新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 総合商社とは?仕事内容や5大商社一覧を紹介!年収ランキングも紹介します

総合商社とは?仕事内容や5大商社一覧を紹介!年収ランキングも紹介します

公開日:

最終更新日:

総合商社とは?仕事内容や5大商社一覧を紹介!年収ランキングも紹介しますの画像

【このページのまとめ】

  • ・総合商社とは、海外と貿易を行って国内に多種多様な物資を流通させる企業のこと
  • ・総合商社の主な仕事内容は、「トレーディング」と「事業投資」
  • ・総合商社の事業領域には、「資源分野」と「非資源分野」がある
  • ・各総合商社の強みとなる事業や分野は異なるため、理解したうえで面接対策をしよう
  • ・総合商社への就職を有利にするには、英語力を磨いたり資格を取ったりするのがおすすめ

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「総合商社とは何?」「どんな仕事内容?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?
このコラムでは、総合商社の概要や一般職・総合職の仕事内容を解説。また、主要な総合商社の年収や売上のランキングも紹介しています。そのほか、5大総合商社のそれぞれの特徴や就活・転職を成功させるポイントも解説しているので、ぜひ内定獲得に役立ててください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

総合商社とは?

「総合商社」とは、海外との輸出入貿易を行って国内に物資を流通させる商社のうち、幅広い商品・サービスを取り扱う企業を指します。
インスタント食品から航空機の部品まで、多種多様なものを扱う総合商社は、日本特有の企業形態です。海外では、特定の分野に特化して業務を行う「専門商社」が主流になっています。

総合商社の2つの仕事内容

総合商社の仕事内容は、大きく分けると「トレーディング」「事業投資」の2つあります。以下をチェックしていきましょう。

トレーディング

総合商社の「トレーディング」とは、貿易の仲介を行うことです。総合商社のメインの事業であり、トレーディングを行うことで得られる仲介手数料で利益を得ています。
総合商社が売り手を見つけて仲介してくれることによって、小売業やメーカーの会社が安定して物やサービスを購入することが可能に。また、総合商社が取引先を見極めたうえで売ってくれるため、小売業やメーカーは安心して商品を買うことができるでしょう。

事業投資

総合商社の「事業投資」とは、企業に対して自社が持っている経営資源を投資して、企業の利益を向上させるビジネスのことです。投資先の企業の利益が出た際にリターンを得られます。
総合商社が投資する経営資源はさまざまです。金銭的な投資のほか、人的支援や情報提供などによる投資も行っています。

総合商社への就職を目指す場合、仕事内容を理解したうえで自分できることやりたいことをアピールすることが大切です。「商社内定に繋がる『志望動機』書くべきポイントをご紹介」の記事を読んで、企業の採用担当者の心に響く志望動機を作成しましょう。

総合商社の事業領域は「資源分野」と「非資源分野」

総合商社の事業領域には、「資源分野」と「非資源分野」があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

総合商社の「資源分野」とは?

総合商社の事業領域である「資源分野」とは、エネルギー資源や鉱物資源などを指します。
エネルギー資源の例は、原油や天然ガス、石炭などです。鉱物資源には銅や亜鉛、レアメタルなどがあります。日本はこうした資源が乏しい国であるため、資源を扱う総合商社は日本の発展に大きく貢献しているといえるでしょう。
一方で資源は環境問題や政治情勢などの影響を受けやすく、価格変動が激しいというデメリットがあります。値崩れが起これば、経営に大打撃を与えるリスクも考えられるでしょう。

総合商社の「非資源分野」とは?

総合商社の事業領域である「非資源分野」とは、食料品や輸送、情報通信事業などです。資源分野以外の、幅広い商材が非資源分野に含まれます。

総合商社のトレンドは非資源分野

資源価格が下降して資源分野の商況低迷が続いているため、総合商社が非資源のビジネスに力を入れている傾向があります。
各社はヘルスケア事業に投資したり、事業経営に強い人材を育成して派遣したりするなど、非資源分野に注力。非資源分野にへの投資において、大きな利益をあげています。

総合商社の総合職と一般職の違い

多くの総合商社の職種には「総合職」と「一般職」があります。ここでは、2つの職種の特徴を紹介。違いを理解し、自分のキャリアイメージに合うほうを見極めましょう。

総合商社の「総合職」の仕事内容

総合商社の「総合職」の仕事内容は、主にトレーディング・事業投資に関する企画や営業活動を行うことです。総合職では比較的幅広い業務に携われるため、さまざまなジャンルにおけるスキルを磨くことが期待できます。
総合商社の活躍のフィールドは日本国内にとどまらず、海外の企業とのやりとりも多いため、総合職には豊かな語学力が求められるでしょう。
キャリアプランの特徴としては、転勤の可能性があることや、一般職よりもキャリアアップが早いことなどが挙げられます。「昇給・昇格をして大きく活躍したい」と考えている人は、総合職がおすすめです。

総合商社の「一般職」の仕事内容

総合商社の「一般職」の仕事内容は、総合職が行う仕事のサポート業務がメインとなります。一般職の具体的な仕事内容は、書類の作成や発注業務、メーカー会社とのやりとりなどです。一般職が介在することで、総合商社の全体の業務がスムーズに進むようになります。
総合商社の一般職には、物事をコツコツと進められる力や、コミュニケーション能力が求められるでしょう。また、一般職も英語に触れる機会が多いため、英語でのやりとりに抵抗を感じない程度の語学力は必要といえます。
総合商社の一般職は総合職とは違い、基本的に転勤がありません。勤務地を限定した働き方が可能です。

5大総合商社とは?商社一覧を紹介

総合商社には、広く知れ渡っている「5大総合商社」と呼ばれる会社が存在。ここでは、5大総合商社の概要を紹介します。

5大総合商社とは?

5大総合商社とは、「三菱商事」「伊藤忠商事」「三井物産」「丸紅」「住友商事」の5つの企業のことを指します。総合商社の中でも比較的売上高が高く、年収も高水準です。また、世界を舞台に活躍することが可能で、大きなやりがいを感じられるでしょう。

同じ総合商社でも、企業によって特徴はさまざまです。内定をもらうためには、企業研究を行ってそれぞれの強みを理解するのが大切。「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」の記事では企業研究を進める方法を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

総合商社の平均年収ランキング

ここでは各社の2019年度の有価証券報告書を参考に、総合商社の平均年収ランキングを紹介します。上位5位の総合商社は以下のとおりです。なお、切り捨て以下の数字は四捨五入しています。

【平均年収ランキング】
1位:三菱商事(平均年収1,632万円)
2位:伊藤忠商事(平均年収1,566万円)
3位:丸紅(平均年収1,453万円)
4位:住友商事(平均年収1,437万円)
5位:三井物産(平均年収1,393万円)

総合商社の平均年収ランキングの1位は、1632万円で三菱商事です。しかし5位の三井物産も1000万円をゆうに超しており、総合商社の平均年収の水準が高いことがうかがえます。

年収1000万円以上が可能?給料が良い仕事をご紹介!」の記事では、高給与の仕事を紹介しています。総合商社以外にも、高収入が望める職業があります。ぜひご一読ください。

参照元
2019年度の有価証券報告書
三菱商事
伊藤忠商事
丸紅
住友商事
三井物産

総合商社の業績ランキング

総合商社の業績ランキングを、各社の2019年度の有価証券報告書を参考に算出しました。売上と純利益のランキングはそれぞれ以下のとおりです。

【売上ランキング】
1位:三菱商事(14兆7,797億円)
2位:伊藤忠商事(10兆9,830億円)
3位:三井物産(6兆8,850億円)
4位:丸紅(6兆8,276億円)
5位:豊田通商(6兆6940億円)

【純利益ランキング】
1位:三菱商事(5,354億円)
2位:伊藤忠商事(5,013億円)
3位:三井物産(3,915億円)
4位:住友商事(1,714億円)
5位:豊田通商(1,355億円)

総合商社の売上・純利益ランキングともに1位を記録したのは三菱商事です。
総合商社の売上ランキングにおいて、5大総合商社として名前が挙げられている住友商事は5兆2,998億円で6位でした。また、2019年度の純利益においては、丸紅は1,974億円の赤字となっています。

参照元
有価証券報告書
三菱商事
伊藤忠商事
三井物産
丸紅
豊田通商
住友商事

5大総合商社のそれぞれの特徴

5大総合商社とされている「三菱商事」「伊藤忠商事」「三井物産」「丸紅」「住友商事」の5つの会社について、それぞれ特徴を見ていきましょう。

総合商社「三菱商事」の特徴

総合商社の三菱商事は、資源分野に強みを持っており、特に金属資源で大きな利益をあげている企業です。
一方で三菱商事は非資源分野にも力を入れており、バランスの良い事業を展開している総合商社だといえるでしょう。非資源分野の産業機械やコンビニ事業などにも注力し、もし資源分野の利益が落ち込んでも非資源で損失をカバーできるような基盤を固めています。

総合商社「伊藤忠商事」の特徴

総合商社の伊藤忠商事は、5大総合商社の中でも特に非資源分野に強い企業です。事業分野のほぼ8割が非資源分野。価格変動の影響を受けにくい非資源分野に力を入れているため、安定した経営と継続的な成長が期待できます。
伊藤忠商事は、繊維や食料関連の商材を多く取り扱う総合商社です。衣服から食料品まで、欧米の有名ブランドを多数取り扱っています

総合商社「三井物産」の特徴

総合商社の三井物産は、売上の多くを資源分野が占める、資源商社です。金属資源に大きな強みを持っています。
資源分野は価格変動リスクがあることを受け、近年では非資源分野にも注力。機械・インフラの分野や、ヘルスケア関連の事業にも投資を行い、非資源分野を強化しています。

総合商社「丸紅」の特徴

総合商社の丸紅は、穀物に関する事業に大きな強みを持っています。丸紅が展開する穀物調達ビジネスは、日本の穀物確保に大きく貢献しているといえるでしょう。
また、電力事業も丸紅が得意とする分野です。世界各国において発電・送電・変電に関する設計や建設を受注しています。そのほか、電力の小売や電力サービス事業も推進。丸紅は、さまざまな国の電力エネルギーを支えている総合商社です。

総合商社「住友商事」の特徴

総合商社の住友商事は、メディア・デジタル事業に大きな強みを持つ企業です。住友商事ではケーブルテレビ事業をはじめ、テレビ通販事業やデジタルメディア関連事業に取り組んでいます。
住友商事はリスクに対して慎重な傾向がある総合商社です。しかし、近年は積極的な事業投資も実施。ヘルスケア事業やインフラの領域にも投資を行い、新規事業を進めています。

総合商社への就活・転職の3つのポイント

総合商社は年収の高さやグローバルに活躍できるイメージから人気が高く、就職の倍率が高い傾向にあります。以下の3つのポイントを押さえてしっかり準備をし、内定に近づきましょう。

1.総合商社の業界・企業研究をする

選考を突破するには、総合商社業界や総合商社の各企業についてよく調べることが大切です。業界・企業研究をしてください。
同じ総合商社でも、扱っている商材や注力している事業はさまざま。「貴社の〇〇に惹かれた」「入社後には〇〇に尽力したい」など、説得力のある志望動機を作成するためにも業界・企業研究をしっかり行っておきましょう。

2.英語力を身につける

総合商社において、取引先とのメール・電話でのやりとりや商談、海外出張など、英語を使う場面がたくさんあります。海外の企業とのやりとりも多い総合商社では、高い語学力が求められるでしょう。
英会話ができることは、総合商社の選考において大きなアピールポイントになります。リスニング力・スピーキング力を習得しておくのがおすすめです。また、TOEICで高スコアをとっていたり、英検を取得していると、英語力の証明になります。

3.資格を取得する

総合商社の選考が有利になる資格を取得しましょう。総合商社で役立つ資格には、「簿記」「ビジネス法務検定」「貿易実務検定」などがあります。

簿記(日商簿記)

総合商社の選考を受ける人には、簿記(日商簿記)資格の2級以上を取得するのがおすすめです。
総合商社の事業の一つである事業投資では、基礎的な財務に関する知識が必要とされます。簿記資格を持っていれば基礎知識が身についていることが証明できるため、選考で有利にはたらく可能性があるでしょう。

ビジネス実務法務検定

裁量・責任が重い総合商社では、ビジネス実務法務検を取得していると信頼度が増して選考に近づける可能性があります。
実用的な法律に関する知識を持つことによって、業務上のリスクを回避することが可能です。トラブルを未然に防ぎ、安心・安全な取引につながります。
大きな金額を動かす総合商社。ビジネス実務法務検定を持っていることは、就活において強みになるでしょう。

貿易実務検定

貿易実務検定を持っていると、総合商社の主な事業の一つであるトレーディングにおいて役立ちます。貿易に関する知識があることをアピールできれば、総合商社の選考で高い評価を得られるでしょう。特にトレーディングに力を入れている企業・部署の選考で有利にはたらく可能性が高まります。

「商社への就職を目指したい!」「選考対策を1人で進めるのが不安…」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けの就職・転職サービスです。専任のアドバイザーが担当につき、仕事探しから内定まで一貫したサポートを提供します。
1対1のカウンセリングにより、個々に合ったアドバイスが可能です。今までの経歴・経験から、あなたのアピールポイントや向いている仕事をアドバイザーがともに考えます。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ