新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代で未経験職種への転職は厳しい?就活のコツやおすすめの仕事をご紹介!

30代で未経験職種への転職は厳しい?就活のコツやおすすめの仕事をご紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・30代でも未経験の仕事への転職は実現できる
  • ・30代で未経験の仕事へ転職する際は、汎用性の高いスキルをアピールしよう
  • ・30代で未経験の仕事に転職する場合は、月給(年収)ダウンを覚悟する
  • ・30代で今のキャリアを捨てる場合、未経験の仕事に挑戦する明確な転職理由が必要
  • ・30代の転職でおすすめの業界は「IT業界」「不動産業界」「宿泊業界」など

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

30代で未経験の仕事へ転職したいものの、即戦力になれないと採用されないのでは…と悩んでいませんか?30代の転職は経験者と比較されることが多いため、厳しいのは事実です。しかし、今の会社で培ったスキルや成功実績は、未経験の仕事へ転職する際も評価されることがあり、採用される可能性は十分にあります。このコラムでは、30代前半と後半に分けたおすすめの仕事もご紹介しますので、転職活動の参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

30代で未経験の仕事に転職するのは厳しい?

これまで30代での転職は、専門スキルやマネジメント能力を求める求人が中心で、未経験の仕事へ挑戦するのは厳しい傾向にありました。しかし近年は少子高齢化により若手の人材不足が進み、30代・未経験の方も歓迎する正社員の求人が増えつつあります。30代で未経験の仕事であっても、転職成功のチャンスはあるといえるでしょう。

資格の有無は未経験分野の転職にどう影響する?

求人情報に「要資格」と記載されていない限り、未経験の仕事で資格を保有しているかは採用に大きな影響はないことが多いようです。しかし、求人に「歓迎」表記がある、意欲を特に重視する傾向にある会社では資格を持っていることで評価を得られることも。資格保有者には月給に資格関連の手当を含めている会社もあります。資格を取得すべきかの判断は、志望企業の求人内容や求める人物像を参考にすると良いでしょう。

30代で未経験の仕事に転職するときの5つの注意点

30代で未経験の仕事へ転職するには、年収ダウンや転職活動の長期化などのリスクも想定されるでしょう。この項では、そのようなリスクに備えるための注意点を解説します。

1.30代からの転職は即戦力を求められる

企業が30代の転職者に求めるのは即戦力。30代というと何かしらの経験を積んでいると想定できるため、正社員として採用する場合「前職の実績・経験を活かした発想で業績アップに貢献してほしい」「管理職・管理職候補として働いてほしい」と考える企業が多いからです。
「未経験分野で活かせそうなスキル・経験・実績がない」と不安に思う方も多いですが、いわゆるビジネススキルも十分、未経験分野への転職で注目されるポイントです。コミュニケーション力をはじめ、企画の提案力、課題の分析・解決力といったスキルも、「基本的過ぎてあえて伝える必要はない」と判断せずにどんどんアピールしていきましょう。

転職活動でどのようなスキルがアピールになるかは「職務経歴書で活かせるスキルをアピール!例文付きで書き方を解説」のコラムを参考にしてください。

2.未経験の仕事に転職すると年収が下がりやすい

「未経験の仕事へ挑戦=キャリアのスタート」となるため、年収は下がる可能性が高いです。特に、大企業から中小企業へ転職する方や、今の会社で順調に昇給・昇格をしていた方は年収が下がると想定できます。
しかし、新卒と違って基本的なビジネススキルや前職での成功実績・失敗経験があるため、新しい仕事に順応しやすいのが30代の利点です。成長意欲のある方が正社員として、意欲や実績をきちんと評価する企業に就職した場合は、将来的には年収アップになることも。転職時の年収ダウンは一時的なものと捉え、給料以外のメリットに目を向けましょう。

年収ダウンが気になる人は月給も確認しよう
月給とは、ひと月あたりに支払われる「固定給」のことを指します。固定給は、残業代や通勤手当などを除いた給与の基本となる「基本給」と、役職や資格などに応じて固定で付与される各種「手当」で構成されるもの。似た言葉に「月収」がありますが、こちらは残業代やボーナス、通勤手当なども含まれます。年収は月収を12ヶ月分にすると算出できますが、残業代やボーナスは月・年によって変動することが多く、正確な数値は割り出せません。「確実に手元に入る額を確認したい」という方は、月給をもとに計算しておけば、その年の最低年収を割り出すことができるでしょう。

3.30代での未経験職種への転職活動は長期化しやすい

30代で未経験の仕事へ転職する場合、即戦力が求められるためライバルに経験者がいれば選考で不利になりやすく、転職活動が長期化する可能性があります。
また、30代・未経験の転職も挑戦しやすくなったとはいえ、少しでも若いほうが採用において有利であることには違いありません。30代で未経験職種・業種への転職活動は長引くものと考えて、前向きに挑戦し続けるのがポイントです。

4.転職活動は現職に勤めたまま行うのがベター

転職活動は今の仕事と両立しながら進めるのがおすすめ。転職先はすぐに決まるとは限らず、就職活動が長引けば貯金も減っていってしまい、経済的にも精神的にも追い詰められる可能性があります。焦って転職先を決めるとミスマッチになりやすいため、今の仕事は安易に辞めないようにしましょう。

5.30代での転職活動は家族と相談したほうが良い

配偶者や子どもがいる人は、転職前に家族の理解を得ておくのも大事です。年収ダウンや勤務時間の変化などは家族にも影響を及ぼします。勤務地によっては引っ越しが必要になることもあるでしょう。
「転職する」とだけ伝えていて、詳細を説明していないと内定後に家族の反対にあうことも考えられます。転職における譲れない条件などは、家族と相談しながら決めておくのがおすすめです。
転職するときの失敗例を「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」のコラムでご紹介していますので、参考にすると良いでしょう。

30代で未経験の仕事に転職するときの5つのコツ

30代で未経験の仕事に転職するときの5つのコツの文中画像

30代で未経験の仕事に転職するには、転職理由の明確化やキャリアの棚卸しなど、いくつかのコツがあります。未経験者は経験者に比べて選考で不利になりやすいため、準備をせずに転職活動をしても就職するのは厳しいでしょう。この項では、転職のコツを5つご紹介します。

1.転職理由を明確にする

面接では、必ずといって良いほど転職理由を聞かれます。特に、30代で未経験の仕事へ転職する場合、採用担当者は「これまでの正社員としてのキャリアと、それにともなう将来性を捨ててでも転職したい理由は何なのか」を知りたいようです。
転職理由は「人間関係のこじれ」「月給や待遇面など条件の良い仕事がしたい」などが本音であっても、ポジティブに説明するのがポイント。たとえば、「業務に対して月給が少ない」といった不満があったのなら、「しっかり実績を評価してもらえる会社で実力を発揮していきたい」と説明すれば、志望動機にもつながりやすいのでおすすめです。

2.業界・企業研究をする

転職するために必要なスキルは求人情報に記載されているものの、正社員として活躍している人物像やマインド、会社の方針などは詳しく分からないため、業界・企業研究も行って万全の対策をしておきましょう。業界・企業研究は、転職活動中だけでなく就職成功後にも大きく関わるもの。30代からのキャリアプランの実現や、長期的に勤めるためにも必須です。
業界研究の詳しいやり方は「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」、企業研究のやり方は「企業研究は転職を成功させるカギ!ポイントと方法を解説」のコラムで解説していますので、ご覧ください。

3.自己分析・キャリアの棚卸しをする

自己分析とキャリアの棚卸しをし、未経験の仕事に活かせる強みやスキルを洗い出しましょう。自身の強みと志望する仕事がマッチしていれば、自己PRや志望動機の説得力を高められ、30代・未経験での就職の成功率も上がります。
また、志望する仕事に関係なくても、資格を持っている場合は履歴書に書きましょう。自分では役に立たないと思っていても、企業から見れば正社員の仕事で活かせる知識の場合があります。資格に挑戦した姿勢が評価されることもあるでしょう。

4.転職市場における自分のレベルを客観視する

自己分析やキャリアの棚卸しで強みや適性を洗い出したら、それらが転職市場で求められるレベルに達しているのかを客観視する必要があります。たとえば、自分ではコミュニケーション力が高いと思っていても、周りからすると「自分の話ばかりする人」と思われていることも。特に30代以降にもなると、他者から指摘を受けたことがないまま過ごしてきたために、過大評価してしまっていることもあるようです。このように自分では強みだと思っていても、転職市場で求められているレベルに達していなければアピールになりません。
転職市場で求められるレベルを知るには、就活サイトや就職エージェントを活用して情報収集をしたり客観的なアドバイスをもらったりする必要があります。
自分のレベルが低いと気づいたら、スキルアップをしてから転職するか、今ある強みを活かせそうな仕事を選ぶのも成功するための方法の一つです。

5.今の会社での実績をアピールする

30代で未経験の仕事を目指すなら、今の会社での実績をアピールするのも効果的です。全く違う仕事への転職でも、大きなプロジェクトの成功や売上の貢献などの実績は「仕事への意欲が高い」「能力がある」と評価される可能性があります。
面接では実績を伝えるだけでなく、仕事で工夫したことや、経験から得たことも説明するのがおすすめです。

未経験だと転職の難易度は30代前半・後半で変わる
同じ30代であっても、前半と後半で正社員への就職のしやすさは変わります。これは、30代前半の正社員の場合は20代と同じようにポテンシャルをメインに見られ、後半だとこれまでと同様スキルや経験を重視される傾向にあるからです。そのため、30代前半であれば未経験の「職種」にも挑戦しやすいでしょう。後半の方は一定の経験が求められる職種で選ぶよりも今までの経験を活かせる「業種」で選ぶのがおすすめです。
業種と職種の違いがよく分からない方は「業種とは何か?公務員の分類は?一覧や職種との違いも解説!」で解説していますので、参考にしてください。

30代・未経験での転職でおすすめの業界は?

30代・未経験での転職でおすすめの業界は?の文中画像

ここでは、IT・Web業界や宿泊業界など、30代で未経験でも転職しやすい業界について解説します。

IT・Web業界

IT・Web業界は、社会の著しいIT化・DX化にともなって発展途上にある業界です。急速な市場規模の拡大により、人手が足りていません。IT・Web業界で活躍するためのスキルは独学やスクールで学ぶことが可能。入社後に未経験者に対する研修を実施している会社もあり、30代でも狙い目です。

メディア業界

メディア業界には出版社やテレビ局など、さまざまな就職先がありますが、近年はインターネット広告の代理店や運営企業が増えています。このような企業はこれまでにない新しい事業を展開しており、未経験でも採用される可能性が高めです。スキルそのものよりも、異なる分野で培われた価値観や発想が新事業の運営に役立つと考えられるでしょう。

金融業界

銀行や証券会社では、異業界・異業種の顧客と接する機会が多く、30代で業界未経験でもコミュニケーション力があれば活躍できます。顧客の業種によっては、前職の知識をもとに提案でき経験を活かせる場面もあるでしょう。また、経理や財務などのスキルも活かせます。

小売・流通業界

小売・流通業界には、商社のような卸売業と、百貨店やスーパーなどの小売業が含まれます。生活に直結する商品を扱う会社のほか、必需品ではなくても毎日を豊かにする品物を扱っている会社までさまざまで、この業界に属する会社は多数存在します。営業や接客、販売の仕事であれば、提案力やコミュニケーションスキルが活かせるのでおすすめ。また、経理・財務の知識があれば、店舗運営や売上管理などに活かせるでしょう。

不動産業界

不動産業界は成果主義の傾向にあることから、30代・未経験での挑戦でもそれまでの経歴はそれほど重要視されないでしょう。正社員への転職活動では、数字を残せる・目標を達成できるといった、成功した実績をアピールできると、より効果的といえます。

宿泊業界

宿泊業界は接客業の中でも特にハイレベルな接遇マナーを問われることから採用のハードルが高いイメージが強く、慢性的な人材不足となっているようです。しかし、実際は入社後にマナー研修がある会社も多く、正社員の経験や接客経験があれば十分活躍することができます。

旅行業界

旅行業界は繁忙期がある、景気によっても忙しさが変わる、職種によってはトラブル対応があるといった理由から、体力のある若い人材が中心に活躍しています。これだけ聞くと「波があって大変そう」と思う方もいますが、「観光スポットへ仕事で行けて楽しめる」「個人でも格安で旅行へ行ける」「お客様の笑顔や感謝の言葉にやりがいを感じる」と魅力も満載です。30代で未経験であっても体力があるなら十分転職できる業界といえるでしょう。

ブライダル業界

ブライダル業界はお客さまの都合に合わせた勤務となるため、長時間労働や休日出勤となることもあり、自身のライフステージの変化・生活の維持などを理由に離職してしまう社員も多いです。しかし、お客さまの一大イベントでもあり、やりがいのある仕事であることには違いありません。ヒアリング力・企画力が高く、責任感を持って行動できる方であれば十分活躍できるでしょう。

上記以外にも、将来性のある業界については「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」のコラムで紹介していますので、ご一読ください。

スタートアップ・ベンチャー企業も狙い目
スタートアップ企業やベンチャー企業は新規参入事業を扱っていることが多く、そもそも「そのビジネスの経験者」が存在しない状態です。30代でもポテンシャルで採用される可能性が高いうえ、組織として土台がために向けて正社員の経験が豊富な30代を必要としていることも。また、新しいことへチャレンジする姿勢を評価する傾向があり、未経験の仕事へ転職したい30代を歓迎している会社は多いです。

女性におすすめは保険業界
保険業界は主に目に見えない商品を扱うため、まずはお客さまに安心感を抱いてもらうことを重視しています。自身が笑顔や口調に気を配って接するのはもちろん、お客さまの気持ちの機微を捉えやすい傾向にある女性は特に重宝される業界です。

30代前半の転職者が未経験でも就職しやすい職種

30代前半の転職者が未経験でも就職しやすい職種の文中画像

30代前半だと比較的どのような職種にも転職しやすい傾向ですが、ここでは特に注目すべきプログラマー・システムエンジニアやファイナンシャルプランナー、コンサルタントなどについてご紹介します。

プログラマー・システムエンジニア(SE)

プログラマーはプログラミング言語を用いて、システムを構築するのが仕事です。一方、システムエンジニア(SE)はシステム開発の全般に携わる職種。プログラミングを行うことは少なく、クライアントから要望を聞いて企画をしたりプログラマーに指示を出すための仕様書を作成したりするのが仕事です。
どちらもECサイトやゲームの開発ほか、医療やインフラなど多種多様な業界で必要とされています。
現在は多くの仕事でデジタル化が進められ、プログラマー・システムエンジニアは人手不足の職種です。技術の進化が早いため、そもそも経験者が少ないという実態も。研修制度が充実している会社なら、30代の未経験者でも正社員として転職できる可能性があります。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは顧客の資金計画を提案する仕事です。不動産の売買や投資、相続など、さまざまな資金計画の相談に乗ります。主な就職先は保険会社や銀行、不動産会社など、多岐にわたるため30代・未経験の場合でも求人を探しやすいといえるでしょう。
ただし、ファイナンシャルプランナーになるにはファイナンシャル・プランニング技能検定の試験を受けて、国家資格を取得しなければなりません。資格には1級~3級までのランクがあり、2級以上があれば転職で有利になります。
宅地建物取引士の資格と合わせて取れば年収アップも見込めるのも特徴です。

コンサルタント

コンサルタントはクライアントの課題をヒアリングし、解決に導く職種です。コンサルタントは経験が問われるイメージがある職種ですが、実はコンサルタント業務に役立つスキル・実績があれば未経験者も歓迎されています。むしろこれまでの経験が評価されやすく、20代後半~30代前半でコンサルタントへの転職を希望する方は多いようです。チームのマネジメント経験や企画・開発経験などは特に高く評価されます。
コンサルタントファームは、ビジネスの多様化・複雑化にともないサービスの対象領域が広がっているという点でも、転職先を見つけやすい状態にあるといえるでしょう。

事務職を希望する場合は20代までがベター
20代はもちろん30代、40代など年代を問わず人気のある事務職。「未経験可」と記載している正社員の求人もあり30代・未経験でも応募できますが、この人気の高さから求人倍率も高く、実際には経験者が有利になったり、より若い人材が採用されたりしやすいのが実状です。未経験で事務職を希望するのであれば、20代のうちに転職活動をしたほうがチャンスがあると考えられます。

30代後半の転職者が未経験でも就職しやすい職種

30代後半の転職者が未経験でも就職しやすい職種の文中画像

30代後半は業種で選んだほうが転職しやすい傾向にありますが、未経験の職種に挑戦したいのであれば介護職員や営業職といった仕事がおすすめです。

介護職員

前述したとおり、日本は現在少子高齢化が進んでおり、介護のニーズも高まっています。このニーズに対して介護職員は足りておらず、将来的にはさらに不足するといわれている状態です。介護職員の場合、入社時に必要なスキルは特にないということも多く、未経験者や経験の浅い転職者などへ必要に応じて研修でフォローする体制が整っていることがほとんどといえます。

配達員・ドライバー

EC市場の需要が拡大したことで、配達員やドライバーも人手不足になっています。運転する車種にもよりますが、それに応じた運転免許を取得していれば働くことが可能。荷物の運搬作業が含まれるため体力も必要ですが、免許・体力以外のスキル・経験などは求められない傾向にあるため、30代・未経験でも転職しやすいでしょう。

飲食・アパレルなどの接客スタッフ

飲食店やアパレルショップなどは全国各地に展開されており、30代・未経験の転職活動でも求人を探しやすい傾向にあります。特に店頭に立って接客を行う社員はシフト制が基本で、土日や朝、夜などどの時間帯もカバーできるよう社員を揃える必要が。管理職はマネジメント経験や接客経験を問われることが多いようですが、接客を中心に行う社員はコミュニケーション力があり、明るく元気に対応できるかが鍵となります。

営業職

営業職も過去の経歴を問わず、入社後に成績を残せる人材であるかを見ています。また、営業職はどの業界・会社においても活躍している職種です。飲食店・アパレルの社員同様、求人の数が多く、30代や未経験からの転職でも理想的な条件に出会いやすいでしょう。

工場の作業員

工場の業務はルーチンワークであったり、マニュアルが整備されていたりするのが基本。こちらも管理職であれば管理経験が求められますが、作業員のような一般社員であれば特にスキル・経験は求められません。ただし、業務内容によっては細かい作業が発生したり、トラブル対応が必要だったりすることもあるため、責任感を持って行動できる人材であるかが見られます。

30代でやりたいことが見つからない場合の転職は?

30代でやりたいことが見つからない場合の転職は?の文中画像

30代で転職したくなったものの、やりたいことが分からないという人は、将来のイメージを描いたり好きなこと・嫌いなことから選択肢を狭めていったりすると良いでしょう。

仕事に関係なく将来像を描いてみる

仕事としてやりたいことは見つからなくても、5年後、10年後、20年後、自分はどのような暮らしをしてみたいかイメージしてみましょう。たとえば、「10年後にはマイホームを買って、休日には家族でピクニックへ行きたい」とイメージしたのなら、求人を探す際「30代でコツコツ貯金すれば40歳前後でマイホームが買えるくらいの月給」「子どもと休日を楽しめるよう土日休みの職種」といった条件を軸に選べます。「海外へ移住したい」「外国人とスムーズに話せるようになっていたい」のなら、事業をグローバル展開している会社の正社員求人へ応募するというように、転職を検討できるでしょう。
いきなり具体的な将来像はイメージできないという方は、箇条書きでやりたいことをどんどんリストアップしていくのもおすすめです。

成功体験や好きなこと、継続中のことから導き出す

30代までに成功したこと、好きなこと、継続していることは自身の強み・得意な内容といえます。言い換えれば、これらの内容であれば「未経験でも転職先で貢献できるスキルがある」ということ。仕事は絶対に「自分がやりたいこと」から選ぶ必要があるわけではないため、「自分が世の中や会社に貢献できること」に注目して選んでみましょう。

やりたくないことに着目して考える

30代まで成功した経験も、好きなこと・継続中のことも特に思い浮かばない方は、逆に「やりたくないこと」を中心に転職先を考えていきましょう。「やりたくないことならたくさんある」という方は、ランキングをつけて未経験でもできそうな内容を選択していきます。

30代の未経験分野への転職はエージェントの利用を

30代で未経験の仕事へ転職するなら、エージェントの活用がおすすめです。30代で未経験の仕事へ転職する場合は長期化しやすく、今の仕事との両立も難しいため、プロの力を借りたほうが進めやすいでしょう。エージェントを活用するメリットは以下のとおりです。

プロと一緒に自己分析や業界・企業研究ができる

転職エージェントでは、アドバイザーと一緒に自己分析や業界・企業研究を行うことができます。プロのアドバイスによって、自分では気づかなかった強みを発見したり、知らなかった業界や企業に出会えたりすることもあります。幅広く情報収集することで、30代での未経験職種・業種への転職を成功させる確率が高められるでしょう。

日程調整や企業との諸連絡を代行してもらえる

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、応募者と企業の窓口として、諸連絡や面接の日程調整なども行ってくれます。正社員として働きながらの転職活動は今の仕事との両立が難しく、長期化の原因にもなるため、プロの力を借りて効率的に転職活動すると良いでしょう。

応募者に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは独自に取材した企業の求人を紹介してくれるため、ミスマッチを防ぎやすいのがメリット。募集要項では分からない社風や雰囲気を知ったうえで、応募者に合った正社員の求人を紹介してくれます。

30代で未経験の仕事へ転職したい方はハタラクティブを利用してみませんか?ハタラクティブは若年層を中心に求職活動をサポートしている転職エージェント。「未経験可」の求人も多数ご紹介しているため、異業種・異職種への転職をサポートすることも可能です。経験豊富な専任アドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、相談者の適性や希望条件に合った求人・企業をご紹介いたします。
取り扱っている求人は、すべて企業に直接取材したもののみ。そのため、職場の雰囲気や詳しい仕事内容など、外からは分かりにくい情報もお伝えしたうえでご応募いただけます。
「未経験職種に挑戦したいけれど不安…」「アピールできる強みが見つからない」などのお悩みも、まずはご相談ください。

30代で未経験の仕事へ転職するときのお悩みQ&A

30代の方が未経験の仕事へ転職する場合、「何をアピールしたら良いのか分からない」「転職理由の説明が難しい」などで悩むことが多いようです。ここでは、30代で未経験職種・業種へ転職するときのお悩みをQ&A方式で解決します。

30代社会人未経験者は就職できませんか?

会社は新卒、第二新卒をはじめ20代の若者を歓迎していますが、30代で社会人経験がない方も就職できます。ただし、「条件を広げる」「ニート・フリーター歴について答えられるようにしておく」などポイントを押さえる必要が。「30代で初めての正社員を目指すには?就活のコツやおすすめの業界を解説」で、就職成功のコツを掴みましょう。
 

転職理由が思いつきません。

転職理由には、キャリアアップなど前向きなものばかりでなく、ネガティブな要因もあるでしょう。ネガティブな転職理由は、人間関係の不満なら「チームワークの良い職場で働きたい」と言い換えて伝えるのは問題ありません。転職理由の例文を見たい方は、「転職理由の例文をご紹介!やりがいやスキルアップなどポジティブな内容に」をご覧ください。
 

現職の職歴が短いと不利ですか?

転職では、早期離職の経歴があると不利になりやすいのは事実です。採用担当者は「またすぐに辞めるのでは」と警戒する可能性があります。早期離職は明確な転職理由や「今度こそ長く働きたい」という意欲を示すのが重要です。早期離職の面接での伝え方は「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」が参考になるでしょう。
 

30代ですが、転職に役立つスキルがありません。

資格や専門技術だけがスキルではありません。協調性や忍耐力などもスキルとしてアピールできます。転職での自己PRについては「もう悩まない!転職時の自己PRとは」のコラムをご参照ください。転職エージェントのハタラクティブでもアピールの仕方をアドバイスしています。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ