面接の逆質問で好印象を与える方法は?就職成功のための対策を立てよう

面接の逆質問で好印象を与える方法は?就職成功のための対策を立てようの画像

この記事のまとめ

  • 面接で好印象を与えやすい逆質問にするには、入社後のイメージが浮かぶ内容にする
  • 面接で好印象を残すために、逆質問で「特にありません」と返すのは避ける
  • 面接で好印象な逆質問をするためには、まず伝えたいことを明らかにすることが大切

面接の逆質問を有効に活用して好印象につなげたいと考える人は多いでしょう。面接の逆質問で好印象を与えるには、入社後のイメージができる内容や長所、やる気などを盛り込むと効果的です。このコラムでは、面接で好印象を与えやすい逆質問の回答を紹介。逆質問で面接官に好印象を与えるためのマナーや、事前に行なっておくべき準備についてもまとめました。面接で効果的なアピールをするための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接で好印象を与えやすい逆質問とは

面接で好印象を与えやすい逆質問とは、「入社後のイメージが浮かぶ質問」「自分の長所をさりげなく盛り込んだ質問」「やる気を十分にアピールできる質問」の3つが挙げられます。以下で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

1.入社後のイメージが浮かぶ質問

入社後のイメージが浮かぶ逆質問は、面接官に好印象を与えやすいといえます。入社後の業務内容や配属先に関わる質問を積極的にすることで、入社への意欲の高さをアピールできるからです。「志望している部署での働き方について教えてください」や「○○の業務に携わるために必要なスキルを教えてください」など、具体的な質問をすることで、志望企業に深く興味を抱いていることも示せます。
ただし、自分が採用されることを前提とした聞き方はマイナスの印象につながる恐れがあるので、注意が必要です。「もしご縁をいただけた場合は~」と付け加えるなど、謙虚な姿勢は忘れないようにしましょう。

2.自分の長所をさりげなく盛り込んだ質問

自分の長所をさりげなく盛り込んだ質問も、好印象につながります。「現在保有している○○の資格を御社で活かすことは可能ですか」のように、自身の長所のアピールと業務に関する質問を絡めると効果的です。ただし、逆質問の時間の大部分を長所のアピールに割いてしまうと、面接官に「会社を深く知りたいと考えてなさそう」といった印象を与えてしまう恐れがあるため、注意しましょう。

積極性や協調性も好印象につながりやすい要素

積極性や協調性は仕事をするうえで大切な要素なので、長所として逆質問に盛り込むと好印象につながりやすいといえます。逆質問の内容を考えるのに悩んでいる方は、積極性や協調性をアピールできる経験がないか振り返ってみましょう。顧客や同僚との関わり方など、具体的なエピソードがあるとより説得力が増します。

3.やる気を十分にアピールできる質問

やる気をアピールできる質問も、好印象につながりやすいといえます。「前職では○○の経験を積みましたが、足りないと思われるスキルがあれば教えてください」「御社で活躍されている方の共通点を教えてください」など、会社に貢献するために必要なことを身につける意欲があることをアピールしましょう。自分に足りない知識や技術を吸収しようという姿勢は、「入社後も高い志を持って成長してくれるだろう」と面接官の期待が高まりやすくなります。

面接で逆質問を聞かれるのはどうして?

面接官が逆質問を聞くのには、応募者がどれくらい自社について知っているか確かめたり、自社との相性を確認したりするためといった意味合いがあります。また、応募者の疑問を逆質問の場で解決することで、自社への志望度を強化しようという意図もあるようです。面接で逆質問を聞かれる理由は、「面接の逆質問には意図がある?効果的にアピールするためのポイントを解説」で詳しく解説しているので、ご一読ください。

面接で役立つ逆質問例!目的や状況に応じた回答で選考を突破しよう」では面接で好印象を与えやすい逆質問の例を詳しく紹介しているので、ご一読ください。

面接で好印象な逆質問の答え方

ここでは、面接で聞きにくい内容に触れるときの好印象な逆質問の答え方を紹介します。内容だけでなく答え方にも気を配り、面接での好感度アップを図りましょう。

募集要項の内容を深堀りしたい場合

募集要項の内容を逆質問で深堀りしたい場合、事前に調査済みであることをしっかり伝えましょう。本来、面接の逆質問で募集要項に書かれている内容を聞くと「準備不足」と判断される恐れがあるため、避けるのが無難です。しかし、募集要項の内容で気になる部分があって詳しく聞きたい場合もあるでしょう。どうしても確認したい場合は、「Webサイトで拝見したのですが」という前置きをしてから逆質問に答えると好印象につながりやすくなります。事前の情報収集は行なっていると面接官に印象づけることが大切です。

面接で説明されたことを確認したい場合はどうする?

面接の中で一度説明されたことを逆質問で聞くと、「集中して話を聞いていない」という印象を与えてしまう可能性があります。再度確認したい場合は、募集要項について聞くときと同様、言い回しに気を配りましょう。「先程伺ったお話ですが~」と前置きで印象ダウンを回避できます。

労働条件や福利厚生に関する質問の場合

労働条件や福利厚生に関する質問の場合、間接的な聞き方を心掛けます。採用が確定していない段階で労働条件や福利厚生についてストレートに聞くと、「仕事そのものへの関心が薄いのでは」と懸念される恐れがあるからです。
面接官に好印象を与えるためには、繁忙期の働き方から残業時間を推測したり、昇給システムを確認しておおよその給与を把握するなど聞き方を工夫しましょう。「前職では月に○○時間残業をしていました」など、過去の経験を引き合いに出すのも効果的です。

面接で印象が良くない逆質問も理解しておこう

社会人としてのモラルやマナーを問われたり、自信のなさが表れていたりする回答をしてしまうと、面接官の心証は良くないようです。ほかにも、抽象的で相手が答えるのに困るような質問も避けたほうが良いでしょう。面接で印象が良くない逆質問は、「面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介」で詳しく解説しているので、ご一読ください。

面接で好印象を与えるための逆質問のマナー

面接で好印象を与えるためには、「『特にありません』は避ける」「『はい・いいえ』のみで回答できる質問はしない」「面接官の役職に応じた質問をする」などのマナーに気を配る必要があります。以下で3つのマナーを解説しているので、参考にしてみてください。

1.「特に質問はありません」はNG

逆質問への回答が浮かばない場合でも、「特に質問はありません」と返すのは避けましょう。逆質問がないと、「志望度が低いから質問が浮かばないのか」と、入社意欲の低さを懸念されてしまうこともあるでしょう。
どうしても回答が思いつかない場合は、「十分にご説明いただけたので疑問を解決できました」と逆質問がない理由を明確に述べることが大切です。不安や疑問が払拭できたことへの感謝も同時に伝えれば、好印象を残せるでしょう。逆質問に回答しない場合の対応は「面接で逆質問しないのは印象が悪い?採用されるための有効な対処法を紹介」で紹介しているので、ご一読ください。

2.「はい・いいえ」で回答できる逆質問は避ける

面接官が「はい・いいえ」のみで回答できてしまう逆質問もしないほうが良いでしょう。「はい・いいえ」で回答できる質問は、すぐに会話が終わってしまうというデメリットがあります。
逆質問の時間を有意義なものにするためにも、面接官からなるべく多くの情報を聞き出せる内容を考えることが大切です。たとえば、「仕事は楽しいですか」よりも「どのような部分にやりがいを感じますか」の質問のほうが会話は広がり、好印象にもつながりやすいでしょう。

3.面接官の役職に応じて質問を変える

面接官の役職に応じて質問を変えることも大切です。たとえば人事担当の面接官に、志望している部署の業務内容を聞いても、詳しい回答は望めません。面接官の立場に合わない質問を続けると、「募集要項の内容をきちんと把握しているのか」という不安を抱かれてしまうことも。人事担当や現場の社員、役員など、面接官の役職によって逆質問で聞くべき内容は異なることを理解し、それぞれの部署や勤務先に応じた回答をして好印象につなげましょう。

面接の逆質問で好印象を与えるために必要な準備

ここでは、面接の逆質問で好印象を与えるために必要な3つの準備を紹介します。

1.逆質問でアピールしたいことを明確にする

面接官に好印象を与えるために、まずは逆質問で自分がアピールしたいことを明確にしましょう。逆質問は自分なりの回答を準備できるのが特徴ですが、自由度が高い分、話す内容に迷ってしまうという場合も。最初に「自分が面接官に伝えたいこと」を決めておけば、質問内容も考えやすくなります。長所や入社への意欲、社風とのマッチ度など自分が逆質問でアピールしたいことは何なのかをよく考えて、目標を設定しましょう。

2.企業研究を徹底する

逆質問でアピールしたいことが決まったら、企業研究を徹底して行います。企業のWebサイトを見て、理念やミッション、代表のメッセージから感じ取った疑問だと推測できる逆質問をすると、意欲や熱意が企業側に伝わりやすいでしょう。企業背景への理解が伝わる質問は、企業側が応募者に好印象を抱く内容の一つです。面接官に強い印象が残せるような逆質問ができるよう、丁寧な企業研究を心掛けましょう。

関連する業界や競合他社も調査しておこう

面接で好印象を残すためには、志望する企業に関連する業界や競合他社の情報も事前に調べておくことが大切です。質問の幅が広がるだけでなく、リサーチスキルや入社への熱意などがアピールできるでしょう。また、質問内容から会話が弾んで和やかな雰囲気で面接を進められる可能性もあります。

3.質問と一緒に自分なりの意見を伝える

逆質問と一緒に自分なりの意見を伝えると、好印象につながりやすくなります。自分の意見を交えた逆質問の例は、以下のとおりです。

質問のみの場合

「将来的に力を入れようとしている事業について教えてください」

自分の意見を交えた質問の場合

「今△△業界は××の状態にあり、□□という需要が生まれると考えられますが、御社が今後力を入れようと考えている事業は何ですか」

上記の例のように自分の意見を入れることで、質問内容が具体的になります。また、面接官の回答を端的に終わらせないことで、コミュニケーションスキルもアピールできるでしょう。すでに用意している逆質問で、自分に意見を入れられるものがないか、確認してみてください。

面接で好印象を与えられるような対策をしたいとお考えの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層に特化した就職・転職エージェント。専任のアドバイザーが、カウンセリングにもとづいた求人紹介や応募書類の添削、面接指導など一人ひとりに合わせたサポートを行います。あなたの希望や適性を伺ったうえで、アドバイザーが効果的な選考対策を一緒に考えるので、就職・転職活動に不安を抱いている方も安心です。まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ