転職の志望動機が思いつかないときの対処法!面接で聞かれる理由は?

転職の志望動機が思いつかないときの対処法!面接で聞かれる理由は?の画像

この記事のまとめ

  • 転職活動で志望動機が思いつかないのは自己分析や企業研究が不十分のため
  • 転職活動で志望動機が思いつかないときは、質問者の意図を考えよう
  • どの企業でも当てはまる志望動機は熱意が伝わらないので避けるべき
  • 転職活動で志望動機が思いつかないときは、人に相談するのもおすすめ

転職を考えている方のなかには、「志望動機が思いつかない」と悩む方もいるでしょう。志望動機の内容によって選考の結果が左右することもあるため、相手の質問の意図を理解して的確に答えることが大切です。このコラムでは、志望動機が思いつかない原因や採用担当者が見ているポイントを紹介。志望動機の作り方や例文についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職で応募企業への志望動機が思いつかない4つの理由

「応募企業への志望動機が思いつかない…」と悩むのは、自分のやりたいことや仕事に求めることが明確になっていないから。また、企業に対する理解が不十分だと、入社して何ができるのかが分からないため志望動機も考えにくくなってしまいます。

1.自己分析不足で自分のやりたいことが分からない

志望動機が思いつかない原因の一つに、「仕事に何を求めるか」「どんなキャリアを積んでいきたいか」を明確にできていないことが挙げられます。自分のやりたいことが分からないと説得力のある志望動機は書けません。たとえ今の仕事を辞めたいから転職を望んでいるとしても、現在の状況から逃れることだけでなく、次の会社で実現したいことを前向きに考えることが大切です。

2.転職したい企業についての理解度が低い

企業の理念や事業内容を理解していないことが原因で、志望動機が思いつかないこともあります。
「有名企業だから」「雰囲気が良さそうだから」という漠然としたイメージを抱いているだけでは、転職は成功しないでしょう。志望動機を作成するには、応募企業のことをよく知る必要があります。

企業との共通点を見つけよう

自己分析と企業研究が出来ていても志望動機が思いつかないときは、企業との共通点が見つかっていない可能性があります。自分の経験やスキルが志望企業のどんなところで活用できるのか、考えてみましょう。

3.労働条件だけで転職先を選んでいる

給料の良さや福利厚生の充実度など、待遇だけで転職先を選んでいることも志望動機が思いつかない原因の一つです。目指す方向性を定めて条件を絞ることは大切ですが、与えてもらうことだけを考えていると、採用される可能性は低くなります。待遇の良さを重視するならば、その分自分が企業にどう貢献できるかを考えると良いでしょう。

転職の志望動機が思いつかないときは質問の意図を考えてみる

企業が志望動機を聞くのは、本当に入社する意思や意欲があるか確認するため。志望動機が思いつかないときは、なぜ質問されるのかを考えてみましょう。質問の理由を知れば、志望動機でなにを伝えるべきか分かるはずです。

企業は志望動機から志望度の高さを確認している

採用担当者は志望動機で応募者の入社意欲を確認しています。採用側は、その企業でなければならない理由があり、会社のために目標をもって働こうという意欲が高い方に入社してほしいと考えるからです。具体的な志望動機が書けていれば「自社のことをよく調べてくれている」として、入社意欲も高いと判断するでしょう。反対に、志望動機が思いつかないために適当な理由を書けば、「自社である必要性は低いだろう」と判断されてしまいます。

志望動機から自己分析の精度も確認している

採用担当者は志望動機から、応募者が自分自身について理解できているかも見ています。自分の持っている能力や考え、長所や短所を把握できていると、業務で得意なことに積極的に携わって事業に貢献したり、苦手なことは避けたり克服しようと努力したりできるからです。転職者の場合は、前職での反省や経験を活かすこともできます。
一方、自己分析ができていないと、自分が活躍できる場や注意すべき点が分かりません。能力をうまく発揮できないと企業にとってメリットにならないため、自己分析できていない方が採用されるのは難しいでしょう。

志望動機は会社との相性確認にもなる

志望動機を問われる理由として、応募者の考え方や人柄が企業の経営理念や社風とマッチしているか見たいからというのもあります。実際に働いてみなければ、合う・合わないは分かりませんが、採用担当者はできるだけ入社後のミスマッチを防ぎたいと考えるものです。たとえば、協調性を大切にする温和な性格の方が、個人主義で結果を求められる企業に応募しても、マッチしていると判断される可能性は低いでしょう。転職活動で志望動機が思いつかない方は、自分の性格と企業の雰囲気が合っているかを事前にチェックしておくことも大切です。
採用担当者に好印象を与える志望動機の書き方については、「志望動機に「研修制度」を書くのは駄目?好印象を与える書き方や例文を紹介」のコラムでも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機が思いつかないときに取り組みたい4つのこと

志望動機が思いつかないときは、書けそうな題材を集めることも一つの手です。自分の能力を整理したり、やりたいことを具体的に考えてみたり、この機会に自分と向き合いましょう。

1.自分がやりたいことを明確にする

入社後にやりたいことを具体的に想像することで、自分が仕事をするうえで何を求めているかが明確になります。やりたいことが具体的になれば、志望企業もその内容を実現できる会社を探せるでしょう。また、「なぜそれをやりたいのか」といった理由も考えておくのがおすすめです。この理由を志望動機で伝えることで説得力が増します。

2.入社後の方向性を定めておく

志望動機は、入社意欲や自分の経験・スキルを語るだけではなく、入社後の方向性も確認されています。入社して何をしたいかまで言えるようにしておきましょう。たとえば、「入社後は、□□に開発に関わり結果を出していきたいです」と伝え、その後で「そこで私の△△での経験・スキルを活かせると考えました」と加えると、説得力のある志望動機になります。

3.なぜその企業を選んだのかを整理する

なぜその企業を選んだのか、受けようとしている企業の魅力を書き出しましょう。その内容に価値観や根拠をプラスすることで、志望動機に説得力が増します。同じ業界では、似ている商品やサービスを展開している企業もあるため、差別化できる内容を挙げて対策するのがおすすめです。

4.インターンシップに参加する

志望動機が思いつかないときは、インターンシップへの参加も効果的です。インターンシップでは実際の業務内容や社員の人柄、職場の雰囲気などが体験できるため、適性があるかどうかが見えてきます。志望動機では「どんなところが自分に合っていると思ったのか」「ここで働きたいと感じた理由は何か」といったことが書きやすくなるでしょう。新卒以外のインターンシップ参加については、「フリーターがインターンに参加するのはあり?参加のメリットとデメリット」のコラムで解説しています。

転職の志望動機で避けるべき内容

志望動機に正解はありませんが、これから解説する要素が含まれている志望動機は説得力が足りないだけでなく、面接官にマイナスな印象を与えてしまう恐れがあります。以下の内容に注意しながら、志望動機を考えてみましょう。

どの企業でも当てはまる内容

ほかの企業でも使えそうな志望動機は、「ほかの企業でもこのような志望動機を言っているのだな」と面接官に感じられてしまい、志望度が低いことを伝えるだけになってしまう可能性があります。そのため、転職活動に対しての真剣さも伝わりにくいでしょう。

貢献する思いが伝わらない内容

会社への貢献する思いが伝わってこない志望動機は避けましょう。たとえば、「御社で□□を学びたいです」と伝えると、「会社は学校ではない」と面接官に思われてしまう恐れも。
志望先の会社で学びたいことがあるなら、貢献する気持ちとして、得た知識を還元させていく表現を志望動機に書きましょう。

経験に基づいていない内容

志望動機では熱意も重要視されますが、熱意だけで押し通す志望動機は、会社にとって必要な人材という目線では評価されにくいでしょう。会社はどのような貢献ができるのか、仕事への適性があるのかなど期待して選考します。

給与や待遇に関する内容

最後に、志望動機のメインを給与や待遇に関することにするのもおすすめできません。なぜなら、お金や待遇面ばかりを持ち出してしまうと、採用担当者から良くないイメージを付けられてしまうことも多いからです。そのため、給与や待遇面に関することを言いたいのであれば、志望動機の最後あたりに付け加える程度に留めておきましょう。

転職の志望動機を作る4ステップ

ここでは、志望動機の作り方を紹介します。転職活動で志望動機が思いつかないと悩んでいる方は、次のステップを踏んで考えをまとめてみると良いでしょう。

1.自己分析をする

まずは、現在持っているスキルや過去の仕事での経験、長所や短所を洗い出して、自分の能力を把握しましょう。
スキルは、専門分野に特化した技術的な能力だけを指すのではありません。コミュニケーション力やスケジュール管理力、問題解決力や行動力など、仕事に活かせる力であれば当てはまります。
仕事の経験は、いつ何をしたかという経歴だけではなく、業務を通じて学んだことや感じたことも一緒に書き出すと自分の考えが見えてくるでしょう。社会人経験が浅い方は、学生時代に学業や部活を通して得たことでも構いません。個性を引き立たせるには具体的な経験を入れる必要があるため、学生時代に努力したことや自分がこだわりを持って続けてきたことなど、志望動機に絡める内容がないかも考えてみましょう。
スキルや経験を書き出したら、さらに自分の考えを深堀します。過去に仕事でやりがいを感じたこと、働くうえで大切にしていること、転職して改善したいこと、今後やりたいこと、などを洗い出してみましょう。その際、「そう思った理由やきっかけ」もセットで考えます。先述したように、志望動機は具体的な理由やエピソードがあると説得力が増すもの。自己分析の時点で詳細まで書き出してみましょう。

2.企業研究をする

自己分析ができたら、企業についての理解を深めるためにリサーチを行います。
多くの場合は企業の公式ホームページに情報が載っているので、会社概要や経営理念、提供しているサービスや商品、顧客、業界内での位置づけなどを確認しましょう。このとき大切なのは、企業が求める人物像についても理解することです。先述したように、企業は「自社にマッチする人材」を求めています。効果的な志望動機を考えるために、必要とされるスキルや考え方などを把握しておきましょう。
また、社員インタビューや新卒の募集ページ、プレスリリースやメディアのインタビュー記事をチェックしておくのもおすすめです。新卒向けのページに載っている採用担当者のメッセージは、転職者でも参考になるでしょう。応募する企業に知り合いがいる場合や、転職フェアに出展しているときは、直接社員に話を聞くのも一つの手です。
さらに、競合となる企業についても調べましょう。似たサービスや商品を提供する企業との違いを明確にして、その会社でなければならない理由を考えておくことが大切です。

3.企業で活かせる強みを探す

自己分析をして見つけた自分のスキルや長所、考えのなかから、企業で活かせる強みを見つけましょう。強みは、企業が求める人物像に共通しているかがポイントです。たとえば、企業が「失敗を恐れず挑戦し続ける人」を求めている場合、「粘り強さ」や「前向きな姿勢」などを強みとしてアピールできます。困難に立ち向かった過去の経験などを志望動機に盛り込めば、求める人物像と合っていると思ってもらえる可能性が高いでしょう。
さらに、強みをその企業でどのように活かして事業に貢献していきたいかを考えます。応募者が入社後どのように働くかを想像できるよう、業務のどんな場面で強みを発揮できるか具体的に伝えられると良いでしょう。

4.志望動機の構成を作る

志望動機が思いつかない方も、ここまで考えたらあとは必要なポイントを抜き出してまとめるだけです。志望動機は、理由、エピソード、強みの順に構成します。

理由

冒頭で「なぜ入社したいか」という理由を伝えます。次に具体的なエピソードを述べるので、頭では端的にまとめることが大切です。

エピソード

理由の根拠となる過去の経験を伝えます。企業の特徴と関連付けて、「□□○の経験をしたから、△△したいと考えた」と実体験とともに伝えると、説得力が増すでしょう。

強み

入社後、自分の長所をどう活かして会社に貢献するかという意欲を伝えます。

転職活動で志望動機が思いつかないときに使える例文

この項では、志望動機の例文を「履歴書に書くとき」と「面接で伝えるとき」の2パターンで紹介します。基本的に伝えるべき内容は同じですが、面接では履歴書に記載した志望動機に加え、具体的なエピソードを盛り込むことでより説得力が加わるでしょう。転職活動で志望動機が思いつかない方は、先述した方法とともに、例文を参考にしてみてください。

履歴書に書く「志望動機」の例文

私は日本の魅力を伝える仕事がしたいと考え、貴社を志望しました。私はこれまで日本各地を旅してきました。旅先で現地の方と触れ合うことが好きで、旅での交流をテーマにしている貴社のメディアに大変共感しました。
前職の映像制作の仕事で培った、撮影スキルやコンテンツの企画力を活かし、人を動かす魅力的なコンテンツを作っていきたいと考えています。

面接で伝える「志望動機」の例文

私は、日本の魅力を多くの人に伝える仕事がしたいと考え、御社を志望しました。
私は日本各地を旅することが好きで、大学時代は47都道府県を巡り、社会人になったあとも休みのたびに旅行に出かけてきました。
そのなかで、私は現地の方との触れ合いが旅の醍醐味であり、その魅力を多くの人に伝えたいと考えるようになりました。
しかし、多くの旅行メディアでは、食事処やレジャー施設など観光スポットを紹介しているだけに留まり、人との交流にフォーカスしたメディアを運営するのは御社だけであると気がつきました。
私は、前職で番組の企画、取材、撮影、編集、制作進行などを担当しておりました。そこで培った制作スキルを活かし、人を動かす魅力的なコンテンツを御社で作っていきたいです。

志望動機の例文については、「転職の志望動機を例文付きで紹介!未経験でもアピールするコツは?」のコラムでも複数紹介しています。ぜひ併せて参考にしてみてください。

どうしても志望動機が思いつかない場合の5つの対処法

どうしても志望動機が思いつかない場合は、以下の方法を試してみるのもおすすめです。

1.OB・OGからアドバイスを受ける

就職活動を経験している先輩から志望動機の書き方について質問することで、自分にはない視点や、効果的なアピール方法が見えてくることもあります。就活アドバイスを得るためにも、OB訪問は積極的に参加しましょう。
実際に企業で働くOB・OGからのフィードバックを受けることで、企業や就職活動について理解を深めることが可能です。

2.企業説明会に参加する

企業説明会に行くと、事業規模や事業内容、組織構造など基本情報を入手できるため、企業研究につながるでしょう。会場では社員の人から直接話を聞ける機会があるため、気になる点があれば積極的に質問してみるのがおすすめです。自分がその会社で働いたときのことを想像しやすくなり、志望動機に活かせます。

3.転職エージェントを利用する

どうしても志望動機が思いつかないと悩むときは、1人で抱え込まず転職エージェントを利用することも検討してみましょう。転職エージェントには就職活動に関して経験豊富なキャリアアドバイザーがいるため、自己分析や企業研究のやり方も丁寧にサポートしてくれます。そこから志望動機にどう落とし込んでいくかも一緒に考えてもらえるので、効果的な志望動機が書けるようになるでしょう。

転職エージェントのハタラクティブでは、求職活動における支援サービスの一環として、企業ごとに対応した応募書類の書き方をマンツーマンで指導。自己分析、企業分析の方法や面接対策もしっかり教えるので、安心して本番を迎えられます。登録・利用料はすべて無料です。応募書類や面接で悩んだら、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

関連タグ