未経験でも大丈夫?30代ニートの特徴と就職方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験でも大丈夫?30代ニートの特徴と就職方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・30代ニートはコミュニケーションが苦手、プライドが高い、新卒入社に失敗しているといった特徴を持っている
    ・就職するなら、生活習慣を改善したりアルバイトで働くことに慣れたりすると良い
    ・しかし、フリーターが長引くと就職できる可能性は低くなるため、あらかじめ期間を決めるなどの対策が必要
    ・未経験から挑戦できる仕事を選ぶのも、就職成功のポイント
    ・空白期間を正直に伝える、反省点を明確にする、第三者のアドバイスを受けるなどを行ってスムーズに就活を進めよう

未経験でも大丈夫?30代ニートの特徴と就職方法の画像

通学、通勤、家事、就業訓練のいずれも受けていない人をニートと称していますが、中には働いたことがないまま30代になった…という人もいると思います。
30代でニート生活を送る方には、どのような特徴があるのでしょうか。
当コラムでは、30代のニートに焦点を当てて解説。
職歴がない状態からの就職方法やおすすめの業界、スムーズな就活の進め方などを紹介しているので、脱ニートを目指す方は参考にしてください。

30代ニートの特徴

ニートとは、「15歳から34歳までの、通勤、通学、家事、職業訓練を受けていない人」と定義づけられています。
30代でニート生活を送る人には、どのような特徴があるのでしょうか。

コミュニケーションが苦手

30代までずっとニート…という方は、コミュニケーションを取ることがもともと苦手な傾向があります。
また、就業経験がある場合も、会社での人間関係などが原因で退職し、そのままニートに…というケースが多め。
他者と関わるのが苦手、相手とコミュニケーションが図れない方が多いと言えるでしょう。

自信がない

一度は就職したものの、何らかの原因で退職し、自信を失って再就職に挑戦できない方も。
失敗を恐れる、マイナス思考といった特徴も挙げられます。

プライドが高い

いわゆる「高学歴」の人に多い特徴で、プライドの高さから仕事を選んでしまい、なかなか就職できずにニートを続けている…というケース。
「もっと自分にふさわしい仕事がある」「この業務は自分の学歴に見合わない」などの理由で退職したり再就職を留まったりする人が多いようです。

ほかに、就活時が就職氷河期に当たったため新卒での就職に失敗した人が多い、親が現役なので生活の心配がないなどの特徴も挙げられます。

30代ニートから就職するには

長い人では10年近く無職状態を続けている30代ニート。
就職するにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、生活リズムを改善することが大切です。
ニートの方は通勤や通学をしていないため、生活が夜型になりがち。
中には、朝方に寝はじめて昼過ぎに起きる…という人もいるでしょう。

しかし、多くの会社は就業時間が9時~18時など日中になるため、就職すれば必然的に朝型の生活を送ることに。
夜型のまま就職すると、生活の変化に追いつけずに心身ともに辛くなる可能性があるため、就職を決意した時点で生活改善を行うのがおすすめです。

職歴がない場合はアルバイトからスタートするのも良いでしょう。
「働くこと」に慣れるほか、自分に合った仕事を探したり働く意欲を見出したりする効果が期待できます。
また、アルバイトの多くはシフト制を導入しているので、自分の都合に合わせて働きたい…という人にもおすすめ。
長期アルバイトをする自信がなければ、短期などの仕事を探すことも可能です。

ただし、フリーター期間が長引くほど就職には不利になります。
厚生労働省の発表したデータによると、フリーター期間が半年以内であれば男性で7割、女性で6割の人が正社員として就職に成功しているのに対し、3年超のフリーター期間の場合は男性で6割、女性だと4割まで下がります。
また、フリーター経験を積極的には評価しない企業が多いのも実情。
「いつ辞めるか分からない」「相応の業務知識がない」といったイメージを抱くケースが多いため、アルバイト期間はできる限り短くしたほうが就職に有利になるでしょう。

30代以降の正社員に求められるのは、マネジメント経験やこれまでのキャリア。
そのため、職歴として扱われないアルバイトを長く続けても評価につながらない、キャリアなしとみなされることがほとんどです。

以上のことから、ニート卒業のためにフリーターをするのであれば、一定の期間を定めて働くか、職歴があるならフリーターではなく正社員として就職できるよう動くのがベターと言えるでしょう。

参照元
厚生労働省
フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業 

未経験者を歓迎している業界・職種

就業経験がない場合、どの業界でも未経験として扱われます。
先述したように30代にはキャリアを求められる傾向が強いですが、未経験者を歓迎する業界や職種はあるのでしょうか。

介護業界

高齢化が進んでいるのに対し、人材不足が顕著と言われている介護業界。
そのため、未経験からでも正社員を狙いやすい業界と言えるでしょう。
また、事業者が資格取得をサポートしてくれるケースも多く、将来的に国家資格である介護福祉士を目指したりマネジメントに関わったりできるかもしれません。

IT業界

多くの業界がIT化を進めていることから、IT業界も人手不足が懸念されています。
代表的な職種はプログラマーやSEで、パソコンに触れる機会が多い傾向があるニートに向いていると言えるでしょう。

製造業界

いわゆる工場勤務は、他人との関わりが薄い傾向が強いのでコミュニケーションに不安がある方におすすめです。
また、1人で黙々と仕事を進められることも多いため、自分のペースで仕事をしたい、ルーチンワークが得意といった方にも向いているでしょう。

営業職

営業職に対して「ノルマがある」「歓迎されない仕事」というイメージを持つ方も多いと思います。
しかし、上記のようなイメージが当てはまるかどうかは、就職先の企業によって異なるため、全ての営業職が辛いとは限りません。
また、結果に重点を置くことが多いため、これまでの経験やキャリアがなくても挑戦できるのが魅力。
基本的なビジネススキルやコミュニケーションのとり方、仕事やお金の流れを知ることができるため、社会人としての基礎を学べるチャンスにもなり得ます。

30代ニートの就活をスムーズに進めるには

せっかくニート卒業を目指して就活を始めても、スムーズに進まないことから就職を断念してしまう人もいるかもしれません。
30代のニートがスムーズに就活を進めるには、どうしたら良いのでしょうか。
シーン別の対策法を以下にまとめたので、参考にしてください。

書類選考

多くの方がニート期間の記載方法や説明で悩むと思いますが、素直に空白期間を認めることが大切。
その際に、「なぜブランクができたのか」「ニートになった原因」などをしっかりと説明できるよう準備しておきましょう。
変に隠したり嘘の経歴を答えたりすると経歴詐称になるため、冷静に原因を分析して伝えてください。
現在は働ける状況にあることや、就職に対する熱意をアピールするのも効果が期待できます。

面接

面接をスムーズにこなすためには、事前の対策が必須です。
質問に対する答えや立ち居振る舞いなど、事前に想定できる事柄に関しては回答を準備したりハキハキと話す練習をしたりして備えましょう。
また、ニートの方の場合、ほとんどの面接で空白期間に関する質問をされます。
これに対しては、書類選考と同じように「素直に認め、原因を冷静に伝える」「反省している旨を伝え、働くことに対する意欲を伝える」などが有効。
面接に進めているということは、少なからず採用のチャンスがあるということなので、しっかりと仕事に対する熱意を伝えましょう。

求人サービス

書類の仕上がりや面接対策などを、第三者にチェックしてもらうことも大切です。
また、就活がうまくいかない原因などを客観的に判断してもらうことで、自分では気づけないポイントが見つかることも。
親や友人など親しい人にお願いしても良いのですが、より「面接官に近い視野」からの評価を期待するなら、求人サービスのスタッフにチェックしてもらいましょう。
特に転職エージェントのスタッフなら、求人状況や業界情報に精通していることや、多くの転職希望者をサポートしてきた経験から、より適切なアドバイスを期待できるでしょう。

職歴なしの30代ニートの方がスムーズな就活を進めるためには、第三者のサポートがポイントとなります。
「周りに相談できる人がいない…」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、ご利用者一人ひとりに対して専任のアドバイザーが担当につき、転職相談や具体的な対策などを支援しています。
マンツーマンでカウンセリングを行うので、小さなことや相談しにくいことも気兼ねなくお伝え下さい!
あなたの希望や適性を考慮した上で、豊富な求人からあなたにピッタリのものをご紹介。
未経験歓迎の企業も多く扱っているため、職歴に不安がある…という方も利用可能です。
ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

こんなときどうする?30代未経験の方の就活お悩みQ&A

ここでは、30代の方の就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。30代での就活に不安を感じている方は、ぜひご一読ください。

就業未経験の30代から就職するには?

アルバイトからスタートするのがおすすめです。
アルバイトをすることで、「働く」ことに慣れ、自分にの適性に合った仕事を探したり、働く意欲を見出したりする効果が期待できるでしょう。
また、アルバイトはシフト制を導入している場合が多いので、自分の都合に合わせて働くことができます。長期アルバイトに自信がなければ、短期の仕事を探すことも可能です。ただし、フリーターの期間が長引くほど就職には不利になる恐れがあるので、注意しましょう。詳しくはこのコラムの「30代ニートから就職するには」をご覧ください。

30代でも未経験の仕事に就職できますか?

できます。ただし、その仕事に就きたい理由を明確にしましょう。
未経験の業界・職種に挑戦する際は、志望動機を明確にし、自分のスキルや経験がどう活かせるかアピールしましょう。キャリアプランや将来のビジョンが応募企業とマッチしていれば、採用確率が上がることも。ただし、求人数が少ない、給与のダウンといったリスクもあるので、本当にその仕事に就く必要があるか再検討するのもポイントです。詳細は「30代でも未経験の仕事に挑戦できる?転職成功のコツ」のコラムをチェックしてみてください。

30代未経験でも正社員就職できますか?

目指せます。ただし、求人数が減っている場合もあり、選択肢が限られることも。
30代で就活をスタートさせる場合、エージェントやハローワークを頼って就活を進めたり、就活の基本的な準備をしたりしておくことが大切です。求人は、条件の幅を広げ多くの求人から探しましょう。
就職・転職エージェントハタラクティブでは、就活を熟知した専任アドバイザーが、面談をもとに、あなたに合った求人をご紹介します。応募書類の添削や自己分析の指南、企業との交渉など、全面的にあなたの就活をサポート。はじめての就活で不安な方は、ぜひご相談ください

30代で正社員就職するためにすべきことは?

世の中の仕事の種類を把握し、企業研究を徹底しましょう。
就職するために大切なのは、自分の適性や性格に合った企業を見極めること。また、いかに自分が今持っている能力をアピールできるかも重要です。
30代フリーター、アルバイト生活を辞めるなら今だ!」のコラムを参考に、就活の流れや内定のためのポイントを理解しましょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ