評価される志望動機とは?面接での伝え方について解説

評価される志望動機とは?面接での伝え方について解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業が面接で志望動機を聞くのには、熱意やビジョンを確認するという意図がある
    ・企業のことをよく知り、求める人物像に合った自分の強みをアピールすると良い
    ・将来のビジョンは、より具体的に語ることで採用担当者の印象に残りやすい
    ・面接時には、履歴書の丸暗記ではなく説明を加えながら熱意を伝えよう

企業が人材を採用しようとする際、求職者の志望動機はとても重要なポイントです。志望動機を聞くことで、求職者の熱意や将来のビジョン、人柄などを確認していると考えられます。
こちらのコラムでは、どのような志望動機が採用担当者の印象に残るのか、また評価される志望動機を伝えるためにできることなどを考えてみましょう。

◆企業側が志望動機を聞く意図とは

まず、志望動機の重要性について解説します。

【企業や仕事への熱意、方向性が合致しているかを確認】

企業は人材を採用する際、求職者が"自社で働くことへの熱意を持っていること"を重要視しています。熱意を強くもっている人は、入職後も高いモチベーションを保ちながら、活躍することが期待できるからです。
また、企業の方向性と、求職者の希望や将来のビジョンが合うことも大事なポイントだと考えられます。

人材採用において、企業と求職者双方にとってプラスになることが理想だと言えるでしょう。そのため、面接時に志望動機を聞くことで、求職者の意欲やビジョンを確認しているのです。


◆どんな志望動機が評価されるのか

では、印象に残る志望動機とはどのようなものでしょうか。

【企業が求める人物像に即した自分の強みをアピール】

まず、企業がどのようなビジョンを描いているか、またどのような人物像を求めているかということを知る必要があります。それにより、どのような人物像を求めているかを理解し、その企業で就きたい職種や習得したいこと、将来どうなりたいかなどを伝えると良いでしょう。
企業についてより深く知っていれば、それだけ志望動機にも説得力が増すのです。

【目標は具体的に】

将来のビジョンを語る時、曖昧であったり抽象的であったりすると相手に伝わりません。ただ「仕事を通して成長したい」と言うよりも、何をいつまでにしていたいというように具体的に語る必要があります。

例えば、「専門性を高めて、◯年後には◯◯チームのリーダーになっていたい」、「仕事内容をしっかり把握して、新入社員を育てたい」というような、入職後のイメージを自分なりに考えておくと良いでしょう。志望動機を伝える時、なぜその企業を志望するのか、その企業でなければいけない理由が重要です。
採用担当者が「それは他の会社でもできるよね」と感じてしまうような、どの企業にも通用する内容は避けましょう。


◆履歴書と面接の志望動機は同じでいいのか

面接では、履歴書の内容を軸に話すのが基本です。それにより、採用担当者の印象に残ると考えられます。しかしながら、履歴書に書いた志望動機を丸暗記して話すのは、意欲が伝わりにくくなってしまうため、履歴書に書いたことをわかりやすく説明したり、補足したりすることで、よりアピールできるようにしましょう。

志望動機についての悩みは、「ハタラクティブ」に相談してみませんか?

「ハタラクティブ」では就職のプロであるアドバイザーが、履歴書の書き方や面接対策など就活に関わるあらゆる相談に応じています。マンツーマンのカウンセリングや、入職後のフォローも実施。サービスはすべて無料で利用可能です。まずは、「ハタラクティブ」にお問合せください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION