1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職に効く逆質問の例文集!1次・2次・最終面接で何を聞けば良い?

転職に効く逆質問の例文集!1次・2次・最終面接で何を聞けば良い?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職の逆質問には、自分をアピールするメッセージを込めよう
    ・1次面接の逆質問では、仕事内容を尋ねよう
    ・2次面接では、1次面接で得た情報をもとに逆質問するのもOK
    ・最終面接では、会社全体を見渡す逆質問をしよう
    ・転職の逆質問では、待遇ばかり聞くのは避けよう

転職に効く逆質問の例文集!1次・2次・最終面接で何を聞けば良い?の画像

「転職面接の逆質問では何を聞くべきなのか…」と悩んでいる方はいませんか?
逆質問は入社意欲や自分の強みを伝えるチャンス。1次・2次面接、最終面接と、選考の段階ごとに内容を変えるのがポイントです。
質問内容は自由ですが、待遇ばかり聞いたり、面接官が答えられないことを聞いたりするのは避けるべき。
コラムでは、面接の段階に応じた逆質問の例をまとめました。逆質問のマナーを知って、企業に熱意を伝えましょう!

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

逆質問とは

逆質問とは、「何か質問はありますか?」と面接官から聞かれること。大抵の場合は、面接の最後にあることが多いようです。
転職の面接では度々逆質問をされるので、聞きたいことは事前に用意しておきましょう。


逆質問はアピールのチャンス

逆質問は、「企業や仕事内容について知りたい」という意思表示になり、入社意欲のアピールになります。質問が何もないと、「うちで働くことに関心がないのかな?」と思われるので要注意。
事前に企業の事業内容や働き方について調べ、気になる点や「もっと知りたい!」と思う点がないか考えましょう。


逆質問の中にメッセージを込める

逆質問では、自分の聞きたいことを素直に尋ねてOKです。さらにプラスして自分をアピールしたい場合は、質問の中にメッセージを込めましょう。
たとえば、「入社までに取得した方が良い資格はありますか?」と質問すれば、仕事に対して意欲的な姿勢を伝えられます。
次項から、アピールにつながる逆質問の例をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1次面接の逆質問

逆質問は面接のフェーズによって内容を変える必要があります。なぜなら、1次・2次面接、最終面接では、面接官を担当する社員の立場が異なり、質問に回答できる範囲も異なるからです。逆質問ではコミュニケーション能力も見られているので、相手に合った質問をすることも意識しましょう。
ここでは、1次面接を担当する面接官の種類と、逆質問の例をご紹介します。


面接官は現場の社員や人事

1次面接の面接官は、入社後一緒に働く現場の若手社員や人事社員であることが多いです。


逆質問の例

若手社員に聞きたい質問

「何をきっかけに御社への入社を決めましたか?」
「1日の仕事の流れを教えてください」
「職場はどんな雰囲気でしょうか」
「活躍している社員にはどのような特徴がありますか」
「◯◯様から見た会社の魅力は何ですか」
「◯◯様が仕事をするうえで大切にしていることを教えてください」
「仕事でやりがいを感じたエピソードを教えてください」


人事に聞きたい質問

「入社後は部署別に研修があるのでしょうか」
「育児と仕事を両立している社員は多いですか」
「◯◯職の評価基準は何ですか」
「社員同士のコミュニケーションを活発にするための制度はありますか」


現場の社員には、業務に関係する事柄を尋ねると詳しい情報が得られます。また、面接官個人に対して、仕事のやりがいや大変さ、こだわりを聞くのもOK。どんな人物が活躍しているのかを尋ねると、企業が求める人物像が明確になり、2次面接以降の対策に役立ちます。


研修や全社的な制度については、人事社員に質問すると良いでしょう。人事は育児と仕事の両立事例といった情報を持っており、社員の働き方の実態に精通しています。ライフイベントと仕事のバランスに関する質問では、「両立して仕事を頑張りたい」という意思をアピールできるでしょう。

2次面接の逆質問

続いて、2次面接の面接官の種類と逆質問の例を確認していきます。


面接官は入社後の上司や管理職

入社後の上司や管理職など、中堅社員が主な面接官となります。自社に対する理解度が高く、仕事に関しても専門的な知識が豊富な面接官というイメージです。


逆質問の例

「◯◯職ではどのような能力が求められますか」
「部下にはどのような力を求めますか」
「チームの強みは何ですか」
「チームの課題と感じることは何ですか」
「若手の間はどのような点に気をつけて仕事をすれば良いですか」
「入社までに勉強しておいた方が良いことはありますか」
「仕事で成果を出せば、◯◯職(ポジション)にチャレンジさせていただくことはできますか」
「1次面接で風通しの良い社風と聞きましたが、具体的にどのような点に表れていますか」


業務について基本的な情報を理解したうえで、求められる能力や職場の課題などを尋ねると良いでしょう。
最後の例のように、1次面接で得られた情報をもとにした逆質問をするのもOK。1次面接の話とリンクさせることで、企業への理解を深めようとする姿勢が伝わります。


最終面接の逆質問は何を聞く?

では、最終面接ではどんな逆質問をすれば良いのでしょうか?ここでも、面接官の種類と逆質問の例を確認していきいましょう。


面接官は社長や役員

最終面接の面接官は社長や役員クラスが担当することが多くなります。


逆質問の例

「御社がここまで成長できた理由を教えてください」
「御社の◯◯という理念はどのようなサービスに活かされていますか」
「今後、どの分野が御社の主力事業になっていくと思われますか」
「競合他社と比較したときの御社の一番の強みは何ですか」
「5年後、10年後の経営ビジョンを教えてください」
「御社に今足りていないと思われる部分はありますか」
「御社の理念はどのような思いでつくられたのでしょうか」
「これから◯◯業界はどのように変化していくとお考えですか」


最終面接では、経営ビジョンや戦略、将来の業界のあり方など、より広い視座に立った質問をすると良いでしょう。
社長や役員といった企業のトップは、会社をどう成長させるかを考える人たちです。現場の業務を聞いても答えられない場合が多いので気をつけてください。


1次・2次面接と最終面接の違いまとめ

1次・2次面接では、日頃の業務やキャリアに関する質問をするのが適切。最終面接では、社長や役員だからこそ答えられる、経営ビジョンや戦力に関する質問をすると良いでしょう。

逆質問の例

ここでは、さらに逆質問の例を紹介していきます。


やる気を見せる質問

「採用していただいた場合、どの部署に配属されますか」
「配属先の人数と構成人数を教えてください」
「個人目標はどのように設定されていますか」
「今までの私の経歴で足りない部分があれば教えてください」
「御社が中途社員に期待するポイントは何ですか」
「御社の◯◯という商品に魅力を感じていますが、携われる機会はありますか」
「中途採用の方はどのくらいで目立った成果を出していますか」
「1日も早く即戦力になりたいと考えていますが、入社後どれくらいで実際の業務に携われますか」
「リーダーになるにはどのような能力が必要ですか」
「マネージャーを目指していますが、御社ではどのような昇進制度をとっていますか」
「仕事をするうえで覚悟するべきポイントがあれば教えてください」


強みを伝える質問

「体力に自信がありますが、仕事の負担はどのくらいですか」
「◯◯資格を持っていますが、業務で活かすことはできますか」
「前職では◯◯分野を専門としてましたが、御社の◯◯職ではどのような能力が求められますか」
「前職では◯◯を頑張りましたが、御社でスキルアップするには何を努力すれば良いですか」
「職場の人と交流するのが好きなのですが、部門をこえて交流する機会はありますか」


労働条件を聞き出す質問

「前職では月◯時間ほど残業していましたが、御社ではどのくらいになりますか」
「私と同年代の社員では、平均年収はどれくらいですか」


その他の質問

「私は◯◯サービスのファンでしたが、このサービスはどのような経緯で生まれたのでしょうか」
「配属先は将来的に増員する可能性がありますか」
「今後商品のターゲットを拡大することはありますか」
「IT化で業務の自動化が進んだ場合、社員には何が求められるでしょうか」
「社員のスキルを高めるための取り組みはありますか」


残業時間は、前職でも残業をこなしてきたと示したうえで聞き出すのが得策です。年収は具体的な金額を確認したり、細かな給与を聞いたりすることは避け、他の社員の事例や昇給の仕組みを聞くのが良いでしょう。

企業が逆質問をする理由

そもそも、企業はどうして逆質問をするのでしょうか?
逆質問に込められた企業側の意図を知っておくと、質問内容を考えやすくなります。企業の逆質問には、主に以下の意図があるでしょう。


応募意欲を知るため

逆質問をする目的の1つは、応募者の入社意欲を確かめることです。事前に企業について情報収集しておかないと、良い質問を考えることはできません。
的外れな質問をした場合や、何も質問しなかった場合は、「下調べが足りない=入社意欲がない」と判断されるでしょう。
反対に、詳しい仕事内容や入社後のキャリアに関する質問は、「自社に対して関心が高い=入社意欲が高い」と評価されます。


コミュニケーション能力を知るため

疑問点をまとめ、相手に分かりやすく伝えるコミュニケーション能力がチェックされている可能性もあります。


自社との相性を確かめるため

企業は質問内容から、自社との相性を確かめています。たとえば、「何年経てば◯◯職になれますか?」という質問は、「仕事は自分でとりにいくもの」と考える企業ではマイナス評価。
企業は応募者とのミスマッチを確かめるために逆質問をしています。


自社の魅力を伝えるため

逆質問には、応募者が抱く不安や疑問を解消し、自社の魅力を伝える意図もあります。企業は応募者の入社意欲を高める目的でも、逆質問していると考えましょう。

逆質問のマナー

逆質問では、自分が知りたいと思ったことを質問すればOK。ただし、質問内容によってはやる気を疑われたり、失礼な印象を与えたりしてしまいます。
逆質問で評価を下げないために、以下の点に注意しましょう。

調べれば分かることを聞かない

調べれば分かることを聞くのは避けましょう。「どんな事業を展開していますか」「御社の企業理念は何ですか」といった情報は、企業のWebサイトを見ればすぐに分かるもの。「応募企業について何も調べていない」と言っているのと同じです。
すでに知っている情報を詳しく聞きたいときは、「Webサイトには◯◯とありましたが~」という風に、下調べが済んでいることを示しましょう。調べた内容をさらに詳しく尋ねることで、企業への関心の高さが伝わります。

面接官が話したことを聞かない

面接官が一度話したことを聞くのもNG。「話をちゃんと聞いていなかったの?」と思われるでしょう。
逆質問として準備していた疑問が、面接の中で解消されることはよくあります。また、集団面接ではほかの人と質問内容がかぶる可能性もあるので、逆質問はいくつか用意しておきましょう。

志望職種とずれた質問をしない

志望職種とずれた質問をすると、「募集要項を確認していないのでは?」と思われてしまいます。たとえば、募集職種は内勤営業なのに外勤営業の仕事に関する質問をするのはNG。
応募要件とかけ離れた質問をすると、ミスマッチのある人材と判断されてしまいます。逆質問を考える大前提として、求人情報をよく確認したうえで面接準備を行いましょう。

待遇ばかりを聞かない

待遇ばかりを聞くと、「仕事自体に興味はないのか?」と思われてしまいます。「採用しても、ほかに良い条件の会社があったら辞めてしまう」と判断されることもあるでしょう。
もちろん、休日や残業時間、有給のとりやすさは、入社前に把握しておきたい情報です。しかし、会社や仕事内容に関して何も触れず、待遇だけを尋ねるのは印象が良くありません。
別の逆質問をした後に待遇を尋ねる、「今までと働き方を変えたいから」と理由を述べるなど、伝え方を工夫しましょう。

面接官が答えにくい質問をしない

面接官の立場によっては回答が難しい質問があります。たとえば、社長に一般社員の1日の業務の流れを尋ねても、把握していないこともあるでしょう。

イエス・ノーで答えられる質問はなるべく避ける

イエス・ノーで回答できる質問はなるべく避けましょう。話が広がらず、有益な情報を引き出せません。たとえば、「仕事にやりがいを感じていますか」ではなく、「仕事のどのような点にやりがいを感じていますか」と聞くのが良いでしょう。

質問の数は1~2個

面接時間が限られていることを考えると、1回の面接での逆質問は1~2個が目安。質問が多すぎると、「相手に配慮できない」「場の空気を読めない」と思われる可能性があります。
特に、集団面接はほかの人の質問時間にも配慮が必要なため、質問は1つにとどめておきましょう。



「面接で尋ねる逆質問が思いつかない」「転職活動に行き詰まっている」という人は、転職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがあなたのご希望を丁寧にヒアリング。適性に合った求人をご提案し、一緒に応募先を考えていきます。
さらに、応募企業が決まった後は企業別の選考対策を行い、内定までをバックアップ。履歴書の添削や模擬面接で、選考突破率を上げましょう。
ハタラクティブでは実際に取材した企業の求人のみを扱っているので、事前に社内の雰囲気や詳しい仕事内容をお知らせすることが可能です。
未経験歓迎求人も多数ご用意しているので、異業種への転職を考えている方もぜひご相談ください!

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    転職するなら攻略必須!面接での逆質問の答え方

  • image

    面接の最後の質問「逆質問」で好印象を与えるポイント!ない場合の回答例も

  • image

    転職の最終面接!質問と逆質問の対策はどうする?

  • image

    いよいよ最終面接。転職の場合はどんな準備が必要?

  • image

    転職の面接でよくされる質問は?好印象を与えるコツ

  • image

    最終面接の逆質問で好印象を与えるには

  • image

    転職の面接はどんな質問をされる?効果的な自己紹介の仕方や逆質問の答え方

  • image

    転職面接はどう乗り越える?質問例と回答のポイント

  • image

    転職活動の面接でよくある質問と回答例

  • image

    人事面接の特徴とは?新卒・転職者別の対策法をご紹介!逆質問の意図も

  • image

    面接の逆質問でOKなことNGなことまとめ

  • image

    面接でよくある質問と回答例!転職者と新卒では内容が違う?

  • image

    最終面接の逆質問!印象アップするポイントとは?

  • image

    面接時の逆質問「質問はありますか?」の答え方とは?

  • image

    面接中の「質問はありますか?」返答ハウツーまとめ

  • image

    転職成功!二次面接&最終面接を突破するカギ

  • image

    面接の「質問はありますか」への返し方

  • image

    これだけは知っておきたい、フリーターから正社員を目指す面接で気をつけること

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?