新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. SEの志望動機はどう作る?作成のポイントや例文をご紹介

SEの志望動機はどう作る?作成のポイントや例文をご紹介

公開日:

最終更新日:

SEの志望動機はどう作る?作成のポイントや例文をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・SEの志望動機ではなりたい理由やその企業を選んだ理由、入社後やりたいことを伝える
  • ・SEで活かせる経験やスキルがある場合は志望動機に盛り込むと良い
  • ・SE未経験者の志望動機では仕事への意欲的な姿勢を伝えるようにする
  • ・IT企業の中には文書作成能力を持っている文系出身者を求めている会社もある

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

就職・転職活動をしている人の中にはSEを目指している人も多いのではないでしょうか。また、SEの志望動機をどう書けば良いのか悩んでいる人もいるでしょう。このコラムでは、SEの志望動機を作成する際のポイントを解説します。また、SEの仕事内容や求められる能力についてもご紹介。文系出身でもSEになれるかについてもまとめているので、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

SEとは

SEとは、システムエンジニアのことであり、システムの設計や開発を行う職種です。

SEの勤務体制には、客先常駐・受託開発・自社開発があり、企業によってその働き方はさまざま。客先常駐の場合は、自社ではなく、SEを求めている顧客のもとに常駐します。自社で仕事をする機会はあまりなく、会社によってはさまざまな顧客のもとに常駐するようです。受託開発の場合は、顧客からの依頼を自社に持ち帰って、社内でシステムの開発を行います。自社開発は名前のとおり、自社製品を自社の社員のみで開発。自社開発を行っている企業は、客先常駐・受託開発をしている企業より少ないようです。

SEの仕事内容は、企業によって異なりますが、主に顧客との打ち合わせからシステムの開発・設計業務、テスト、システムリリース、保守運用までです。ここでは、SEの具体的な仕事内容や求められる能力について解説。SEを目指す方は志望動機の作成の参考にしてください。

SEの仕事内容

SEの仕事内容は多岐にわたります。主に要求分析、要件定義、基本設計、詳細設計、テスト、システムリリース、保守運用です。ここでは、それぞれの業務について詳しくご紹介します。

要求分析

顧客が求めているシステムや機能、問題点、解決したいことなどをヒアリングします。

要件定義

顧客の要望を確認した後、開発期間や費用を算出。顧客の要望を実現するために必要な機能などを明確にし、システムの仕様書を作成します。

基本設計

システムの骨組みとなる機能や操作方法などの設計を要件定義をもとに決めます。

詳細設計

プログラミングを行うための詳細設計を基本設計をもとに決めます。このとき、使用する技術や仕組みなど詳細な内部処理方法を決定。プログラミングに必要不可欠な設計書も作成します。

テスト

完成したシステムが設計通りに問題なく動作するか確認します。このとき、単体テスト、結合テスト、総合テストの3つのテストを実施。単体テストでは、プログラムを1つずつテストし、各部品や機能が正常に動くか確認します。結合テストでは、複数の部品が上手く連結できているかチェック。そして、総合テストでは、顧客の要望をすべて叶えているか最終確認を行います。

システムリリース

テスト後、プログラムに問題があれば修正。顧客の要望通りのものが完成したらシステムリリースします。

保守運用

システムの運用開始後、メンテナンスやトラブル対応を行います。

SEは顧客との打ち合わせからシステム完成後のメンテナンスまで行います。一つのシステムが完成するまで携わるため、完成後は達成感を得られるでしょう。また、システムに対する喜びの声をもらったり、自分が手掛けたシステムを実際に利用したりしたときにやりがいを感じる人は多いようです。SEを目指す際は、このようなやりがいを志望動機に繋げてみても良いでしょう。

SEに求められる能力

SEに求められる能力は、コミュニケーション能力やマネジメント能力、論理的な思考です。SEの仕事は基本的にチーム体制で行い、業務には顧客との打ち合わせもあります。そのため、チームのメンバーをまとめるマネジメント能力は必須。また、チームメンバーや顧客と円滑なやり取りをするためにはコミュニケーション能力も求められます。顧客とのやり取りでは、要望を的確に汲み取らなければならないため、高いコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

そして、顧客が要望しているシステムを効率的よく開発するには、論理的な思考を持っていることも重要です。論理的な思考が出来ると、ほかの人が気づかないミスを発見したり、新たな方法をみつけたりできます。SEには、課題解決の方法を筋道を立てて考える能力が求められるため、物事を論理的に考えられると業務で活かせるでしょう。

また、SEにはIT技術の知識やスキルの取得に意欲的な姿勢が求められます。IT技術は日々進化しているため、SEは常に最新の技術を学び続けなければなりません。そのため、SEとして働くには、ITへの興味関心は必要不可欠といえるでしょう。

SEとプログラマーは異なる

SEとプログラマーは混同されがちですが、実際は異なる職種です。基本的なSEの仕事は、システムの開発や設計。一方、プログラマーの仕事は設計図を基にプログラミングし、システムを作成することです。しかし企業によっては、SEがプログラマーを兼任している場合もあります。そのため、SEを希望するのであれば、応募先企業のSEがプログラミングを行うか行わないか、確認しておくと志望動機の作成がスムーズに進むでしょう。

関連記事

SEの志望動機作成のポイント

SEの志望動機作成のポイントは以下のとおりです。志望動機を作る際は参考にしてください。

SEになりたい理由を明確にする

ITエンジニア職の中で、なぜSEになりたいのかを明確にしましょう。SEは幅広い業務に携わる職種です。一方、ITエンジニア職には「インフラエンジニア」「アプリケーションエンジニア」など、特定の分野に特化したものが多数あります。そのため、志望動機では、特定の分野のエンジニアではなく、業務が多岐にわたるSEになりたい理由を明確に伝えなければなりません。

なぜその企業なのか記載する

志望動機において、応募先企業を選んだ理由を明確にすることは重要です。なぜ他社ではなく、その企業を選んだのかについてしっかり伝わるように書きましょう。

志望動機を考える際は、企業研究を念入りに行います。企業研究を通して、自分がその企業を選んだ理由の軸となる部分をはっきりさせましょう。

また、志望動機では自分の目指す方向性と、応募先企業の将来の方向性が一致していることを述べます。そうすることで、採用担当者に自身と企業がマッチしていることをアピールできるでしょう。

SEとしてやりたいことを伝える

志望動機では、その企業に入社後、SEとしてやりたいことを伝えます。そのため、志望動機作成の際は入社後に自分が達成したいことや挑戦したいことなどを考えましょう。もし、それらが漠然としているのであれば、自分がやりたいことを深堀りして詳細な部分まで考えます。

また「企業に入社後にやりたいこと」を考えることは「入社後にどう貢献するか」を明確にすることに繋がります。採用担当者は、志望動機から応募者が企業にどう貢献してくれるのか判断するため、入社後にSEとしてやりたいことは明確にしておきましょう。

経験やスキルがある場合はアピールする

SEの経験やスキルがある場合は、具体的にどのような技術を持っているのかアピールします。取得した資格やプログラミング、システム開発の経験がある場合は、詳しく盛り込みましょう。アピールできる強みが複数ある場合は、応募先企業の仕事内容で役立つものを優先し、具体的にどう活かすのか伝えます。

未経験なら意欲を伝える

SE未経験者の場合は、仕事への意欲を伝えられる志望動機を作成します。意欲的な姿勢を応募先企業に伝えるために、仕事内容やサービス内容をしっかりと理解し、その企業に感じた魅力などを志望動機に盛り込むようにしましょう。

また、IT関連の勉強をしている場合は、何について勉強しているのか伝えます。未経験でも、SEになるために努力している姿勢をみせると、意欲的だと捉えられ採用担当者に良い印象を与えることが可能です。ただし、志望動機で「貴社の研修制度に魅力を感じた」とだけ伝えるのは避けましょう。一見、意欲的な姿勢を示しているようにみえますが、捉えようによっては消極的だと思われてしまいます。そのため「貴社の研修制度を通して、自分だけでは身に付けられないスキルを取得したい」というように、志望動機では積極的な姿勢を示しましょう。

文系出身でSEを目指す人の志望動機はどうする?

IT企業の中には、SE職に文系出身者を求めている会社も多いようです。IT企業のSEの業務には、設計書の作成をはじめ、文書作成業務が多数あります。そのため、IT企業でも文系出身者がSEとして活躍出来るようです。IT企業を志望する文系出身者の中には、自分のスキルに自信がないという人もいるでしょう。しかし、先述したとおり、SEに求められる能力にはプログラミングのスキルのほかに、コミュニケーション能力やマネジメント能力、論理的な思考があります。これらの能力は文系出身者でも持っている能力なため、志望動機でアピールしましょう。

また、文書作成業務で活かせる能力や経験がある場合は、志望動機で伝えると採用担当者に好印象を与えられる可能性があります。ある程度のプログラミングの技術を身に付けている場合は、コミュニケーション能力や文書作成能力も持っていることを志望動機でアピールすると良いでしょう。

SEの志望動機の例文

ここでは、SEの志望動機の例文をご紹介します。志望動機作成の際の参考にしてください。

経験者の場合

SE経験者の場合の志望動機の例文は以下のとおりです。

貴社は◯◯という独自のシステムで多くのシェアを獲得されており、ビジョンである◯◯を掲げている点が、自分の目指す方向性と一致していたため志望いたしました。
さまざまな業界のソフトウェア開発においてもやりがいは感じますが、より自分の特性を発揮できる専門分野・技術に特化してクライアントのお役に立ちたいと考えた結果、貴社なら実現できると強く感じております。前職はマネジメント経験と◯◯の経験を豊富に積んだため、貴社で即戦力として貢献して参ります。

未経験者の場合

SE未経験者の志望動機の例文は以下のとおりです。

私はもともと人の役に立てる仕事、困っている人を助けられる仕事をしたいと考えていました。
貴社は◯◯という独自のシステムでクライアントの問題や課題を数々と解決されており、私の目指す考えと一致していることに魅力を感じて志望いたしました。
大学のゼミの研究やインターンシップでのプログラミング経験を通して、モノづくりの大きなやりがいと相手から感謝される喜びを実際に味わったことがあります。そのため、◯◯◯という点で、貴社ならこのやりがいを得られると思い、さらに入社したい気持ちが強まりました。
大学での◯◯の経験と、アルバイトの営業で培ったヒアリング能力を活かして貴社に貢献したいと考えております。

SE経験者・未経験者向けの志望動機の例をご紹介しましたが、これらはあくまで例文なため、自身の状況や考えに合わせたものを作成しましょう。

SEに転職を考えている方は「ハタラクティブ」を利用してみませんか。
ハタラクティブでは、高卒や既卒、フリーターなどの若年層の就職・転職を手厚くサポートしています。就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、個別ヒアリングを通してあなたの適性に合った求人の紹介が可能です。また、履歴書の作成のアドバイスや面接対策も実施しています。
サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ