就職活動の志望動機はどう書く?書き方や例文を確認しよう

就職活動の志望動機はどう書く?書き方や例文を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • 就職活動で用いる志望動機のなかで、根拠や理由に注目する企業は多い
  • 志望動機を書く際には、オリジナリティを出したり企業の事業内容を含めたりする
  • 志望動機は最初に結論を述べ、その後に結論を支持する根拠や自分の強みを含める
  • 志望動機では、根拠のない共感やユーザーとしての感想は必要ない

就職活動に必要となる志望動機の書き方を知りたい方に向けて、どのようなポイントを押さえればよいか紹介します。志望動機は就活準備のなかでも苦手とする人が多い項目ですが、コツを押さえれば効果的な内容を作成できます。コラムを参考に、企業が注目する内容を知って志望企業ごとの志望動機を作成しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職活動の志望動機から企業が判断すること

志望動機から企業が読み取ろうとしているポイントは「志望理由」「自社とのマッチ度」「応募者の熱意」などが挙げられます。就職の志望動機は、応募者が企業に与えるイメージを大きく左右するポイント。企業が志望動機から何を判断しているのかを知ることで、より効果的な志望動機が作成できるでしょう。

志望の「理由」

なぜその企業を志望したのか、理由は非常に重視されます。理由が曖昧だったり説得力が足りなかったりすると、「本当に志望しているのか」「採用してもモチベーションが低いままでは」と懸念される恐れが。後述の「志望動機の構成」でも説明しますが、根拠を示して相手が納得する理由を述べましょう。ほかの企業や競合他社にもいえるような内容は避けて、「その企業だけの理由」にしてください。

普遍的な部分を志望理由にするのがおすすめ
企業のどんな部分に惹かれたのかは、人によって異なります。しかし、新規事業や特定の社員を志望理由にしてしまうのは危険。新規事業がストップしたり、特定の社員が退職したりすると「この人も会社を辞めるのでは」と思われる可能性があります。社風や理念、事業目標などその企業のコア・普遍的な部分にフォーカスしてみましょう。

自社との「マッチ度」

企業は、志望動機の内容から「自社と合っているか」も客員しています。同じ業界・業種でも、会社が変われば社風や目指すところ、社内の雰囲気は変わるもの。能力面はもちろんですが、応募者の人柄や考えと企業カラーや理念が一致しているかどうかも、注視されるポイントです。

仕事に対する「熱意」

仕事に対する熱意も、評価されるポイントです。
どれだけ優秀な人材でも、仕事に対して真摯に取り組む姿勢が見られなければ採用には至らないでしょう。逆をいえば、経験やスキルが採用基準に達さなくても、仕事への熱意や将来性を評価されて採用される可能性があるということ。入社したらやりたいこと、自分に出来ることを具体的に伝えましょう。

企業が志望動機で注目しているポイントについてさらに知りたい方は、「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」もご覧ください。

就職活動で役立つ志望動機の書き方の3つのポイント

就職活動で使う志望動機は、「オリジナルの内容」「企業情報を盛り込む」「用途に合わせて工夫する」といったポイントを押さえることが大切。就職活動において志望動機は不可欠ですが、思いつくまま作成しても企業には響きません。ポイントを確認し、より志望度が伝わるよう工夫しましょう。

1.オリジナルの内容にする

就職活動の志望動機はオリジナルの内容にすべきです。近年、書籍やWebサイトに多くの志望動機の例文が掲載されています。それらを参考にするのは問題ありませんが、模倣するのは避けてください。
他の就活生や応募者と似た内容の志望動機では採用担当者の記憶に残ることはできません。自分がなぜその企業に興味を持ったのか、就職や転職することで何を成し遂げたいのかを、自分の言葉で説明しましょう。

2.企業風土や事業内容を上手に含める

志望動機を書くうえで、企業風土や事業内容を上手に含めるとより説得力のあるものとなります。
冒頭で解説したように、企業はどこに魅力を感じているのか、自社を志望する理由は何なのかを確認しています。志望動機と「その企業ならでは」の特徴を結びつけるために、企業研究を入念に行いましょう。「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」もご確認ください。

3.構成や文章量は提出方法によって変える

就職活動で志望動機を提出する方法によって、構成や文章量を変えるのも重要なポイントの一つです。
就職活動では、履歴書や職務経歴書に数行の欄が設けられている場合もあれば、別紙で志望動機書を提出しなければならない場合もあります。提出方法によって文章量が大きく変わるため、内容も変える必要があるでしょう。もし履歴書や職務経歴書に志望動機を書くのであれば、簡潔に、400字から500字程度でまとめる必要があります。一方、志望動機書を提出する場合、A4用紙1枚程度の文章が必要に。企業に感じている魅力やその理由を深く掘り下げるなど、内容を充実させることができます。
さらに文章の構成は、企業のどこに魅力を感じているかを3割程度、なぜ魅力を感じているかを7割程度にするのが望ましいです。なぜ魅力を感じているかについてより詳しく書くことで、熱意が伝わりやすくなるでしょう。

志望動機を書く際に押さえるべきポイントについては「志望動機の例文とポイント!面接で伝えるときのコツもあわせて紹介」のコラムでも触れています。

就職活動で使う志望動機の構成

就職活動で使う志望動機は、結論から始めるのが基本です。そのあとに、結論を根拠付ける理由を書き、入社後の展望とまとめていくと良いでしょう。相手にとって読みやすい・理解しやすい文章を心がけてください。

1.結論

最初の一文で結論を述べます。志望動機の結論とは、その企業に魅力を感じた理由と志望理由のこと。簡潔に述べましょう。
結論から書き始めることで、着地点が明確になるため相手が理解しやすくなるメリットがあります。

2.結論の根拠となる理由

結論を述べたら、その結論の根拠となる理由や経験を続けます。根拠のない曖昧な志望理由だと、「そこまで志望度が高くない」と評価されてしまう恐れがあるので注意しましょう。
例えば、志望動機をアピールする際に、「御社の女性の社会進出を支援する取り組みの数々に共感しました。女性の社会進出をうたう企業はたくさんありますが、形式的なものになっている場合も少なくありません。御社の取り組みは、実際に育休の取得例があり、在宅勤務や短時間勤務など女性の働き方が充実していることが魅力的であると考えました。」のように、競合との具体的な違いを取り上げてアピールすると、志望動機に説得力が生まれやすいといえます。

自分の経験やスキルを業務内容と絡める
単純に「入社したい」と伝えるよりも、「自分には◯◯のスキルがあるので、御社の△△業務で力を発揮できるから入社したい」のように、経験やスキルと業務内容を絡めるのがポイント。
説得力が増すだけでなく、採用メリットや熱意を伝えられるので、より強いアピールになるでしょう。

3.入社後のビジョンとまとめ

企業はたくさんの応募者の中から、より会社に有益となる人材を採用します。そのため、志望動機では「自分が入社した後の展望」も合わせて説明し、採用メリットを伝えましょう。入社後にやりたいことを思い描いているということは、仕事に対して熱意がある証拠になります。

よくある志望動機のNG例

志望動機を書くにあたって、「根拠のない理由」「商品やサービスの感想」などは不要な要素。繰り返しになりますが、志望動機は、入社意欲や応募先企業で活かせる能力、企業風土と自分のマッチ度を中心に伝えるのが基本です。評価につながらない内容を確認しておきましょう。

1.「共感」には根拠が必要

「貴社の経営理念に共感しました」という文章は、強い根拠がなければアピールポイントになりません。もちろん、共感することは必要です。しかし、ただ共感したことを記載しても、採用担当者に訴えかける志望動機とはなりません。
むしろ、なぜ共感したのか、どのような点に共感したのかを説明することが重要です。共感した理由について具体的な記載がないと、面接の際に質問される可能性が高まります。面接で回答に詰まってしまえば、面接官の印象は悪くなるでしょう。「共感」という言葉を使う場合には、自分の言葉でその理由を説明できるかを考えたうえで使用することが重要です。

2.商品やサービスの感想はいらない

商品を使ってみて便利だと感じた、サービスが使いやすかったといった文章は、ユーザーの感想にすぎません。
志望動機には、感想ではなくその影響や改善点を記載するのが効果的です。たとえば、便利さに向上するサービスを提供している会社に入ることで、自分も日常生活の利便性を向上させる業務に携わりたいと思ったと書けば、より強い志望動機となります。
もしくは、具体的な改善点があることを書けば、商品やサービスについて詳しく分析していると評価してもらえる可能性も。ユーザーの感想ではなく、会社に貢献したいという気持ちが伝わるように意識してみましょう。

3.学びたいというスタンスは避ける

志望動機では、「学びたい」というスタンスを避けなければなりません。もちろん、多くのことを学んでいくことは必要です。しかし、会社は応募者に対して、業績に貢献することを希望しています。企業から教えてもらうことを期待する、いわば受け身の応募者はあまり良い印象を与えません
企業は自ら行動し、積極的に業務に携わっていく人材を獲得したいと思っています。受け身の印象を与えることがないよう、よいものは積極的に取り入れていきたいこと、自分からも積極的に知識や技術を学びに行く姿勢があることを志望動機に盛り込むとよいでしょう。
謙虚さや真摯さをアピールする際にも、自分の積極性がわかってもらう文章にすることが重要です。

志望動機の書き方についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「履歴書の志望動機はどう書く?例文付き!効果的な書き方」もご覧ください。

就職活動で使う志望動機の例文

志望動機を書く際には例文を参考にすることもできます。もちろん、例文をそのまま使うことはできませんが、書き方を参考にすることはできるでしょう。
就職活動で役立つ志望動機の例文を3つご紹介します。

企業の製品に魅力を感じた場合の例文

「都市開発やビル建設を通して市民の生活向上に貢献したく、貴社を志望します。学生時代、私の地元駅の前に、都市開発によって新たな店舗や行政機関、保育園などが入った複合施設が建てられました。その結果、自分の住んでいた街がみるみる活気を取り戻す様子を目の当たりにし、将来の目標が明確になりました。子どもからお年寄り、中高生、家族連れにいたるまで、人の往来が増えてにぎやかになり、学校への行き帰りが楽しくなったことを覚えています。人々の暮らしの豊かさ、生活の利便性に貢献できる仕事を志望いたします」。

企業の業務内容に魅力を感じた場合の例文

「お客さま一人ひとりのニーズやご希望に応え、最適な住環境を提供する営業の仕事に魅力を感じて貴社を志望します。
私は学生時代、娯楽施設の案内係のアルバイトを3年行いました。このアルバイトを通じて、お客さまのご要望やお困りの状況に的確にお応えすることで、お客さまが安心して施設を利用できることがわかり、仕事にやりがいを感じていました。貴社においても、お客さまのニーズを的確に把握して、より良い提案ができる営業職を目指し、お客さまのお役に立てる仕事をしたいと思います」。

未経験の業種に転職する場合の例文

「子供だけでなく大人も楽しめるゲーム作りをしている貴社に魅力を感じています。学生時代から現在まで、スマートフォン向けのゲームづくりをしてきました。現在は、広告代理店に3年勤務しており、企画を担当してきましたが、今後のキャリアを考えた時に、自分が大好きだったゲームづくりを仕事にしたいと考え、転職活動をしています。貴社では、VRを取り入れたゲームを3作品リリースされています。最先端の技術を取り入れて、老若男女問わず楽しめるゲームを開発したいと思い、貴社を志望しました。広告代理店での経験を生かして、開発だけでなく、Webマーケティングでも貴社に貢献できると考えております。ただ楽しいだけでなく、より多くの売り上げを生み出すゲームの企画に携わりたいと思います」。

志望動機は企業の事業内容や自分の長所などによっても大きく変わります。また、企業に響く志望動機を作成するには、自己分析や企業研究といった下準備が必須。さらに、志望動機が「給与」や「福利厚生」という方もいるでしょう。志望動機の作成でお悩みなら、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは、第二新卒、既卒、高卒などの若年層に向けた就活・転職支援活動のサポートを行っています。志望動機をうまくまとめることができない場合などでも、専任の就活アドバイザーがあなたの相談に乗りながら、書類作成をお手伝い。採用担当者の目線から、志望動機を添削します。ぜひお問い合わせください。

関連タグ