役員面接とは?定番の質問と答え方

役員面接とは?定番の質問と答え方の画像

この記事のまとめ

  • 役員面接とは、企業の社長や役員が面接官を務める面接のこと
  • 役員面接では、応募者の価値観や人柄から「会社とのマッチング」を見ている
  • 役員面接でよくある質問は、「志望動機と自己PRについて」「将来に関する質問」「逆質問」など

「役員面接は落ちない」という噂を耳にしたことはありませんか?実際のところ、最終面接にあたる役員面接にはどんな意味があるのでしょうか。ここでは、役員面接でありがちな質問と面接官が見るポイントをご紹介。質問の意図を考えていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

役員面接って何?

「役員面接」とは、企業の社長や役員が面接官を務める面接です。

就職・転職活動における選考の最終段階にあたる場合が多く、採用・不採用が決まる場でもあります。

役員面接は「顔合わせ程度」「意思確認の場」と言われることもあるようですが、決して「役員面接=内定」ではありません。ほかの面接と同様に、面接官が「企業の方針や職種と合わない」と判断すれば、落ちることも。

書類選考から一次・二次面接とスムーズに進んだからといって油断せず、しっかりと面接対策をしておくことが大切です。

役員面接では何を見ている?

役員面接において面接官は、「会社のビジョンと応募者の方向性が合っているか」「応募者の人柄は社風と合いそうか」などを見ていると言われています。

全ての企業に当てはまるわけではありませんが、書類選考・一次・ニ次面接では「スキルや経験」を重視、役員面接では「会社とのマッチング」を判断するという傾向があるようです。

「一次・二次面接は通るのに、役員面接が通らない…」という方は、自分の発言が「企業の社風やニーズに合っているか」をもう一度見直してみると良いのではないでしょうか。「会社とのマッチング」を意識することが、効果的なアピールに繋がるでしょう。

役員面接でよくある質問と答え方のポイント

「志望動機と自己PRについて」(なぜ当社を希望するのか、等)

一次・二次面接でも定番の質問ですが、役員面接ではさらに掘り下げて質問されるケースが多いようです。
会社の方針やニーズをもう一度確認するなどして、「意欲や熱意」の伝わる回答を用意しておきましょう。

「将来に関する質問」(入社後にやりたいこと、会社をどうしていきたいか、等)

入社後に、「自分が会社でどのように働きたいか」ではなく、「会社に対してどんなことを貢献できるか」という視点で答えるのがポイント。
入社して力を発揮したいという熱意を強くアピールすることができます。

「逆質問」(何か質問はありますか?等)

入社したいという気持ちが伝わる逆質問をすることがポイント。「質問はありません」などと回答してしまうと、やる気がないと思われてしまうことも。
また、調べれば分かることや、取引先などの機密性の高い情報は、質問しないように注意しましょう。あらかじめ、企業のHPなどで情報を集め、疑問に思ったことや、聞いておきたいことなどを用意しておき、積極的な姿勢を見せましょう。


役員面接についてより詳しく知りたい方は、就職・転職エージェントに相談してみるのがおすすめ。

正社員を目指すフリーター、第二新卒、既卒の方向けの就職サポートサービス、ハタラクティブは、正社員求人の紹介をはじめ、応募書類の添削や面接対策などのきめ細やかなサービスが魅力。事前に行うカウンセリングや企業とのマッチングが、内定率80.4%(2015年7月)という実績に繋がっています。
就職・転職活動で不安のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ