志望動機が書けない理由を解説!書き方のポイントと例文を紹介

志望動機が書けない理由を解説!書き方のポイントと例文を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・志望動機が書けない理由には自己分析不足、企業研究不足などがある
  • ・志望動機がどうしても書けない場合は、企業選びからやり直してみる
  • ・志望動機が書けないからといって、ほかの企業の使い回しやコピペはしない
  • ・志望動機は「結論」「きっかけや理由」「企業でどう活躍したいか」の順で構成する

就職を希望する方の多くが悩む志望動機ですが、企業側が評価するポイントを知れば、採用に近づく志望動機を作成できるでしょう。そのためには、「なぜ書けないのか」の理由を知ることが大切です。このコラムでは、志望動機が書けない5つの理由や書き方のポイントについて解説しています。例文も紹介しているので、参考にしながら志望動機を作成してみてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

志望動機が書けない5つの理由

働きたい気持ちがあるものの志望動機が上手く書けないのは、主に5つの理由があります。自身はどのパターンに当てはまるか考えてみましょう。

1.自己分析を十分に行っていない

志望動機を作成する際に、重要なのが自己分析です。自己分析を十分に行っていないと、自身が何をしたいのか分からず、志望動機をうまくまとめられなくなってしまいます。まずは、自分がしたいことを見つけ出すことで、志望動機を書き出すきっかけにすると良いでしょう。自己分析が不十分だと志望する業界が絞り込めず、内容が薄い志望理由になってしまうことがあります。そのため、書けたとしても採用担当者の印象に残りづらいという結果に。自己分析では、過去の経験を書き出し、行動理由を掘り下げながら、あなたを構成する要素を確認しましょう。

2.仕事選びの軸が定まっていない

仕事選びの軸が定まっていない場合は、自分には何ができるのか、仕事を通して何を成し遂げたいのかが不明瞭なため、仕事選びに迷いが出て志望動機も上手く書けないという人が多いようです。自己分析で見つけた自身の強みや長所を踏まえながら、仕事をするにあたって何を求めるのかしっかりと把握する必要があります。仕事にやりがいを求める人や収入や福利厚生を重視する人、プライベートとの両立を求める人など、求めるものはさまざまです。働くにあたって、仕事に求める条件は何なのか理解することが職選びや志望動機の作成に繋がるでしょう。

3.企業の事業内容や特徴を理解していない

志望動機の作成には、自身を理解するために自己分析が重要ですが、企業を理解するためには企業研究が大切です。企業研究が不十分だと、事業内容や特徴を把握できず、企業が行っている仕事内容も分かりません。企業について知らなければ志望する理由も見つけにくいので、数ある企業の中からその企業を選んだ理由を伝えるためにも、社風や企業理念、事業内容などを調べましょう。そのとき、同業他社との相違点も意識しておくと、志望動機を作成する際に役立ちます。

4.労働条件や知名度だけで応募している

給与や福利厚生などの労働条件を企業選びの軸にするのは良いですが、志望動機が労働条件だけということにはならないように注意しましょう。
また、有名企業や大企業という理由だけで応募を決めている場合、「条件が良ければその企業でなくても良い」「有名企業ならどこでも良い」という意識のため、志望動機が思い浮かばないことが多いようです。ほかにも、「好きだから」といったファンの気持ちで応募しないようにしましょう。応募した企業やその商品が好きという理由だけでは、アピールとしては弱いので、志望動機としては好きだから何をどうした、というように話を発展させる必要があります。一消費者としての目線だけではなく、企業側に立った目線も伝えると効果的です。

5.興味がない業界に応募している

応募した企業で働く自身をイメージして、前向きな気持ちを抱けないのならば、別の企業へ応募してみるのも一つの方法です。就職活動では、内定を獲得するために数多くの求人に応募することが多いですが、中には志望度が低い企業もあるでしょう。企業研究を進めても興味が持てない場合は、別の企業に応募した方が効率的に就活を進められます。
また、興味がない企業だと最初から決めつけてしまっていることもあるので、企業研究に時間をかけ、まっさらな気持ちで魅力を探してみるのも良いでしょう。

採用担当者が志望動機を見る際に注目する点

採用担当者が選考を通して見ようとしていることは、あなたの人柄と仕事への向き合い方、将来性です。企業によってどこを重視するかは異なりますが、この3点を志望動機に盛り込むようにしましょう。職種を目指すようになったきっかけや過去の行動、その結果であなたの人柄や仕事への向き合い方を伝えられます。また、あなたの考えるキャリアプランを伝えることで将来性をイメージしてもらうこともできるでしょう。

志望動機を書く際におさえておきたいポイント

好印象を与えるために必要なポイントについて解説しています。志望動機を作成する際に、盛り込めるように意識しましょう。

志望する企業や職種を決めた理由

数ある仕事のなかから、その業界や職種、企業に決めた理由を簡潔に述べます。業界や企業を取り巻く環境を盛り込み、十分な業界・企業研究をしていることをアピールしましょう。企業だけでなく、その業界を目指すきっかけについて述べると、企業への関心や理解度をよりアピールできます。

仕事で活かせる経験・スキル

自己PR欄や資格欄に書くのが一般的ですが、志望理由と経験・スキルの関連性が高い場合は志望動機欄に盛り込むのがおすすめです。ただし、詳しく書くと本来の内容からずれてしまうため、「◯◯の経験があるので貴社の◯◯の業務に活用できる」など軽く触れる程度にしておきましょう。採用担当者の印象に残りやすくなることがあります。面接で詳しく伝える際のきっかけになることもあるでしょう。

入社後のビジョン

「入社後のビジョンがある=働くことに積極的で目標を持って行動ができる」と評価されますし、そのビジョンが企業のものと合致していれば採用の可能性が高まるでしょう。企業研究をしっかりと行い、会社が掲げる事業展開や展望をしっかり確認しておくことが大切です。実際の業務内容に沿った目標・やりたいことを伝えることで、採用担当者にあなたが働く未来を具体的にイメージしてもらいやすくなります。

適切な志望動機を書くための4ステップ

志望動機で好印象を与えるには、企業に合わせた内容で作成するのが大前提です。以下、適切な志望動機を作成するための4ステップを紹介しているので、参考にしてください。

自己分析を徹底的に行う

就活の基本となる自己分析。徹底的に行えば、前述した「仕事選びの軸」が明確になり、自分が求める条件や企業が見えてきます。まず、仕事としてやりたいことやできることを明らかにしましょう。

企業研究をして企業の特徴を知る

自己分析の次は、企業研究を行って企業の特徴を把握します。同じ事業を行っていても、理念やビジョンは企業によって異なるもの。より自分の考えにマッチした企業を見つけることが大切です。公式Webサイトやパンフレットだけでなく、OB訪問や会社説明会、インターンシップなども活用して企業理解を深めます。

自分と企業の接点を見つけてアピールポイントにする

自己分析と企業研究が終わったら、結果を照らし合わせて「自分と企業の接点」を探しましょう。見つからないときは、企業の特徴や魅力と思える部分、求められている人材を箇条書きで書き出します。書き出した中に、自分の強みや長所、仕事に求めることと一致する部分があれば、それをメインに作成することで、魅力的な志望動機になるでしょう。たとえば、企業の魅力的に感じる点をなぜ魅力だと思ったのか、自身の経験を交えながら伝えるのも効果的です。

競合他社と比べて「その企業を選んだ理由」を明確化する

よくある志望動機として「語学力を活かしたいので志望した」というものがありますが、これでは「語学力が活かせる企業ならどこでも良い」と言っているのと同じ意味になってしまいます。同業他社との違いをリストアップして、その企業を選んだ理由を明確化していきましょう。

志望動機が思い浮かばない場合に避けるべき方法

志望動機が思い浮かばなくても、以下の方法で作成するのは避けましょう。採用担当者の印象に残りづらい志望動機になる可能性があります。

・曖昧、適当な内容
・どんな企業にも当てはまる内容
・他社の志望動機の使い回し
・インターネットで拾った内容のコピー

曖昧や適当な内容、ありきたりな内容では、ほかの応募者に埋もれてしまいます。奇抜な内容にする必要はありませんが、採用担当者の目を引くような志望動機を作成しましょう。志望動機の使い回しやコピーは採用担当者に違和感を与えてしまうことも。就職活動はあなた自身をアピールする場なので、あなたオリジナルの志望動機を企業ごとに作成しましょう。
たとえば、志望動機で使われがちな「企業理念に共感しました」というような志望理由はなるべく使用しないほうが良いといえます。志望理由にするには、共感した理由を経験を交えることが重要となるので、安易に共感というワードを使わないようにしましょう。

魅力的な志望動機を作成するにはインターンに参加する

志望動機に悩んだらインターンシップに参加してみるのも良いでしょう。エントリーシートに志望動機を記載するインターンシップも増えているので、志望動機を作成する練習になります。また、インターンシップでは実際の業務内容に触れたり、社内の雰囲気を感じられたりするので、働くビジョンを具体的にイメージしやすく、魅力的な志望動機の作成につながるでしょう。

転職者やニートの志望動機の書き方

転職者やニートの志望動機の書き方のコツについて解説します。志望動機は「この企業で働きたい」という熱意を伝えるための重要なポイントです。その熱意をしっかりと伝えるためにも、以下の書き方で志望動機を作成してみてください。

結論から書くことが重要

ここでいう結論とは、志望理由です。最初に志望理由を述べることで、その後の内容が理解しやすくなります。志望理由を述べないまま始めると、内容にまとまりができず、印象があやふやになってしまうことも。数多くの履歴書に目を通し、面接を行う採用担当者にとって分かりづらい志望動機では、その時点で選考から外れてしまう可能性もあります。そのため、手短に内容を理解できる志望動機を作成することが内定獲得への一歩となるでしょう。

次に志望したきっかけや理由を記載する

転職者やニートは志望したきっかけを具体的に記載することが重要です。志望するようになった理由やきっかけは自身のエピソードと共に書きましょう。このとき、エピソードはできるだけ具体的にすることが大切。また、具体的に伝えるには数字を使うことも効果的です。年月を伝える際は数字を用いることであなたと採用担当者の認識が一致しやすなるでしょう。たとえば、転職者の場合、「前職では、営業職に就いていました」では、どれくらいの期間働いていたのか分かりませんが、「前職では2年間営業職として務めていました」と記載することによって具体性が増します。

最後に今後どのように活躍したいか記載する

企業で働くビジョンが鮮明であるほど、内定獲得率は高まるといえるでしょう。どのように活躍したいのか、どのように働きたいのか、実際の業務内容に触れながら具体的に記載することが大切です。

作成したら第三者にチェックしてもらうと良い

志望動機が完成したら、友人など第三者にチェックを依頼しましょう。誤字脱字や言葉遣いを確認してもらえたり、読み手がどう感じるかを知れたりします。ほかにも、内容が主観的になっていないか、誰が読んでも伝わるか、レイアウトは読みやすいかといった点に注目してチェックしてもらうと良いでしょう。

志望動機の例文集

志望動機の書き方について解説してきましたが、次は実際に志望動機を書いてみましょう。志望動機の例文をいくつか紹介するので参考にしてみてください。

例文1:事務

私が貴社への就職を志望した理由は、事務職としてのさらなるスキルアップが可能だと思ったからです。貴社には資格取得のための制度が充実しているほか、大きな裁量権を持って仕事に望むことができる環境があり、自身も成長できる場であると感じました。現在の会社の業務では、Excel、Word、PowerPointを日常的に使用しています。これまでの経験を活かしながら、貴社でも営業職の方のサポートとして貢献したいと考えています。

冒頭に志望理由を記載することで、応募者がスキルアップを目指して転職を考えていることが伝わります。仕事で活かせる経験を盛り込むことで、即戦力になれることをアピールできるでしょう。

例文2:食品会社

貴社を志望した理由は、家族の団らんの時間を届けたいからです。調理すれば時間がかかってしまう料理でも、貴社の冷凍食品は手軽に美味しい料理を提供することができ、活用することで調理時間に回していた時間を家族団らんの時間にすることができると思いました。また、インターンシップに参加させて頂いた際に、企画開発の進め方を教えていただきましたが、意見を言いやすい風通しの良い企業だと感じました。共働き世代が増えている現在、少しでも家族の時間が増えるように冷凍商品の商品開発に携わりたいと考えています。

インターンシップで学んだことは、あなたオリジナルのアピールポイントになります。積極的に盛り込みましょう。

「周囲に履歴書の添削を頼みづらい」「的確な意見が欲しい」とお悩みの方は就職・転職エージェントであるハタラクティブをご活用ください。
既卒やフリーター、若手の就職・転職をサポートしているハタラクティブでは、就職事情に詳しい専任の就活アドバイザーが志望企業に合わせた志望動機の作成を支援するので、効率よく就活ができます。自己分析や企業研究、面接対策から入職後のフォローまでサポートも万全です。
ぜひ、お気軽にご相談ください!

志望動機と応募書類に関するお悩みQ&A

求人に応募するにあたり、避けられないのが志望動機。ここでは、コラムで紹介しきれなかった志望動機や応募書類に関するよくある疑問を、Q&A方式で解決していきます。

志望動機はなぜ必要なの?

志望動機の内容から「志望度の高さ」と「会社に合っているか」を確認するためです。
たとえ応募者が高い能力を持っていても、志望度が低かったり会社の考えと合わなかったりすれば採用に至らないでしょう。志望動機は、どれだけ入社したいか・企業と価値観が同じかを確認するのが目的。「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」では、アドバイザーが詳しく説明しています。

自己PRと志望動機の違いは?

自己PRはその名のとおり「自分をアピール=売り込む」するためのもの。
志望動機は「その会社で働きたい理由」なので、目的が異なります。自己PRの書き方やポイントについては「自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介」が参考になるでしょう。

自己分析ってどうやるの?

これまでの自分の経験や出来事を振り返り、書き出しましょう。
自分のなかで大きな経験となった出来事を深く掘り下げていくと、自分が大切にしている価値観やアピールできる強みが見つかります。「状況は異なるけど感じたこと・解決した方法が同じ」「多くの経験で似たような出来事を困難と感じている」など、傾向が見つけられるはずです。詳しくは「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご覧ください。

作成した書類で大丈夫か不安です

第三者に読んでもらいましょう。
家族や友人、先輩など第三者に客観的に書類を確認してもらうことで、自分では気付けない誤字脱字や表現方法などが分かります。知り合いに見てもらうのに抵抗があるなら、就職のプロを活用するのがおすすめ。ハタラクティブは就職エージェントとして、多くの方の就業を支援してきた実績があります。内定に近づくための書類の作り方なら、ぜひハタラクティブにご相談ください。

吉田早江

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A