30代の未経験転職は厳しい?成功のコツやおすすめの職種・資格をご紹介

30代の未経験転職は厳しい?成功のコツやおすすめの職種・資格をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 企業が求める人物像と合っていれば、30代からの未経験転職は可能
  • 30代で未経験分野に転職する場合は、月給ダウンや転職活動の長期化に注意しよう
  • 30代未経験の転職活動には「キャリアの棚卸し」「転職理由の明確化」などが必要
  • 30代の未経験者におすすめの職種は、「ITエンジニア」「営業職」「施工管理」など
  • 30代が未経験分野へ転職する場合、職種に合った資格があると評価されやすい

30代で未経験の仕事へ転職したいものの、「もう手遅れ?」「即戦力になれないと採用されないのでは…」とお悩みの方もいるでしょう。たしかに、30代の転職者に即戦力を求める企業は一定数存在します。しかし、前職で培ったスキルや成功実績が評価される場合もあるので、手遅れだと心配し過ぎる必要はありません。このコラムでは、30代におすすめの正社員の仕事や転職の注意点をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代で未経験職種に転職するのは厳しい?

30代で未経験職種に転職するのは厳しい?の画像

企業側が求める人物像とマッチしていれば、30代からの未経験転職は可能です。特に、「年齢・経験不問」「未経験で入社した30代が活躍中」といった記載がされている求人は、挑戦しやすいでしょう。以下では、30代の未経験転職の実情をより詳しく解説しているので、ぜひお役立てください。

今の会社で実績を上げておくと転職しやすい

今働いている会社で実績を上げておけば、30代で未経験職種へ転職する際にアピールになります。たとえば、大きなプロジェクトの成功や売上への貢献といった成功実績は、「仕事への意欲が高い」「能力がある」と評価されるでしょう。また、工夫したことや経験から得たことを具体的に説明すると、入社後に活躍するイメージが採用担当者に伝わりやすくなります。

即戦力を求める企業があるのも事実

中途採用市場では、30代の転職者に即戦力を求める企業があるのも事実です。その背景には、「前職の成功実績・経験を活かした発想で業績アップに貢献してほしい」「管理職・管理職候補として働いてほしい」といった考えがあります。専門分野における経験や知識のある人が優遇されることも多いので、転職が厳しいと感じる場合もあるでしょう。

マネジメント経験が求められることもある

30代で転職活動をする際は、マネジメント経験を問われる場合があります。プロジェクトのチームをまとめたり、人材を育成したりした経験があれば、積極的にアピールしましょう。未経験分野における転職であっても、マネジメント経験があればリーダーシップや管理能力を評価してもらえる可能性があります。

30代の未経験転職で役立つスキルは?

30代が未経験分野へ転職する際に役立つのは、ポータブルスキルです。ポータブルスキルとは、どのような仕事にも活かせる能力のことで、「コミュニケーション能力」「適応力」「状況判断能力」「企画提案力」などが該当します。これまでの経験のなかで、志望先の業務に活かせるスキルがないか、ぜひ振り返ってみてください。

30代で未経験職種に転職する3つのリスク

30代で未経験職種に転職する3つのリスクの画像

30代で未経験職種への転職に挑戦する場合、月給ダウンや転職活動の長期化といったリスクが生じる可能性があります。以下で、未経験職種へ転職する3つの注意点を知って、リスクに備えておきましょう。

1.年収が一時的に下がる場合がある

30代で未経験職種に転職すると、年収が一時的に下がる場合があります。厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概況」によると、転職による賃金の変動は以下のとおりです。

  増加 変わらない 減少
30~34歳 38.4% 27.6% 32.4%
35~39歳 36.8% 33.0% 29.2%

引用:厚生労働省「表7 転職入職者の賃金変動状況別割合(18p)

30代前半で転職した人の内、「賃金が増えた」と答えた割合は38.4%、「賃金は変わらない」と答えた割合は27.6%、「賃金が減った」と答えた割合は32.4%でした。30代後半では、「増加」が36.8%、「変わらない」が33%、「減少」が29.2%です。上記のデータでは転職後に賃金が増加する人のほうが多いですが、賃金が減少する人も一定数いることを認識しておきましょう。

参照元
厚生労働省
令和3年雇用動向調査結果の概要

2.転職活動自体が長期化しやすい

30代で未経験職種へ転職する場合、ライバルに経験者がいると選考で不利になりやすく、転職活動が長期化する可能性があります。一般的に、転職活動に掛かる期間は3ヶ月ほどですが、未経験の業界や職種への転職はさらに時間が掛かるものだと理解し、前向きに挑戦し続けるのがポイントです。

3.家族にも影響をおよぼす可能性がある

転職による給料の減少や勤務時間の変化は、家庭にマイナスの影響を及ぼすことがあります。「どんな仕事へ転職するのか」「いつから転職活動を始めるのか」などを家族と事前に共有していないと、内定獲得後に転職を反対される場合もあるので注意が必要です。

転職活動は在職中に行うのがおすすめ

30代の未経験転職は、今の仕事と両立しながら進めるのがおすすめです。退職後に転職活動を進めると、収入がない状態になり、仕事探しが長引くほど貯金も減ってしまいます。精神面や経済面が不安定な状態で転職先を焦って決めると、ミスマッチが生じやすいので注意しましょう。現職を辞めるタイミングで悩んでいる30代は、「退職時期の決め方とは?おすすめのタイミングや伝える流れもご紹介」もご覧ください。

30代の未経験転職に必要な5つの準備

ここでは、未経験転職を目指す30代が転職前にやっておきたい準備を紹介します。転職活動をスムーズに行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.転職理由の明確化

30代から未経験職種を目指すときは、「なぜ未経験で転職したいのか」を明確にしておきましょう。具体的なキャリアプランや目標と関連付けて説明すれば、説得力のある転職理由となります。曖昧な理由では、「実際に採用しても、前職と同様に『なんとなく』で辞められる可能性がある」と懸念される恐れがあるので注意しましょう。良い転職理由が思いつかない方は、「転職理由別の例文7つ!好印象を与えるために意識するべきポイントとは」を参考にしてください。

2.自己分析・キャリアの棚卸し

30代の転職活動では、自己分析とキャリアの棚卸しを行い、未経験の仕事に活かせる強みやスキルを洗い出すのがポイントです。自分の性格やこれまでの経歴、所有している資格などを振り返り、自身の強みを理解すれば、自己PRや志望動機の説得力が増します。自己分析のやり方を詳しく知りたい方は、「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」をチェックしてみてください。

3.業界・企業研究

30代で未経験の仕事へ転職する際は、業界・企業研究を行うことが大切です。業界・企業研究を行えば、入社後に「想像していた仕事と違った…」とミスマッチを感じるリスクを減らせます。業界研究の具体的な方法は「業界研究のやり方や目的を解説!就職活動に活かすためのポイントも紹介」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

需要が高まっている業界に注目しよう

転職先選びに悩む30代は、需要が高まっている業界に注目してみましょう。たとえば、介護業界は少子高齢化の影響で人材不足が問題となっています。また、IT業界はIT技術の急速な発展によって採用を拡大している企業が多いため、転職先としておすすめです。「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」でも将来性が期待できる業界を紹介しているので、あわせてご覧ください。

4.キャリアプランの設定

未経験職種への転職に挑戦する30代は、「○○の仕事がやりたい」という目先の願望だけでなく、「やりたい仕事をして将来的にどうなりたいか」も考えておきましょう。面接では、「5年後・10年後はどうなっていたいですか?」「どのようなキャリアを積みたいですか?」など、将来のビジョンに関する質問をされることが多いからです。具体的なキャリアプランの立て方は、「明確なキャリアプランで転職成功へ!立て方・伝え方のポイントと回答例」に載せています。

5.応募書類の作成

30代の未経験者は、応募書類の作成に力を入れることも大切です。ポイントとしては、「企業が求めている能力をアピールする」「誰にでも通じる言葉を使う」「体裁を整える」などが挙げられます。履歴書の書き方は「履歴書の書き方は?職歴や志望動機が思いつかないときの対処法も解説」、職務経歴書の書き方は「転職するなら職務経歴書の記載方法をマスターしよう!」を参考にしてみてください。応募書類の書き方に不安がある場合は、エージェントやハローワークなどの転職支援サービスを利用して、添削してもらうのもおすすめです。

30代の未経験転職を成功させる6つのコツ

30代の未経験転職を成功させる6つのコツの画像

30代の未経験転職を成功させるには、「企業から求められるレベルを知る」「希望条件に優先順位をつける」「転職エージェントを活用する」といったポイントを押さえるのが大切です。以下で転職成功のコツを7つ紹介するので、参考にしてみてください。

1.30代の転職者に求められるレベルを知る

未経験職種への転職を成功させたい30代は、情報収集をしたり実際に面接を受けたりして、自分のスキルを客観視しましょう。自分のスキルレベルがやりたい仕事に通用するか、どのような会社なら強みを役立てられるかを考えることが重要です。応募したい求人内容に合わせて、自身の経験やスキルを積極的にアピールしましょう。

2.希望条件に優先順位をつける

30代で未経験職種への転職を目指す方は、希望条件に優先順位をつけましょう。優先順位を決めると、自分が転職で重視したいことや妥協できる点が明確になり、求人を選びやすくなります。希望条件が多過ぎると、マッチする求人がなかなか見つからず、転職活動が難航する可能性があるので注意してください。

3.得意なことを仕事にする

未経験職種の求人を探す30代は、自分が得意な作業に注目してみましょう。職種自体が未経験の場合も、応募先の業務に活かせる特技をアピールすれば、プラスに評価してもらえる可能性があります。「好きな仕事・得意な仕事に就くメリットとデメリット」では、得意なことを仕事にするメリット・デメリットを紹介しているので、あわせてご参照ください。

4.経験者が少ない職業を探す

未経験の職種にチャレンジする30代は、経験者の少ない職業をチェックしてみるのもおすすめです。たとえば、新しい事業や知名度が低い仕事を行っている会社は、経験者がなかなか集まらず未経験者を積極的に募集している場合があります。名の知れた事業や仕事だけでなく、幅広い視野で仕事を探してみてください。

5.転職支援サービスを活用する

30代・職種未経験で転職をする場合は、転職支援サービスを利用するのも効果的です。たとえば、転職サイトや転職エージェントなどが挙げられます。それぞれの特徴は以下でご確認ください。

転職サイト

転職サイトとは、企業の求人情報が掲載されたWebサイトを指します。スマートフォンやタブレットなどの端末からログインできるので、自分の好きな時間に求人を閲覧することが可能です。また、求人検索機能を使えば「30代」「未経験」など、ワードを自由に設定して求人を絞り込むこともできます。ただし、転職サイトのみを利用する場合は、求人応募から選考対策まで自力で行う必要があることを認識しておきましょう。

転職エージェント

転職エージェントとは、求職者と企業のマッチングを行うサービスを指します。転職エージェントは、カウンセリングによって適性に合う求人を紹介してくれたり、選考対策を手伝ってくれたりするのが特徴です。エージェントによっては、面接の日程調整や労働条件の交渉といった企業とのやり取りを代行してくれる場合もあります。

転職サイトやエージェントは併用がおすすめ

未経験転職を目指す30代は、転職サイトと転職エージェントを併用するのがおすすめです。転職エージェントのアドバイザーに求人を紹介してもらいながら、自分自身でも求人をチェックすれば、より幅広い視野で転職先を探せます。なお、転職サイトや転職エージェントによって対象者や支援内容、アドバイザーの質などは異なるため、自分の状況に合ったサービスを選びましょう。

6.周りの意見に流され過ぎない

30代で未経験職種への転職を目指す場合は、周りの意見に流され過ぎないようにしましょう。「家族がこう言っているから」「アドバイザーに勧められたから」といった理由で転職先を決めてしまうと、転職後にミスマッチが生じたときに「自分の意思をもっと大切にすれば良かった」と後悔する場合があります。

エージェントの担当者と合わないときは変更を申し出よう

エージェントを利用するなかでアドバイザーとの相性の悪さを感じた場合は、担当者の変更を申し出ましょう。言いづらいからといってそのままでいると、転職活動自体が苦痛になる可能性があります。「人と人との関わりなので合う・合わないはある」と割り切り、早めに伝えるようにしましょう。

やりたい仕事がないけど転職したい!見つけ方と注意点をご紹介」のコラムでは、やりたいことがない状態で転職先を探すときの注意点をまとめています。30代で未経験分野に転職したいものの、方向性が定まっていない場合は、あわせてご確認ください。

30代の未経験転職におすすめの7職種

30代の未経験転職におすすめの7職種の画像

30代の未経験転職におすすめの職種は、ITエンジニアや介護職、施工管理、工場作業員などです。それぞれの仕事の特徴は以下で解説します。

1.ITエンジニア

ITエンジニアは、コンピューターを動かすシステムやソフトウェアの開発などの業務に従事する職種です。IT技術の急速な発展によって人材の需要が拡大しているのに対し、日本の人口減少による人材不足が課題となっているため、30代の未経験者にも採用のチャンスがあります。ただし、30代の未経験者を歓迎している求人に応募する場合でも、ある程度の基礎知識を求められる場合があるため、スクールや独学などでスキルを習得しておくのがおすすめです。エンジニアに関する情報は「エンジニアとは?種類や仕事内容・求められる能力をわかりやすく解説!」でも詳しく紹介しています。

2.営業職

営業職とは、物やサービスの魅力を顧客に伝え、契約に繋げる職種を指します。営業職は正社員の求人数が多く、コミュニケーション能力や人柄など、経歴やスキル以外の部分を評価してもらえるのが特徴です。そのため、未経験から挑戦しやすい職種といえます。営業職への転職を目指す30代は、「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」もご一読ください。

3.介護職

介護職は、食事・入浴・排泄などの介助によって、ご高齢者の日常生活をサポートする職種です。介護業界は人手不足の状態にあるため、未経験からの転職が成功しやすい傾向にあります。資格取得支援制度やフォロー体制が充実している会社も多く、働きながら知識や技術を身につけることも可能です。上位資格を取得したり実務経験を積み重ねたりすれば、介護福祉士やケアマネジャーへのキャリアアップも目指せます。未経験から介護職への転職を目指す30代の方は、「介護職の志望動機はどう書く?未経験や転職など状況別の例文を紹介」のコラムもご覧ください。

4.接客スタッフ

接客スタッフは、お店を訪れたお客さまの対応をしたり、商品やサービスを提供したりする職種です。特別なスキルや資格は基本的に不要なので、未経験から挑戦しやすい職種といえます。これまでに人と接する仕事に就いていた30代の方は、その経験を活かしてより幅広い活躍が期待できるでしょう。接客スタッフに興味がある方は、「接客の仕事」のコラムも要チェックです。

5.配達員・ドライバー

配達員・ドライバーは、人や物を目的の場所まで送り届ける職種です。ネット通販の普及に伴ってドライバーが人手不足状態になっていることもあり、運転する車種に応じて免許を取得すれば、30代・未経験から配送業務に携われます。ただし、荷物の運搬作業が必要な場合もあるため、年齢を重ねるにつれて身体的な負担が大きくなることも念頭に置いておきましょう。ドライバーの仕事内容やメリット・デメリットは「正社員ドライバーになるためには?仕事内容や転職成功のポイントを解説!」で解説しています。

6.施工管理職

施工管理職は、工事のスケジュールや現場の安全を管理する職種です。技術者の高齢化によって若手の施工管理者が不足しているため、30代の人材は比較的採用されやすいといえます。なお、「施工管理技士」という国家資格を取得することで手当がつくこともあるので、収入アップを目指す30代にもおすすめです。未経験で施工管理の仕事にチャレンジしたい方は、「施工管理の仕事」もご覧ください。

7.工場作業員

工場作業員は、工場内でライン作業やピッキング、生産・工程管理といった業務を行う職種です。工場の業務はルーチンワークであったり、マニュアルが整備されていたりするのが基本なので、未経験から転職しやすいといえます。工場作業員への転職を考えている30代は、「工場に就職するメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」もご参照ください。

30代の未経験転職に活かせる8つの資格

30代で未経験職種に挑戦する際、転職先で活かせる資格があるとプラスに評価してもらえる場合があります。資格の一例を以下で紹介するので、参考にしてみてください。

1.基本情報技術者(FE)

基本情報技術者の資格は、ITエンジニアに必要な基礎知識が身についていることを証明できます。ITソリューションやサービスに関連する業務で、情報技術を活用した戦略立案に参加することが可能です。IT系職種への転職に興味がある30代の方は、ぜひ取得を検討してみてください。

2.マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、WordやExcel、PowerPointなどのスキルを証明する資格です。この資格を取得すれば、データの作成や分析に役立ち、情報を分かりやすく伝えられるようになります。業務を効率的に進められることをアピールすれば、未経験職種に挑戦する30代も採用担当者から評価されやすいでしょう。

3.中小企業診断士

中小企業診断士の国家資格を取ると、中小企業の経営課題に対する助言を行えるようになります。営業職として必要なマーケティングスキルを身につけられるため、事業の発展に貢献することが可能です。未経験で転職しても、30代から社内におけるキャリアアップや独立を目指せます。

4.宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産業界や建築業界の営業職を目指す際に役立つ資格です。重要事項の説明や重要事項説明書の記名押印は、宅地建物取引士の資格保持者が行うため、仕事において重要な役割を果たせます。資格手当を取り入れている会社も多いので、30代未経験から高収入を目指す方にもおすすめです。

5.ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格があれば、個人の人生設計における資金計画を提案できます。保険・金融・不動産などの個人営業に、未経験から挑戦しようと考えている30代の方におすすめです。

6.TOEIC

TOEICとは、英語によるコミュニケーション能力を判定するテストを指します。語学力が必要な会社や外資系の企業への転職を希望する30代の未経験者には、TOEICの受験がおすすめです。特に、海外で人気のサービスやコンテンツを国内で販売したり、日本の商品を海外へ売り込んだりする仕事では高い英語力が必要とされるので、TOEICの点数が武器になる可能性があります。ただし、TOEICのスコアが高くても、英会話が苦手な場合は十分なアピールにならない可能性もあるので注意しましょう。

7.日商簿記2級

日商簿記とは、簿記の技術や知識があることを証明できる資格です。伝票や決算書の作成、会計実務の処理などに役立つため、経理や会計職への転職の際に評価されやすいでしょう。転職市場で評価を得たい未経験の30代には、2級以上の取得がおすすめです。

8.社会保険労務士(社労士)

社会保険労務士(社労士)は、社会保険労務士法に基づいた国家資格です。社会保険労務士の資格を取得すれば、会社における労働の諸問題や社会保険の手続きなどをサポートできます。未経験で人事や労務に転職したい30代に向いている資格といえるでしょう。

30代の転職に役立つ資格は「30歳で転職!年齢に合った能力を証明できる資格とは?」のコラムでも紹介しているので、ぜひご活用ください。

取得した資格は履歴書で積極的にアピールしよう

応募先企業の業務に少しでも役立ちそうであれば、取得した資格は積極的にアピールしましょう。取得に向けて勉強中の資格がある場合は、「○○の資格取得に向けて勉強中」と記載すると、挑戦している姿勢を評価してもらえる可能性があります。履歴書に資格を書くときのポイントが知りたい30代の方は、「免許・資格欄を記入するときの6つのポイント」をご確認ください。

未経験の仕事へ転職したい方は、就職・転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、未経験者が応募できる正社員求人を多数取り扱っているのが特徴です。企業に取材をして得た情報をもとに、一人ひとりに合った求人を紹介しているため、職場の雰囲気や詳しい仕事内容を知ったうえで応募できます。サービスはすべて無料なので、転職活動をスムーズに進めたい方はお気軽にご相談ください。

30代が未経験職種へ転職するときのお悩みQ&A

ここでは、30代で未経験職種へ転職するときのお悩みをQ&A方式で解決します。志望する業界や月給に対する不安を抱えている方は、下記の回答を参考にしてください。

30代の転職者は何を求められる?

多くの企業は、30代の転職者に即戦力を求めます。しかし、最近は少子高齢化の影響で若手の社員が減り、30代の未経験者を歓迎する求人が増加。このような求人であれば、即戦力よりも入社への熱意や業務に対するやる気を求められるでしょう。詳しくはこのコラムの「30代で未経験職種に転職するのは厳しい?」をご覧ください。

どうすれば30代で未経験職種へ転職できる?

ポータブルスキルを強みにしたり、今の会社で多くの実績を残しておいたりすると、30代から未経験職種へ転職できるでしょう。ポータブルスキルとは、業種・職種問わずに活かせるコミュニケーション力や課題解決能力などのこと。また、今の会社での実績をアピールすれば、応募先の企業から「職場で結果を残せる人」として好印象を与えられます。

30代におすすめの転職先はありますか?

医療事務や登録販売者、介護職などの職種がおすすめです。これらの職種は、ライフスタイルに変化があった場合でも柔軟な働き方を実現できる傾向にあります。「30代から目指せる職業を紹介!男女別におすすめの仕事を解説」のコラムでは、30代に向いている仕事を男女別で紹介しているので、あわせてご一読ください。

30代が未経験の仕事に転職すると月給は下がる?

一時的に月給が下がる可能性はあります。具体的には、大企業から中小企業へ転職する場合や、キャリアを積んでいる状態で未経験の仕事に転職する場合が該当するでしょう。未経験職種への転職だと、専門的なスキルや経験がないため、はじめから高い月給を得られない場合があります。転職と年収の関係は、「転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」でも紹介しているので、あわせて参考にしてください。

この記事に関連するタグ