険・金融・不動産などの個人営業で役立つのが強みです。30代未経験でも資格を保有していれば、転職活動時に専門性を評価してもらえるでしょう。

TOEIC

語学力が必要な会社や外資系の企業に転職するなら、TOEICの成績が役立ちます。海外で人気のサービスやコンテンツを国内で販売したり、日本の商品を海外へ売り込んだりする仕事では、高い英語力が必要です。TOEICで高い点数を得れば、30代で未経験の仕事に転職する際、「語学力がある」と評価されやすいでしょう。

事務職で活かせる資格

30代・未経験者が事務職で活かせる資格は、以下のとおりです。

日商簿記

日商簿記を取得していれば、経理や会計として転職しやすくなるでしょう。日商簿記の資格は、伝票や決算書の作成、会計実務の処理などに役立ちます。転職市場で未経験でも評価を得たい30代には、2級以上の取得がおすすめです。

社会保険労務士(社労士)

社会保険労務士(社労士)は、社会保険労務士法に基づいた国家資格です。社会保険労務士の資格を取得すれば、会社における労働の諸問題や社会保険の手続きなどをサポートできます。未経験で人事や労務に転職したい30代に向いている資格といえるでしょう。

そのほかの職種に活かせる資格

介護職への転職なら、「介護職員初任者研修」の取得がおすすめです。介護業界の基礎を身につけられて、資格取得者歓迎の正社員求人にも応募できるメリットがあります。また、30代・未経験で配達員やドライバーへ転職するなら、あらかじめ「二種免許」や「大型免許」を取得しておくと良いでしょう。
30歳で転職!年齢に合った能力を証明できる資格とは?」のコラムでは、30代の転職に役立つ資格をご紹介しています。どのような資格なら応募する予定の会社に好印象を与えられるかを考えながら取得を目指しましょう。

取得した資格を履歴書でアピールしよう

持っている資格が志望する仕事に関連していなくても、積極的に履歴書に書きましょう。会社から見て正社員の仕事で活かせると思われる場合もあります。また、取得できていなくても、資格に挑戦している姿勢が評価され、転職が成功することもあるでしょう。

30代で未経験の職種に転職する注意点

30代で未経験の職種に転職する注意点の画像

30代で未経験の職種へ転職すると、月給ダウンや転職活動の長期化といったリスクが生じることも。未経験職種へ転職する3つの注意点を知って、リスクに備えておきましょう。

1.家族と話し合う必要がある

配偶者や子どもがいる30代の人は、転職に対して家族の理解を得ておくことが大事です。「どんな仕事へ転職するのか」「いつから転職活動を始めるのか」などを説明していないと、家族に反対される場合もあります。月給の減少や勤務時間の変化は、家庭にマイナスの影響を及ぼすことがあるからです。転職における譲れない条件は、家族と相談しながら決めるのがおすすめです。

2.年収が一時的に下がることを覚悟する

キャリアを積んだ会社や、大企業から中小企業へ転職する方は、一時的に年収が下がる可能性があります。月給が高い傾向にある業界や職種でない限りは、ある程度年収が下がることを覚悟しておきましょう。
厚生労働省の「令和3年 上半期雇用動向調査 転職入職者の賃金変動状況」によると、30〜34歳で転職した人のうち、「賃金が増えた」と答えた割合は約42%、「賃金が減った」と答えた割合は約33%、「賃金は変わらない」と答えた割合は約24%でした。
30代で未経験の仕事へ転職するときは、一時的に年収が下がることを想定し、貯蓄したり大きな買い物は避けたりするといった計画性が必要です。

参照元
厚生労働省
令和3年 上半期雇用動向調査 結果の概要

3.未経験の転職活動は長期化しやすい

30代で未経験の職種へ転職する場合、ライバルに経験者がいると選考で不利になりやすく、転職活動が長期化する可能性があります。一般的な転職期間は3ヶ月ほどですが、半年ほど掛かる人も少なくありません。30代でも転職しやすくなったとはいえ、少しでも若いほうが有利な傾向があります。30代が未経験の業界や職業に転職するには時間が掛かるものだと理解し、前向きに挑戦し続けるのがポイントです。

転職活動は現職に勤めたまま行おう

30代・未経験の転職は、すぐに内定をもらえるとは限らないため、今の仕事と両立しながら求職活動を進めましょう。退職後に転職活動を進めると収入がない状態になり、仕事探しが長引くほど貯金も減ってしまいます。精神面や経済面の焦りがあるなかで転職先を決めると、ミスマッチが生じやすいので注意しましょう。現職を辞めるタイミングで悩んでいる30代の方は、「退職時期の決め方とは?おすすめのタイミングや伝える流れもご紹介」をご覧ください。

30代で未経験の仕事へ転職したい方は、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは、未経験でも応募できる正社員求人を多数取り扱っています。企業に直接取材をしているので、職場の雰囲気や詳しい仕事内容を知り、納得したうえで応募が可能です。サービスはすべて無料なので、「転職を成功させたい」という方はお気軽にご相談ください。

30代が未経験の職種へ転職するときのお悩みQ&A

ここでは、30代で未経験職種へ転職するときのお悩みをQ&A方式で解決します。志望する業界や月給に対する不安を抱えている方は、下記の回答を参考にしてください。

30代の転職者は何を求められる?

多くの企業は、30代の転職者に即戦力を求めます。しかし、最近は少子高齢化の影響で、若手の社員が減り、30代の未経験者でも応募を歓迎する求人が増加。このような求人であれば、即戦力よりも、入社への熱意や業務に対するやる気を求められるでしょう。詳しくはこのコラムの「30代で未経験の職種に転職するのは厳しい?」をご覧ください。

どうすれば30代で未経験職種へ転職できる?

ポータブルスキルを強みにしたり、今の会社で多くの実績を残しておいたりすると、30代でも未経験職種へ転職できるでしょう。ポータブルスキルとは、業種・職種問わずに活かせるコミュニケーション力や課題解決能力などのこと。また、今の会社での実績をアピールすれば、応募先の企業から「職場で結果を残せる人」として好印象を与えられます。30代で未経験の仕事に挑戦したい方は、転職エージェントのハタラクティブを、ぜひご利用ください。

30代女性におすすめの転職先はありますか?

医療事務や登録販売者、介護職などの職種がおすすめです。これらの職種は女性が多く活躍しているため、ライフスタイルに変化があった場合でも柔軟な働き方を実現できる傾向にあります。「30代から目指せる職業を紹介!男女別におすすめの仕事を解説」のコラムでは、そのほかにも30代女性に向いている仕事を紹介しているので、あわせてご一読ください。

30代が未経験の仕事に転職すると月給は下がる?

一時的に月給が下がる可能性はあります。具体的には、大企業から中小企業へ転職する場合や、キャリアを積んでいる状態で未経験の仕事に転職する場合が該当するでしょう。未経験職種への転職だと、専門的なスキルや経験がないため、始めから高い月給を得られない場合があります。転職と年収の関係は「転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」でも紹介しているので、あわせて参考にしてください。

この記事に関連するタグ