IT業界の仕事

IT業界の仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

IT業界の仕事とは

IT業界とは、情報技術(IT)を利用したサービスを提供する企業全体を指す言葉です。以下、主な仕事や関連業界などを見ていきましょう。

代表的な仕事

IT業界の業種は、大きく以下の4つに分けられます。以下、それぞれ見ていきましょう。

1.ハードウェア業界

ハードウェア業界とは主に電子機器類などの機械を製作する企業を指します。電子機器を設計したり電子回路を組んだりするハードウェアエンジニアといった職業が代表的な仕事です。

2.ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は主にコンピューターのプログラム開発に関わる企業のことです。目に見える電子機器類を扱うハードウェアと違い、コンピューターシステムを動かすプログラムを組むのが主な仕事。代表的な職種にはシステムエンジニアやプログラマーといったものが挙げられます。

3.Web・インターネット業界

インターネット広告やショッピングサイト、SNSといったWeb上のサービスを展開する企業がWeb・インターネット業界です。使いやすく見やすいWebサイトをデザインするWebデザイナーといった製作に直接携わる仕事のほか、掲載記事を書くWebライターやサイト制作を指揮管理するWebディレクターなどの職種もあります。

4.情報処理業界

情報処理業界とはメガバンクや大企業など大量のデータを扱う団体に向けて、データ運用システムを作成、提供する企業を指します。情報処理業界の企業には、情報処理システムの作成から保守まですべてを請け負うSIerや、必要に応じてエンジニアを依頼元に派遣するSESなどがあります。

IT業界の仕事に関連する業界

現在、多くの企業でITは必要不可欠となっているため、その関連業界は幅広いです。たとえば小売業界では、ハードウェア業界で作られた電子機器を売ったりWeb業界で開発されたショッピングサイトが使われたりと相互が密接に関わっているのが特徴です。また、大量のデータを扱う金融業界や教育業界においても、情報処理業界の作成したシステムが重要な役割を果たしています。このように、ありとあらゆる業界がIT技術の恩恵を受けているといえるでしょう。

IT業界の仕事に必要な資格やスキル

IT業界全体で必要となるスキルには、次のようなものがあります。以下、順に見ていきましょう。

傾聴力

傾聴力はIT業界でも重視されるスキルの一つ。なぜなら、IT業界は顧客のニーズに合わせた製品やサービスを生み出す仕事だからです。顧客からうまく情報を引き出せないと顧客が想定していたものと違う製品やサービスを納品してしまうことになるため、重要だといえるでしょう。
よって、顧客がどんなものやサービスを欲しているのか正確に捉えるためには、いかに相手から情報を引き出すかが重要になります。勝手に必要なものを推測するのではなく、相手の話をよく聞く必要があるため、傾聴力が求められるでしょう。

コミュニケーション力

IT業界で働くにあたって、コミュニケーション力は必須。IT企業では大勢の人間で一つのプロジェクトを進めるため、相互のコミュニケーションがうまくいかないと仕事が上手く進まないためです。よって、コミュニケーション力はIT業界では重要視されるスキルのうちの一つです。

論理的思考力

IT業界の仕事のなかには、ITコンサルタントのように相手の問題をどのように解決すればよいのかといったことを考え、アドバイスする仕事もあります。よって、問題解決に向けた論理的思考も不可欠です。

プレゼンテーション能力

プレゼンテーション能力は、取引相手の顧客にシステムを説明するときや新しいシステムの開発現場でどのようなものを作るのかを伝えるときに役立ちます。とくにSEやWebディレクターといった、現場のまとめ役の仕事の人には必須といえるでしょう。

IT業界の仕事の具体的な職種

IT業界の仕事の主な職種には、次のようなものが挙げられます。以下、業種別に見ていきましょう。

ハードウェア業界

ハードウェア業界の代表的な職種には、ハードウェアエンジニアが挙げられるでしょう。ハードウェアエンジニアとは、電化製品の設計を行ったり電子回路を組んだりする仕事。主に半導体メーカーや周辺機器メーカーで活躍しています。製品設計や電子回路を組むといった直接製作に関わる仕事以外に、開発現場のまとめ役や顧客への営業など幅広い業務を担当しているのが特徴です。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界における主な職種にはシステムエンジニアやプログラマーといった職種が挙げられます。IT業界の仕事といえばこれらの職種を想像する人も多いでしょう。システムエンジニアは顧客のニーズに合わせてシステム構築案を作成するなど開発現場の上流工程を担当する一方で、プログラマーはシステムを動かすためのプログラミングを行うといった下流工程を担当します。

Web・インターネット業界

Web・インターネット業界に関連する職種には、WebデザイナーやWebライターといった仕事があります。WebデザイナーはWebサイトのデザインを行う仕事で、Webサイトの見た目を作成するためのコーディングやデザインソフトを使ったロゴ作成などを行います。使いやすいうえに見やすく、デザインも優れたWebサイトを作るのが目的です。一方、WebライターはWebサイトのコンテンツを担当し、掲載記事を書く仕事です。読むユーザーを意識しながら分かりやすく有益な情報を伝えるのが主な目的です。

情報処理業界

情報処理業界を代表する職種にはセールスエンジニアやITコンサルタントといったものが挙げられます。セールスエンジニアとは、ITに関する専門知識やスキルを持った営業職のことです。顧客である企業へサービスの説明をする際に専門知識が必要になったことから生まれた仕事といわれています。ITコンサルタントは情報技術に関する企業の悩みを解消するための相談役です。企業の課題をヒアリングしたうえで、解決案を考えるのが主な役割。企業の悩みを解消するために必要なシステムや運用方法、かかる費用や時期などをアドバイスします。

IT業界の仕事の現状と課題

IT業界は科学技術の進歩とともに発展を続けていますが、それに伴って人材不足などの問題が出てきている現状にあるようです。以下、市場規模や業界の現状、課題について解説します。

IT業界の仕事の市場規模

IT業界の市場規模の大きさは、国内における情報通信産業の市場規模から窺えるでしょう。総務省の調査によると、2016年の情報通信産業の市場規模はおよそ94.4兆円。これは、産業全体におけるトップであり、9.6%を占めます。

参照元
総務省
令和3年情報通信白書 情報通信業を営む企業の概要(アクティビティベース結果)

IT業界の仕事の現状

近年政府は積極的に情報通信産業に投資していることから、IT業界は今後も成長を続けることが予想されるといえるでしょう。年々拡大していく需要に対し人材不足が以前から指摘されていましたが、経済産業省の調査によると2030年にはおよそ79万人の人材不足になると予想されています。

IT業界の仕事の課題

先述の深刻な人手不足の予想を受けて、IT業界では人材のスキルアップの必要性が叫ばれています。現在のIT人材においては、全体のおよそ42%が中級者レベルといわれています。この中級レベルの人材のスキルをどうやって高めていくかが業界の課題です。

参照元
経済産業省 商務情報政策局
IT分野について

IT業界の仕事の将来性

IT関連の仕事については、政府が投資に力を入れているうえ人材不足やスキル向上が強く求められているため、非常に将来性のある業界といえるでしょう。以下、詳しく説明します。

IT業界の仕事の今後の動向

ITは成長分野ではありますが新しいサービスはいったん出揃ったといわれており、今後はサービス内での競争がさらに激化していくという見解もあるようです。今後は各企業によって商品やサービスについての差別化競争がさらに激しくなり、そのなかで技術革新がますます進んでいくでしょう。
近年、IT技術の中で注目されているのが企業向けのビジネス領域で活用が進んでいるIoT(Internet of Things)。IoTとは、電化製品をインターネットに繋げることで自動認識や自動制御・遠隔計測などを行い、生活をより便利にする概念のこと。この分野は、すでに家電や自動車などさまざまな製品に取り入れられていますが、今後は取り入れられる商品やサービスの幅がさらに広がっていくでしょう。それに伴い、エンジニアが持つ知識や技術の高度化や専門化も期待されます。

IT業界の仕事のメリット・デメリット

IT業界での仕事には、柔軟な働き方ができるといったメリットの一方で常に学び続ける必要があるというデメリットもあります。以下、IT業界の仕事の魅力と大変さについて見ていきましょう。

IT業界の仕事の魅力とやりがい

IT業界の仕事の魅力には、柔軟な働き方ができることが挙げられます。リモートワークやフレックス制を導入している企業が多いうえ、服装も比較的自由度が高いのも特徴です。また、「システムエンジニアの年収は高い?安い?収入アップの方法も紹介」でも触れているように、専門的なスキルを必要とするうえにニーズも高いことから、給料が比較的高額なのも魅力。業界の移り変わりが早く、いつも最先端の技術に触れられるというところにやりがいを見出す人もいます。

IT業界の仕事の大変なところ

IT業界の仕事で大変なところは、人材不足からハードワークになりがちという点でしょう。高いニーズに対して人手が足りていないため一人当たりの業務量が多く、十分に休みを取れていないと感じる人も多いようです。また、常に新しい技術や言語を勉強して業界の移り変わりの速さに対応する必要があるのも大変な点といえます。

IT業界の仕事の適性と志望動機

IT業界を志す人には、主体的に学んでいこうという意欲や思考力などが必要といわれているようです。以下、IT業界に向いてる人の特徴とそれを踏まえた志望動機をご紹介します。

IT業界の仕事に向いている人

IT業界の仕事は、以下のような人に適性があるでしょう。

主体的に学んでいく意欲がある人

次々と新しい技術が開発されるIT業界では、常にアンテナを張り最新の情報をキャッチしようとすることが必要。それにくわえ、新しい技術を主体的に学んでいく姿勢が問われるようです。

コミュニケーション能力のある人

直接顧客と接することはなくても、チームで仕事を行う職種が多いため、周囲の状況を把握しながら業務を進める力が必要です。一般的にIT業界の職種は1人で黙々とやるイメージが強いようですが、技術だけでなくコミュニケーション能力の多寡は問われる傾向があります。
特にプロジェクト期間が長期に渡る場合も多いので、チームメイトとの良い関係を維持しながら仕事をしていく姿勢は大切です。

思考力のある人

思考力のある人はIT業界に向いているといえます。IT業界の仕事は顧客やエンドユーザーの課題を解決するのが主な目的のため、それを達成するためにはどうするのかを常に考える必要があるからです。
特にITコンサルタントといったアドバイザー関連職の場合は、企業の持つ悩みに対して説得力のある提案をする必要があるため、論理的思考力はより必要とされるでしょう。

未経験者の志望動機

ここでは、異業界の営業職から法人向けソフトウェアの営業職へ転職を希望している人を想定して、未経験者の志望動機の例をご紹介します。

「前職では○○の営業をしておりました。さまざまなお客様と出会って提案させていただくのは楽しく、得ることも多かったのですが、業務を経験していくうちに顧客とじっくり向き合う営業がしてみたいという思いが強まりました。そこで、顧客のニーズや課題を洗い出して解決に導くという、ソフトウェアの営業職に興味を持ったのがきっかけです。今回貴社に応募させていただいたのは、開発側のスタッフと営業が一丸となって顧客の課題解決に取り組むという企業姿勢に魅力を感じたことにあります。異業界からの転職なので、まだ知識不足な点はあると思いますが、主体的に色々学んで1日も早く貢献できればと考えています。現在は○○の資格取得に向けて勉強中です。」

未経験者の場合は、主にIT業界を志望するに至った理由と熱意を伝えるのが効果的。未経験者は専門知識やスキルがない場合がほとんどなので、採用担当者は応募者にこれから学んでいこうという姿勢があるかどうか見極めようとしているからです。前職でのエピソードを通じて、積極性ややる気をアピールできると望ましいでしょう。

経験者の志望動機

経験者の志望動機では、自分にできることや前職のエピソードなどを交えてアピールするのが効果的です。以下、経験者の志望動機の例をご紹介します。

「前職ではソフトウェア関連企業のプログラマーとして4年ほど勤務しておりました。プログラミングが好きで仕事にやりがいを感じていましたが、続けているうちにWeb系のプログラマーになりたいという気持ちが強くなったため、この度転職を決意した次第です。これまでの業務ではPythonやJava。PHPといった言語を使用してきておりますので、これらを使用したプログラミングはある程度できると自負しております。今後もプログラマーとして日々学びつつ、貴社のWebサイト構築の力になりたいと考えております。」

経験者の場合は、自分にどんなスキルがあるのかやなぜ転職しようと考えたのかについて触れると良いでしょう。特に、IT業界では「何ができるのか」に重きが置かれる傾向があるため、どこまでできるのかをはっきり書くのが効果的です。なお、「どうやって書けばいいの?IT業界の志望動機」のコラムでもIT業界の志望動機についてまとめています。

IT業界の仕事に関するFAQ

ここではIT業界の仕事に興味のある方に向け、よくある質問と回答をまとめています。

IT業界にはどんな仕事がある?

IT業界はハードウェア、ソフトウェアなどいくつかの業界に分かれていますが、主な仕事には開発工程を管理するエンジニアやプログラミングを担当するプログラマーなどが挙げられるでしょう。IT業界の主な仕事については「ITエンジニアとはどんな仕事?12の職種と仕事内容について解説」のコラムで詳しくご紹介しています。

IT業界には未経験で入れる?

IT業界は深刻な人手不足といわれているため、未経験者に大きく門戸を開いている業界の一つ。よって、未経験からIT業界に入る人も多いようです。しかし、ITの基礎知識やプログラミングの経験がまったくない状態で採用されるのは難しいでしょう。未経験からIT業界を目指す場合には「未経験からIT業界への転職は可能?おすすめの職種と成功のコツ」のコラムも参考にしてください。

IT業界に向いている人の特徴は?

IT業界に向いている人の特徴としては、コツコツと努力を続けられることやコミュニケーション力のあることなどが挙げられるでしょう。また、IT業界は変化が激しく常に新しい技術が生まれているので、新しいことに積極的に取り組む姿勢も大事です。

自分に合ったIT業界の仕事を知りたい

自分に合った仕事を知りたいなら、自己分析以外では第三者に適性を判断してもらうのもおすすめです。特に就職支援サービスでは就活のプロによるカウンセリングを通じて適職のアドバイスを受けられるので、気になる方は一度利用してみると良いでしょう。就職エージェントのハタラクティブでは、自分に合った仕事を知りたい20代の方に向けて就活アドバイザーが適職のアドバイスを行っていますので、一度ご相談ください。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧