新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代で未経験でも就職できる?おすすめの仕事や就活のコツを解説!

30代で未経験でも就職できる?おすすめの仕事や就活のコツを解説!

公開日:

最終更新日:

30代で未経験でも就職できる?おすすめの仕事や就活のコツを解説!の画像

 
   

【このページのまとめ】

   
  • ・30代で未経験の仕事に就職するには、自己分析や企業研究を行うことが重要
  • ・30代で就職が未経験の人は、早めに正社員を目指した方が将来のリスクを減らせる
  • ・30代で就職が未経験の人はまず生活リズムを整え、仕事への関心を高めることが大切
  • ・30代で初めての正社員就職を目指すなら、未経験から挑戦しやすい職種を押さえておく
  • ・30代の就職未経験者は、応募書類や面接で「空白期間」をいかに説明するかが重要

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

就職・転職市場における30代の人材は、経験や即戦力を求められる傾向があります。そのため、30代で未経験の仕事への転職を考えている人や、就職そのものが未経験という人は大きな不安を感じるでしょう。
このコラムでは、30代で未経験の仕事に就職するためのコツをご紹介。また、30代で初めての就職を目指している人に向けて、やりたい仕事の見つけ方やおすすめの職種も解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

30代で未経験の仕事に就職するには

30代で未経験の仕事に就職するには、これまで得たスキルや経験を整理し、志望業界・企業についてしっかり調べることが大切です。
一般的に、転職市場における30代は経験や即戦力を求められる世代。そのため、準備をしないまま未経験の仕事を目指しても、就職は難しいでしょう。未経験業種・職種でも役に立つスキルを得ているのか、本当に自分に合っている仕事なのか、確認しながら就職を目指すのが賢明です。

自己分析とキャリアの棚卸をする

30代で未経験の仕事に就職するためには、自己分析とキャリアの棚卸が欠かせません。
自己分析では自分の強みを明確にし、未経験の仕事にも活かせるポイントを洗い出しましょう。自身の強みと志望する仕事がマッチしていれば、自己PRや志望動機の説得力をより高められます。
また、これまでの仕事で得た経験やスキル、資格を棚卸することも重要です。未経験の業種・職種に対しても役立てられる知識や技術があれば、それは転職活動において強力な武器になります。
30代だからこそ持っているキャリアを活用して、未経験の仕事への就職を目指しましょう。

業界・企業研究をする

未経験の仕事に就職する際は、業界・企業研究も大変重要です。未経験だからこそ、業界についての理解を十分に深め、企業の特徴や将来性などを把握しておく必要があります。
30代で転職に失敗すると、一からキャリアを積み直すことになったり、待遇が悪くなったりする恐れも。そのため、業界・企業研究を入念に行い、自分に合っているのか、今後長く活躍できる場であるのかを確認することが重要なのです。

 

30代で就職未経験なら早めの行動を

30代で就職が未経験という人は、早めに行動を起こすことが大切です。いわゆるニートの状態が長引くと、就職難易度はますます高まります。

30代の就職未経験者の3つの特徴

30代の就職未経験者には、以下のような特徴が見られます。

1.コミュニケーションが苦手

30代までずっと就職を経験したことがない方は、コミュニケーションを取ることがもともと苦手な傾向があります。また、就業経験がある場合も、会社での人間関係などが原因で退職し、そのままニートになったケースが多いようです。

2.自信がない

就職活動の失敗や、何らかの原因による早期退職により、自信を失っている人も少なくありません。失敗を過剰に恐れたり、物事をマイナス思考で捉えたりするといった特徴も挙げられます。

3.プライドが高い

プライドが高いのは、いわゆる「高学歴」の人に見られる特徴。仕事の選り好みが激しく、なかなか就職できずにいるパターンです。
「もっと自分にふさわしい仕事がある」「この業務は自分の学歴に見合わない」といった理由で退職したり、再就職を留まったりする人が多いようです。

ほかに、就職氷河期での就活に失敗した人が多い、親が現役なので生活の心配がないなどの特徴も挙げられます。

30代でニートを続ける3つのリスク

いわゆるニートの状態を続けると、年齢を重ねるごとにさまざまなリスクが生じます。30代でも未経験の仕事に就職することは十分可能なので、リスクが大きくなる前に行動しましょう。

1.年齢の壁に苦労する

ニートの期間が長引くと、いざ就職を考えた際に年齢の壁に苦労するでしょう。
多くの企業は未経験者を採用する場合、より若い人材を求める傾向があります。そのため、就職未経験のまま年齢を重ねると、応募できる求人の数が減ってしまうのです。
30代の求職者に対しては、経験や即戦力を求める企業が多いのも事実。年齢の壁に阻まれて就職できなかった…という結果にならないよう、少しでも早急に仕事を探しましょう。

2.正社員との収入差が広がる

ニートを続けると、徐々に正社員との収入差が広がっていきます。
一般的に、正社員はパートやアルバイトよりも昇給率が高く、ボーナスや手当も支給されます。そのため、若いうちは気にならなかった収入差が、年齢を重ねるごとに大きく開いていくのです。
さらに、雇用が安定していること、退職金やより多くの年金がもらえることを考慮すると、生涯年収は圧倒的に正社員の方が高くなります。確実に収入を得て、将来を安心して過ごしたい方は、早めに正社員として就職を目指すのが得策でしょう。

3.前向きな将来設計をしにくい

先述のとおり、就職しないままでいると収入が安定しないため、前向きな将来設計がしにくいでしょう。
30代になると、結婚や出産、車や家などの大きな買い物を意識することも少なくありません。しかし、ニートを続けていると金銭面で諦めざるを得ない恐れもあります。ライフステージを前向きに考えられるよう、安定した仕事への就職を目指すのがおすすめです。

「どうせ就職できない」「将来の見通しが立たない」とネガティブになるのではなく、まずはできることから始めてみましょう。次項で、30代の就職未経験者が仕事探しに向けてやるべきことをご紹介します。

30代の就職未経験者がやるべきこと3つ

30代の就職未経験者は、まず働くことに慣れたり、就活のための環境を整えたりするのがおすすめです。「就職できる自信がない」とネガティブにならず、身近なことから取り組んでみましょう。

1.生活リズムを整える

生活リズムを改善することは、就職に向けた重要な一歩です。
30代の就職未経験者の中には、夜型の生活を送っている人も多いでしょう。しかし、多くの会社は就業時間が9時~18時など日中になるため、就職すれば必然的に朝型の生活を送ることになります。
夜型のまま就職すると、生活の変化に追いつけずに心身ともに辛くなる可能性があるため、就職を決意した時点で生活改善を行うのがおすすめです。

2.アルバイトから始める

職歴がない場合は、アルバイトからスタートするのも良いでしょう。「働くこと」に慣れるほか、自分に合った仕事を探したり、働く意欲を見出したりする効果が期待できます。
また、アルバイトの多くはシフト制を導入しているので、自分の都合に合わせて働きたい人にもおすすめ。長期アルバイトをする自信がなければ、短期・単発の仕事を探すことも可能です。

ただし、フリーター期間が長引くほど就職難易度は上がるので注意しましょう。
厚生労働省の「フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業」で公開されたデータによると、フリーター期間が半年以内であれば男性で7割、女性で6割の人が正社員として就職に成功しています。しかし、フリーター期間が3年を超えた場合、正社員就職できた人の割合は男性で6割、女性だと4割まで下がるのです。
多くの企業はフリーターに対し、「すぐに辞めてしまうかもしれない」「業務に必要なスキルや知識が不足している」といったイメージを抱きます。そのため、アルバイトをする場合は期間を決め、「働くこと」に慣れてきたら早めに正社員就職を目指すのが望ましいでしょう。

参照元
厚生労働省
フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業

3.やりたい仕事を明確にする

生活リズムを整え、「働くこと」を前向きにとらえられるようになったら、やりたい仕事を明確にしましょう。就職未経験者の中には、やりたい仕事が分からないという人もいるはず。以下の方法を参考に、自分の興味関心を洗い出してみるのがおすすめです。

好きなことや得意なことを書き出す

好きなことや得意なことを書き出すと、やりたい仕事が見出しやすくなります。学生時代の思い出や長く続けている趣味などにも目を向け、思いつくままに挙げてみましょう。前向きな観点で仕事を探すことができ、長く続けられる仕事が見つかる可能性が高まります。
好きなことや得意なことを洗い出すことで、やりたい仕事だけでなく、自分の強みや長所が見えてくる場合もあります。就職活動の際は、自信を持ってアピールしましょう。

嫌いなことや苦手なことを書き出す

嫌いなことや苦手なことを書き出し、やりたくない仕事を明確にするのも手です。ただし、苦手なことを過剰に避けてばかりいると仕事の選択肢は狭まってしまうもの。興味関心があるならば、思い切って挑戦してみることも大切です。「意外に性に合っていた」「面白さを見い出せた」といった、ポジティブな結果になることも考えられます。

求人サイトや就職イベントで視野を広げる

就職未経験者は、視野を広げることも大切です。求人サイトを見たり、就職イベントに参加したりして、世の中にはどのような仕事があるのか、幅広く知るようにしましょう。
単に日常生活を送っているだけでは、知り得ない仕事の方が多いもの。積極的に仕事について調べることで、知名度は低くともやりがいのある職種や、今後大きな成長が見込まれる業界を発見できるはずです。視野を広げ、さまざまな業界・職種を知れば、おのずとやりたい仕事に出会える確率も高まるでしょう。

30代の就職未経験者におすすめの職種

ここでは30代の就職未経験者におすすめの職種を紹介します。スキルや経験がなくても受け入れてくれる企業が多い傾向があるため、初めての就職でも挑戦しやすいといえるでしょう。

営業職

営業職は未経験から挑戦しやすい職種の一つです。ビジネスマナーや商材については、入社後に一から研修してもらえるケースが多いため、知識やスキルを備えていなくても十分成長できるでしょう。また、営業職では成果が重視される傾向があります。これまでの職歴やキャリアにとらわれずに評価を上げることも可能なのです。
ビジネスの場におけるコミュニケーションのとり方や、仕事・お金の流れを知ることができるため、社会人としての基礎を学べるチャンスにもなり得ます。「ノルマが厳しい」「飛び込み営業が辛い」というイメージを持つ方も多いですが、企業によって目標設定や営業手法はさまざま。自分に合った営業スタイルの企業に就職すれば、ビジネススキルを高めながら働けるでしょう。

製造業系職種

製造業系職種も、就職未経験者に向いている仕事の一つ。中でも、工場でのライン作業は他人との関わりが薄い傾向があります。そのため、コミュニケーションに不安がある方におすすめです。また、1つの作業に集中し、黙々と仕事を進められることも多いため、自分のペースで仕事をしたい、ルーチンワークが得意といった方にも向いているでしょう。
非常勤雇用の求人も多く出ており、アルバイトから正社員を目指す道も選べます。積極的に正社員登用を行っている企業に就職すれば、徐々に仕事に慣れながらキャリアアップも図れるでしょう。
さらに経験を積み、管理職を目指すのも良いかもしれません。

IT系職種

IT業界は今後さらなる成長が見込まれる一方、人手不足が懸念されています。そのため、未経験者を積極的に採用し、一から教育する企業が増えているのが特徴です。
IT系職種の中でも、プログラマーやインフラエンジニアが経験を問わずに挑戦しやすい仕事といわれています。IT技術は日々更新されているため、新しい知識を積極的に吸収する学習意欲があれば、これまでの職歴は問わずに活躍できるでしょう。
経験や知識を得るほど重宝されるのがIT系職種。いずれはフリーランスとして活躍する道もひらける可能性があります。

介護職

社会の急速な高齢化にともない、人材不足が顕著といわれている介護職も、就職未経験者におすすめの職種です。中高年が多く活躍している職種でもあるため、30代の人材は「若手」として歓迎されやすい傾向があります。
また、事業者が資格取得をサポートしてくれるケースが多いのもメリットです。働きながらスキルや資格を得て、将来的には国家資格である介護福祉士を目指したり、マネジメントに関わったりすることも可能でしょう。

ドライバー職

ドライバー職も就職未経験者に向いている職種の一つです。需要が高い一方、中高年のドライバーが増えており、後継者となる若手の確保に力を入れている企業が多く見られます。そのため、30代は就職に有利な年齢といえるでしょう。また、業務に必要な免許の取得支援を行っている企業が多いのも特徴です。普通自動車免許しか持っていなくても、入社後に十分スキルアップを図れます。
身近な宅配ドライバーや、長距離を運転するトラックドライバー、人を運ぶバス・タクシードライバーなど、仕事内容は就職する企業によってさまざま。黙々と運転に集中したいのか、コミュニケーションを取りながら運転したいのかイメージし、自分に合った仕事を選ぶと良いでしょう。

 

30代未経験者の就職に役立つ資格3選

ここでは、30代未経験者の就職に役立つ資格を3つご紹介します。資格は知識やスキルの証明になるだけでなく、取得までの努力が自己PRに役立つこともあるでしょう。
ただし、試験勉強に尽力するあまり、就職時期が遅れてしまっては本末転倒です。資格取得は計画的に進め、あくまでも早期就職を優先的に目指すのが良いでしょう。

1.宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産取引に関する知識を証明する国家資格で、通称「宅建(宅建士)」と呼ばれています。不動産業界だけでなく、保険会社や商社、鉄道会社など、少しでも土地や建物に関わる企業であれば歓迎される需要の高い資格といえるでしょう。宅建取得者に対して資格手当を出す企業も多く見られるため、収入アップにも役立ちます。
また、宅建はいわゆる「士業」(弁護士や税理士など)の中では合格しやすい資格とされ、年齢や学歴、実務経験による受験制限がありません。そのため、30代の就職未経験者にとっても、挑戦する価値のある資格といえるのです。

2.介護職員初任者研修

介護職員初任者研修も、30代未経験者の就職に役立つ資格の一つです。一般的に介護職は無資格でも始められますが、介護職員初任者研修を取得しておくことで活躍の場がさらに広がり、資格手当の支給によっては収入アップにもつながるでしょう。
介護職員初任者研修は、決められたカリキュラムを受講し、修了試験に合格することで取得できます。先述の宅建と同様に受験制限がなく、試験の合格率は9割以上ともいわれているため、挑戦しやすいのがメリットです。
国家資格「介護福祉士」を目指す入り口にもなるため、介護・福祉業界への就職を考えている人にとっては、将来のキャリアアップの面でも有効な資格といえます。

3.基本情報技術者

基本情報技術者は、IT系職種への就職を目指す人におすすめの国家資格です。取得することで、ITに関する基礎知識や、情報処理に求められる論理的思考力があることを証明できます。
IT系職種は無資格・未経験からでも就職しやすい仕事ですが、日々更新されるIT技術を学んでいくためには、基礎を固めておくことが重要ともいわれています。入社後の受験を義務付けている企業もあるため、勉強しておいて損はないでしょう。
独学で取得している人も多く、参考書だけでなく、学習用Webサイトやアプリも数多く展開されています。

また、TOEICやMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)、普通自動車免許は汎用性が高く、さまざまな仕事で活用できます。資格そのものが内定の決め手になることは多くありませんが、上手にアピールすれば就職に有利に働くでしょう。

30代の就職未経験者向け!就活のコツ

ここでは、30代の就職未経験者に向けて、就活のコツをご紹介します。
就活に行き詰まることもあるかもしれませんが、そこで就職を断念してしまうのは避けたいもの。誰かに相談したり、求人サービスを活用したりしながら、前向きに就職を目指しましょう。ポジティブ思考でいたほうが、自然と企業に与える印象も良くなります。

書類選考

30代の就職未経験者が書類選考において最も注意するべきポイントは、仕事をしていなかった「空白期間」の説明です。
「履歴書に書く職歴がないので後ろめたい」「もっと経歴を良く見せたい」と思う方も少なくないでしょう。しかし、応募書類を書く際は空白期間があることを素直に認め、正直に記載することが大切です。あわせて、「なぜブランクができたのか」「ニート・フリーターになった理由」などをしっかりと説明できるよう準備しておきましょう。
空白期間を隠したり嘘の経歴を答えたりすることは、経歴詐称にあたります。発覚すれば、信頼を失ったり就職が遠のいたりすることはほぼ確実です。冷静に空白期間ができた原因を分析して伝えましょう。
現在は働ける状況にあることや、就職に対する熱意をしっかりアピールすれば、十分マイナスの印象を払拭できます。

面接

面接をスムーズにこなすためには、事前の対策が必須です。想定される質問の回答を準備したり、基本マナーや好印象を与える立ち居振る舞いを確認したりしておきましょう。
特に、30代の就職未経験者は、多くの面接で空白期間に関する質問をされることが予想されます。
先述の類選考と同様に、空白期間を素直に認めて原因を冷静に伝えることや、反省や今後の改善策を伝えること、就職への強い意欲を示すことなどが有効です。
面接に進めているということは、少なからず採用されるチャンスがある証拠。自信を持って、しっかりと仕事に対する熱意を伝えましょう。ハキハキ明るく話すだけでも、面接官に与えるイメージの良さはぐっと向上します。

求人サービス

30代の就職未経験者が就活を成功させるには、求人サービスの活用も重要なポイントです。応募書類の仕上がりや面接対策などを第三者にチェックしてもらいましょう。また、就活に行き詰まった場合は、うまくいかない原因を客観的に判断してもらうことで、自分では気づけないポイントが見つかることも考えられます。
親や友人など親しい人に頼むのも良いですが、より「面接官に近い視点」からの評価を期待するなら、求人サービスのスタッフにチェックしてもらうのが得策です。特に就職・転職エージェントのスタッフなら、就職市場の状況や業界情報に精通しています。また、多くの転職希望者をサポートしてきた経験から、より適切なアドバイスを期待できるでしょう。

就職・転職エージェントの利用を考えている就職未経験者には「ハタラクティブ」がおすすめです。
ハタラクティブはニートやフリーターなど、初めて正社員として就職する方を中心にサポートしているエージェント。経験豊富な専任アドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、相談者の適性や希望条件に合った求人・企業をご紹介します。取り扱っている求人は、すべて企業に直接取材したもののみ。そのため、職場の雰囲気や詳しい仕事内容など、外からは分かりにくい情報もお伝えすることが可能です。
応募書類の添削や面接対策など、就職に関するサポートはすべて無料で提供します。30代で未経験からの就職を目指す方もしっかりバックアップしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

こんなときどうする?30代未経験の方の就活お悩みQ&A

ここでは、30代の方の就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。30代での就活に不安を感じている方は、ぜひご一読ください。

就業未経験の30代から就職するには?

アルバイトからスタートするのがおすすめです。 アルバイトをすることで、「働く」ことに慣れ、自分にの適性に合った仕事を探したり、働く意欲を見出したりする効果が期待できるでしょう。 また、アルバイトはシフト制を導入している場合が多いので、自分の都合に合わせて働くことができます。長期アルバイトに自信がなければ、短期の仕事を探すことも可能です。ただし、フリーターの期間が長引くほど就職には不利になる恐れがあるので、注意しましょう。詳しくはこのコラムの「30代の就職未経験者がやるべきこと3つ」をご覧ください。

30代でも未経験の仕事に就職できますか?

できます。ただし、その仕事に就きたい理由を明確にしましょう。 未経験の業界・職種に挑戦する際は、志望動機を明確にし、自分のスキルや経験がどう活かせるかアピールしましょう。キャリアプランや将来のビジョンが応募企業とマッチしていれば、採用確率が上がることも。ただし、求人数が少ない、給与のダウンといったリスクもあるので、本当にその仕事に就く必要があるか再検討するのもポイントです。詳細は「30代でも未経験の仕事に挑戦できる?転職成功のコツ」のコラムをチェックしてみてください。

30代未経験でも正社員就職できますか?

目指せます。ただし、求人数が減っている場合もあり、選択肢が限られることも。 30代で就活をスタートさせる場合、エージェントやハローワークを頼って就活を進めたり、就活の基本的な準備をしたりしておくことが大切です。求人は、条件の幅を広げ多くの求人から探しましょう。 就職・転職エージェントハタラクティブでは、就活を熟知した専任アドバイザーが、面談をもとに、あなたに合った求人をご紹介します。応募書類の添削や自己分析の指南、企業との交渉など、全面的にあなたの就活をサポート。はじめての就活で不安な方は、ぜひご相談ください

30代で正社員就職するためにすべきことは?

世の中の仕事の種類を把握し、企業研究を徹底しましょう。 就職するために大切なのは、自分の適性や性格に合った企業を見極めること。また、いかに自分が今持っている能力をアピールできるかも重要です。 「30代フリーター、アルバイト生活を辞めるなら今だ!」のコラムを参考に、就活の流れや内定のためのポイントを理解しましょう。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ