1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職の志望動機!企業に響くアピール方法とは

就職の志望動機!企業に響くアピール方法とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・企業は志望動機から、応募者の将来性や自社とのマッチング、入社意欲を判断している

    ・同じ業界の他企業ではなく、「なぜその企業を選んだのか」を伝えよう

    ・入社後の活躍が思い描ける志望動機がベスト

    ・熱意を伝える際は、活かせる能力の説明など具体的な裏づけを忘れずに

    ・説得力のある志望動機をつくるには、自己分析と企業研究が欠かせない

    ・福利厚生の充実や顧客視点の製品への愛着を志望動機にするのはNG

    ・他企業の選考状況を聞かれたら、企業選びの軸を意識して回答しよう

就職試験を受ける際に、必ずといって良いほど問われるのが「志望動機」についてです。 企業に

採用したい!と思ってもらうには、志望動機に説得力を持たせることは最重要といっても良いでしょう。

今回は就活を有利に進めるために押さえておきたい、志望動機のアピール方法についてまとめてみました。

◆応募者の志望動機!企業が注目しているポイント

就職の志望動機は、応募者が企業に与えるイメージを大きく左右するポイントでもあります。

志望動機から企業が読み取ろうとしているポイントは「応募者の将来性」「企業と応募者の能力マッチング」「応募者の熱意」などが挙げられます。

企業は応募者が会社に入社した場合、どのような利益をもたらしてくれるかということに着目することも多いです。多くの希望者の中から選ばれるためには、企業にとって有益に働くスキルや能力をアピールすることが必要。 

応募者が専門分野に特化した能力を持っていても、実際の業務で能力を活かすことを期待できない場合は、採用される可能性は低くなります。また、能力だけではなく、応募者の人柄や考えと企業カラーや理念が一致しているかどうかも、注視されるポイントです。 

これは応募者の考えと、企業理念が一致していない場合、入社後に職場環境に馴染めない可能性が高いため。応募者の人柄や仕事に対する熱意や、企業への思いなども、就職試験の合否を受ける重要なポイントになり得ます。


◆志望動機に説得力を生むポイントとは

志望動機に説得力を生むポイントとして挙げられるのが、「なぜその企業でなくてはならないか」を的確に説明できているか否かを考えることです。

応募企業の職種に限っていえば、同じ種類の業務を行っている企業があることも事実です。多くの競合会社がある中、「なぜ応募企業に入社したいのか」を的確に説明することによって、志望動機にオリジナリティと説得力が生まれやすくなります。 

「なぜ応募企業でなくてはならないのか?」を考える際には、企業が扱っている商品や行っている業務に目を向けるだけではなく、業理念などに着目してみることも1つの方法であるといえます。 

例えば、志望動機をアピールする際に、「御社の女性の社会進出を支援する取り組みの数々に共感しました。女性の社会進出をうたう企業はたくさんありますが、形式的なものになっている場合も少なくありません。御社の取り組みは、実際に育休の取得例があり、在宅勤務や短時間勤務など女性の働き方が充実していることが魅力的であると考えました。」のように、競合との具体的な違いを取り上げてアピールすると、志望動機に説得力が生まれやすいといえます。

企業のどのような活動に共感したのか、またその具体例を挙げることも大切です。
競合と差別化し、説得力のある志望動機をアピールするためには、応募企業についてあらかじめ企業研究を行っておくこともポイントになります。


◆入社後の活躍を具体的にイメージさせる

企業はたくさんの応募者の中から、より会社に有益となる人材を選びたいと考えている場合も多いです。志望動機をアピールする際には、「自分が入社した後の展望」も合わせて説明するのも効果的であるといえます。
応募者が会社にとって有益な能力やスキルを持っている場合でも、応募者の仕事に対する熱意や将来の展望説明の仕方によっては、企業に与える印象が異なってしまうことも考えらえます。

自分の持つ能力を交えて将来の展望を語ることによって、志望動機に説得力が生まれます。

例えば「私は海外に留学をした経験があります。現地で日本食を食べたいと思い立った時、調味料をなかなか手に入れることができず苦労し、日本食の素晴らしさについて改めて実感しました。御社は海外に製品工場を設け、グローバルな営業活動を行っていることが素晴らしいと感じました。仮に私が入社できた際には、私が海外で培ってきた英語力を活かし、営業で活躍することによって日本独自の調味料の文化を海外に広めたいと思っています。」のようにアピールするのも良いでしょう。


◆仕事に対する熱意を伝える!具体的な説明を意識しよう

仕事に対する熱意を伝える際には、自分の熱い思いをより具体的にアピールすることも重要なポイントです。 

企業の採用試験を受ける応募者は皆「企業に入社して仕事をしたい」という熱意を持っているといえます。他の応募者との差別化を図るためにも、自分が抱く熱意の正体をより具体化することもポイントです。
企業に対し、仕事への熱意をアピールする際には「○○の仕事したい」とアピールすることは避けた方が無難です。 

志望動機に具体性を持たせるためには「○○の能力を活かし、○○の仕事をしたい」と自分が持つ能力やスキルを説得材料として挙げた上で、アピールしましょう。例えば、「旅行会社で営業の仕事をしたい」とアピールするよりも、「英検1級の資格を活かし、旅行会社の営業の仕事をしたい」とアピールする方が、企業側には伝わりやすくなります。


◆企業に響くアピールを考えたい!企業研究を念入りに

他の応募者との差別化を図り、希望企業にささる志望動機を考えるためには、企業研究や自己分析など、就活の準備に力を入れることは絶対です。

希望する業界や企業によって求められる人材の特徴や能力は変わってきます。
希望する企業や職種から必要とされる人材になるためには、業種の市場規模や風潮、企業の経営状態などを踏まえどのような人材が求められているのかを読み解くことが大切です。

また、就活を円滑に進めるためには、自分の持つ能力やスキル、特性などを整理する自己分析をしっかりと行うことも重要。
自己分析では、自分を客観的に分析することが必要です。自分ひとりで行うことが難しい場合もあるため、知人や家族にアドバイスをもらうなどして進めるのも良いでしょう。


◆こんな志望動機は評価を下げる!志望動機のNG例

志望動機は、入社意欲や応募先企業で活かせる能力、企業風土と自分のマッチ度を中心に伝えるのが基本。

良い志望動機を考えるためにも、面接官の評価を下げてしまうNG例を学んでいきましょう。

【福利厚生に魅力を感じた】

福利厚生や残業の少なさを志望動機として話すと、「仕事自体への熱意がない」と判断される可能性があります。面接官はその人物を、ほかに条件の良い職場が見つかったらまたすぐに転職してしまう人材と見なすでしょう。

勤め先が自宅から近いからといった志望動機ももちろんNG。仕事に対する積極的な姿勢が感じられませんし、「事業所が移転したらうちで働く意味がなくなるのでは?」と思われます。

【とにかく頑張りたい】

「御社に入社できたら、仕事に全力を尽くします」

これは一見熱意に満ちた志望動機にも思えますが、内容が抽象的で説得力がありません。志望動機では応募先の企業で自分のどんな強みや能力を活かせるのか、具体的な説明が必要です。

【御社の商品が好きだから】

商品やサービスが好きだからその企業に応募したという人もいるでしょう。応募のきっかけとしては良いのですが、志望動機で顧客視点の「好き」を語るのはNG。

企業が採用したいのは、商品を愛好してくれるお客様ではなく、ニーズに合った製品を提案する、マーケティングで商品を世の中に広めるなど、会社の利益に貢献できる人材です。

面接では今までの顧客としての視点は一旦横に置き、社員としてどのような貢献ができるのかをアピールしましょう。

【社会貢献したい】

社会貢献という言葉は、それだけを使うと曖昧で中身のわかりにくいものになってしまいます。社会貢献を語るなら、具体的にどのような性質の社会貢献をしたいのか、そのためにどんな風に働くのかを説明する必要があります。

また、民間企業はあくまで利益を追求するのが目的です。企業風土によっては社会貢献を中心とした志望動機は評価されない場合があるので、事前に企業の理念や方向性を充分に調べておきましょう。

◆どうする?他社の選考状況を聞かれたら

面接では必ずといって良いほど志望動機を聞かれますが、企業によっては他社の選考状況について聞いてくることがあります。

この質問の目的は、応募者がどういった業界や企業を受けているのかを知りたいのが一つ。最終面接では、内定を出すか判断するために第一志望を尋ねることもあるようです。

この場合、受けている企業を答える際は自分なりの「就職活動の軸」を示せる回答をしましょう。金融、アパレル、通信など、全く異なる業界の企業名が並ぶと、面接官に「この人は受かればどこでもいいの?」と思われてしまいます。

就職活動では、自分の志望を固めた上で企業を選んでいくのが基本です。自分の企業選びの軸に沿った社名を答えるようにしましょう。

第一志望かどうかを問われたら、基本的には「第一志望です」と答えて良いでのではないしょうか。

前提として、全ての企業を第一志望として選考に取り組むのが就活で求められる姿勢。面接に全力で臨んでいるのなら、複数企業に「第一志望です」といっても不誠実な態度にはならないでしょう。

◆志望動機がまとまらない…エージェントを利用してみよう!

志望動機の作成方法が分からなかったり、就活に不安があったりする方は、エージェントに相談することも1つの方法です。エージェントとは求人の紹介のみならず、書類作成や面接の対策など、幅広いサポートを行ってくれる人材紹介サービスのことです。 

ハタラクティブは、第二新卒、既卒、高卒などの若年層に向けた就活・転職支援活動のサポートを行っています。志望動機をうまくまとめることができない場合などでも、専任の就活アドバイザーがあなたの相談に乗りながら、書類作成をお手伝いします。ハタラクティブではほかにも、面接対策や応募企業への待遇、面談のアポイントなど、幅広いサポートを行っていることが特徴です。 

紹介可能な求人にはさまざまな職種があり、エンジニア、販売、事務、営業など、ご希望や適性に合った職種をご紹介できます。

就職・転職に不安がある方は、ハタラクティブと新しい一歩を踏み出しませんか?


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    女性が働きやすい企業の見極めポイントをご紹介

  • image

    転職理由の例文をケース別にご紹介!伝え方のコツを押さえよう

  • image

    SEは未経験から目指せる仕事?

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?