1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 解説!面接時の逆質問で好印象を残す方法

解説!面接時の逆質問で好印象を残す方法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・逆質問の際の応募者のリアクションや内容に対し、企業側がチェックしているポイントは、応募者と企業の相性や志望度の高さ、コミュニケーション力など
    ・逆質問をする際は、調べればすぐわかる質問をしない、条件面に関する質問ばかりしないなどのマナーに気をつけよう
    ・「質問はありません」という回答は、入社意欲が無いと判断されマイナスイメージになりやすい
    ・入社後のことをイメージさせる逆質問は、好印象につながる

採用の面接時に「最後に質問はありますか?」と逆に聞かれることも多いのではないでしょうか。このいわゆる逆質問は、内容によっては好印象にも悪印象にもなる重要事項です。
ここでは、企業が逆質問をする理由や好印象を残す逆質問の内容などを解説。逆質問で、内定獲得のための絶好のチャンスを捉えましょう。

◆なぜ面接では逆質問が行われるの?

企業側が面接の最後に「何か質問はありますか?」と逆質問を促すのには、どのような意図があるのでしょうか。
逆質問をするのは、主に以下のような理由があると言われています。

・応募者と企業の相性を見極めるため

質問の傾向や内容と、企業の方向性が合っているかを見られています。質問の内容から、企業研究ができているか、業務内容などを理解して応募しているかが判断できます。

・応募者の志望度の高さを知るため

関心が高い応募者は、その企業のことを入念に調べているため、逆質問事項があるはずです。
逆質問が無い=企業への関心度が低く、志望度も低いと判断されてしまいます。

・コミュニケーション能力や空気を読めるかを見られている

質問の内容によっては、的外れなものや、その場の空気を読まない場違いなものと見なされてしまうことがあります。社会人として、面接の場で相応しい質問ができるかどうかを見られていることも。
また、「相手から聞き出す」という能力の有無もチェックされています。

・企業の魅力を知ってもらうため

逆質問で、業務や企業活動の内容に触れてくる場合、より詳しい企業の特性や情報を伝えることができます。

企業側は逆質問を促し、それに対する応募者のリアクションに対していくつかのチェックポイントを設けています。
また、企業側からの一方的なアウトプットのみではなく、応募者からの「逆質問」によって、双方の意向が浮き出されることになります。

◆逆質問で気をつけたいマナーとは

逆質問の内容や質問の仕方によっては、悪い印象を与えかねません。
逆質問をする際は、下記の点に気をつけましょう。

・調べればわかることを聞かない

すでに説明されたことや、Webサイトなどで調べればわかる内容を質問するのは避けましょう。話を聞いていない、企業研究をしていないと思われてしまいます。

・「特にありません」は入社意欲が低いと捉えられる

前項で述べたように、志望度が低いと判断されてしまいます。
もし本当に無い場合は、「十分にご説明いただけたので納得いたしました。ぜひ御社にご縁をいただきたいと思っています」など伝え方に気をつけましょう。

・条件面ばかりの質問をしない

企業の魅力や仕事内容に触れず、待遇や福利厚生などの条件面ばかり質問すると「仕事よりも条件を重視している」と悪印象を与えてしまいます。

・「イエス、ノー」で答えられる単純な質問は避ける

例えば「仕事は楽しいですか?」よりも、「◯◯事業のどのような部分にやりがいを感じますか」など、会話が広がるような質問のほうが面接が盛り上がります。

・面接官の立場に応じて質問内容を変える

面接官が、役員や人事担当、現場の人間なのかによって聞くべき内容は異なってくるので、それぞれの部署や勤務先に応じた質問内容にしましょう。

そのほか、「御社の将来性はどうですか?」などの抽象的な質問なども避けましょう。面接は、会話の中から双方の希望条件や情報を出し合う場とも言えます。
面接官との会話を、ある程度膨らませられる逆質問の内容が好ましいでしょう。

◆こんな逆質問をすれば好印象!

企業側からの質問に答えるのと比べて、自由度が高い発言が許されている逆質問は、自己アピールのための絶好の機会です。
下記のような逆質問は、面接官に好印象を与えられるでしょう。

・入社後のイメージが浮かぶ質問

「志望している部署の働き方について詳しく教えていただけますか?」「現在使用しているソフトのバーションやPCのOSを教えてください」など、環境についての質問は、入社後の働いている姿がイメージできます。
「私は○○といった業務に携わりたいのですが、御社では可能ですか?」など、自分のビジョンと企業活動を絡めた質問も意欲が高いという判断材料になるでしょう。

・自分の長所をさりげなく伝える内容

「○○の資格を持っていますが、御社で活かすことはできますか?」「前職で○○の業務に携わりましたが、今後、御社で働く際に必要なスキルはありますか?」などの質問は、業務内容を聞くと同時に自身のアピールができます。

業界や企業についてのしっかりとした企業研究や知識を持った質問、今後の目標、ビジョンを持った姿勢の質問は、採用担当者に好感を持たれることでしょう。

企業ごとに効果的な面接対策をするには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。
ハタラクティブには、専任の就活アドバイザーが在籍。カウンセリングや応募書類、面接に関するアドバイスをきめ細かく行い、一人ひとりに最適な転職活動を支援します。まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる