IT業界の仕事業界図鑑

IT業界とは

IT業界は技術革新とサービスの多様化が進んでいるため、業態の種類も複雑です。そんな中でも代表的なもの挙げると、以下の4つに分類できるでしょう。

・Web

この業態は、Webサイトの制作やネットワークの構築といった法人向けの事業、SNSやショッピングサイトなど個人向けの事業に分けられます。企業によっては法人向けと個人向けの両方を事業としているところもあるでしょう。

IT業界に限らず、他業界も参入することが多いのもこの業態の特徴です。市場規模も大きく、4業態の中でもサービスが多様化している傾向が強い業態のため、幅広い職種が存在します。

・情報処理サービス

システムやWebサイト上で利用されるサービスの運用や管理を行う業態です。これだけ聞くと分かりづらいですが、ネットショッピングの決済システムや電車の運行案内表示などもシステムの構築や運用によるもの。このほか、データセンター、市場調査、世論調査サービスなどを行う企業も、情報処理サービスに当てはまります。システムインテグレーターとも呼ばれ、現代の生活に欠かせないシステムを裏で支えている業態といえるでしょう。

・ソフトウェア

ソフトウェアとは、コンピュータ上でさまざまな処理を行うプログラムのことで、その開発をしているのがこの業態です。法人向けのものだと、セキュリティソフトや経営管理ソフト、顧客情報管理ソフト、などがあります。近年ではマーケティングに力を入れている企業が多いため、ビッグデータを扱うためのソフトウェア開発も増えているようです。個人向けだと、オフィスソフトやゲームソフト、セキュリティソフトなどの各種アプリケーションがあります。顧客ニーズをいち早く捉え、製品開発に活かすことから、スピード感のある業態といえるでしょう。

・ハードウェア

ハードウェアとは、PCや周辺機器、スマートフォン、またはそれらを稼働させるための電子回路のことです。この業態は国内だけでなく世界市場も相手にするため、競争が激しい点は特徴の1つ。今は海外メーカーに押され気味という話も聞きますが、製品によっては日本の高い技術とクオリティーで世界的な人気を誇るものもあるようです。

上記の4つがメインの業態ですが、企業によっては複数の業態で事業展開しているところもありますし、同じ業態でもベンチャーと大手で事業領域が違うということもあるでしょう。

業態が複雑という点はIT業界の特徴ではありますが、それだけ動きが活発化している成長業界ということもいえるのではないでしょうか。

IT業界の志望動機例

IT業界で求められる人物像とはどのようなものでしょうか。ここでは業界の特徴から、どんな人が必要とされるのかまとめてみました。

・主体的に学んでいく意欲

次々と新しい技術が開発されるIT業界では、常にアンテナを張り鮮度の良い情報をキャッチすることが必要です。加えて、誰かに言われてやるのではなく主体的に学んでいく姿勢が大事でしょう。

新しい知識を吸収したい意欲のある方、好奇心旺盛な方は向いているかもしれません。

・コミュニケーション能力

直接顧客と接することはなくても、チームで仕事を行う職種が多いため、周囲の状況を把握しながら業務を進める力が必要です。IT業界の職種は1人で黙々とやるイメージが強い人もいるようですが、技術はもちろんコミュニケーション能力の多寡は問われるでしょう。

特にプロジェクトチームの場合は期間が長期に渡る場合は、良いムードを維持しながら仕事をしていく姿勢は大切です

・ロジカルに物事を捉え、思考する力

すべてのIT関連職で基本となる力といえます。というのも、すべての職種のゴールは顧客やエンドユーザーの課題を解決することになるからです。何が課題なのか、どのようにしたら解決できるのか、ということについて考えるシーンはどの職種も共通でしょう。

特にアドバイザー関連職の場合は、課題に対して説得力のある提案をする必要があるため、論理的思考力は必須といえます。

【上記を踏まえた志望動機例】

人物像の部分で紹介したポイント3つをもとに、志望動機の例文をまとめましたので、参考にしてみてください。

〈想定した人物〉

・異業界の営業経験者

・法人向けソフトウェアの営業職へ転職を希望している

〈例文〉

前職では◯◯の営業をしておりました。さまざまなお客様と出会って提案させていただくのは楽しく、得ることも多かったのですが

業務を経験していくうちに、顧客とじっくり向き合う営業がしてみたいという思いが強まりました。

そこで、顧客のニーズや課題を洗い出して解決に導くという、ソフトウェアの営業職に興味を持ったのがきっかけです。

今回御社に応募させていただいたのは、開発側のスタッフと営業が一丸となって顧客の課題解決に取り組むという企業姿勢に魅力を感じたことにあります。

異業界からの転職なので、まだ知識不足な点はあると思いますが、主体的に色々学んで1日も早く貢献できればと考えています。現在は◯◯の資格取得に向けて勉強中です。

IT業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

IT業界全体で事業領域の拡大は進み、人々の生活に根ざすような形で関わることも多くなりました。IT業界には、さまざまな業態やサービスがあることからも分かる通り、成長業界ということは引き続きいえるでしょう。

そこで課題になってくるのはやはり人材不足が常態化している点。常に新しい技術やサービスが開発され、発信される業界ですから、多くの人材が必要になります。成長業界ではあるものの、ハードな労働環境が応募率を下げている要因にもなっているようです。

しかし、現在では業界全体で見ると労働環境の改善や教育制度の充実に力を入れている企業も多く、未経験者でもチャレンジできる間口の広さは魅力といえるでしょう。

【今後の動向】

ITは成長分野ではありますが、新しいサービスについては一旦出揃ったため、そのサービス内での競争がさらに激化していくという見方もあるようです。今後は商品やサービスについての差別化が進み、その中で技術革新がますます進むのではないでしょうか。

そんな中、近年IT技術の中で注目されているのが、企業向けのビジネス領域で活用が進んでいるIoT(Internet of Things)。IoTとは、製品をインターネットに繋げることで自動認識や自動制御・遠隔計測などを行い、生活を便利にする概念のことです。

この分野は、家電や自動車などさまざまな製品に取り入れられていますが、今後も取り入れられる商品やサービスの幅が広がる可能性が高いでしょう。それにより、エンジニアが持つ知識や技術の高度化や専門化が進むかもしれません。

IT業界の仕事内容

IT業界は業態やサービスの多様化により、職種も幅広いものに。ここでは、多種多様な職種の中から3つの軸でご紹介します。

・エンジニア関連職

IT業界の職種というと一番イメージしやすいのが、システムエンジニア(SE)、プログラマ(PG)、ネットワークエンジニア(NE)などのエンジニア関連職。主にソフトウェアやハードウェア、情報処理サービスの業態で募集される職種です。

システムエンジニアはシステム開発の総合責任者的な職種で、顧客の課題解決に向けたシステムの設計を行い、プロジェクトチームのメンバーに指示を出す立場です。プログラマはシステムエンジニアの設計書を基にプログラミング言語を使用してシステムの構築をしていきます。両者ともにC言語、VB(Visual Basic)、Java などのプログラミング言語を扱う技術が必要です。システムエンジニアはそれに加えて、顧客へのヒアリングやプロジェクトチームのメンバーに指示を出すなど、コミュニケーション能力の高さも問われる仕事といえるでしょう。

ネットワークエンジニアはネットワークシステムの構築や運用を行う仕事。世の情報システムは今やネットワークなしには稼働させることができませんから、こちらもニーズのある職種です。ネットワーク技術、UNIX やWINDOWS などのプラットフォームに関する知識が求められます。

・アドバイザー関連職

IT業界の営業関連職はアドバイザー的な役割が強い傾向にあるため、高い提案力が求められる仕事です。主な職種は、営業、ITコンサルタントなど。顧客の課題を聞いて提案するという意味では、システムエンジニアもアドバイザー関連職に当てはまる部分があるかもしれません。

営業は自社のサービスやソフトウェア、ハードウェアを企業や販売店に売り込む仕事ですが、顧客の課題解決をヒアリングしたりとアドバイザー的な面もあるでしょう。

ITコンサルタントは、企業の経営戦略や事業運営に課題がないか洗い出し、ITの視点から解決策を提案するのが仕事です。経営に関わる課題を解決することから、ITに関する知識に加えて、ITコーディネーターや中小企業診断士などの資格を取得しておくと、コンサルティング業務の質が上がり、評価もされやすいでしょう。

・クリエイティブ関連職

代表的な職種は、Webサイトのデザインを行うWebデザイナーや、その制作を監督・指揮するWebディレクターなど。HTMLやCSSなどサイト構築の基本となるスキルや、JavaScriptなどのプログラム言語の知識が必要な仕事です。

IT業界ではWeb業態の企業で募集される職種ですが、Webと各種メディアや他業界で連携して発信することも多いため、IT業界以外で活躍できる道も。そんな現状から、CGを使用した特殊撮影やインターネットとリンクさせたプロモーションなどを企画・制作するデジタルクリエイターのニーズも高い傾向にあります。この職種ではIT技術に加えて、Photoshop・Illustratorなどのデザインソフトを使いこなすスキルが求められるでしょう。

IT業界の今後

新しい技術を次々と生み出し成長しているIT業界。今後はどのように発展・変化していくのでしょうか。

このページでは、IT業界の現状・課題や注目すべきIT技術、課題解決に向けて経済産業省が推進する取り組みなどをご紹介します。

IT業界に興味のある方やIT企業での就職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ